こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ディーゼルエンジン用燃費削減装置について

知人の町工場の社長が開発し、特許を取得した製品があります。
質問しているのに偉そうな物言いになって申し訳ありませんが、これから書くことに嘘がないと言う前提で回答をお願いします。
装置の大きさは長さ約80cmの高さ10cm、奥行き60cm。
中には強力なネオシウム磁石を特殊な配列で数十個入っています。
※特にこのあたりで眉唾扱いされそうですが。
実際に長距離トラックの運転をしている方にお願いしてテストを複数台テストしてみました。
ここで、今までと同じ速度で走ってもらうことを条件にテストを開始しました。
結果、平均値で20%以上の削減に成功しました。
被験者の中には燃料費を個人負担の方がいて、さらにエコドライブを心がけて再度テストしたところ40%程度の削減となりました。
某大学に装置を持ち込み、発電機でのテストでも20%近い削減率を出しています。
他にもボイラーや重機などでも同様の結果を出しています。
この商品を改良し、船舶用に大型なものもあるのですが、航行時間が25%程度短縮しています。
この装置は燃費削減装置と言うよりはエンジンのパワーアップ装置といった方がいいかもしれません。
パワーが上がった分、アクセルをゆるめ、それが燃費の削減につながると私は考えています。
事実、大型トラックに付けてよく走るようになった分、速度を上げて走ると燃費は変わらず、到着時間が短縮されています。
また、被験者の中ではこの装置を付けることによって1ミッション違うほどパワーが上がったという人もいるほどです。
長くなりましたが、こういった商品が1年以上前からどうにか売り込もうと努力しているのですが、例の磁石を使ったまがい物事件のせいもあり、また、取り付けが少々技術がいることもあり、悲しいほど売り上げが上がりません。
そこで質問なのですが、上記のことがすべて事実とした場合、何か良い拡販方法はないでしょうか?
どうかお知恵をお貸しください。

投稿日時 - 2009-12-01 17:05:41

QNo.5490247

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

33人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

それは、とても興味があります。
私は、船舶関連の営業をしています。
事実であれば、販路拡大は夢ではなくなります。
ぜひ、詳細を聞きたいのですが、お知らせ下さい。

投稿日時 - 2013-03-04 11:21:14

ANo.6

当方も燃費関連の製品を扱っておりますが、ルートはあっても効果が安定せずなかなか売り上げが伸びません。ネオジムも使い方によっては効果があることは分かっていますが、流量が変化するものには不向きという考えに至りました。もう少し具体的なことを教えていただければ何か良い方法があるかも知れません。

投稿日時 - 2010-07-12 01:25:21

ANo.5

回答では有りませんが、できれば出願人、 題名 、 特許番号
を教えてもらいたいのですが。  
中身を読まなければなんともいえないような気がします。

投稿日時 - 2010-02-27 00:14:55

ANo.4

#1です。
公取委の排除命令が出ています。
http://www.jftc.go.jp/pressrelease/08.february/08020801.html

投稿日時 - 2009-12-01 21:02:50

補足

現在、中国とシンガポールの政府機関でテスト中なのですが、向こうからの報告では30%を超える削減率を出し、軍事車両などへの採用が決まりそうになってきました。
開発車曰く「車や燃料の質が悪いほど効きがよい」との事で、日本の新車に取り付けると外国ほどの数値が出ないとか。
とにかく国内でどうにか認知度を広める方法がありましたら是非ともお知恵をお貸しください。
お願いします。

投稿日時 - 2010-01-23 17:38:58

お礼

ご忠告ありがとうございます。
もちろんこの件は知っています。
排除されているのはそこに記載されているだけですので、今回の問題とは関係ないので大丈夫です。

投稿日時 - 2009-12-01 23:36:54

ANo.3

NO2です。私がその商品を買うかどうか迷った場合にはその商品価格(取り付け費用含めて)がどれ位で償却できるか、つまり費用対効果をまず確かめます。その点については如何なのでしょうか。償却期間が5年10年の話だったら買わないかも知れません。1、2年で元が取れる計算だったら検討範囲ですね。多く乗る人とそうでない人がいるとは思いますが、あるモデルケースを想定して、**期間で元が取れるというキャッチコピーも人に興味を引く要素ではないでしょうか。

投稿日時 - 2009-12-01 20:30:34

お礼

再度回答ありがとうございます。
費用対効果としては一般的な長距離トラックの運転で1年以内に回収できるくらいの価格になっています。(確か30万だったかな?)
東京-大阪間を1ヶ月に10往復するとして、10%の削減率で50万以上削減可能です。
20%削減できれば3ヶ月程度で回収可能です。

投稿日時 - 2009-12-01 23:32:59

ANo.2

大々的に広告するより実感した方から口コミで広がるのを待つか、どこかの映画みたいに「効果がなかったら全額返金します」みたいな絶対自信あるぞ的な広告に打って出るのがいいかと思います。

投稿日時 - 2009-12-01 17:20:45

お礼

口コミで微々たる量ではありますが、広まってはいます。
全額返金も8%以下の効果しか出ない場合に限り返金させていただいております。
※最低保障が8%と設定していますが、10を切ることはまずないです。
商品の性能には絶対の自信があるのですが、売り込んだ先のドライバーの方に「今までと同じ速度で走るように」といくら説明しても、スピードに効果を使われてしまって燃費が変わらないと言う苦情ばかりでこまっています。
事実、ドライバーの方に聞けば「パワーが上がって走りやすい」との証言も多数聞いています。
会社的には経費削減として導入しても、使うドライバーの人たちは早く仕事が終わらせたいので、燃費方向に使ってくれないのが現状です。

投稿日時 - 2009-12-01 20:03:57

ANo.1

事実であれば自動車メーカやエンジンメーカ、発電所などに売り込めるでしょう。
しかし磁石で燃費が良くならないことは科学的に実証されていますので、実際には詐欺行為にしかなりません。

まあ簡単なところで、非磁性体かつ非導電性の液体に磁力を与えても何のエネルギも発生しないと言うことなんですけどね。

従来は捕まることはなかったのですが、あまりに悪質な業者が多いと言うことで最近は公取委などがすぐに動きます。

投稿日時 - 2009-12-01 17:14:55

補足

>非磁性体かつ非導電性の液体に磁力を与えても何のエネルギも発生しないと
磁力を与えるのではなく磁力線を通すことに意味があるんです。
後、しつこいようですが、上記の内容について詳しくわかるサイトか書籍がありましたら教えてください。

投稿日時 - 2009-12-02 16:51:32

お礼

回答いただきありがとうございます。
自動車メーカーへの売り込みは各メーカーのプライドと小さな町工場のため、取り合ってもらえない状況です。

>しかし磁石で燃費が良くならないことは科学的に実証されていますので、実際には詐欺行為にしかなりません。
これについて詳しく説明されているサイトがあれば是非教えてください。

投稿日時 - 2009-12-01 19:58:00

あなたにオススメの質問