こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宮内庁長官についてどう思う?【天皇陛下の政治利用】

マスコミ各社は政府が陛下を政治利用したと言う非難論調で報道しています。
それに応じて長官を支持するメールも宮内庁に多数届いているようですが、
そもそも、なぜ同じ会見でも一ヶ月ルールを守れば政治利用ではなく、一ヶ月ルールを破ると政治利用になる、という基本的なところからして意味不明なものがあるのですが、それは置いておくとして、

以前からこの宮内庁長官の傲慢さは鼻につくものがありました。雅子妃をかばおうとした皇太子殿下への苦言会見などは記憶に新しいところです。基本的にこの人は頭がおかしいのだとは思いますが、今回もこの長官が政府に対し気を吐いているようです。このように官僚が堂々と政府を非難する声明を発表する省庁は宮内庁以外にはありません。

そもそも、宮内庁が他の省庁と違ってこれだけ傲慢に振舞えるのは、陛下を人質に取っているからに他ありません。
陛下は現在でも多くの国民から愛され慕われています。宮内庁はその陛下をお守りするための組織であり、宮内庁への攻撃は、陛下への攻撃であると多くの国民に受け止められかねません。国民を敵に回す危険があるため従来の政府は宮内庁へ手出しができず、それが宮内庁を増長させる結果となっています。
「虎の威を借る狐」といったところでしょうか。
要するに今回、宮内庁長官が会見を開いて政府を批判できたのは、長官自信が陛下を政治利用したからに他ありません。

また、
彼がもし、今回の政府の要請が本当に陛下の政治利用だと思ったのなら、職を賭して政府の指示に反抗するべきではなかったでしょうか。
陛下を政治利用からお守りできなかった自分の責任を棚に上げ、責任を政府に転嫁しようとするなどとは、陛下よりも自分の保身を最優先と考えたようです。

このような羽毛田宮内庁長官はまさに【君側の奸】だと思うのですが、

皆さんはどう思いますか?

投稿日時 - 2009-12-17 18:21:17

QNo.5529535

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ボクは少数派と思いますが小沢幹事長を支持します。
ただ、小沢幹事長の憲法解釈は間違っています。習副主席との会見は国事行為ではありません。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091218/stt0912180138000-n1.htm
小沢氏は同日、羽毛田氏について「あいつこそどうかしている。天皇の権威をカサにきている」と批判した。国会内で関係者に語った。

小沢氏は質問者さん同様、ハケちゃんこそ、「天皇の権威をカサにきている」と批判しています。
小沢幹事長は内閣の一員ではありません。
今回の件は、裏で小沢圧力があったとしても、表向きは鳩山内閣が決めたことです。
このことを一官僚が批判する。これはあってはならないこと。
小沢幹事長の言うように「批判するなら辞任してから言え」というのは当たり前。
宮内庁長官の任命権者は内閣です。その宮内庁長官が(小沢圧力があったとはいえ)内閣の批判をする。これはあり得ません。はい。

投稿日時 - 2009-12-18 11:24:29

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2010-01-02 23:01:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

 激務とされる上に、高齢で健康に気遣わないといけない天皇陛下を日常的に守る官庁の責任者の立場です。憲法上の規定との兼ね合いも理解できているように感じます。新聞報道にある経過を見る限り、宮内庁長官の行動は、個人的には支持します。
 私個人的には、マスコミの報道の仕方が気になりました。煽り立てすぎでは。

投稿日時 - 2009-12-19 22:45:36

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2010-01-02 23:01:25

ANo.2

 自分はこのような事は『法』によって判断するものだと思います。

・まず一ヶ月ルール自体、過去、自公さきがげの3党で決められたものでその中心人物は現首相の鳩山がいます。
 自分が決めた決まりを自分で破るというのは理にかなってません

■天皇会見で小沢氏反論の重要なポイントとして・・

・天皇陛下が行っていいのは「国事のみ」です。憲法で定められています。
・助言は内閣によって行われますが、「小沢は内閣の一員ではありません」。
・天皇陛下が接受するのは「大使と公使」。習近平国家副主席は大使でも公使でもありません。
・よって、今回の謁見は国事ではありませんし、小沢が絡んでいるなら越権行為です。
・内閣が国事行為以外に天皇に対し助言と承認を行う権能は存在しません。
(憲法3条は国事行為に関してしか規定していないため、
  内閣が私的行為に関して天皇陛下を縛り付ける権限は無いのです。)

いいかえれば小沢の言い分を言い換えればこうなりませんか?

「日本国民が選んだ政府・内閣が決めたことを日本国民が賛成するのは当たり前というか当然じゃないですか」
「それが日本国憲法の基本理念であり方の精神でしょ?」
「反対なら日本国籍を捨てて日本人辞めてから反対すればいい」
「日本が好きで日本人になりたい人は引く手数多な訳で是非そういう方達に日本人になって頂きたいなあと」
「多少なりとも日本国憲法に抵触する部分があるとすれば前向きに見直せばいいでしょう?」
「憲法を金科玉条のごとく奉るのは戦前みたいで危険だよ」

投稿日時 - 2009-12-18 03:05:14

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2010-01-02 23:01:42

ANo.1

政治的利用は判りませんが
ただ天皇の体を心配したなら判りますが≪この頃病気がちなため≫
それ以外でしたら政治問題どうのこうの言う前に、スケジュールが付いたら誰でも会えるようにしてあげるのが宮内庁長官の役目と思いますが、
ダライラマは時間の都合が付けば、誰にでも会ってくれるそうです
ただ全部が全部、そのようにしたら天皇は激務でしょうがね
体調と時間の都合が付けば、今の天皇なら、誰にでもあってくれるとは思いますが、それこそ宮内庁長官の政治利用ではないですかね?≪前例を作りたくないのかも≫

投稿日時 - 2009-12-17 18:36:04

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2010-01-02 23:02:04

あなたにオススメの質問