こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

続く悲報への受け止め方について

新型インフルエンザの死者数が世界中で1万人を越すとニュースで見ました。
日本では101人、アメリカでは6千人以上が感染により他界されたんですよね。

8年前の911テロ以降戦争による犠牲者も信じられないほどの数になるようですが、文字やニュースだけで見る限り実感がないというか

自殺者数も含めると、とてもじゃないけど想像を絶する死者数です。

そう感じるのは、私が平和すぎる環境にいるという事なのでしょうか・・・

私も交通事故で生死の境目まで行くような出来事はありましたが、今この瞬間にもどこかで何らかの犠牲になってる人がいると思うとなんだかやりきれません。

それについての受け止め方や把握すべき事は何かあるのでしょうか。

自分自身も含め人の死についてあまり考えた事がないせいか、どう受け止めていいのかいまいちわかりません。

身近でまだインフルエンザや突然の災害で亡くなられた方がいないため危機感があまりないのかもしれません。。。

我が国でたくさんの人が亡くなってる現在、国は違えどたくさんの犠牲者達とも同じ時代に生きている1人として何か心構えというか

本当の意味で身を守るために私たちが今するべき事はあると思いますか?

投稿日時 - 2009-12-16 15:27:17

QNo.5526807

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こう言っては何なのですが、逆に、あまりに身近なもの、身に迫ったもの、として捉えすぎるのもよろしくないと思います。

よく、犯罪報道やその後の裁判報道などで、「被害者の身になって考えろ」みたいなことを言う人がいるのですが、私は、この考えはダメだと思っています。
というのは、結局、当事者でなければわからないこと、というのが山のようにあるわけで、関係のない自分が一生懸命、想像を働かせたところで、それはどこまで言っても「想像」の域から出ないのです。
無論、当事者の声を無視して良い、という意味ではありません。しかし、当事者の立場になってしまうと却って物事が見えなくなってしまう場合も多いのです。まして、当事者でもないのに、当事者の立場を勝手に想像して物事を考えたりするのでは、極めて狭い視野になってしまいます。

以前、こんにゃくゼリーを喉に詰まらせて死亡した、という事故がニュースで大々的に流れたときがありました。
当事者とすれば、それで死亡するのは納得出来ないかも知れません。
しかし、実際には、こんにゃくゼリーの何倍もの人が、パンやご飯、場合によっては、病院での流動食を喉に詰まらせて死亡している、という事実もあるのです。
そういうことを考慮せずに、「こんにゃくゼリーは危険な食品だ」と規制したのでは、全くおかしなことになってしまいます。


他の方も仰っていますが、生物というのは、必ず死ぬ存在です。永遠に生きる、ということは不可能です。そして、そこには必ず何らかの「死因」が存在します。
当事者でなければ、それぞれについて身近に感じることが出来ない、それは当然です。
醒めた見方に思えるかも知れませんが、自分は当事者ではない、と自覚して、その上で、客観的に見て物事を判断するのが重要なのではないでしょうか。

投稿日時 - 2009-12-17 10:47:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 その事だけを抜き出すから大きいように感じるだけです。それ以上に寿命などで亡くなっている方もいるのですが。

 人は必ず死ぬのです。人だけではありません、生きている物すべて死ぬのです。生きて死ぬ。その間に子孫を残す。この繰り返しのサイクルに居るだけです。
 全人口はどれぐらいだと思います?そこから割合をみると大したことは無いのです。それに無くなっても、子供は生まれてきます。

 だから大したことではないのですと考えるのです。

 命の大切さを知ることです。そして神様ではないのですから自分の小さな力をすこし、弱っている人に分けるようにしてください。そして、守るために知識を高めているのです。

投稿日時 - 2009-12-16 17:24:00

ANo.1

新型インフルエンザって、
“まだ101人しか”亡くなってなかったんですね・・・。
マスコミの報道から受ける印象より、はるかに軽いようです。

旧来から流行ってるインフルエンザでも、
毎年のようにたくさんの方が亡くなっています。
新型が発生したのは今年(2009年の4月)ですが、
旧来のインフルエンザの死亡者数は、
2008年は272人、2007年は696人、2006年は865人、2005年は1818人、
これだけの方々が亡くなっています。

ここ数年の死亡者数を見るだけでもわかりますが、
新型だからといって強力というわけではありません。
ほとんど免疫を持っていないので流行りやすく、多くの人が感染し、
結果として死亡者も出ているだけです。


適度に運動をして体力を付け、バランスの良い食事を取る。
外から帰ったら手洗いうがいをする。
当たり前の健康的な生活こそが、なによりも有効な対策です。
そして、もし感染したら病院ですぐに診てもらいましょう。
必要以上に恐れる必要はありません。

投稿日時 - 2009-12-16 16:36:05

あなたにオススメの質問