こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

体外受精に踏み切れません。

こちらで何度かお世話になっております。37歳(もうすぐ38)です。
2年前と3年前に妊娠はしたことがありますがどちらも流産となり、なかなか出産に繋がりません。最近もわかってるだけで2回化学流産しています。不育症を疑って基本的な不育の検査と染色体転座の検査もしましたが、異常なしです。その他のホルモン検査ではP4の数値が9と低かったため、現在もクロミッドで治療中です。服薬して14まで上がりました。

恐らく年齢的な問題で良好な卵子が出来ないから妊娠に繋がらないのだと思うのですが、今後の治療法に関して悩んでいます。
体外受精をすると妊娠の確率が上がると言いますが、いい卵子は体外受精のための卵巣刺激をしたからと言って出来るわけではないのですよね?そうなると、ピックアップ障害もなく精子の数値も異常なしの私たちのケースだと、果たして高額な治療費を使ってまでやる価値があるのだろうか、と思うのです。それとも、薬で刺激して沢山卵を作ると、質のいいものが含まれる可能性が上がるのでしょうか?医師に「若い女性の卵子に旦那さんの精子をかければ一発ですよ!」と改めて年齢のことを言われ(しかもこんな言い方で)、非常に落ち込んでいます。

医師が言うには、「体外受精は卵の質が全て。神がかり的な治療法ではない。1度で成功する人もいれば、何度やってもダメな人もいる。あなたが年齢的に焦ってるのならやるけど?」とのこと。医師が前向きに背中を押してくれなければ、素人の私には何がいいのか判断できず、踏み切れません。

そこで、こちらで体外受精に詳しい方、ご経験者の方のご意見をいただけませんか。やって良かった方、意味なかったという方、体験談やアドバイスを、特に30代後半以降の方にご意見いただければうれしいです。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-12-11 19:38:45

QNo.5515145

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

こんにちは。

どのように回答すべきか、実は昨日から迷っていました。
私は原因不明不妊で、まる4年治療して5年目に体外受精で双子を授かりました。当時39歳でした。
私こそ、ピックアップ障害だったと体外受精して判明したクチです。最初の妊娠までに2年間かかった事を考えると、体外受精以降の妊娠率の高さはまさに驚異的でしたよ。
初回の採卵では新鮮胚移植こそ撃沈しましたが、凍結胚移植では3個移植して三つ子になりました。ところが残念ながら全部流産。二度目の採卵では最初から凍結胚を2個移植したら双子を妊娠し出産に至りました。まさに着床率で言うと100%近い効率の良さ、故に私の妊娠しない原因は体外受精でしか解決できない問題=卵子と精子が出会えていなかった=ピックアップ障害と判りました。
ですが、私は過去に自然妊娠→流産もしています。上に書いた通り、最初の妊娠は2年かかって自然妊娠だったんです。なので、ピックアップ障害=絶対に妊娠しないのではなく、卵管の卵子を拾う機能がよくない、例えば問題のない人が100とすると5か10くらいしか働かない、こういうものだと思います。
ま、質問者さんはそれよりも遥かに高率に妊娠して(流産して)いらっしゃいますので、ピックアップ障害とは違うと思いますがね。

体外受精の魅力は、要するに「効率の良さ」だと思うのです。
せっかく排卵する卵子なら必ず受精させたいじゃないですか?
せっかく受精したなら、必ず子宮に到達させたいじゃないですか?
ところが、不妊ではない人でさえ、そこまでに失われる卵子あるいは受精卵の何と多いことか!既出の回答にもありますが、ヒトの受精率自体は80%にも達します。これは証明可能で、体外受精で10個採卵したら平均8個は受精するからです。ところが、胚盤胞(受精卵が卵割を繰り返しながら卵管を子宮に向かって降りて来て子宮内に到達し、内膜に着床する寸前の状態にまで発生が進んだ胚)到達率となると平均40%です。妊娠できる可能性のある胚は半分に過ぎないのです。
実際には胚盤胞になった胚も全部が着床しませんし、着床した胚の20%は流産に終わりますから、そこからもまだ随分と狭き門ではあるのですが、少なくとも人の目の届く範囲であれば、可能性の高いものをセレクトすることができるわけですね。
高齢女性にとって、何より大事なのは「時間」ですね。体外受精は、陽性反応が出る以前にfailureに終わるものを選り分けることで時間の節約になります。せっかくの貴重な卵子を少しも無駄にしないために有効なのです。

ただし、化学的流産や流産を繰り返しているようなケースでは体外受精をしてもあまり意味はないように思います。
少し込み入った話になりますが、ご質問文中にもある「卵の質」という言葉、これが何を指すかですよね。難しいですよ、「卵の質」って。
もちろん、真に質の良い卵子とは間違いなく「健康な赤ちゃんに育って生まれてくるもの」ですが、それは人の目では判断できません。化学的流産や流産に終わったものだって、受精し卵割し着床したのですから良質胚だったのですよ。成熟度が低い卵子は受精しません。受精してもフラグメントいっぱいでグレードの低い胚は着床に至りません。
高齢になると、受精直前に起こる減数分裂時に上手く半分にならない不分離が起こりやすくなります。そういう卵子が受精すると染色体異常の胚になりますが、あまりに甚だしい異常であれば着床以前に成長が止まりますし、異常が軽ければ着床し途中までは発育します。もっと異常が軽ければ染色体異常児として出生します。人の目で見たときにグレードの良い胚にも良くない胚にも、同じ割合で染色体異常があることが証明されていますので、質問者さんが化学的流産・流産を何度かされていることは、即ち卵子の質が低いとは言えません。つまり、卵子の質を良くしたところで流産は必ずしも回避できるものでもないし、体外受精で解決できる問題でもないからですね(ただし、黄体機能不全が原因で化学的流産・初期流産を繰り返しているならば、積極的な排卵誘発や黄体補助で回避できますよ)。体外受精に一定の期待ができるとすれば、流産にも至らないfailureに終わるものを選り分けることで時間の節約になるということだけですね。体外受精はご承知のように高額の費用がかかるものですので、その理由がどれだけ重要度を持つかは、その人(と経済状態)次第でしょうね。

>医師に「若い女性の卵子に旦那さんの精子をかければ一発ですよ!」と改めて年齢のことを言われ(しかもこんな言い方で)

私もそういうデリカシーのない人間は大嫌いです。

投稿日時 - 2009-12-12 13:44:08

お礼

回答ありがとうございます。ameyoさんの回答は非常に的確でわかりやすく、いつも参考にさせていただいています。
その上で、いつもameyoさんは高齢不妊の方には積極的に体外を勧められていると思うのですが、やはり私のようなケースだとやはりあまり意味はないと思われますか・・・(時間は別として)。私も本当にそこがネックで、高額な費用を払って痛い注射や怖い採卵に耐えても、結局何も変わらなかったとなるのが怖いのです。また、もうひとつ問題があって、主人の仕事がかなり不規則で月の半分は留守なのですが、来年からは仕事の都合で採卵日にあわせて休みを取るのも不可能になります。そうなると、もし採卵日に不在の場合は凍結精子を使用することになりますが、その運動率はおよそ半分になるとのこと。まぁ、数値がよくなければ顕微に切り替えればいいのかもしれませんが、ますます私たち夫婦に果たして体外をやるメリットはあるのだろうか、と考えてしまっています。(ちなみに最近は留守の月のみ、凍結精子でAIHしています)

しかし、ご回答を読ませていただいて、その辺りのディスアドバンテージを負ってでも、時間と効率、そして毎月無駄になっている卵子を少しでも有効的に生かしていくという点が、今の私の年齢には大切なことなのかな、と感じました。38歳の自分への誕生日プレゼントとでも思って、今回ダメだったら体外に進もうかと思います。

それにしても、プロフェッショナルである医師こそが、こういうわかりやすくかつ患者の背中を押してくれる説明をしてくれるべきなのに、昨今の産婦人科の多忙さも医師のクオリティを落としているのかもしれませんね。残念です。大変わかりやすい説明とアドバイスをいただいて、どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-12 14:29:32

ANo.3

体外受精で授かりました。私も専門家ではないので、あくまで自分が治療してきた中で思うことになりますが・・・

> 「体外受精は卵の質が全て。神がかり的な治療法ではない。
> 1度で成功する人もいれば、何度やってもダメな人もいる。
> あなたが年齢的に焦ってるのならやるけど?」

医師の言うことに間違いはありません。ただ悩んでいる人に対しては、もっと説明を加えるのが親切かと思いますが。体外受精は、経済的身体的精神的な負担が大きく、かつ妊娠できる保証はありません。なのでやるとなれば、やはりそれなりに覚悟のいる治療です。そういう意味でおっしゃったのかな、とも思ったりします。確かに神がかり的な治療ではありませんが、そもそも不妊治療というのは「妊娠率を高める治療」です。その「妊娠率の高さ」をどこまで求めるか、ですね。

排卵誘発は確かに副作用もありますが、一般的には半年~1年程度は大丈夫です。副作用の影響が大きくなってきたらお休みします。治療というのは誘発に限らず、医学的行為に副作用がないものはありません。メリットがデメリットを上回る時に有効とされます。クロミッドは卵を成熟させる効果もあるので(成熟度が高い方が妊娠率が高い卵子となることが多い)、排卵に問題がなくても「卵子の質を上げるための治療」として一定期間クロミッドを処方することもよくあります。何事も適量です。魔法のお薬はありませんから。毒にもなる薬も、正しく使えば良薬になります。一概に「クロミッドは良くない」と突っぱねることが正解とは私は思いません。

私は卵巣機能が著しく低下していて32歳ですでに閉経に近い状態で、強い誘発には耐えられない状況でしたが、それでも誘発しなければ卵すら自力で育てられなかったので、誘発しないわけにもいかず、弱い誘発でトライしていて、たった1個だけ得られた胚が赤ちゃんになってくれました。そんな私は、もし体外受精をしていなかったら、今、腕の中にいるこの子はいなかったと思いますし、妊娠できたとしても「起こるかどうか分からない奇跡」をひたすら待つだけの生活だったと思います。

本当に誘発が不適応であれば自然周期で(何もせずに普通に育てた卵を)採卵します。一般的な数字で言えば、受精率は70%、受精卵が移植可能な胚に成長するのは1/3の確率だと言われています。質が悪いともちろん数字も落ちますので、私の場合はもっとひどかったですが。そのため数があったほうが良いのは事実ですが、質も大切です。数を作る誘発が合う人もいれば、私のように数を作る誘発が向かない人もいます。数と質のバランスを考慮して「どういう方法が良いのか」ということは1人1人違いますから、どういう方法で誘発するのか(あるいは誘発しないのか)ということは、自分の体を良く知る担当医が提案してくれますので、医師の判断を信頼するしかないと思います。ただし「こういう状況なのでこういう治療をします」と、納得のいく説明は必須ですけどね。

ちなみに「ピックアップ障害ではない」と書かれていますが・・・これは医師から診断されたのですか?現状ではピックアップ障害は検査できない問題の1つだったと思うのですが。特に問題が見つからないのになかなか妊娠できない場合、体外受精にステップアップしてすぐに結果が出たような場合に限って「ピックアップ障害だったのかもしれないね」と推測できるという域のものだと。ごめんなさい。私が知らないだけかもしれませんが。

少なくとも私個人は、高齢だからこそ体外受精する意味が大きいと思います。確かに年齢的には卵子の質にも問題があっておかしくはないと思います。が「卵子の質が悪ければ、どうせ体外受精しても一緒でしょ」は違います。卵子の質が悪くて自然妊娠が難しいからこそ体外受精をするのです。もちろん最初から「自分にバッチリ合う方法」は腕の良い不妊専門医でもなかなか見つけることはできません。様子をみながら試行錯誤しながらやっていくことになりますが、タイミングや人工授精とは違って「卵胞の中にある卵はどんな卵なの?」「受精はしているの?」「受精したとして卵は成長しているの?」ということが、実際に目で確認できるわけで、その確認をしながらより良い誘発法(あるいは誘発しない方が良いのか)ということを見極めていきます。体外受精は、治療であって検査でもある、と言われています。特に問題が見つからないのになかなか妊娠できない場合は、この質の部分に問題があることが多いのですが、それをしっかり確認した上で、どうすればより良い卵が得られるか、という治療をしていくことになるんですね。

なので、もちろん「1回で妊娠できるか」ということは運次第で、一般的には何回もすることになるという覚悟が必要です。そういう意味で、期待する分、精神的な負担もありますし、何度もするとなると経済的な負担もかかります。が、身体的な負担については、より負担が少なくなるよう医師が最善の方法を提示してくれると思いますし、信頼できる医師のもとで治療することが重要だと思います。色んな負担が大きいからこそ「本当にこれで良かったの?」と思うことも実際多いです。そんな時に自分を支えてくれるのは「この医師について行って頑張ろう」と思える信頼関係です。それがない中で結果が出ないと、本当につらい治療になりますから・・・

「若い女性の卵子」という説明も非常に不愉快ですね。ものには言い方というものがあります。私ならこんな医師、どこまで信頼してついていけるか、とも思います。個人的には、もっと前向きに詳しい情報を提供してくれるカウンセリングも行き届いた病院に(あるいは体外受精の説明を受けるだけでも)可能であれば転院を考えて良いと思います。体外受精をするなら、効果的な治療ができるのは今が最後と思った方が良いです。40歳とかになると体外受精でも極端に妊娠率が下がりますから。後になって「やれるだけのことをやっておけば良かった」と後悔しないためにも、前向きに考えて良いと思います。『そこまでしないと妊娠できないなら子供はいらない』という考えでない限り、少なくとも説明会などに参加して、もっと詳しい情報を集めて、その上で判断するべきことかと思います。今はあまりにも情報が少なすぎて、そんな簡単な説明だけで決めれるようなことではありませんから。

長々とすみません。

投稿日時 - 2009-12-12 08:07:21

お礼

色々と親身になっていただいてありがとうございました。
ご経験者様のお言葉、一字一句噛み締めて読ませていただきました。

体外受精は検査の意味も兼ねる・・・こちらかどうか忘れましたが、たまに目にする文章です。それは理解できていても、卵の質が悪いことを確認しても対処のしようがないと思っていました。なので、タイミングで当たりが出るまで数打つしかないかと・・・。誘発方法でも良質のものが含まれるかどうかは変わってくるのですね。
ピックアップ障害についてですが、過去に数回妊娠(臨床的に)はしたことがあり、ここ数ヶ月も化学流産を繰り返しているので、それはないと思っています。卵管も問題ありませんでした。でも、時間が経つと突然ピックアップ障害になってしまうこともあるのでしょうか。

sky_blue様がおっしゃるように、体外受精は精神的にも金銭的にも本当に大変だと思います。だからこそ、医師の十分な説明や誘導が欲しいのですが、何しろ医師が1人の大変忙しい病院なので、先生も言葉が足りません(言わないでいいことは言うんですけどね。笑)。
正直、逆にここまで困ってなければすぐ転院します。でも、私が通える範囲の不妊専門医となると限られてしまって、遠方に転院したとしても様々な負担の上に通院時間の負担が乗っかると、本当にやっていけないかもしれません。今は「この人に頼るしかない」と、何とか信じようとしているのが現実です。実績があって、腕はいいと評判なのですけれどね。聞けば教えてくれるけれど積極的に話してくれないスタンスの先生なので自分で勉強するしかないと思い、通院は難しいけれど、新宿の有名な病院の説明会にも行きました。院長はピックアップ障害のことを主に話されていたので、そこで私は「自分は体外適応なのか?」と疑問を持ったのです。

色々迷いはありますが、こちらでのアドバイスを読ませていただいて、年も年だしやる価値があるような気がしてきました。あまり期待せず、覚悟して挑まないといけないでしょうけれどね・・・。
間もなく38になるので、それを区切りに体外にステップアップしてみようと思います。

本当に沢山の体験談およびご意見をいただき感謝しております。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-12 10:03:34

ANo.2

ショックを与えてしまったみたいですみませんでした。私も専門ではないので良く確認していただきたいのですが、クロミッドは排卵誘発剤で、排卵してれば飲む必要はないと思うのですが。。排卵誘発剤は卵子の質を下げるみたいです。P4はプロゲステロンというホルモンが少ないのですよね?それだったら、妊娠を持続させるホルモンが足りないということになります。受精しても着床しないとか、着床しても数周で科学流産してしまうことになるようです。
以前同じような症状の方がいて、ウォーキングと、漢方を飲んでいたら自然妊娠した方がいました。「婦人華」という漢方とレバコールSというものです。冷え性にも良いですよ。私も飲んでいました。
これを飲んでいた?からか、体外受精一回で妊娠しましたもので。ぜひオススメです。新薬は即効性ありますけど、長期服用は怖いですよね。。ぜひご検討クダサイ。

投稿日時 - 2009-12-11 21:31:45

お礼

いえいえ、とんでもないです。自然排卵はあるのですが、良質な卵子を誘発剤で排卵させて、その結果P4を上げる治療のようです。多分、ここ数ヶ月の化学流産は受精卵の質が悪かったか、黄体機能不全のせいだと思います。

漢方は現在ご紹介いただいた婦人華にも入っている当帰芍薬散を服用中なのですが、レバコールSは知りませんでした。冷えに効くのなら試してみます。

ご親切に色々な情報を下さって、本当にありがとうございました。とてもうれしかったです。atomixさんのあとに続けるよう頑張ります。

投稿日時 - 2009-12-11 23:35:16

ANo.1

こんにちは。不妊治療は大変ですよね。
私は体外受精で妊娠しましたが、おそらくピックアップだったと思うので参考にならないかと思いますが、クロミッドの長期服用で卵子の質が低下するということを聞いたことがあり、気になって投稿しました。

また、卵子の質ということであれば鍼灸が効果的だと思います。
数ヶ月で効果がでるみたいですよ。不妊専門の鍼などもありますのでもし良かったら調べてみてください。

投稿日時 - 2009-12-11 19:47:24

お礼

アドバイスありがとうございます。実際に体外で妊娠されたとのことで何よりです。なんだか励みになります。
そうなんですよね、今まで一度も陽性を見たことがないなら、迷うことなく体外に進んでると思うんです。でも、受精→着床→妊娠(最高で5か月)まで行ったことがあるので、単に卵子の質の問題ならどうやっても同じことなのかなと・・・。

クロミッドの長期服用が卵子の質の低下を招くこともあるのですね。
黄体機能不全の治療でずっと使ってるのでちょっとショックで・・・。なんだかよくないスパイラルに陥ってるのでしょうか・・・。
あと、教えていただいた鍼は、ひどい冷え症もあって現在も継続中ですが、効果があるんですね。今後もちゃんと通うようにします。

色々とアドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-11 20:56:45

あなたにオススメの質問