こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

正社員とはこんなにも守られていないもの?

現在、電気機器の設計及び製造の会社で開発業務に携わっています。社員は20名で技術者は8人というなんともバランスの悪い会社です。現状の不況の煽りで昨年の12月からずっとボーナス無しの給料2割減が続いていましたが、ここへ来てさらに悪化しようとしています。ほぼ全員が降格し、残業代を含んでいた給料は一転「残業代はした分払う、でも残業は禁止」という状態になりました。
技術部は一課、二課と分かれており、弊社の現社長は1課の長(元社長でこの状況を作り出した張本人で降格して現在1課の係長)をリストラしたがっています。しかし、社員の前では「俺はリストラはしない。大丈夫、雇用は守る」と言っており、リストラする勇気?は無いようです。それと関連するかどうかは不明ですが、本来1課でやるはずだった仕事は二課でやることになり、今月中から1課は自宅待機、二課は一時帰休解除(給料減額無し)になりそうです。1課のメンバーが根を上げて辞めるのを待っているかのようです。以下が質問ですが
(1)こんな理不尽な事が通ってしまうのでしょうか?私自身も通ってしまうのではないかとは思いますがなんとか法的に対抗できないでしょうか?
(2)最終的には1課全員切りたいとの噂もあります。さらに切るとしてもリストラではなく雇用形態の変更(契約社員、バイト等)にするようですがこれも法的に対抗はできないのでしょうか?正社員とはこんなにも守られていないものなのでしょうか?給料がどんどん減っていきます。
(3)ハローワークでの会社都合退職の条件に(1)著しい冷遇(2)予期しなかった給料の85%以下への低下 と言うのがあるようですが、上記の待遇は(1)、一時帰休で(正式には時短扱い)給料が低下した場合は(2)に適用になったりはしないのでしょうか?

実際に自宅待機になったら県の機関に相談に行こうとは思っています。また、転職の覚悟もできてきましたが最悪を考えて少しでもいい条件で退職したいと考えています。どうか回答をよろしくお願いいたします

投稿日時 - 2009-12-10 14:47:53

QNo.5512072

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

争ったところで、潰れては元も子もないでしょう。
まあ、退職金規定がどうなってるか知りませんが、あったとして、こうなったら早い者勝ちになる可能性はありますね。そもそも退職金規定をなくす会社も多い時代ですよ。
少なくとも現状では法に違ってはいなさそうですので、現状でしがみつくか逃げるか考えたほうがいいのでは。

投稿日時 - 2009-12-10 19:03:42

お礼

回答ありがとうございます。そうですね、身の振り方をまじめに考えます。

投稿日時 - 2009-12-11 20:47:55

ANo.1

>今月中から1課は自宅待機

企業は、平均賃金の60%以上の休業手当を支払えば
不況による業績悪化などの理由で操業短縮を行うにあたり、
労働者を在籍のまま一時的に休業させることが認められています。

http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/013.htm

現在の法律ではなかなか解雇はできないので、一時帰休は望ましいことではありませんが違法ではありません。ということで労務費のコントロールには有用な手段といえます。

一時帰休は会社の都合ですから、会社は労働者に対し賃金の一部を保証しなくてはなりません。法律ではこれを通常賃金の60%を保証するように定めています。



個人的には会社が潰れそうなのに雇用を維持してくれてるだけで
ありがたい話だと思います。
沈みそうな今の会社にしがみつくよりも、休業手当もらいながら
次の会社を探された方がいいですよ。

投稿日時 - 2009-12-10 15:14:07

お礼

回答ありがとうございます。転職活動も始めようと思います。

投稿日時 - 2009-12-11 20:46:56

あなたにオススメの質問