こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

就職活動について

こんにちは
私は現在大学の3年です。
私の周りの人は活動的に就職活動を始めています。
理系の学部なので就職をするのは半分ぐらいです。
不況も相まって、私も大学院に進んでから就職を考えましたが、勉強と担当教官に耐えられそうにないです。
こんな自分が社会に出て耐えられるのか?と思ってしまいますが・・・。

就職に関しては私も10月あたりから意識はしていましたが、ほとんどやっていないに等しい状態です。
それはどんな職業に就きたいか、まったくわからず、そのため就職関してあまり意欲がわかないためです。自己分析などもすぐに手が止まってしまいます。
いままで大学まではほぼ一本道で、やるべきことは明確でしたが、いざ自分で道を選ぼうとすると一歩が踏み出せません。
私の学校ではすでに研究室配属がされていて、帰るのはいつも21時ごろになり、帰宅後何もする気力がなくなっていしまいます。
研究室でもかなり浮いて、いるだけで疲れてしまいます。
朝起きると後悔ばかりが残り、自分の怠惰さに嫌気する毎日の繰り返しです。

昔から自分は逃げてばかりいました。浪人していたころも、勉強から逃げました。そのくせプライドだけは高く、いつも目標は高くもちますが努力をしない典型的なだめ人間です。兄や親戚は優秀で、すごい人ばかりなだけに、焦りと不安で押しつぶされそうです。

就職が現在とても困難なことは分かっています。優秀な先輩でもまだ就職先がない人もいます。
それを考えると自分は就職できないのだろうと不安になります。
就職先は給料そこそこであまり忙しくない職種を考えています。
かなり甘い考えだと思いますが。

いったい自分は何を思って一歩を踏み出すべきなんでしょう。また、何をすべきなんでしょうか?
そのぐらい自分で考えろとは言われそうですが、アドバイスをいただける方が周りに一人もいないんで、何か返答いただけたら幸いです。

投稿日時 - 2009-12-02 07:47:55

QNo.5491768

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

質問文読ませてもらいました。

私大文系出身です。

自分の改善点をそこまで言語化できているので、
率直に素晴らしいなと思いました。

私は、社会人ですが、社会に出て痛感するのは、
自分の改善点を見出そうとせず、現状に甘んじている
大人が多いということです。

これからの人生においても、順風満帆で進み続ける
ことは、考えにくいので、今のように謙虚に自分自身を
常に見つめ続ける大人になってもらいたいと思います。

自信持ってください。

さて就活についてですが、年内いっぱいは
身の振り方を決めずに、自分の可能性を広げるためにも
多くの方に会って話をしてみることをお勧めします。

★たとえばこんな人に会ってみては?

・研究室の先輩(修士、博士、社会人)
・親
・就活イベントの理系出身の社会人
・文系・理系問わず社会人

ただ、いきなり会って話せと言われても、
「会って何を話せばいいのか?」って悩むと思います。

ちょっとヒントを。

・なぜその進路に進もうと思ったのか?
・やりがい、大変なこと。
・成功体験、失敗体験。

この定番の質問をして、どんどん知識として
蓄えて、自分に合ったものは何かを探していけばよいと思います。

余談ですが、進路、志望先が決まらないのは、
ただ、「知らない」だけです。

きれい事だけでは済まなくなる部分も、もちろん
社会にはありますが、学生のあなたなら、まだ可能性は
限りないはずです。

世の中には魅力的な進路先はたくさんあるはずです。

余談ですが、日本の小学生に将来の夢を聞くと
たいていあこがれの職業は一定の職業に固まります。

男の子は、プロ野球選手、弁護士、医者など。
女の子は、食べ物屋さん(ケーキ屋)、キャビンアテンダント
アイドル、など。

この現象の一因として、知っている職業が少なく、かつ
自分の周りの大人が言っている職業が、偏っているためだと
思われます。

大学生なので、まったく同じというわけではありませんが、
大学に入ってから将来を考えるようになってしまっている
日本の教育では、個人的には仕方ないことだと思います。

だから迷って当然です。

とにかく今は、多くの人に会って、

「こんな進路があるんだ!」
「こんな考え方している人がいるんだ!」
「自分もこんな人になりたい!」

などと感じられれば良いと思います。

自分の活躍するフィールドはどこであるか探すのを
楽しむぐらいの気持ちで頑張れると思いつめなくても済みます。

私自身、振り返ってみると就活は、自分の知らないこと、
知らない世界を探すことに喜びを感じていました。

またわからないことあれば聞いてください。

それでは頑張ってください。

投稿日時 - 2009-12-02 11:29:52

お礼

返答ありがとうございます。
返事が遅れてすみません。

楽しんで就活とはすごい発想ですね。
私も就活が楽しくなるように知らないことを探し、
発見したときの喜びが見つけられるようにとりあえず前に進んでみたいと思います。

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-05 09:27:24

ANo.1

学校の勉強は、社会人からすれば、
自分のためにするものであり、単なる遊びと同じです。
学生時代、どんなに頑張ろうがそんなものは全く評価されません。
ただ、大卒という肩書きがあれば、就職の選択肢は広がるので、
初めての就職には役立ちます。

ただ、選択肢が広くなるだけであり、
結局は、ご質問者様ご自身が試されます。
ようは、一緒に働きたい人間かどうかってことを
他の多くの応募者と比較され、採用不採用が決まるということです。

つまり、ご質問者様が優秀と思っているような方であっても、
社会人からしてみれば多くの学生の単なる一人でしかなく、
たった一回きりの面接の場で、自分を商品として売り込みし、
きちんと面接担当者に、「この人材なら買ってもいいかも」と
思わせられないような人はいくら受けても採用されません。

実際問題、採用担当者に何のアピールもしないで、
普通に面接にくるような人は、
「性能はパンフレットに書いてあるとおりです。
 とりあえず何か質問あれば答えます。
 購入したければ、購入したいと言ってください」
というような感じに、商品の売り込みをしているようなものです。
誰も買いませんし、別に買わなくても、
他の代替商品はいくらでもあるので困りません。
困るのは当人だけです。

話をまとめれば、
採用側からすれば、新卒なんてどれも大して変わらない。
だからこそ、採用なんてものは運しだい。
よって、最初から100社、200社と応募し、
採用される確率を上げるしかありません。

新卒は、技術もなければ、社会経験0。
適性の有無なんてものは、やったことがないのだから、
わかるはずがありません。
適性が有る無いで会社を最初から取捨選択するのは無駄。
勝手に限界を決めて適性の有無を判断しているだけです。

世の中、何もせずに給料をもらえるのは役所ぐらいです。
それ以外では、会社に利益を収め、その利益から給料を貰います。
最初から利益を上げることはできないので、
先輩や上司のおこぼれを貰うしかありません。
そして、数年後、自分がもらったものを新卒に還元することで、
恩返しします。

確実にいえるのは、
楽な道を選択すると先になってそれだけ選択肢がなくなっていきます。
年齢だけ重ねて、年齢に見合った能力を持っていない人達が、
ポジションを失い、再就職が難しい現状をみればお分かりなるかと思います。
ま、自分で限界を決めず、とりあえず多くの企業を受けてみて、
受かってから、どこの企業に行くかきめましょう。
受かるまえから、自分の希望がどうとか考えるのは無駄なことです。

投稿日時 - 2009-12-02 11:21:20

お礼

返答いただきありがとうございます。
返事が遅れてすみません。
あたって砕けろ精神でがんがん就活したいと思います。
とりあえず前に一歩進みたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-05 09:23:15

あなたにオススメの質問