こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カメラのレンズの淵にかかれている、6.0-22.5mm1:2.0-4.

カメラのレンズの淵にかかれている、6.0-22.5mm1:2.0-4.9など、どういう意味でしょうか?

投稿日時 - 2009-12-31 13:31:59

QNo.5558956

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

そのカメラに付いているレンズの情報です。
6.0-22.5mm1:2.0-4.9と表示されている6.0-22.5mmというのはレンズの焦点距離(小さい方が広角側、大きい方が望遠側の数値です)、1:2.0-4.9というのはその時のレンズの開放値で広角時にF2.0、望遠時はF4.9になるということです。このF値は小さいほど明るいレンズとなります。

投稿日時 - 2009-12-31 13:52:10

お礼

ありがとうございました。
単純明快でわかりやすかったです。

投稿日時 - 2010-01-02 13:51:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

レンズの基本仕様です。

6.0-22.5mmと言うのは、レンズの焦点距離ですが、コンパクトデジでは、イメージセンサーのサイズがまちまちな為、別途、カタログ等には35mm判対角画角(写る範囲の広がり角度)に換算した焦点距離が併記されています。

2.0-4.9はF値(どれ位の光量を通すかと言う数値)と言って、この数値が小さいほど明るいレンズと言えます。
カメラでは、適正な露出を得る為、レンズを通る光量とシャッター速度(光を通す時間)で露光量をコントロールします。

ちなみに、このレンズ搭載機は、PowerShot S90だと思われますが合っていますでしょうか?

投稿日時 - 2009-12-31 14:27:13

お礼

ありがとうございます。
PowerShot S90の事です。
今、購入しようかどうか迷っていまして・・。
ご回答、感謝いたします。

投稿日時 - 2010-01-02 13:47:42

ANo.2

ご質問のレンズは、コンパクトデジカメのレンズですね。

焦点距離 6.0-22.5mm
口径 1:2.0-4.9

小学校で虫眼鏡を使ってレンズを勉強しましたね。
太陽にレンズをかざして、紙を焦がす実験など体験されたと思います。

このとき、虫眼鏡によって、紙とレンズの距離が違ったはずです。
レンズの厚さによって、距離が変わる。
この、太陽がくっきり点になる、紙とレンズの距離を「焦点距離」と呼びます。

それから、レンズが大きいほど光が明るくなります。
レンズの大きさと焦点距離の組み合わせによって、明るさが変わります。
なので、単純に直径何センチという書き方をしても、明るさが分かりません。
そこで、レンズの口径と、焦点距離との比率で、レンズの明るさを表します。「口径:焦点距離」です。

口径が15センチで、焦点距離が30センチの虫眼鏡があったら、「15:30」ですが、このままでは明るさを計算するのが面倒なので、口径を基準の1になおして「1:2」と表現します。

投稿日時 - 2009-12-31 13:56:55

お礼

また、知識が増えました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-02 13:49:46

あなたにオススメの質問