こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

屋根瓦の点検業者があやしい・・・?

4、5年ほど前に業者に屋根瓦を全部交換して新しくしてもらったのですが
最近になって別の業者が、「4、5年前に瓦を変えましたよね?前に工事した会社が倒産してしまったので、引き継いだ会社です。代理店から依頼があったので点検します」と言って自宅に来ました。
そして屋根に上がらせたのですが、瓦にヒビが入ってる、このままでは雨漏りすると言われ、写真を撮ったとのことだったので見せてもらいましたが見てもよくわかりませんでした。そして、後日見積もりを出して同意したら修理工事をする、とのことでした。

自分なりにネットで調べたのですが、瓦は20年~50年持つと言われていて、メンテナンスも10年に1度くらいだと聞きました。
それなのに、5年たらずで点検に来て、しかもヒビが入っている、というのはちょっとおかしいかな、と思うのですがどうなのでしょうか。(点検に来てもらって疑うのはどうかと思いますが・・・)

ちなみに自宅は木造築25年ほど(瓦とは関係ないかもですが・・・)で、関東地方に住んでいます。
関東ですので台風など強いものはあまり来ませんし、大きな地震もありませんでした。
ただ壊れ物なので、何かのひょうしにひびが入ってしまう、なんてこともあると思うのですが、この、取り替えてから4、5年という期間に点検に来て、しかも有料修理の必要があると言われるとどうしても勘ぐってしまいます。

詳しい方がいましたら率直な意見をお願いします。

あと、ちょっと気になったのですが、業者が点検で屋根に登って降りてきたあと、「屋根の釘が出ていたのでトンカチでなおしておきました」と言っていました。
うちの屋根に釘なんて無いような・・・?なんて思ったんですが、登ることができないので確かめようがありません。
まっとうな業者だったら申し訳ないとは思うのですが、トンカチで瓦にヒビを入れたんじゃないか、と家族が疑っているようです。

投稿日時 - 2009-12-27 05:14:11

QNo.5550072

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

かなりの詐欺臭がしますね。
悪徳業者は勝手に上がりこんで、事前に用意したニセ写真をあたかも今撮ったかのように見せたり、更には自分が壊してそれを以前から壊れているかのように騙すのが常套手段のようです。
床下なんかでも潜り込み用意した水を撒いて「漏水している」なんて言って騙す例もあるようです。

まず本当に前の業者さんは倒産したんですか?そこは質問者様が確認出来ますよね。もし本当に倒産していても、代理店があって引継ぎを依頼されたというのも怪しいです。その代理店を突っ込んで聞いて直接確認してみては如何ですか?
極めて危険な感じがします。割れているのも「割った」のではないでしょうか。断った方がいいです。そして改めて信頼のおける業者さんに点検してもらうのがいいと思いますよ。

投稿日時 - 2009-12-27 09:06:51

お礼

ありがとうございます。
壊されてたらえらいことですね・・・。
今日も話だけですが、家に来たようです。(自分はいませんでしたが)
言い忘れてしまいましたが、基本的にその業者の相手をしているのは私の親で、話しを聞いた時に何かおかしいなと思い相談させていただきました。

前の業者さんが倒産したことについて、領収書を無くしてしまったため確かめられませんでした。(大事なものを無くすなんて本当に情けないです・・・)
ただ前の業者さんを紹介してくれたところは建築業とはあまり関係は薄いですが、有名な会社なのでなんとか聞いて調べてみます。

投稿日時 - 2009-12-27 14:58:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

はじめまして。北関東で瓦工事をしているものです。
その業者はかなり怪しいですね。われわれの業界でもそういう悪質業者には大変迷惑しております。
瓦の場合、100%ないとは無いとは言い切れませんが、5年くらいでは、自然にひびが入ることは考えにくいですね。
また釘の件ですが、使ってある瓦の種類にもよりますが、表面から釘が見える場合もありますし、場合によっては釘が浮くこともあります。
ご心配でしたら、ネットで全日本瓦工事業連盟というのを検索いただき最寄の加盟店を探されて点検をお願いされたらいいと思います。
加盟店の方で連盟が認定する「屋根瓦診断技師」という資格を持っている方なら安心していいと思います。また、資格をもっていなくても加盟店というだけで安心されても大丈夫だと思います。
手前味噌になってしまいましたが、一考の価値はあると思うので、お試しください。

投稿日時 - 2009-12-29 06:21:30

お礼

ありがとうございます。
業者は嘘をついていたようで、詐欺で確定かと思います。
一応自分の目でどうにかして確かめるつもりですが
点検をお願いすることも考えてみます。

投稿日時 - 2010-01-02 02:35:38

ANo.7

 瓦にも材質がいろいろありますが、一般的に使用される陶器瓦でしたら、半永久的に持ちます。
 よって、瓦屋根のメンテナンスは、瓦のズレや割れが無いかどうかを時々確認するくらいです(ご自分で十分に確認できます)。

 また、釘の使用の件ですが、マトモな業者の施工でしたら、釘を使うのは、屋根の端部分の瓦のズレ防止として銅製の釘を使用します。
 でも上に乗っている瓦を外さないと釘は見えませんので、訪問業者の対応は???。
この種のトラブルは、住人があまりにも無知なことに根本原因があります。
 持家に居住する以上、今後のメンテナンスもありますので、瓦屋根の基本的な構造くらいは、知っておかれたほうが良いと思います。

投稿日時 - 2009-12-28 11:14:40

お礼

ありがとうございます。
瓦は長持ちするものなんですね。
釘については実際みていないのでどうなのかわかりません。
今回のことでかなり勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-02 02:34:07

ANo.6

本当にメンテナンスが必要なのかどうかは、自分で屋根に登って確認するのがベターと思います。
周りの意見より、自分の目で見た方が納得できると思いますよ。
自分が知っている瓦メーカーは、鶴弥とか野安と神清とかありますが、どこも長く古いです。同じ屋根材のジャンルでもスレートやシングルより歴史は当然長いです。4~5年でダメになることはないと思いますが、「陶器」ですので、割れてしまう事はあると思います。

瓦は単位面積当たりの吹き枚数が多く、他の屋根材スレートやシングルより施工単価は高く、屋根材では高級仕様です。メンテナンスはこれらの屋根材より高いでしょうね。
屋根のメンテナンスは、家を建ててもらったビルダーに相談するのが良いと思います。後からポッと出てきた業者は怖いですね。詐欺云々は分かりませんが、怪しいです。
屋根経済新聞が出版している屋根セレクションと言うマニアックな業界誌には屋根施工の材工一式(材料代と工事代)の目安単価が載っています。瓦は忘れてしまいましたが、スレート、シングルは4000円/m2でした(2008年)。
相場を抑える意味で、チェックしておくのも良いかと思います。ちなみこの本を見れば一般の人でも瓦を葺くまではいかなくても、かなり理解できます。
ちなみに瓦屋根は、釘を100%使います。瓦は瓦桟という木材に釘で留め付けています。頂部は漆喰(湿式)か棟補強金具(乾式)を使って施工します。

投稿日時 - 2009-12-28 01:25:47

お礼

貴重な情報ありがとうございます。
どうにか、自分で登ってみようと思います。
業者はどうやら嘘をついていたので詐欺で確定っぽいですが
屋根に登らせてしまったので、確認だけはしておこうと思います。

投稿日時 - 2010-01-02 02:32:51

ANo.5

あとから言い訳のように話されるのは後だしじゃんけんみたいでいやですね 言い訳みたいに聞こえますから・・・・ 通常4,5年程度で割れてしまう欠陥があるようでしたら初期のうちに1-2年程度で出てきています(割れでしたら) 私の取引先では(メーカー)通常の点検とお話をして無料で交換してくださいます (実は悪い商品を使った製造したといいたくないので・・・)  警察を呼んでも詐欺が成立してませんから無理でしょうね(詐欺をおこなおうとしていた) 消費者センター等への連絡でリストに載るかも知れませんね もしかしたら先にのってるかも知れません  ついでに 訪問販売の業者は全てが悪いわけではありません 一部の悪い業者が多いので ついつい疑ってかかるんでしょうね 私も当然新規顧客開発には 訪問もポスティングもしますから 同業者でもそれなりにいます 昔のことわざで 他人を見たら悪人と思え ではないですが 訪問販売業者を見たら悪徳訪問販売業者と思え みたいのが蔓延してて 仕事しにくいです     雑談でした

投稿日時 - 2009-12-27 17:44:20

お礼

確かに実際に被害に合わないと罪にはなりませんね・・・・。
瓦の製造元に問い合わせてみたら欠陥は無いとのことなので、詐欺で確定だと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-02 02:31:11

ANo.4

屋根瓦に限らず、面識のない業者を自由に出入りさせない方が良いと思います。

投稿日時 - 2009-12-27 13:59:53

お礼

引き継いだと聞いて安心していましたが、今後はもっと気を引き締めていこうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-27 15:13:47

ANo.3

【点検商法】でしょうネ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%B9%E6%A4%9C%E5%95%86%E6%B3%95

不景気で、悪質な訪問業者が増えています。
(特に訪問してくるリフォーム業者には、気を付けましょう)

ご心配でしょうが、はっきり、お断りすべきかと思います。

「遠い親戚に専門家がいて、ヒビを見て貰うことになったので、今回は良いです」と言えば、引き下がるでしょう。

もし、今後、台風等で雨漏りがあれば、電話帳に載っている「屋根工事」で見て貰って下さい。
直すのはそれからでも遅くないです。

ちなみに我が家の屋根瓦は、15年前、雨漏りがあって一部のみ修理しました。(天井板にシミがついたままになってます)
その他の瓦は、30年以上メンテナンスしていません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%B9%E6%A4%9C%E5%95%86%E6%B3%95

投稿日時 - 2009-12-27 12:29:44

お礼

ありがとうございます。
よく聞く商法ですね。
以前の業者からの引継と言い、実際工事したことを知っていたので
本当にただの点検かなと思い込んでしまいました。
しかし実際訪問してくるとなると、どうとでもいじれますからね・・・。

投稿日時 - 2009-12-27 15:05:50

ANo.2

インターネットでお調べになったので基本的に間違いありません 施工方法によりますが瓦の端部などに釘やビスを使用することはあります ただ飛来物や 商品のばらつき 施工方法などわれや欠けなどが出てくることはまれにあります  ここまでは基本的なことですが 通常の屋根業者では屋根点検に来ることは少ないです(ほぼない) いわゆる訪問販売の業者と思ってください お近くに相談できる方がいらっしゃればいいのですが・・・・(確認の為に) 私のお客様が経験したのですが 屋根の点検に来たといって 屋根が割れてる 漆喰がなくなってる などといって 急いで直さなければ家が壊れるなどといって 営業をされてる方がいました これらの方は私のところに連絡をしてきて私が点検したのですがほとんどがうそでした 一軒は真新しい瓦の割れがありました 原因は確定できませんが(推定はできます) 業者が写真を残したのと同じで 割れ以外にもその瓦だけ多数の傷が残っていました 安心のためにお近くの業者(工務店さん 屋根やさん リフォームやさん 他)に頼まれたほうが よいかもしれませんね 
     北関東で屋根工事を含めリフォーム業を営んでいるものです

投稿日時 - 2009-12-27 09:29:48

補足

一応補足します。
自分が在宅ではありませんでしたが、本日もう一度自宅に業者が来たようです。
少し今後について見積もりなどの話をしてトイレに入って帰っただけでした。
その時、5年そこらでひびが入るのはおかしいんじゃないかと尋ねたところ、「~の屋根瓦について、最近欠陥が見つかって4、5年程度でひび割れてしまうんですよ」と言いました。
ものすごく怪しいですね。
実際そうであるならその屋根瓦を作った業者(有名なところで、前に屋根を工事した業者を紹介してくれたところです)が、知らせるなり、無料で取り替えるなりするはずだと思いました。
月曜になったら実際にその紹介元の業者に事実関係を聞くつもりです。
もし嘘だったとわかったなら詐欺確定ですので、次にその詐欺業者が来る時、普通に招いて警察をあらかじめ配置させておく、というのはアリなんでしょうかね・・・。脱線してすみません。

投稿日時 - 2009-12-27 15:06:04

お礼

ありがとうございます。
釘も使用することはあるんですね。
ただ以前、私の父がまだ屋根に登れるくらい元気だった頃、
実際に屋根瓦を見ているんですが、その時の記憶の屋根と
写真で見せてもらった屋根瓦がなんか違うような、と言っていました。
まったく関係のない別の写真で、壊されていないことを祈るばかりです。
自分が登ってみることも考えていますが、無理そうなら近くにある業者に頼んで見積もってもらおうとおもいます。

投稿日時 - 2009-12-27 15:02:04

あなたにオススメの質問