こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今の車は、急な下り坂でもエンジンブレーキは不要?

「自動車で、急な下り坂をフットブレーキだけで減速すると、ブレーキがきかなくなることがあるので、急な下り坂はエンジンブレーキも併用するように」と、昔、教習所で教わりました。

しかし、車に詳しい友人にその話をしたら、「今の車は優秀で、ヴェイパーロック(?)が起こることはまずないから、フットブレーキだけで十分。エンジンブレーキは不要。メンテをしっかりやることの方が大事。下り坂でブレーキがなくなるのはよっぽど昔の車。」と教わりました。

確かに、ネットで検索しても、下り坂で突如ブレーキが効かなくなった事故の例があまり見つかりません。

エンジンブレーキは特にやらなくても大丈夫でしょうか?

投稿日時 - 2010-01-01 01:29:54

QNo.5560040

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

エンジンブレーキは必ずかけてください!
ブレーキ踏みっぱなしで坂道を下ると、フェード現象がおきます。
(一応、パッドメーカもフェード対策をしていますが…所詮新品時の対策です)
小生も一度経験しました。
そんなにたいした事ない下り坂で観光バスの後に付いた時、小生の車はATだったので、2に落としてエンブレをかけながら下ったのですが(30km/hぐらいで)、わき道に入るところでブレーキを踏んだら「効かない!!」見事にオーバーランです。
これが、急カーブの入口だと思ったら…とぞっとしました。
いろんな諸情報を耳にすると思いますが、命には変えられませんから、基本に忠実に従うべきだと思います。

投稿日時 - 2010-01-08 08:40:39

お礼

フェード現象は今の車でも実際起こるのですね!
気をつけます。ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-02-14 08:43:00

ANo.22

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(22)

ANo.21

エンジンが付いてる以上エンジンブレーキも使いたいです。
ただ、イメージとして、MT>AT>CVTの順でエンブレが弱い気がします。
だから、CVTってどこもエンブレ効いてないのかと思っています。

雪道でもフットブレーキよりエンブレで速度落としたいときあります。
フットで強制的に落とすより、タイヤの回転を直接制御するような感じ。

投稿日時 - 2010-01-04 06:08:38

ANo.20

>・もし、ドライブモードのまま山道を下るドライバーが実際にいたら、現在の車であっても事故が起こっているはず

というかんじでしょうか。

いや、それでも事故はそうそう起こらないと思います。
ただ、わざわざ自分の命をかけて実験するほどのことではないし、
そのことを、初心者にアドバイスするのも変な話だということです。

投稿日時 - 2010-01-04 01:15:09

ANo.19

今も昔もエンジンブレーキに変わりありません。必要ですよ。

投稿日時 - 2010-01-02 09:43:36

ANo.18

下り坂でエンジンブレーキを使わない (下り坂は常にニュートラルで走る) そんな馬鹿なドライバーって居るのでしょうか? 居ないと思いますよ

投稿日時 - 2010-01-02 09:05:47

補足

いっぱいアドバイスいただいてびっくりしました。皆様、ありがとうございます!

みなさんの話を総合すると・・・

> ネットで検索しても、下り坂で突如ブレーキが
> 効かなくなった事故の例があまり見つかりません。

こうなる理由は、

・ドライブモードのまま山道を下るドライバーなどほとんどいないから
・もし、ドライブモードのまま山道を下るドライバーが実際にいたら、現在の車であっても事故が起こっているはず

というかんじでしょうか。

--------------------
なお、下記の方のご推察の通り、

・エンジンブレーキを使わない

というのは間違いで

・オートマでドライブモード(1,2速を使わない)

ということです。不正確でした。すみません!

投稿日時 - 2010-01-02 09:43:26

ANo.17

そー言やぁ「急な下り坂」であって「長い下り坂」じゃぁなかったんだっけ。

フットブレーキだけでもいけるけどね。

ただ、ギッコンギッコンなって乗り心地は悪くなるよ。
何かあったときの余裕はなくなるし。
まぁ、保険は掛けておいた方が良いんじゃないの。
だから、不要とは言えないですね。

急な下り坂の角度と長さが不明だし。

投稿日時 - 2010-01-02 08:25:24

ANo.16

昔に比べてブレーキの性能が上がったのは事実でしょうが、エンジンブレーキが要らないとは別問題です。

急な下り坂でエンジンブレーキを使わなかったら、傾斜によっては例えアクセルを踏まなくても加速していきますよ。
それをずっとブレーキを踏み続けて押さえるなんて、わざとブレーキを減らしてるとしか思えません。
アクセルをオフにして一定以上のエンジン回転数があれば燃料カットしますから、燃費も向上しますし、個人的には積極的にエンジンブレーキを使用した方が良いと思いますよ。

それに、必要以上にだらだらとブレーキ踏みっぱなしでブレーキランプ点いたままだとかえって後続車に迷惑だと思いますね。

投稿日時 - 2010-01-02 00:49:53

ANo.15

>急な下り坂でもエンジンブレーキは不要?

不要と言えば、不要ですし、
必要と言えば、必要です。

というか、急な下り坂でエンジンブレーキが必要か、不要かというのは、答えることができません。

急な坂、緩い坂に関係なく、ベーパーロックや、フェード現象が起こるような「長い」下り坂なら、意識してエンジンブレーキを使う必要がありますが、

起こらないなら、意識して使う必要はないと言えば、ないです。

そこの見極めがしっかりできれば、必要か、不必要か自ずと答えが出てきます。

急カーブは危険だから、50km/h曲がるべきか、100km/hで曲がるべきかと質問しているようなものです。

安全に曲がれる速度で曲がれば良いだけの話です。

今回の質問も同じです。

一応、他の方も回答しておりますが、
AT,MTではニュートラル、MTの場合クラッチペダルを踏まない限り、程度の差はありますが、エンジンブレーキは効いています。

1速に近いほど、エンジンブレーキは強く、6速に近い程、エンジンブレーキは効きが悪くなります。決して効いていない訳ではありません。

質問者さんの質問の意図は、あえて、ATなら、Dレンジから3速や2速に落とす必要はないかのか?というものだと思います。

また、フューエルカット(約すると燃料カット)は、タイヤからの回転力と回転速度によってエンジンが回されている時になります。
エンジンブレーキが効いている時ですね。

以上、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2010-01-01 23:50:44

ANo.14

元整備士です。
>ということは、下り坂でフットブレーキ多用によってブレーキが効かなくなった事故が、今の車でも起こっていると言うことでしょうか?
このあたり、よく分からないのでいまいち確信が持てません。

確信が持てないなら、御自分で実験されてはどうですか?
下り坂をズットフットブレーキのみで下って見たら判ります。今の車はそう簡単にはフェード現象やベーパーロックを起しませんが、長くフットブレーキを酷使するとそのうちブレーキペダルの踏み代が多くなり、しまいにはペダルが床まで入ってしまう様になるでしょう。
 ほとんどの人がエンジンブレーキを併用していますので、事故が起こっていないのです。多くの方がフットブレーキのみしか使わなかったら、今でも事故は起こるでしょう。でもみんな事故を起したくないからエンジンブレーキを使っています。あなたが実験する勇気まではないのと同じですヨ。
 ただ、一般的な通常の使い方ではほとんど起こりません。その範囲を想定したブレーキフルードが使用されているからです。だからレースなどでは一般車とは異なるものが使用されるのが普通です。

投稿日時 - 2010-01-01 21:31:33

ANo.13

もしかして、という事で。追記しておきます。

下り坂で「エンジンブレーキが不要=エンジンブレーキが効いていない」運転の仕方がどんなものか、書いておきます。

手っ取り早いのは、シフトレバーをニュートラルの位置にする事。
これなら「フットブレーキのみ」で下りをコントロールできます。
でも、とっさの時にアクセル踏んでも空回りするだけなので、非常に危険ですから、実際にはやらないで下さいね。

あとは、フットブレーキを左足ブレーキにして、下りのスピードにピッタリの回転数になるように、右足でアクセルをコントロールします。
右足をアクセルペダルから離した瞬間にエンジンブレーキが効きますから、絶対に右足を離してはいけません。
右足で回転数をコントロールしながら、左足でブレーキ、つまりスピードをコントロールして下さい。
もちろん、これも非常に危険ですから、実際にはやらないで下さいね。


その「車に詳しい友人」がどれだけ馬鹿な事を言ってるのか、これで少しは実感できるかな、と。

投稿日時 - 2010-01-01 21:18:10

ANo.12

>今の車は、急な下り坂でもエンジンブレーキは不要?

確かにご友人の説には一理ありますが、
それでも不要とまでは言えません。

基本的に適切なギアで、
極力フットブレーキを使い続けないで
済むような運転を心がけることは必要です。

教習中の素人さんにそういう説を吹き込むのですから、
物知りというより、知ったかぶりの説に近いと思ったほうがいいでしょう。

第一、長い下り坂でずっとブレーキランプを
つけっぱなしの車を見つけたら、
まわりからはど素人の車と笑われます。

性能が上がったので昔ほど神経質にならなくてもいいけど、
使えるものは使ったほうがいい。ということです。
別にエンジンブレーキを使ったから、何が減るわけでもなく、
何を損するというわけでもないのですから。。

投稿日時 - 2010-01-01 16:55:21

ANo.11

素人の大雑把なことになってしまいますけど、
確かに性能?はよくなっているんでしょうね。でも、そういうところこそ、低いギアで、という気がします。必要のほうから考えていくと。


不要のほうからになると、フットブレーキはよくなっていて、必要以上に低いギアはいらない?ということなのかな…???

でも、フットブレーキがよくなってきていて故障はまずない、という事でも、走りのことを考えると、低いギアで走ったほうがクネクネとした下り坂などでは速度を抑えて走りやすいし、車にも負担が少ないと思うし、より安全に走りやすいと思います。
ただ、低いギアのエンジンブレーキに頼り過ぎて速度を上げたりしても、走りが安全になるとは言えないと思いますが。
たぶん、必要性の高いところで利用して、余計?なところがあればそれは削っていければよいと思います。

エンジンブレーキというのもアクセルオフのもありますし、積極的に低いギアのもありますので、分けて考えたりすることもありますね。
自分では、走行の方が気になるのでそっちから考えると、一般道でも山道などでも、アクセルオフのエンジンブレーキは積極的に必要と思います。ATでも結構効きます。Dで早めのアクセルオフで。
さらに、低いギアのエンジンブレーキは、質問にあるような場合や、長い下り坂が続くようなときは、積極的に利用したほうが車にも運転にも負担は少なく安定しやすいと思います。

ま、あまり極端に考えないで、必要なところではしっかり利用して、エンジンブレーキにしてもフットブレーキにしても、頼り過ぎないのがよいのではと思いますが。
メンテナンスといっても、定期くらいのもので特別には?ですので…。

投稿日時 - 2010-01-01 15:33:41

ANo.10

ブレーキフルードの進化で、確かにベーパーロックは起こらない(起こりにくい)のかもしれませんが、その前にフェードが起こります。
ブレーキというのは運動エネルギーを熱エネルギーに変換する装置ですから、使えば発熱し、放熱が間に合わなくなれば効かなくなります。
ですので、坂道ではエンジンブレーキも併用することをお勧めします。

余談ですが、ブレーキは装置としての進化はほとんどしていません。
パッド等が多少熱に強くなったとか、その程度です。

参考URL:http://juura.jp/brake.htm

投稿日時 - 2010-01-01 11:41:53

ANo.9

> 「最近の車では、下り坂で突如ブレーキが効かなくなる事故は起こらない

2003年の話ですが
http://response.jp/article/2003/07/30/52828.html

下り坂ではフューエルカットが効く回転域にてエンジンブレーキを活用すれば、燃費改善に加えてブレーキのベーパーロックやフェードを防止できるので、安全性も向上します。

投稿日時 - 2010-01-01 10:36:51

ANo.8

いやいや(笑)WRCのドライバーじゃないのですからそんな難易度の高いことやれないですよ。ATはただでさえエンブレが効かないのですからね普通はDレンジから3なり2レンジに落として少しでもエンブレが効くように走りませんかね?どんなにブレーキが進化しても坂道が続いたりブレーキを踏む行為が続けばペーパーロックは起こしますよ。余りご友人の話しを鵜呑みにはしない方がいいですよ。

投稿日時 - 2010-01-01 10:31:09

確かに、昔に比べて減ったとは思います。

昔の車は前輪のブレーキもドラムでしたし。
ディスクになっても、パッドの素材、ローター直径、パッド自体の大きさなどが、現在の車とは全然違います。
ブレーキフルードの質も違います。

はっきり言って、現在のコンパクトカーのブレーキですら当時のレーサー並ですし。

まず、ベーパーロックは起こりませんが、絶対に起こらない訳じゃないですよ。
危険は遠くなったけれども、消えて無くなった訳じゃないんです。
ある一点を超えると、ベーパーロックは起こります。
油断をしていると、死は目の前です。

>メンテをしっかりやることの方が大事
確かに大事ですが、エンブレを使うと
1 燃料が節約できる。
 エンブレが効いている間は、エンジンに燃料を送りません。
 アイドリング(ニュートラル)の場合は、エンジンには燃料を送ってます。
2 ブレーキパッドの摩耗、ローターの摩耗を押さえられる。

と、いうわけで。
フットブレーキだけだとメンテナンスの周期を長くすることが出来ます。
パッドだって1万ぐらいはしますし、ローターも1個1万はします。
オーバーホールだと3万程度はかかります。
ちゃんとエンブレを使ってると5万キロはパッドも持ちますし、10万キロぐらいローターも持ちます。
フットブレーキだけを使ってると半分以下ですよ。
メンテをすれば良いんでしょうけれど、お金が回りますか?
回せなければ、あなたの命で払わなきゃいけなくなりますけどね。

投稿日時 - 2010-01-01 09:46:47

ANo.6

kernel_kazさんに同意。
お友達の言葉を鵜呑みにしないようにしましょう。

投稿日時 - 2010-01-01 09:13:32

ANo.5

う~ん、難しいですね。真実とも大嘘とも言えますね。

具体的に考えましょうか。
箱根ターンパイクか碓氷バイパスの下りを走ってるとします。
現行ロードスターに1人で乗っていて、制限速度前後のスピードだと
します。この場合は御友人の言葉は「真実」でしょう、おそらく。
では、現行アルファードに定員いっぱいに乗って、制限よりやや
早めのスピードのときは?
こうなると御友人の言葉は「大嘘」とは言えなくても正しくはない
と思いますよ。

確かに最近の車は昔の車に較べて、ブレーキ性能は向上しています。
ベーパーロック(ブレーキ液が沸騰して、圧力がきちんと伝わらなく
なった状態)はほとんど起こらなくなっていますが、フェード(ブレーキ
パッドの温度が上がり過ぎて、正規の摩擦係数が得られない状態)は
簡単に起こります。
たとえフェラーリやポルシェクラスでも、エンブレ無しで全開(制限
速度の3倍以上)でターンパイクを降りたら、ブレーキは辛いで
しょうね。

結局、物には程度があるということです。
極力危険を回避したいということであれば、エンジンブレーキは
積極的に使うべきでしょう。
命を賭けて車の性能を確認したいのなら別ですが。

あと、御友人は「メンテをしっかり」の具体的内容は言ってあられ
ました?
もし、具体的内容が言えない方ならば、No.2さん同様、あまり信用
されない方がよろしいかと(あくまでも車に関してのみですが)。

投稿日時 - 2010-01-01 02:46:03

ANo.4

違う違う。

エンジンブレーキを「使用しない」事は非常に難易度が高いんです。
普通に運転してたら、フットブレーキが必要な下り坂で、エンジンブレーキが効いていない状態を保つのは、非常に困難な事なのです。

どうも「エンジンブレーキ」そのものを理解されていないのかな?

だから、必要だとか不要だとか論じる類のものでは無いのです。
それを声高に「不要だ」と言う様な人は、車に詳しくも何とも無い、ただのアホだと言っているのです。


ベーパーロックによる事故のあるなしでは無く(実際には最近でも発生してます)、フットブレーキが必要な下り坂で「エンジンブレーキが不要」と言えるだけの「エンジンブレーキが効いていない」状態での運転をどうやってやるのか、という事です。
その友人に質問してみてくださいな。(笑)

国内B級ライセンスを所持してますが、そんな高難度な運転、やれる自信がありません。(笑)

投稿日時 - 2010-01-01 02:16:52

ANo.3

(ヴェイパーロック(?))ベーパーロック現象とは、ブレーキを掛けることでデスクが加熱し、その熱がブレーキオイルに伝わってオイル内に気泡が発生することです。
当然昔の車とはその危険性は軽減されていますが、摩擦熱と言う自然現象が無くなったわけではありません。

わざわざ下り坂でアクセルを踏まない限り、有る程度はエンジンブレーキは効いてくれますし、軽くブレーキを踏んでも加速するような急な下り坂で有れば、AT車で有っても2レンジなどのギアポジションが有るはずです。
それを利用しないで、わざわざデスクが加熱しすり減るようなブレーキの使い方をするのは利口とは言えません。
車の性能が良くなったからと機械任せにしないで、自然の原理を理解して利口な使い方をしましょう。

投稿日時 - 2010-01-01 02:01:08

ANo.2

これだけATが普及してると、意識してエンジンブレーキの利きをコントロールしているドライバーも少ないとは思うけど。

別の意味で、「エンジンブレーキは特にやらなくても」というテクニックを駆使して坂道を下るドライバーも存在しないと思う。
エンジンを切るかニュートラルにするか、あるいは、ブレーキを掛けながらアクセルで下りスピードに合わせて回転数をコントロールするという面倒くさい事しないとできないでしょ?

もし「エンジンブレーキは不要」と宣言してるのなら、その友人は車に詳しくも何とも無いので、車について聞かない方が良いでしょう。
ただのアホです。

投稿日時 - 2010-01-01 01:39:13

お礼

ありがとうございます。

>「エンジンブレーキは不要」と宣言してるのなら、
>その友人は車に詳しくも何とも無い

ということは、下り坂でフットブレーキ多用によってブレーキが効かなくなった事故が、今の車でも起こっていると言うことでしょうか?
このあたり、よく分からないのでいまいち確信が持てません。

投稿日時 - 2010-01-01 01:52:26

ANo.1

 ベーパーロック現象が起こらないという根拠がわかりません。なのでエンジンブレーキを併用したほうがいいと思いますよ。

投稿日時 - 2010-01-01 01:39:03

お礼

根拠は、「最近の車では、下り坂で突如ブレーキが効かなくなる事故は起こらない(起こっていないだろう)」ということだと思います。

投稿日時 - 2010-01-01 01:48:49

あなたにオススメの質問