こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

妊娠している義姉を見るのがつらいです。

妊娠している義姉を見るのがつらいです。
私は独身で、過去に大きな過ちを犯しました。
事情があり、子供の命を摘んでしまいました。
毎日心の中で手を合わせ、忘れたことはありません。

先日、不妊治療の末やっと兄夫婦に子供が授かったと報告があり、
お腹の子供の写真や母子手帳を見せてくれました。
それは本当にうれしそうでした。

私の事情を知っているのは母だけです。
もちろんその場は「おめでとう」と笑顔で喜びましたが、
自分の家に戻ると嘔吐や涙が止まらず、今日も会社を休んでしまいました。

子供の命を摘んで3年です。
だいぶ立ち直ったのかと思ったのですが、溢れ出すものを止めることができません。

この先、お正月や誕生日など家族みんなで集まることも多く、
だんだんお腹の大きくなる義姉を見ているのがつらいのです。
母も、私に対してなんとも言えない気持ちにさせてしまうことでしょう。

事情を知らない兄や父は、義姉とつわりについて心配して話している私に、
「妊娠したことも無いくせに」とか、「早くお前も子供生まなくちゃな」とか言ってきます。そのたびに笑いながら涙をこらえ、顔中に力が入って痛いです。
父や兄を責める気持ちはありません。

毎年お正月は兄夫婦も一緒に過ごします。
家族は大切で、これ以上母にも悲しい想いはさせたくない。
でも・・・・本当につらい。。。。

皆さんなら、どうされますか?
家族行事参加されますか?

聞かせてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-12-28 17:33:56

QNo.5553212

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 辛いお気持ちわかりますよ・・。

ただ、その辛さを受け止めるのも、『親』としての試練ではありませんか。つまり、アナタは母親なのです、永遠にその子の・・ね。

「親」は辛くても「子」から逃げられません。たとえ離れて暮らしても、たとえ死別しても、たとえ自らの意思で子の命を摘んだとしても。
その重みが命の尊さなのだと。親としての十字架なのでは。

アナタ自身もお母様にとっては、大切な子・大切な命・・ということも忘れずに。命ある限り、幸せと喜びを追い求めて下さい。忘れろとはいいませんが、過去の後悔をあまりにも引きずっていては、幸せも逃げてゆきますよ・・。いつかあの世で我が子に再会したとき、胸を張って親として抱きしめてあげられるような、良き人生を・・。

投稿日時 - 2009-12-28 20:42:06

お礼

母にとっては私は大切な子供であり、大切な命なんですね。

母に、「私が生まれ変ることができたらもっと幸せな人生を送るよ。」
と話してしまった事があります。
精一杯育ててきて、娘にこんなことを言われたら、
どんなに悲しい思いをしたかと涙が出てきます。

出産などの喜びごとがあると、
無意識に、人並みの幸せは私には訪れない。
私は幸せになってはいけない。と
自分に言い聞かせていることがあります。

それが、自分がしてしまったことに対しての報いだと。

でも、私が幸せになる事が母の一番の喜びであるのなら、
前をしっかり向いて生きていかなければなりませんね。

明日、お土産を持って母のところに行ってきます。

私が笑っていることが母の幸せなのだと、素直に思えます。

がんばります。なくしてしまった子供のためにも。

genki-mama様、親としてのあり方、気持ちをお書き添えいただき、
ありがとうございました。

目の前が開けたような気持ちになりました。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-28 22:52:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

もう多くの方が回答下さっていますが、あなたの辛い気持ちが、事情は違えど私なりに分かるところがあり、出てきました。

お義姉さんと会うのがお辛いなら、会わなくてもいいと思います。
No.3さんへのお礼に

>明日、お土産を持って母のところに行ってきます。

とあったということはご両親とは離れてお住まいですよね?
それでしたら、嘘でもいいから、家族行事より優先しそうな用事を作って、欠席なさっていいと思います。
友人や同僚の結婚式、友人や職場の旅行など。
お母様には、正直にでも、内緒にでも、あなたが楽なようにお伝えになって。
毎回欠席が不自然だったり、嘘をついているのがかえって負担なら、回数を減らしたり、時間を短くしたりし、質問者様のストレスが少しでも軽くなるように、お義姉さんの妊娠中を過ごされたらいいと思います。

私達夫婦は子どもを望めません。よほど強く望んで色々なハンディを乗り越えたら全く無理という訳でもないのですが、二人で子どもは諦めることにしました。
私は町で見る妊婦さん、ドラマでお腹に詰め物?をしている妊婦役の俳優さんですら、見るのは心穏やかではありません。

私は元々持病があることから体調を理由に、義妹の妊娠中は会いませんでした。
乳幼児も、単純に可愛いでは済まない心理状態におかれることもありますが、妊婦さんよりは苦手でないので、子どもが生まれてから、出産祝いに行きました。
義妹が気づいているかは分かりませんが、妊婦姿を見ると辛いので会わないとは言っていません。
ただ初めてメールで妊娠報告を受けたとき、私達夫婦は子どもが望めないということを初めて明かし、妊娠の報告で動揺している気持ちもある、ということは返信で伝えました。

妊娠中かもしれない友人に久しぶりに会うときは、妊婦さんを見るのが苦手であること、妊娠中でないか、ということをメールで聞きました。
ずばり的中で妊娠中でしたが、お腹がまだ目立たないとのことで、その時は会いました。

それから話題は変わりますが、誕生日の集まりというのは、お兄様夫婦にお生まれになるお子さんの話ではなく、妊娠中のお話ですか。
だとすると、ご家庭でそれぞれでしょうが、あなたも独立されているようですし、大人の誕生日に集まる必要はあまりないのではと、私の感覚では思います。(あくまでも私一人の私見ですが。)

あなたが辛いから行かない、行けない、ではなく、
「お兄ちゃんのところに、もうすぐ子どもが生まれるんだし、大人の誕生会はもういいことにしようよ。」
とお話されるのも一つかと。

少しでも参考になれば幸いです。
あなたが少しでも心穏やかにお過ごしになられるようお祈りしています。

投稿日時 - 2009-12-29 12:15:15

お礼

ご返信が遅くなりました。

私の辛い気持ちを察していただきありがとうございます。

先日、母に自分の気持ちを話しました。
母はすべてを分かってくれ、受け入れてくれました。

母は「お母さんにとっては二人目の孫だと思ってる。
忘れないでいてあげることが一番なのだ」と話してくれました。
私の摘んでしまった子供の分まで、幸せで元気に育ってくれるように
願いましょうと。
毎月2回、母は神棚に手を合わせて、私の子供に話かけていたそうです。

母は私が辛いのなら無理に参加しなくていいよと言ってくれたのですが、
私は家族行事に出席しようと思います。

fuco1973hiro様とは事情が違い、
すべて私自身が引き起こし過ちを犯してしまったことです。

摘んでしまった事実、子供の存在を受け止めていきたいと思っています。

fuco1973hiro様、辛い気持ちをお分かりいただいた上でのご返信に大変感謝しております。

ご事情を抱えられてるということで、私のような経験を持つ者が言えたことではありませんが、今後fuco1973hiro様が穏やかにお幸せお過ごしになられるよう、
心からお祈りしています。

本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-31 09:06:42

辛口ですが

辛いと思うから辛い・・んですよね。
言葉に出すから、あるいは書くから辛いのです。

ああ、あの子の命を摘んでしまった・・ああ辛い・・
と思う事で贖罪をしているかの如くと思います。

そうではなく、本当に贖罪をしたい・・なら、その感情の中にいるべきなのです。

別な言い方をします。
辛い状況にいます・・それを味わうのです。

難しいですよ・・人は辛さや悲しさに出会うと、辛いので・悲しいので、それを味わう事から逃げます。
それは、無意識的・あるいは本能的にです。
そして、その様な心の働きがある事を殆ど人は想像もしません。
慣れないから、あるいはこの書き込みだけでは、どの様にして良いのか分からない事とも思います。

そう、何かを食べたとき・・・テレビに気を取られていると、何を食べたのか良く分からない・・で食べ終わった・・事などありませんか?
辛い事実はあったのでしょう・・が、辛いとか、悲しいと言う事は、どの様な美味しい物でも、テレビを見ながら食べている様なものなのです。

辛い事があったのなら、その辛さを味わう・・辛さから本当に解放されるにはそれしか方法はないのです。


お母さんが、あなたの幸せを・・と言っていて、それに答えたい、あるいはあなたが本当に幸せになりたいのなら、辛い・辛いと言う事を言うのを止めなければなりません。

何より、あなたのお子さん・・あなたが何時までもメソメソとしていて全世界の不幸を一人で・・の様な事を望んでいるのでしょうか?


はたまた、別な言い方をしますね。
自分を許す・・事を学ばないと、何時までも何時までも同じ事の繰り返し・・でしょう。

自分を許す事は、他人を許す事でもありますし、何よりお子さんを許す事でもあるでしょう。
はっきり言います・・お子さんから許されることはないのです。
また、例えお子さんから許すと言われても、心の底から納得などあり得ないのです。
自分で自分を許す・・それしか無いのです。
何かパラドックスの様な話・・でしょう。

あなたのお子さんが、あなたに宿ったには理由があるのです。
それは、あなたに何かを伝えに来たのです。
その役目が終わったので・・元の世界に帰ったのです。
そのお子さんの伝言を受け取るかどうかは、あなた次第です。
悲しみだけ・・と思うならそれも良し・・
お子さんの伝えたい・・を模索するも良し・・

最後に一つだけ
お子さんはあなたの辛がっている姿や、悲しんでいる姿を見たいたがためにあなたに宿ったのでは無いことだけは信じてあげて下さいね。
あなたに何かを伝えたい・・何かを学ぶきっかけを与えに宿ったのです。
お子さんとの縁を無駄にされない事を望みます。

投稿日時 - 2009-12-29 07:05:46

ANo.5

40代既婚男性です。

お辛い気持ちはわかりますが、

何か甘えてませんか?
自分勝手ではないですか?

どんな過ちかは知りませんが、命を摘んだ
ことの重さは一生背負っていくべきものです。

>妊娠の義姉を見るのが辛い・・・
>皆さんなら、どうされますか?
家族行事参加されますか?

何か勘違いしていませんか?
現実逃避してズルいと思いませんか?

しっかりしなさい!
辛さから逃げないで受け止めなさい! 

きついことを言いましたが、頑張ってほしい気持ちからです。

投稿日時 - 2009-12-29 06:17:35

ANo.4

私は未婚で、妊娠経験もなく、質問者さまのお気持ちを理解するには
あまりにも未熟者だと思いますが、コメントさせてください。
質問文や、他の回答者さまの言葉を読んでいて思わず涙が出て来てしまいました。。。

私は、現在結婚前提のお付き合いをしている彼がいます。
出産に関しては、いつかはしたいと思っていましたが、ずっと恐怖のイメージしか持っていませんでした。
痛い。怖い。命がけ。
それでも健康な体をもつ女として産まれたからには、という使命感と、
未知の神秘の経験への好奇心から、いつかは、と考えていた程度です。

しかし、現在の彼との結婚を具体的に考え始めたとき、
もちろんいつかは彼の子を産むであろうとリアルに想像したとき、
「私と彼のあいの子」なんだ、と考えたら、
それまで出産に対して持っていた「怖い」というイメージは一瞬で消え、
「めちゃめちゃ会ってみたい!」と強く思ったのが自分でもすごく衝撃的でした。


質問者さまが、その奇跡の子と出会うことができなかったのかと、
自分に置き換えて想像すると、身も張り裂けそうな思いがします。

質問者さまは、少し優し過ぎませんか?
お母さまに配慮し、ご家族に配慮し、義姉さまに配慮し、あまりにも辛過ぎます。
私なら参加を控えると思います。だって、誰も悪くないことですよ?
あなたは誰も責める必要ありませんし、あなたも我慢をする必要はありません。
あなたはあなたのペースで、出会えなかったお子さまへの思いをゆっくり消化していければいいと思います。


生意気なことを言って申し訳ありません。
答えになりませんが、質問者さまが少しずつでも前向きになって、幸せになっていけることをお祈りします。
それと義姉さまが、無事にお子さまをご出産されますよう、合わせてお祈りします。

投稿日時 - 2009-12-28 21:35:10

お礼

私の拙い文章に泣いてくださったとの事。
とてもお優しいのですね。

大好きな人との子供をを想像すると、
しぐさや表情、笑い声・・きっと愛おしく感じることと思います。

私は成長を見ることができませんでしたが、
いずれ会えたときには思いっきり抱きしめてあげたいと思っています。
きっと、今は天国にいる祖母が大切に抱っこしてくれてるんだと、
勝手に想像しています。

lilly_20様が私のことを優しすぎるとおっしゃってくださり、
なんだか、自分を責めなくていいのかな。と安心した気持ちになりました。

これからまた落ち込んだり、自暴自棄になったり繰り返していくと思いますが、
家族の幸せを私が崩してしまうことがないようにしていきたいと思います。

lilly_20様はご結婚を控えられているとのことですね。
こんなにお優しい方とご結婚される旦那様はとっても幸せだと思います。
いずれ産まれてくるお子様と、ご家族がお幸せに暮らしていけますように。
心からお祈りいたします。

心のこもったご返信、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-28 22:33:05

ANo.2

私は、3人の子供がいます。

ただ、これから義姉さんに産まれるお子さんは、あなたの
姪っ子か甥っ子にあたります。
あなたが
>毎日心の中で手を合わせ、忘れたことはありません。
あなたのその思いが、不妊治療を耐えた義姉さんに奇跡を
与えたのでないでしょうか?

私の友人も不妊治療を何年も耐えてきました。
不妊の金額もかかるし、ものすごい痛いらしいです。
妊娠するのは、奇跡です。

質問者さんが、過去に過ちを犯した事は、大変辛かったでしょう。
その辛さを、母だけが知っていて母に辛い思いをさせてしまっているのではないかと母を気遣う質問者さんの優しい人柄が分かります。

質問者さんが、少しでも気持ちをプラスに考えられることになる
事が、母親さんが幸せになることかな~って思います。

辛いなら、母さんに気持ちを話して、家族行事を参加しない
ようにしてもらえたらどうでしょうか?

投稿日時 - 2009-12-28 19:40:22

お礼

3人のお母様でいらっしゃるのですね。

私の母も、私が前を向いて幸せになることが一番の喜び。
と、事あるごとに話してくれます。

「母」とは本当に自分のこと以上に、子供の幸せを考えるものなのですね。

もし、私の摘んだ子供に対する気持ちが、兄夫婦に授かった命になんらかの影響があったとしたなら・・
そう、考えると少しプラスに変えられそうです。

家族が笑っているのっていいですよね。
私自身がその笑顔をつぶしてしまうことが無いように、
耐えるのではなく、前向きに関わっていきたいと思います。
そう思わせていただき、本当に、本当にありがとうございました。

tamacyan00様と3人のお子さん、ご家族が末永く幸せな生活ができるよう、
微力ながらお祈りさせていただきます。

投稿日時 - 2009-12-28 22:19:35

ANo.1

大変な思いをされたのですね。
私は同じ境遇にないので想像するしかありませんが、私であれば参加しない…かな。
参加しないことでお母様を悲しませてしまうかもしれませんが、私のような人間なら参加した場でパニックを起こして迷惑をかけてしまいそうです。
質問者さんと私はもちろん違う人間なのでどうするかはその人次第です。
参加するかどうかを他人の意見で決めるというのはある意味責任転嫁ですので、「私ならこうする」と言われたからしたと言い訳せず、自分で決めることをおすすめします。


あくまでも私の考えですが、お義姉さまの膨らんだおなかを見て悲しむ必要はまったくないのです。
そもそも、赤ちゃんの誕生をみんなが祝うのは、「生命は尊いから」というあなたや私や周囲の人々の考え方ゆえです。尊い生命がこの場に誕生した奇跡に対して感謝し喜ぶのですね。自分自身もまた生命なのでこのようなことに大して尊さを感じることができるのだと思います。


あなたは尊い生命を一つ摘んでしまったことに対しての罪悪感を背負われていて、それに関係する物事を見ると一種のパニック状態に陥ってしまうのかなと文面からお察しします。
でも、冷静なときに考えてみてください。たとえあなたに罪があったとしても、「赤ちゃんに関係するものを見た瞬間」にパニックを起こす必要がありますか?
もし罪を感じるなら、お義姉さんのおなかを見た瞬間に強く思うのはやめて、普段から一定の割合で思っているべきではないでしょうか(普段からも考えていると思われますが、お義姉さんのおなかを見た瞬間に強く思ってしまうのですよね)。
赤ちゃんに関係したものを見るときだけ強く反省するのではかえって都合が良い、とも解釈できます。
さらに言えば、その考え方のまま家族行事に参加しないでいるというのは、罪の意識を感じることからの逃げとも解釈でき、より自分を責めることになってしまいませんか?
よく考えてみてください。
あなたが赤ちゃんに関係したものを見るときに特別辛くなる必要はありません。
反省の意識はいつも一定の割合で、あるいは時間を決めて心の何処かに持っていればいいと思います。


もし、今の自分の考え方に関係無く辛くなってしまうのなら脳にそのような回路ができてしまったのかもしれません(パブロフの犬のようなものです)。
もう通われているのでしたらけっこうですが、辛いようでしたら心療内科か精神科に通院してみるのもお勧めです。

辛さも罪の意識もあなたの心の中で形成され、あなた自身が感じているものです。
罪とは、あなたの中のルールにあなた自身が違反してしまったことで、あなたがあなた自身に感じているものです。

あなたが幸せだからといって誰かが不幸になることも、不幸だからといって誰かが幸せになることもありません。
あなたの幸せも不幸も罪ではありません。
私としては、起こってしまった事実は現実と受け止めつつ、これからの人生を歩んでいってほしいと思います。

投稿日時 - 2009-12-28 18:41:15

お礼

早速のお返事ありがとうございます。

確かに、子供に関係したものを見てしまうと心が痛くなります。
母と食事へ行くときも、たまたま居合わせた赤ちゃんを見る母の顔がとっても優しくて、
そのたびに「ごめんね」と摘んでしまった子供と悲しい思いをさせた母に謝っている自分がいます。

hasuha17様のご回答大変為になりました。
まだ心がついていかないのですが、
自分が見るものに対して、どうしようもならない気持ちになったとき、
hasuha17様のお話を思い出したいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-12-28 19:11:42

あなたにオススメの質問