こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

歌手の地声と裏声とバイブレーションについて

EXILEのSomedayを初めて聴いてみましたら、リードボーカルと思しき若者の歌声がある部分だけ突然、裏声になります。どうも聞き苦しく感じるのですが、これは彼だけでなく、コブクロもそうですし、奥華子もそうで、一般に若者受けしている日本の歌手は皆そうなのかも知れません。今、Engelbertを聴いてみましたら、裏声というのがどこにもないですね。Whamも聴いてみたけど、裏声の部分が見つけられません。日本の女性演歌歌手も裏声を使っています(聴き苦しくはありませんが)が、白人女性歌手は裏声部分が私には見つけられません。これはどう考えたらいいのでしょう?欧米人のプロ歌手は音域が広いから裏声を使う必要がないということでしょうか?それとも、裏声への移行がスムーズで上手いから、どこで裏声に変わったのか見つけられないということでしょうか? でも、それなら男性歌手はどうなのか?彼らが裏声を使えば、はっきりとキャッチ出来るはずですが、どこにも見つけられません。高音部は高音でそのまま声量を上げて歌っているように聞こえます。
それからまたEXILEですが、バイブレーションがないですね。昔、北原謙二というバイブレーションのない歌手がいましたが、彼は歌が上手で「北原節」という独特の節回しで一世を風靡しました。欧米だけでなくアラブ、インド、南米などの歌も聞いておりますが、例外なくバイブレーションはありますね。日本の演歌歌手にもあります。しかし、全部は聴いておりませんが、紅白にどっさり出て来る若い国内アーティストたちの歌にバイブレーションがないのは何故でしょう?バイブレーションってそんなに高等な技術ではないと思ってるのですが、彼らは何故それを習得しようとしないのでしょう?以上、私は素人ですが、非常に気になるので質問させて頂きました。

投稿日時 - 2009-12-31 08:21:25

QNo.5558585

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

ご質問者がおっしゃっている裏声は
『ファルセット』
バイブレーションは
『ビブラート』
といいます。
確かにこのファルセットを使いこなしているアーティストや歌手は森山直太朗が有名ですが他にはいないですね。
ビブラートや演歌では『コブシ』といわれているものは、使えば上手だとも限りませんし、逆に多用しすぎれば聴く側に不快感を与える場合すらあります。
(若い人たちが演歌を嫌う理由のひとつがこれです)

ビブラートやコブシを使わなくとも独自の歌い方で歌が上手いアーティストや歌手はたくさんいますし、ビブラートを使わずに高音域を伸びやかに歌うアーティストもいますよ。
また、ファルセットにせよ、ビブラートやコブシにせよ、それを使っても、聴いていて心地よい、あるいは気持ちのいいと感じさせる歌い方ができるアーティストなり歌手はほんの一握り。

使いこなせない手法を用いたり、一斉全員で大合唱状態のアイドルグループははっきり言えば『上手いとは言えない』と思います。

EXILEがその部類にはいるかどうかは、私は判断しませんが、あのグループが『歌』だけで自分たちのパフォーマンスを見せているとは私は思えません。

投稿日時 - 2009-12-31 11:54:29

補足

回答ありがとうございます。
裏声(ファルセット)を使わない男性歌手というのは音域が広くて、高音部を地声で出せるからでしょうか?

<<ビブラートやコブシを使わなくとも独自の歌い方で歌が上手いアーティストや歌手はたくさんいますし、ビブラートを使わずに高音域を伸びやかに歌うアーティストもいますよ。>>---日本人歌手ですか?YouTubeで聴いてみますので、具体的な名を上げて頂けませんか?

投稿日時 - 2010-01-01 15:25:00

あなたにオススメの質問