こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

所得税源泉徴収簿

妻の私が青色専従者として初めて青色申告するのですが、結局は「事業主」と「専従者」の両方の立場になって事務関連は私がやっているので…混乱しています。確認を兼ねてお尋ねしたく思います。
 ●主人→事業主・妻→青色専従者の2名で業務を行っています。
 ●毎月8万の給与

【事業主としての作業】
○「給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿」(A4ヨコ書類)
 Q1:左上の「甲欄・乙欄」はどちらを選択するのでしょうか?
 Q2:「扶養親族等の数」は0人でしょうか?
 Q3:表(9)の「給与所得控除後の給与の金額」は(7)の欄で求めた額から65万を控除した金額でよいのでしょうか?
 Q4:(9)の右側の「配偶者の合計所得金額」は記入するのでしょうか? その場合、配偶者=主人になるので、事業所得額を書くのでしょうか?

○「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」(A4たて書類)
 Q:5:Bの「源泉徴収票を提出するもの」は「妻に発行する」と考えて「1人」と記入するのでしょうか?

○4枚複写の「給与支払報告書(個人別明細書)」(A6ヨコ書類)の作成
 Q6:源泉徴収額が0円でも、1・2枚目→市区町村へ、3枚目→税務署へ、4枚目→妻へ渡す、でよいでしょうか? 

【専従者としての作業】
 Q7:「給与所得者の保険料控除申告書兼~配偶者特別控除申告書」(A4ヨコ書類)と「給与所得者の扶養控除等申告書」(A4ヨコ書類)の2枚は、青色専従者なので作成の必要はないと思ってよいでしょうか?

たくさんの質問ですが…どうか、お力をお貸し下さい。宜しくお願い致します。 

投稿日時 - 2009-12-11 10:57:13

QNo.5514093

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Q1:左上の「甲欄・乙欄」はどちらを選択するのでしょうか?
●甲欄です。
Q2:「扶養親族等の数」は0人でしょうか?
●扶養親族はご主人扶養にした方が絶対有利なので0人で良い
 でしょう。
Q3:表(9)の「給与所得控除後の給与の金額」は(7)の欄で求めた額から65万を控除した金額でよいのでしょうか?
●そのとおりです。
Q4:(9)の右側の「配偶者の合計所得金額」は記入するのでしょうか?その場合、配偶者=主人になるので、事業所得額を書くのでしょうか
●記入不要です。
Q:5:Bの「源泉徴収票を提出するもの」は「妻に発行する」と考えて「1人」と記入するのでしょうか?
●そのとおりです。
Q6:源泉徴収額が0円でも、1・2枚目→市区町村へ、3枚目→税務署へ、4枚目→妻へ渡す、でよいでしょうか? 
●3枚目は提出要件以下ですので法定調書合計表に添付は不要です。
Q7:「給与所得者の保険料控除申告書兼~配偶者特別控除申告書」(A4ヨコ書類)と「給与所得者の扶養控除等申告書」(A4ヨコ書類)の2枚は、青色専従者なので作成の必要はないと思ってよいでしょうか?
●税額0円ですので「給与所得者の保険料控除申告書兼~」は必要ありません。「給与所得者の扶養控除等申告書」は必要です。これがないと
甲欄で源泉徴収できません。


以上です。

投稿日時 - 2009-12-11 11:57:03

補足

迅速なご指導に感謝致します。本当にありがとうございます。
Q7がQ1とリンクしているのに驚き…本当に何も分かっていない自分が情けないしだいです。
また、お力をお借りできればと思うのですが、宜しくお願いします。

「所得税源泉徴収簿」についてです。
Q8:(18)の算出年税額が△(マイナス)になるのですが、0円記入でいいのでしょうか?((9)¥310,000-(16)¥380,000=(18)△¥70,000)

「給与所得者の扶養控除申告書」についてです。
専従者の妻(私)が事業主の(主人)に提出する流れと思いますが、
Q9:私は「主人の扶養」なので、記入する箇所は書類の上部分(給与の支払者の名称・住所+あなたの氏名・住所~等)だけでよいのでしょうか?

Q10:「扶養控除申告書」を記入後、事業主へ提出し、その後は事業主は税務署へ「法定調書合計表」「給与支払報告書(総括表)」「所得税徴源泉徴収簿」も合わせて計4枚を22年2月1日までに提出すればいいのでしょうか?

基礎的な質問で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-12-11 13:39:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

Q8:(18)の算出年税額が△(マイナス)になるのですが、0円記入でいいのでしょうか?((9)¥310,000-(16)¥380,000=(18)△¥70,000)
●0円と書いても良し、空欄でも可です。

Q9:私は「主人の扶養」なので、記入する箇所は書類の上部分(給与の支払者の名称・住所+あなたの氏名・住所~等)だけでよいのでしょうか?
●書き方はそれでOKですが、ご主人の確定申告にあたっては、青色専従者であるあなたには配偶者控除も配偶者特別控除も適用されません。
扶養控除の欄の計算はあなた以外の生計を一にする親族だけが対象です。

Q10:「扶養控除申告書」を記入後、事業主へ提出し、その後は事業主は税務署へ「法定調書合計表」「給与支払報告書(総括表)」「所得税徴源泉徴収簿」も合わせて計4枚を22年2月1日までに提出すればいいのでしょうか?
●事業上の家賃の支払いがないのであれば、法定調書合計表にはあなたの給与金額のみ書きます。法定調書合計表のみ税務署提出です。あなたの源泉徴収票(税務署提出用)は添付不要です。
その他の書類で給与支払報告書以外のものはすべて事業主保管です。
●給与支払報告(総括表)と給与支払報告書はお住まいの市区町村役場の個人住民税係あて提出です。

以上です。

投稿日時 - 2009-12-11 15:37:57

補足

ご丁寧なご説明に毎回感謝いたします。

てっきり、税務署から送られてくる書類は全て提出するものだと思っていました…。考え方として、従業員が記入した「配偶者特別控除申告書」や「扶養控除申告書」を元に「~源泉徴収簿」を作り、その徴収簿を元に「給与支払報告書」を作成する。早く言えば、この一連の作業は「給与支払報告書」を作成する為の作業と思いました。
また、不明な箇所があり質問をさせて頂くと思います。

おかげで、謎がどんどん解決しスッキリしました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-11 16:27:12

ANo.3

ちょっと勘違いしてました。
先の回答は無視してください。

「源泉徴収票を提出するもの」は税務署に法定調書と
一緒に提出する人数のことです。なのでゼロです。

投稿日時 - 2009-12-11 15:22:50

お礼

ご回答ありがとうございました。感謝致します。

投稿日時 - 2009-12-11 16:25:53

ANo.2

事業主(ご主人)はどこかから給与をもらって
いるのですか?
個人事業のみで収入を得ているのであれば、それ
は事業所得です。

投稿日時 - 2009-12-11 14:36:25

お礼

主人はフリーのグラフィックデザイナーです。なので、事業所得になりますよね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-11 18:26:21

あなたにオススメの質問