こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

8mmビデオテープからDVDへの編集と保存方法

昔8mmvideoテープに撮った録画をDVDとか最新の媒体に編集したいのですが。前にIO-DATEのGV-USBというビデオからPCにチャプター保存できるという機器を買いました。なるほどPCのHDDには保存できるようです(一回だけ試しに少しコピーしました)が、保存した画像がひどく劣化しているように思えます。もともと15年以上前にSONYの8mmビデオカメラ(ハンディカム)で撮ったテープですが、それにしてもHDDに保存した画像は劣化してると見た目で分かるようなものです。できれば、テープの画像を編集してDVDとかに保存したいと思いGV-USBなるものを買ったのですが、なんとか画像があまり劣化しないような編集・保存の方法はありませんか。今持ってる機器にはこだわらないです。目的が可能ならブルーレイとかの購入も考えています。どなたか良い方法をご存知の方、おしえてください。お願いします。

投稿日時 - 2009-12-01 14:09:18

QNo.5489879

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

お手持ちのパソコンのスペックが、発売当時のまま、メモリ256MBだと、オーサリングソフトのインストールは出来ても作動は相当重いものとなります。私の環境で、CPUがPentium4の2Ghz、メモリ512MB、WinXP・sp3で、MovieWriter5が使えるのが精一杯です。パソコンのメモリの増強をお願いします。512MB以上、出来れば1GBくらいの搭載が望ましいです。

また、ハードディスクも、編集に使うとなると常時20GB位の空き容量を確保しておかないと作業が重くなるので、ハードディスクの増設もご検討下さい。

オーサリングソフトの件ですが、ご質問者さまがすでにDVDレコーダーをお持ちになっていて、DVD-R・RW、DVD-RAMに作品を書き込めるのであれば、あとはオーサリングソフトがあれば、パソコンに取り込み可能です。ハードウェアエンコーダーキャプチャ機器を購入する必要は無くなります。

IOデータのバンドルソフトだと、「DVD Pro ツールズコレクション」というディスク名なので、この名称で検索をかけてみてください。
ディスクだけではなくて、インストールキーが印刷された説明書も一緒のものをお探しください。インストールキーがないと使えません。中には、肝心のMovieWriter5SEが無い、単なるツールズコレクションもあるので要注意です。相場は1500円くらいでしょうか。

バージョンによっては、デジタル放送用のCPRM登録キーも欲しいタイプもあります。普通に8ミリビデオからのダビング編集ならこれはそんなに重要ではありません。

IOデータ版は、私の持つ赤いツールズコレクションは、簡易バージョンなのでブルーレイへの書き込みは考慮されていませんが、同じく私が所有する製品版のMovieWriter5は、コーレルのサイトで修正パッチをインストールすれば、ブルーレイ書き込みをサポートします。ただし、パソコンの性能要求は高く、最低でPentium43.0GhzHT、メモリ1GBですから、パソコンを使ってのブルーレイの書き込みは、パソコン本体の買い換えを意味します。

不明な点があれば、補足してくださればお答えできる範囲で再回答致します。

投稿日時 - 2009-12-02 11:56:37

お礼

ご回答ありがとうございました。ちなみにメモリーは1Gに増設しています。

投稿日時 - 2009-12-02 13:57:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

画質の件ですが、オーサリングソフトでDVDメディアから取り込んだMPEG2映像ファイルは、取り込んだそのままの品位を保って編集出来ます。転送レートを変換しない限り、見た目で判別出来るような劣化は起こらないと判断しています。

投稿日時 - 2009-12-01 22:40:13

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-02 08:17:47

ANo.4

再回答です。
家電DVDレコーダーを使った場合、音声がAC-3という方式で記録されます。この音声に対応したオーサリングソフトを使って再編集しないと、音が消えてしまいます。

先に紹介致しましたGV-MDVD3には、その機能を搭載したDVD MovieWriter 5 SEという非常に便利なオーサリングソフトがバンドルされています。これだけでカット編集、チャプター打ち、簡単なタイトル挿入、画面転換時のエフェクト、DVD化まで仕上げる事が出来ます。

製品として別途ご購入の場合は、コーレルDVD MovieWriter7ベーシックが丁度いい製品だと思います。
http://www.corel.com/servlet/Satellite/jp/jp/Content/1254516108571

この後の新バージョンの2010は操作方法が大幅に変わり、細かい編集操作パネルを隠しているので、私にとっては非常に使いづらいです。

機能はそのまま、価格は安く、という事でしたら、オークションなどで、IOデータのDVDドライブやTVキャプチャにバンドルされている簡易版オーサリングソフトのCDを入手して下さい。MovieWriterはバージョン1.5と2は音声未対応、3はDVDメディアからのインポートはVRモードのみ対応でビデオモードではチャプターで分断されてしまう欠点があるので、MovieWriterなら4~7のいずれかがお勧めです。

他社の選択肢だと、ペガシス社のTMPGEnc Authoring Works 4。
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/taw4.html

販売終了ですがコストパフォーマンスに優れるTMPGEnc DVD EASY PACK 2。たまにオークションに出ています。
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/endproduct/te_dep2.html

私は実際に使っているので、この2社の製品をあげてみました。

ご参考までに。

投稿日時 - 2009-12-01 22:36:03

補足

>機能はそのまま、価格は安く、という事でしたら、オークションなどで、IOデータのDVDドライブやTVキャプチャにバンドルされている簡易版オーサリングソフトのCDを入手して下さい。

このオーサリングソフトを入手すれば、ハードは必要ないということでいいのでしょうか。つまり、GV-MDVD3とかの機器の購入は必要なく、このソフトを使って、現在のPCで(FMV-E620,WindowsWP)編集ができるということですか。また、別件ですが、最終的に保存する媒体をブルーレイにして落とすこともできるのでしょうか。ブルーレイのほうが保存容量が大きいと思うのでうかがってみたのですが。
よろしくご指導ください。お願いします。

投稿日時 - 2009-12-02 08:05:02

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-02 08:04:23

ANo.3

補足いたします。画質の問題でいえば、DVDレコーダーに接続してハードディスクに記録した方が高画質です。その後編集をしたい、となると、そのレコーダーの編集性能に縛られるので、凝った事は出来ません。
GV-MDVD3のパソコンへのキャプチャの場合、MPEG2の転送レートをDVDレコーダーと同じ設定にしてしまうと、少しざらついている感じがします。例えば、家電DVDレコーダーで4Mbps程度の画質は、GV-MDVD3では6Mbpsに設定することで、近い画質となります。(私の主観です。)
パソコンに入れた後の編集は、ビデオ編集ソフトとオーサリングソフトの自由が効くので、作品として仕上げたいならパソコンに取り込みです。編集時間は結構かかります。

両者のいいとこ取りで、DVDレコーダーに録画した作品をDVD-RWなどに記録して、それをパソコンのオーサリングソフトでパソコン内にインポートして自在に編集する手段もあります。

保存の時間は、どちらも実際の再生時間+アルファーですが、DVDレコーダーを使った方が簡単、高画質、手間なし、となります。
DVD1枚での記録時間は、DVDレコーダーなら、だいたい2時間。GV-MDVD3を使うなら1時間半くらいを目安にして下さい。

あとは、記録するDVD-Rの品質にもお気を付け下さい。私の過去の回答に数回計測画面を添付していますので、参考にしていただければ
と思います。では、がんばってください。

投稿日時 - 2009-12-01 18:02:44

補足

>DVDレコーダーに録画した作品をDVD-RWなどに記録して、それをパソコンのオーサリングソフトでパソコン内にインポートして自在に編集する手段もあります。

このオーサリングソフトなるものは具体的に何なんでしょうか。たとえば、どこのどのような製品名とかおしえてもらえるとありがたいです。
ただ、この場合2度ほど保存を繰り返すことになるような感じですが、それでまた画像が劣化することはないのでしょうか?素人で申し訳ありません。おしえていただければありがたいです。

投稿日時 - 2009-12-01 21:32:48

お礼

ご回答ありがとうございます。少し難しい内容でしたが非常にありがたいです。

投稿日時 - 2009-12-01 21:32:07

ANo.2

GV-USBはソフトウェアエンコーダータイプの映像キャプチャ機器ですから、画質は悪いです。この機器で画質劣化なしにPCに取り込むには、映像ファイルの選択でMPEG2というタイプではなくて、無圧縮AVIというタイプを選ぶ必要があります。私の実測では2分40秒のキャプチャで4GBという巨大なファイルになってしまい、現実的ではありません。

実際私がこのタイプのキャプチャ機器を使うときは、編集時に3分程度の映像の中で、コマ単位で修正したい(ゴミの消去、モザイクの追加など)特殊なケースのみです。

簡単な方法はDVDレコーダーのHDDにキャプチャしてしまう事です。映像専用回路のハードディスクエンコードチップを搭載していますから、がっかりするほど画質が落ちる事はないです。記録する時の転送レートは5Mbps程度(DVD1枚で2時間収録)~9Mbps(DVD1枚で1時間記録)の間でお好きな数値を決めていただければいいでしょう。

どうしてもパソコンでキャプチャしたいなら、ハードウェアエンコードタイプのビデオキャプチャー、GV-MDVD3を入手すると、以前のGV-USBとは次元の違う画質でキャプチャー出来ます。
http://www.iodata.jp/product/tv/capture/gv-mdvd3/
これもMPEG2での記録レートは5Mbps以上に設定しておく事をお勧めします。

不明な点があれば補足して下さい。わかる範囲は追加回答出来ると思います。

投稿日時 - 2009-12-01 15:01:17

補足

少し質問させてください。このGV-MDVD3で保存するのと、DVDデコーダーで保存するのと、どちらのほうが画質劣化が少ないのでしょうか。また、保存の時間(保存できる情報量ということと、保存すること自体のかかる時間という2つの意味)としてはどれくら差があるのでしょうか。おしえてください。お願いします。

投稿日時 - 2009-12-01 16:50:08

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-01 16:49:13

ANo.1

キャプチャーでPCに取り込むより、AVケーブルでDVD/HDDレコーダーにダビングして、そこでプレイリスト編集してDVDに書き込んだほうがいいのでは?

投稿日時 - 2009-12-01 14:39:03

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-01 16:48:40

あなたにオススメの質問