こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

やっぱり 死にたい

47才です。妻と両親と子供が2人います。
上の子は来年大学受験。父はほとんど歩けません。母が主に介護しています。嫁いだ姉がいます。借金は住宅ローンが25年残っています。自分の体は健康です。自分の会社の状態は最悪です。売上げが半分以下です。最近、断腸の思いでリストラしました。自分には、経営など向いていないと思いました。もう、死んでいくばくかの保険を残してやるしか家族にしてやれることがないように思います。不動産と会社を清算すれば、残った家族にはそこそこのお金が残ると思います。両親は姉が何とかしてくれると思います。子供は、妻が何とかしてくれるでしょう。残った従業員には申し訳ないと思います。友人たちにももう会えないと思うと残念です。
医者には通い薬は処方されています。(抗鬱薬、向精神薬、睡眠薬)鬱病という診断です。妻とは、実家の事があってあまりうまくいっていません。子供と犬が、心のよりどころです。年末、飲み会などたくさん誘われますが、気がすすみません。毎日、死ぬことばかり考えています。自分が死ねば、年老いた両親、子供達がどんな思いをするか、その一念でここ数年生きてきました。でも、死んで楽になりたいという誘惑に負けそうです。死ねばローンがなくなり、保険がおり、生きてれば良いこともあるとは思いますが、目の前の困難に立ち向かっていく気力がまるで沸いてこないのです。

投稿日時 - 2009-12-10 10:36:37

QNo.5511602

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

木曜日に、taxedoさんの
このコメントを見かけました。
気になりましたが、
仕事で木・金・日と徹夜が続いていて………
先月から合計15日目の徹夜仕事です。
taxedoさんより10年ほど先輩になります。
世間的には良い年齢になりましたが、
それでも仕事だけはあります。
「老骨(気分はまだ中位の骨)に鞭うって」やってます。
不況風のおかげで支払われる価格が今までの
50%程度になってしまいました。
型こそ違うものの、金額の「リストラ」です。
さすがに人のリストラはありませんが、
防衛策として、考えられる「無駄」は
ことごとく除いてきました。
「引き算三昧」の1年です。
この点は、まあ「しかたがない」と諦めています。
相手の事情もあるわけですから…。

私も経営者の一人です。
200年以上続く「家」の長男です。
ただ、実家は残っていますが、
親族のほとんどは他界してしまいました。
経営者・本家長男・夫・親・親戚付合い……
加えて「揺れ動くダム問題
(ダム計画で40年以上翻弄されている最中)」…
たくさんの役があり、幾多のしがらみの中で生きています。
仕事がこれだけいそがしいのに、
それ以上の時間を「必要」とされています。

生き方が不器用なだけかも知れません。
一つ一つに正面から立ち向かう事しか、
私にはできそうにないからです。
ゴルフをやる時、必ずスコアが出ます。
それが自分の実力なんだ、と、……
天候を言い訳したってはじまりません。
くやしかったら、努力するのみです。

そんな「戦法」しか持っていません。
仮に逃げる方を選択しても、
私の気持ちに違和感が残り続けるでしょう。
つまり、二者択一で決断をしなくてはならない時、
他人をだまして生きるより、
だまされて生きる方が、まだ「まし」と
考える人種なんです。

貧乏性かも知れません。
ただ、物事(アクション)に対しては
常に「最悪の事態になった場合」を想定し
物事に当たるようにしています。
これは生き方と、言うより「くせ」でしょうか?
だから、信じたくない結果が出てきたとしても、
最初に「それを想定してから」行動しているぶん、
ダメージも幾分弱まるのでしょう。

弱い部分をたくさん持った人種です。
だから、あれこれ勉強しています。
やりたい事、いきたい所、たくさんあります。
20種類を越す「趣味」もいまだ育てています。
趣味でも「水準を越す目標があるから」多忙な人です。
今月の始め、趣味のスポーツの大会に参加しました。
対戦相手は、高校生4人と大学生1人。
自分の息子より若い連中と試合をしてきました。
徹夜続きの中でも、勝ち越しましたよ。
「年齢より、強いし、凄いと思います。」対戦相手の高校生に
ほめられました。少し恥ずかしいけど、誇らしい私でした。

めったに折れない「柳の気持ち」だけは
この50数年の人生の中で見つけました。
「曲げられても、いつか背筋の伸ばせる人に」……
そんな目標だけは持っているつもりです。

taxedoさん、
自分の人生を生きてきましたか?
背筋は伸びていますか?
まだ、42.195km走ってませんよ。
まだ、47歳でしょ。

投稿日時 - 2009-12-14 23:18:42

お礼

ご回答ありがとうございます。
人生のよき先輩からのアドバイスありがたいです。
インターネットにも感謝です。
8823kinさんの文面から、すごくバイタリティを感じます。
私は、長い間徹夜で仕事などしたことがないですし、趣味もやや低調といったところです。自分の人生を生きてきたかと、問われれば、非常にむずかしいですが、やり直したいことは山ほどあります。柳のようにしなやかに、背筋を伸ばして生きておられる8823kinさんの境地をめざしたいです。いろんな面で凝り固まってしまっている自分を感じます。
まだ、47歳でしょと書いておられたのに、ビクッとしました。自分では、先の見えったオヤジの年齢ととらえてましたからです。47歳というのは、本当に中途半端な年齢だと思います。戦国時代ならもう終盤かもしれないですが、80歳寿命の現代では、マラソンで言うと25キロあたりでしょうか?
ご意見を伺い、ご返事を書いているうちに、努力してこなかった自分に対し失望し、いじけてしまっている自分を見つけてしまったように思います。もっと自分と自分の人生について見つめなおしたいと思います。

投稿日時 - 2009-12-15 02:17:41

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

34人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

taxedoさん、お返事ありがとう。
返事があった事を嬉しく感じます。
少しだけでも、前を向く気持ちが
芽生えて来たなら「一応合格」です。

私は「欲張りな貧乏性」タイプの人種です。
気にかかっている事(気になる事)は
それをクリアできない限り
いつまでも「気にしてしまう」そんな人です。
経理の事も自分が理解してないとモヤモヤするので、
これも日夜(おおげさです)勉強しています。

60歳になったら年金の一部がもらえる。……
そんな話を聞いて、
ついつい「年金について」も勉強しました。
会社員を20数年していましたから、
厚生年金の3階部分「基金の部分」が貰えるらしいのです。
たいした金額ではなさそうですが、
「まあ、私のこずかいが増えるのね!」
と、奥さんが勝手に喜んでいました。
そんな奥さんの顔を見るのも好きな私です。
とりあえず、それを貰った時、
どんな気分を味わえるのか?
ささやかながら楽しみの一つです。

趣味のスポーツに対しても、
先日、私のコーチ(40代)からこう言われました。
「今のままでは進歩が無い。」
「今迄を全部白紙にしてみませんか?」
と言うことなんです。
つまり、ゴルフで言うなら
慣れ親しんだドライバーやアイアンを
全部捨てて、新しい道具に替えろ!!
と言う事です。
「還暦にリーチをかけている私に対して??」
「今さら、ですか?」と、聞き直した所、
「そうです。年齢を言い訳にしても無駄です。」
「だって、戦う場合、それは理由になりませんから!」
と言う事らしいのです。
たしかに、その通りかも知れません。
「そろそろ進化してみましょうか!」
「その可能性が、まだありそうですから…!」

……意を決し、先週、道具を全部替えました。
進歩も進化も「もう私の手の届くモノ」。
そう思い込んでいる、無謀中年がここに誕生です。
来年に向けての楽しみの一つです。

余談です。笑い飛ばしてください。

投稿日時 - 2009-12-15 17:12:01

ANo.10

私は52歳、会社員です。10年以上仕事上のストレスからウツ病で苦しんできました。今まで数えきれないほど死にたいと思ってきたことか。
でも、死ねなかったのです。残された人たちの思いを思うと。
最近、やっと病気も治ってきたようで生きる気力も出てきました。長い暗黒から光がさしてきたようです。
でも、家族は今まで病気に対する理解が全然なく、むしろ私の存在を否定するような扱いをするようになっており、崩壊寸前です。また、友達も去って行きました。会社では腫れ物扱いです。
でも、生きて行きます。やっと負けないという気力がわいてきました。
10年以上、長かったです。
自分のことばかり書きましたが、ウツ病とのこと。他人事とは思えません。ウツの時は死ぬことばかり考えてしまうのは当然です。
なおさら、生きてください。がんばらなくていいんです。まず、自分を大切にしてください。
蛇足ですが、ウツ病の苦しみはなった人でない限り、理解できません。
専門医ですら知識だけで、どんな苦しみなのかわかっていません。

投稿日時 - 2009-12-13 00:42:06

お礼

ご回答ありがとうございます。
うつになった人しかその苦しみの実感がわかないというのはその通りだと思います。私の家族も理解がありません。特に最近、妻とは距離を感じます。
自分は、もっと社交的で負けず嫌いな人間だったと思います。それが、こんな自分になるなんて、全く想像していませんでした。
でも、人生の先輩の経験者から、負けないという気力が最近湧いてきたと伺い、小さな希望をもてた気がします。

投稿日時 - 2009-12-14 18:51:15

ANo.9

56歳既婚男性です。30年自営業をしています。
47歳ですか、今の日本の自殺者は毎年3万人を超えています。貴方も
この中の仲間入り?ですかな。
ご自分の周りをゆっくり見回してみて下さい。貴方の生活レベルと収入を考え、生活レベルを下げることです。住宅は安いアパートに引越し、
飼い犬も手放し現状に合った生活に切り替えるべきです。
貴方のように住宅を買い、死亡保険で賄うなんて身勝手すぎではありませんか。薬では問題の解決は出来ませんよ。
死ぬことより生きて世の中に役立つくらいの心の大きさを持って、どん底から這い上がる気位を持って欲しいものです。家族にも状況を説明し
進学を断念してもらう、奥さんには軽作業のパートでて貰う。手立ては
あります。死んでしまっては何も無くなりますよ。
得るものは家族の絆です。頑張って生きて下さい。

投稿日時 - 2009-12-12 22:46:20

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに、今の生活が身の丈より贅沢かもしれません。
mogu1014さんがおっしゃるレベルまで下げなくても、たとえば、資産運用の
ようなことをすれば、そこそこの生活は出来ると思います。ただし、今本当に会社を完全に処分し、不動産も転用できればですが。私には、そのことすら出来ないのです。そんな、大胆な決断と行動力があれば、会社もこんなに落ち込ませなかったと思います。全部自分のせいだとわかっていてそれでも前に踏み出せない、そんな自分に自己嫌悪しているという状態です。
これを、お読みになって手に負えない馬鹿だとお思いになるかもしれませんが、偽らざる自分の気持ちです。

投稿日時 - 2009-12-14 18:38:56

質問者御自身の境遇になければ語るには恐れ多いことですが、
私も社会人生活30年超の間に何度か休業クラスの鬱の体験あり、
それらを経て醸成された人生観は・・・
気分転換がわりに聞いてください。
200億年以上前に、この宇宙は何とサッカーボールほどの大きさに詰め込まれていて、それがある時破裂して宇宙が誕生しました。
ビックバンです。今も膨張しております。
その瞬間、サッカーボールの中に詰まっていたおびただしい粒子の一粒一粒や、時間・空間が、それぞれどの方向へどれほどの勢いで飛び散ったか、それが全てわかると、西暦何年にtaxedoなる人物が地球という星に誕生して、どんな人生をたどり、どんな死を迎えるかが正確に予想できます。
つまりあなたがどんな人生をたどるかは200億年以上前に決まっておるのです。
あなたが苦境に直面して、死を選ぶか、はたまた開き直って乗り越えるかも、すべてプログラムされております。
ただ我々自身にはどんなプログラムだかわからないだけです。
200億年前のその瞬間を全て知っている存在が神だと思っております。
このような考えをもってから、死を考えるような八方ふさがりの鬱には陥らなくなりました。
ワケのわからんこと言ってると思われてもやむなしですが、今の私の人生観です。

投稿日時 - 2009-12-12 13:03:24

お礼

鬱のご経験がある方からのご回答は、ありがたいです。
おっしゃってる意味は、思い悩んでもなるようにしかならない、という意味でしょうか?本当は、そうなのかも知れませんね。
でも、私にはまだそこまで達観できず、もがいています。
もう少しもがけば、brasssubさんのように人生に自分なりに達観できるようになるかもしれませんね?

投稿日時 - 2009-12-14 18:26:32

ANo.7

再び元保険屋です。

お礼拝見しました。
加入時期が鬱でなくても…基本的にはその考えでいいのでしょう。
ただし、「保険はみんなが助け合うため、相互扶助のためのもの」
なので、自殺は鬱に関係なく、よくて減額、悪くて支払いできません。
これは自殺すれば家族は助かるという安直な考えのもと(失礼)判断
せざるを得ない保険業界の考えかたから来ているようです。
保険金殺人も然り。

警察と保険屋の言い分が違ったという回答者の方がいらっしゃいましたが、
まさにその通りでございます。
保険屋はいろいろありますが、
自殺で50%払うところと、全く払わないところがあります。
精神病があるなしにかかわらず、判断は保険や独自のものです。
保険屋は1件成果を上げるごとに背中や歩く場所をを気にするのです。
払えなかった案件の関係者にいつ殺されるかもしれないから。

自殺は逃げです。保険金は最悪おりません。
世の中自殺者が増えるたびに縛りが厳しくなります。
病気であろうとなかろうと。総合判断は「自殺」でしかありません。

とても追いつめるような内容で申し訳ないです。
ただ、五体満足で死にたいとおっしゃる質問者様がうらやましいのと
妬ましいのです。私は余命とかは問題ありませんが、体が弱く
なかなか思うように働けません。寝込むこと・入院も多々あります。
悩むことあれど、満足に動く体があるということは感謝すべき事項です。

投稿日時 - 2009-12-11 14:43:07

お礼

再びのご返答ありがとうございます。
保険会社独自の判断で決まるとは知りませんでした。
また、50%だけおりるという例も初耳です。0か100かと思ってました。
確かに、自殺は逃げです。しかし、目の前の壁のような現実に立ち向かう
勇気とパワーが湧いて来ないのです。
まず、仕事のために机の前に座れません、また、座っても手が動きません。
少しはじめても、少しのアクシデントですぐに挫折してしまいます。そして、そんな自分に自己嫌悪になる。その、サイクルから抜け出せないのです。
それでも、体は健康です。私のことを妬ましいと書いておられますが。健康な自分を意識すればするほど、自己嫌悪は深まります。
7、8年前は、違いました。もっと前向きで、パワーがあったように思います。何でこうなってしまったのか?自分でも本当にわかりません。

投稿日時 - 2009-12-14 18:17:20

ANo.6

「天上天下唯我独尊」
「己こそ、己こそ、己を置きて誰に頼るぞ、よく整えし己こそ誠に得難き寄るべぞえん」
経営者のプライド捨てないで、あなた以上にあなたを救える人はこの世に存在しないはず。今あなたの前には登山の経験がないのに登らねばならないエベレスト山ような山がある、登山家が100日がかりで登るとするなら、あなたは365日で登ればよい。体力もない?気力もない?。結構じゃありませんか、少しずつでも登れば嫌でも体力はつくし・気力も出ます。へとへとになりながら、ズタズタになりながら、ほんの小さな成功を積み重ねましょう。小さな成功積もれば山となる?いえ成功者となる。
死んだら楽になる?これ間違い、正解:わからなくなる。
多分保険で、せめて子を大学まではいかせたい?。あなたの自死による経済的効果の判断は正しい。疑問はあなたのお子さんはあなたの自死による経済的効果で大学へいけたとしても、強い社会人として生きていけるか疑問。みっともなく、情けなく、無様で、恥さらしで、生きていく姿みせるのも教育と思いますがね。ダメ親だと子は立派に育つと言うではありませんか。立派な人格者の看板は下ろして、商売の看板は下ろさずに残してしがみついて生きましょうよ。あなたが今恐れをなして、死を選びたくなるような境遇になったとしても、適応しちゃうんですよね。
同じくらいの子を持っていますからよくわかりますが子に十分な教育をさせて上げれないかもしれないと思うと、苦しいですよね、今そんな境遇の人沢山いると思いますよ。もちろん私もその1人です。

投稿日時 - 2009-12-11 00:30:48

お礼

ご回答ありがとうございます。
励ましてくださるお気持ち本当にうれしいです。
経営者としてのプライド、だいぶ前にどこかに忘れてきたように思います。私には難しすぎると思えるこの世の中、それでも頑張り続けられるのは、誰かへの愛情でしょうか?自分のプライドでしょうか?根本的に自分は、怠惰な人間だと思います。大した努力もせずに結果を多く求めてきて、それが、とんでもない事だとわかった今、絶望の淵にいるように思います。今は、自分が成功者になれる気が全くしないですが、目の前のほんの小さな成功を求めようと思いました。子供の反面教師というのは寂しいですが、将来子供たちもわかってくれる日が来ることを祈ろうと思います。
とにかく、本当に自分も適応できるのか小さいことからやってみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-11 12:35:50

ANo.5

あなたが担いで歩いてきたその重い荷物をそろそろ降ろされる時ではないでしょうか? 会社の為 子供の為 奥さんの為 年老いた両親の為 馬車馬のように働いてきたあなたに敬服いたします
でももう楽になってもバチは当たらないのではないですか

他の回答で保険屋さんが書いてらっしゃいましたが  
数年前私の義兄の父が事故死したのですが 
警察は事故との認定でしたが 保険屋は自殺と認定
死後あちこちからの借金が判明し 事故前に冗談っぽく「私が死んだら
借金は保険で返せるからな!」と言っていたのが何故か保険屋の耳に入ったようで 保険金は50%しか支払われませんでした
義兄は今も借金の返済を続けています

会社は民事再生の目は無いのですか 経営者として 自分が作った負債を
減額 減免の為 債権者に頭を下げると言うのは大変お辛いことだとは思います ですが この師走の寒空の中 路頭に迷うことになる従業員のことを考えてあげてください 彼らが頑張ってくれたから あなたも頑張れたのではないのですか? 彼らが汗水たらしてくれたから あなたももう一分張りできたのではないのですか?
きっとあなたの家族も あなたが死んで仮に借金がなくなったとしても
ちっとも喜ばないですよ 暗い悲しみを一生引きずって行く事になるだけです

投稿日時 - 2009-12-10 18:41:43

お礼

ご回答ありがとうございます。
本当に荷物を降ろしたいものです。
母に、そのようなこと冗談ぽく言ったことが最近ありました。答えは、あと10年ぐらいがんばれといったないようでした。母には、会社の本当の実情は言ってません。家内には、どんな仕事でもするから家賃収入とで合わせれば、お前が働かずとも、子供の学校も大丈夫だし、何とか食べていけるといいましたが、これも反対でした。理由は、子供たちが将来結婚するときに小さくとも社長でいてほしいといった内容です。家内の実家はしっかりしているのでいざとなれば、実家に戻るぐらいの気持ちがあるように思います。はっきりとは、いいませんが....。

義兄のお父様の保険の件、そんなこともあるのですね。自殺であろうと、2-3年の免責期間を過ぎれば全額降りると思ってました。また、確認したいことが増えました。

従業員には、本当に頭が下がります。やめてもらった人たちは、まだ若めの、他でもやっていけそうな人たちばかりだと思いました。残ってもらった人はベテランで年齢的に他では難しそうな、それでいて会社思いの方ばかりです。自分さえ頑張れば何とかなれそうなのに、頑張れない自分に自分が一番歯がゆく思っています。

投稿日時 - 2009-12-11 09:50:21

ANo.4

わたしはまだ独身で、社会に出て間もない若造なのでこれっぽっちの慰めも説得もできませんが、死にたいと本気で考えたことはあります。

生きるのって本当に大変ですよね。
お金さえあればって思いますよね。

このご時世ですもん。質問者様と同じ境遇の方はたくさんいることでしょう。それでも頑張って生きている人もたくさんいます。

あなたのその健康な体があるならば、死にたいという気持ちがあるならば、死ぬ気で死ぬまで生きて下さい。
諦めるには早すぎます!!
健康な体があれば何だって出来るじゃないですが。

本当にやれることはやりつくしましたか?
今の状況と向き合う努力はしましたか?

今は絶望の淵にいるような気持ちで、気力も湧かないでしょうが、
どん底まで落ちてしまったら、また上を向いて少しずつ進むしかありません。

今の気持ち、周りの誰かに相談していますか?
絶対に死ぬ以外にもやり方はあるんですから。一人だけリングから降りるなんて卑怯にも程がある!!

みんな、何かしらの不幸を背負っていきているのです。
闘ってください!!

こんなちっぽけな私ですが、心から応援しています。

投稿日時 - 2009-12-10 11:21:32

お礼

ご回答ありがとうございます。
励ましの言葉とてもうれしかったです。
お金さえあればたいていのものは買えるようにおもいます。
でも、自殺などしてお金が入ったとして、もっと大事なものを失うはずだと考え今までがんばってきました。しかし、目の前の状況は、日々悪くなるばかり、今の努力では改善させる自信がありません。
だからっといって、逃げてはいけないと思います。自分なんてまだましな方だと考え少しずつがんばっていこうと思います。
でも、家内とあまりうまく行ってないのが精神的少しつらいです。
励ましのお言葉ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-11 08:41:13

ANo.3

自分は弱卒です。
ですから戯れ言になります。

症状は質問者様と比較すれば軽いですが鬱病になったことがあり気持ちは多少なれどわかります。
状況や質問者様の性格を察するに周りの人の迷惑を考える責任感の強い方であると思います。
己のことよりも他人を、家族を先ず考えるその姿勢は敬服いたします。
が、少なくとも20年以上困難に立ち向かい家族を支えてきたあなたが
どうして今ここで誰かに頼っていけないということになるのでしょうか。
どうして今、甘えてはいけないということになるのでしょうか。
どうして今、立ち止まっていけないということになるのでしょうか。

お子さんが大学受験というならば、勉強をしながらアルバイトをしてもうら。
奥さんが働いていないのならば働いてもらう。
お姉さんに両親を任せる。
質問者様の性格からしてつらいでしょうが、それは悪いことではありません。
その上で、自分の出来ることを。

ぼーっとしてみるのも、たまには楽しいですよ。
人生まだまだ先は長いから、休憩でもせんとやっとれんです。きっと。

投稿日時 - 2009-12-10 11:11:36

お礼

ご回答ありがとうございます。
年齢は、関係ないと思います。
若さゆえに、純粋であったり本質的であるという若い人にいっぱいあってきました。
妻は体が弱く、働く気はなさそうです。また、自分は十分な教育は受けさせてもらったので、何とか子供たちに経済的な理由で行きたい進路を邪魔したくないのです。
自分は、読書が好きなので一度何も考えず本を読みふけってみたいものです。

投稿日時 - 2009-12-11 08:29:59

ANo.2

保険屋でした

自殺と思われる・鬱傾向にあった方(お薬の処方がある段階ですよね)
は保険金は支払われません(または支払われる可能性が低い)。
思うようにはうまくできてませんね…。

今はご病気のために特に落ち込みやすい状態と思われます。
お仕事のことなど、ご自身のこと以上に気がかりかと思いますが
ご無理だけはなさらないでください。
質問者様がいなくなることでのデメリットのほうがはるかに大きいのですよ。
残されたものにすべて背負わせてもいいのですか?
今一度お考えください。

投稿日時 - 2009-12-10 10:55:47

お礼

ご回答ありがとうございます。
保険契約時、鬱でなく、数年後、鬱で自殺でも保険は降りないのですか?
それなら、根本的にかわってきます。
本当のことを確認したくなりました。
でも、励ましのお言葉本当にうれしいです。

投稿日時 - 2009-12-11 08:20:10

ANo.1

今の時代、保険をかけて死ぬことが一番稼げるのかも知れないですね。
ご質問者様の場合でも同様だとは思いますが、住宅ローンが無くなるだけでは残された家族は生活できません。
もっと沢山の保険金をかけるべきです。
当然保険医入ってすぐに死んだのでは駄目ですから、最低後数年は生きてください。
また鬱病などが治り始めると、人生を悲観する余裕が出来る(症状が重いときにはそれすら考えられない&行動できないですよね)ために自殺などを考えるケースが少なくはありません。
つまりご質問者様の病状は回復に向かっていると言うことでしょう。

ですので生きるにしろ死ぬにしろ、将来設計をしましょう。
死ぬのはいつでも出来るし、自分で死ななくても寿命は待ってはくれないのです。

投稿日時 - 2009-12-10 10:44:00

お礼

ご回答ありがとうございます。
保険は、合計で6000万ぐらい掛かってました。数年前に掛けたものなので
自殺でも降りると思います。半分が会社に半分が家内に入ります。
住宅ローンが無くなれば、少しの預貯金1500万円ぐらいと奨学金で、何とか子供たちを大学に行かせてやれると思います。家は小さめのマンションに移ったほうがいいと思いますが。固定資産税が、高いですから。奨学金は月額45000円ほど、それで、大学の学費はほぼまかなえ、返済も卒業後、毎月1万円づつぐらいという事でした。また、もうすぐ、厚生年金も25年になり遺族年金も発生すると聞きました。確認はしてませんが、一応設計はしています。

投稿日時 - 2009-12-11 08:15:17

あなたにオススメの質問