こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

交通事故被害者相談

質問させて下さい。交通事故車対車で過失は相手100当方0です。
請求額について教えて下さい。
診断頚椎捻挫、入院無し総治療通院期間7ヶ月と11日。実通院日122日。治療費相手側(任意保険)支払済みです。診断書は治療中止と記載している。
休業損害は主婦業として扱われるようになっています。基準について自賠責保険と任意保険と弁護士の3つの支払い算定額があることを知り、計算方法を教えていただければと思います。妥当な金額のアドバイスもいただければ嬉しいです。私独りで身近な相談相手が居なく(母子家庭で)交渉にあたり紛争なく示談交渉をしたいので言葉にも勝てる自信がないので文書で送付したいと思ってもいます。分からないのでよろしくお願いします。
無知ですいません。

投稿日時 - 2009-12-22 08:27:19

QNo.5539458

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

>示談交渉=後遺症認定。になってしまうのであれば後遺症認定申請は諦めなければいけないかもしれないです。

・後遺障害等級の申請をするとなれば、示談はその後となります。

申請の手順は、

(1)相手自賠責保険会社へ連絡し後遺障害の申請の旨を伝える。
(2)相手自賠責保険より送られてきた書類を元に必要な書類等を揃える。
(3)(2)が完了したら「相手自賠責保険」に提出する。

となります。

>一度主治医に後遺症認定申請の診断がつくかどうか尋ねてみます。示談が終わらなければ受診は自費扱いになるのかが分からないですのですがその点は分かりますでしょうか?これも聞いた事なので、12月から行くに行けない状況です。

・症状固定後の治療となれば自費扱い(自腹)ですが、事故に関する為に必要であると判断される場合(例:後遺障害申請の為にMRIを撮る等)は、立替え払い又は、請求先を直接相手保険会社にしてもらう事が認められます。

事前に相手保険会社に確認を取る必要があります。
※後遺障害の認定を前提とした受診ならおそらく可能だとは思いますが、聞いてみた方が良いですね。

投稿日時 - 2009-12-23 22:03:16

お礼

回答ありがとうございます。もう一度自身の状況を認識して(言葉の整理ですね)不備がないように相手保険屋に連絡を入れて、交渉をしてみようと思います。

投稿日時 - 2009-12-24 06:38:06

ANo.6

>そうなると自賠責保険枠120万を越えてしまいますが、そのような場合は自賠責保険枠は4200円で支払われ越えた額は任意保険基準になるのでしょうか?

・任意保険基準というのは任意保険会社の定めた基準なので、法的な根
拠もなく、絶対に従わなければならないものではありません。
ただ、保険会社の基準なので相手保険員はそのような形で提示してくると思います。

※相手の提示する金額が、地裁基準の6割に満たなければ基準すら満たしていない事になります。

>治療中止です。今現在も肩から腕にかけて筋緊張があり長時間の運転やパソコン操作時の姿勢(右腕を前にする姿勢)によりパンパンに張ります。
後遺症申請書はいただいてますが(治療期間が半年過ぎた為)、情報で困難な事を知りました。

・治療期間内のMRI画像があればその画像他必要書類を「相手自賠責」に提出するだけなので、良心的なお医者さんなら申請の価値はあるかもしれませんね。

認定される保証というものではありませんが、少なくとも画像所見(レントゲンやMRI等)に他覚所見(症状を示す根拠)があるのなら申請はすべきだと思います。

※治療後であってもMRI画像を撮り(3.0テスラが望ましい)、症状を示す所見があれば一緒に提出、出来ます。(MRI撮影費用は相手保険会社に事前に伝えれば請求可能です)

後遺障害等級の認定は審査する機関の判断に委ねられますが、

被害者が「相手自賠責保険へ直接申請する」事で認定の可能性はある(高くなる)といえます。

※MRI画像を撮れれば、後の必要書類等は電話一本で取り寄せれるので難しくはありません。

申請を行なう場合、それなりの手間や精神面の負担等もあるので、この辺の判断は慰謝料の金額で折り合いをつけるか、ご自身の判断となってきます。

投稿日時 - 2009-12-23 15:01:34

お礼

回答ありがとうございます。後遺症認定申請は困難だろうと思い込んでいました。確かに時間精神的にも負担がかかると思いますが、申請する事で自身の状態が分かると思います。一人で家庭を支え仕事に無理せず心にも余裕が出来ることでしょう(認定されたらの話です)。母子家庭と休職していた為に金銭的に余裕ないのが現実です。示談交渉=後遺症認定。になってしまうのであれば後遺症認定申請は諦めなければいけないかもしれないです。
一度主治医に後遺症認定申請の診断がつくかどうか尋ねてみます。示談が終わらなければ受診は自費扱いになるのかが分からないですのですがその点は分かりますでしょうか?これも聞いた事なので、12月から行くに行けない状況です。

投稿日時 - 2009-12-23 17:58:31

ANo.5

No.3です。

過去に使用した資料を見直したので追記します。

休業損害については専業主婦なら「1日5700円×家事が出来なかった実日数」です。

慰謝料については交通事故に遭った日から症状固定(治療の中止)の日数×4200円です(自賠責基準)

質問文の期間の1ヶ月を30日として計算すると949200円です。
※実日数で計算する時には+5日で計算します。

あと診断書についてですが「治療中止」という事は症状(痛み・痺れ等)は完治していないのでしょうか?

もしそうであれば、「症状固定=後遺障害がある」となるので、
後遺障害等級の認定(申請)が可能です。

※義務では無いので必ず行う必要はありません。
行なわない場合は示談交渉の際の慰謝料を決める条件として使えます(提示出来る)

参考URL:http://www.jiko110.com/contents/index.php

投稿日時 - 2009-12-23 11:58:31

お礼

回答ありがとうございます。
ひとつお聞きしたいのですが、治療費はまだ正確には教えてもらってないので総支払い額は70~90万はいってると思われます。そうなると自賠責保険枠120万を越えてしまいますが、そのような場合は自賠責保険枠は4200円で支払われ越えた額は任意保険基準になるのでしょうか?そのような情報(ネット)もあって叩かれそうで不安です。
治療中止です。今現在も肩から腕にかけて筋緊張があり長時間の運転やパソコン操作時の姿勢(右腕を前にする姿勢)によりパンパンに張ります。
後遺症申請書はいただいてますが(治療期間が半年過ぎた為)、情報で困難な事を知りました。レントゲンには骨の異常しか見つける事が出来ないですし、個人病院なのでMRIはありません。事故後3ヶ月後に市立の病院で頸部と腰椎を撮ってもらってます。(腰痛の為)頚椎が主ではなかった為に結果は人より首が長いくらい強いて言うならば椎間板狭窄部位が一部あること位で、日常的には問題ないとの事でした。
私自身も押しが足らなかったことがあったと思います。個人病院の先生は良心的で保険屋に半年は治療期間がいる事を言ってもらえ途中の示談交渉すらありませんでした。7ヶ月経ち、保険屋から連絡あった様子でした。治療の延長をして頂いただけでも感謝してます。

投稿日時 - 2009-12-23 12:59:01

ANo.4

No.3です。

>当方の保険屋は過失が0の為、関与出来ない(ノータッチ)との事でした。何のために保険制度というものがあるんでしょう。被害者には相談相手できないことみたいです。

・過失が0の場合、相手との交渉の代行が出来ないのは事実ですが、アドバイス・質問等位には応じてもらえます。

※私が加入しているのは通販型(一般に安い保険と呼ばれている保険)
でしたが親身に教えていただけました。

担当者の対応がずさんなら、上司、それでも駄目なら本社に連絡しましょう。

投稿日時 - 2009-12-22 23:18:22

お礼

ありがとうございます。
当方の保険屋は代理店の為に対応が出来ないのでしょうか
それとも、知らないだけでしょうか?
そもそも代理店は事故処理は支店任せになるんでしょう。
一度支店の方に連絡してみます。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-23 09:40:15

ANo.3

事故につきまして、お見舞い申し上げます。

>診断頚椎捻挫、入院無し総治療通院期間7ヶ月と11日。実通院日122日。治療費相手側(任意保険)支払済みです。診断書は治療中止と記載している。

・治療費等で自賠責枠(120万円)を超えているので、相手保険会社は任意基準で提示してくると思われます。

請求額については下記URLをご参照下さい。

地裁基準
http://www.jiko110.com/contents/beppyou/year/index.php?pid=90&id=1118068054#1118068054

計算法など不明な点は加入保険会社に聞けば教えてもらえます。

妥当といえる金額を受け取る為には地裁基準をベースとするのが良いで
しょう。

※任意基準による算定額は地裁基準の6割前後が相場と言われています。
地裁基準により算出した算定額の6割以下なら「低い」(妥当とは言えない)と考えて下さい。

投稿日時 - 2009-12-22 15:43:47

お礼

回答ありがとうございました。当方の保険屋は過失が0の為、関与出来ない(ノータッチ)との事でした。何のために保険制度というものがあるんでしょう。被害者には相談相手できないことみたいです。今後の保険屋の検討も踏まえてみたい気分になってしまいました。自分自身でも努力してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-22 22:45:35

ANo.2

まず、基準などは、ネットに幾らでも転がっています。
無料で検索でき、質問なども出来、自分でも調べられるようになっているサイトもありますので、探されてみてください。
(特定のサイトを書くのも好きではないので)

また、任意保険基準、自賠責保険基準、地方裁判所基準、弁護士基準と有りますが、それらの基準は、単にあるのではなく、理由が全てある基準です。

・地方裁判所基準は、裁判所が加害者(保険会社)の対して国の命令として出す為に、保険会社が仕方なく支払う基準です。
そんなもので交渉したって、保険会社は「はいそうですね」なんて出しません。
そんなものを裁判や、紛争処理センターからの勧告無くOKなんてしたらその担当者は即地方へ左遷されます。そういう基準です。
また、紛争処理センターからの勧告も全てそのまま受け入れなければならないと言う物でもなく、その勧告を蹴る場合もあります。

・弁護士基準と言うのは裁判で認められない、裁判所が認める額より少し多めに出す基準です。
こんなもので交渉しても、笑われるだけの話になります。

保険会社の担当者と交渉して引き出せる金額の上限は、自賠責保険の範囲を超えている場合は、あくまで任意保険基準でしかありません。

その部分を理解されずに自分に有利だからと意味もわからずに高い基準で交渉すれば、失敗するだけになります。
最悪は、
「じゃぁ、裁判してくださいね。裁判所から通知が来る迄お待ちしております。」
と言う頚椎捻挫ではとても割の合わない状態に追い込まれる可能性もあります。
(後遺障害で10級程度以上が認定されないと、裁判なんて割が合いません。)

その辺をよく理解された上で、行動される事をお勧めします。

安く出来るのは紛争処理センターですが、3ヶ月から半年程度の期間がかかり、その間、月に1回程度、センターまで平日の昼間に行かなければなりません。
その間の日当や交通費は全て自腹ですので、その辺も考えて利用する事になります。

投稿日時 - 2009-12-22 12:19:29

お礼

回答ありがとうございました。私自身後遺症もなく普通に示談出来たらいいと思ってます。
ただ示談金額の投稿などを見て実際の金額以下になったケースを見て不安になっただけです。莫大な金額請求をしようなんて思っていません。ただ妥当にいただければいいだけなんで。他リンクも見せていただきましたが、多々情報が有りすぎで算定額がわかなかったところです。
大体の金額をしらなければ示談交渉すら出来ませんから。情報ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-22 13:01:12

ANo.1

弁護士さんに相談した方が良いと思われます。
相談なら~1万円、処理を頼めば10万円程度と
思います。

投稿日時 - 2009-12-22 11:18:14

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-22 12:47:06

あなたにオススメの質問