こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

冷えのぼせの対処法

冷えのぼせに困っています。高校生女です。

昔から冷え症でしたが、数年前から
冬になると暖房がきいている部屋に少しいるだけで
顔がほてって真っ赤になってしまい、とても気になります。
時々胸が少し苦しくなったり、気分が悪くなったりします。
食事をした後は特にほてりが酷くなり、
暑くて暑くて仕方がありません。

顔は熱くても脚はひんやりとしているため、
脚を温めたほうが良いのだろうとは思うのですが
高校の教室は暖房がきいていて薄着でもいつものぼせるので
タイツを履くことも怖いです。

いつも手が冷たいので、ほてったときは
手で顔や首を触って冷やしているのですが、全く治まりません。
手軽にできる、ほてり・のぼせを予防したり、治めたりする良い方法はありますか?

投稿日時 - 2010-01-01 20:40:58

QNo.5561089

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も冷えのぼせで困っていたのでとてもよくわかります。
血行が悪いのが原因で、熱が体全体に回らず一部に偏ってしまうわけです。
食後ほてりがひどくなるのは、胃に血液が集まって手足の血流が減って上半身に偏るからでしょう。
体の皮膚表面は熱いのに体の深部が冷えている、とかも血行不良ですが本人はなかなか気づかないものです。

お風呂に入る時間は短いですか?厚着をしても冷えは根本的に改善しません。
半身浴で20分、または足湯で20分。どっちでもいいので毎日やってみてください。
そのぐらいしないと体全体の血液がまんべんなくあたたまらないです。
1週間もしたら効果がわかると思いますが、その後も2日に1回は足湯20分などして熱を補充してくださいね。

私も以前は平熱36度未満で手足が冷えて首から上がポッポとしてたのですが、足湯をがんばったおかげで、今では36.5を下回ることはありません。

また、冷え性なら内科でも産婦人科でも扱っていると思いますが、当帰芍薬散など体に合えばいいですね。
生理が28日より長い周期の方に向いているそうです。薬局では値が張るのですが、今は高校生でも将来の自分の体のメンテナンスのために、処方を考えてもいいかもです。
(生理周期が短いタイプの人には桂枝茯苓湯などがあります、いずれも代表的な女性向けの漢方です)

会社員になると男性は暑がりなので、エアコンに冷やされて体調を崩しやすいですから、今から体をあたためる方法を身につけておくといいですよ。

投稿日時 - 2010-01-05 02:50:17

お礼

やはり血行を良くすることが大事なのですね。
お風呂には毎日長く入っているのですが、これからは足湯も取り入れたいと思います。
婦人科で診てもらったところ、自律神経の影響と診断されて今回はグランダキシンを処方されました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-10 15:08:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

45人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

補足ありがとうございました。

最近の傾向での体温・・あるいは最近的には少し高い部類でしょうか。
しかし、もう少し高いと身体のためには良いかな・・と感じました。

さて、のぼせに直接利くかどうかは分かりませんが・・
指先のマッサージがあります。

親指と人差し指を軽く会わせます。
もう一方の手で、一差し指の両側を軽くもみます。
力はホオズキをつぶれない程度のモミモミする程度です。

ホオズキを触った事がなければ、ミニトマト・・これはホオズキよりも少し固いですが・・がつぶれない程度でも良いでしょう。

数回~10回ほど。
それが終わったなら、親指で、一差し指の腹の部分・・
を同じ様な力でモミモミします。

もむと言うよりも軽く刺激を与える・・感じですね。

一差し指が終わったなら、次の指に・・
そして、反対の手へと、10指行います。
時間的には10指行っても2分~3分くらいでしょう。

何処でも何時でも、その気になりさえすれば行う事が出来ます。
継続は力。

これは、末端の毛細血管を刺激して、動脈血から静脈血に変化するのを助けます。
血流が滞っているから、手先が冷たい・・のです。

また、脚の筋肉を鍛えるのも良いですね。
脚の筋肉は第二の心臓とも言われるそうです。
静脈血は自分の力では還流できないので、筋肉の収縮で補う必要があります。

筋肉を鍛えると言っても簡単な話です。
立っているときに、片足に重心を移すだけ・・簡単でしょう。
足を浮かす必要もない。
疲れたなら、反対に重心を移すだけ。

この重心移動を行うだけで、普段何気なく立っている時よりも荷重が片足にかかります。
何より、深部筋が鍛えられます。
一寸足を浮かす事が出来るならなお良い。
これも心がけ次第で、何時でも何処でも出来ます。

通学の時はどの様な方法なのでしょう?
歩きなら、歩幅を現在より5cm広く歩く様にすれば良いです。
目安としては、少し汗ばむ程度に・・

何れも、やり過ぎは禁物。
疲れたと思ったなら、以前と同じに戻す。
疲れが取れたなら、またチャレンジする・・がコツです。

お腹をもむ・・もあります。
右回しにお腹に指(手刀の形にして)を、息を吐きながら刺すのです。
へそだけは避けて・・
最初は痛いかも・・・
痛いけど我慢出来る・・イタキモの状態でストップするのがコツ。

便通にも利きますし、内臓が活性化します。
体温上昇にも利きます。

開脚しての側屈・・一ポーズ2分位かけて・・も良いですね。
側屈が終われば前屈も・・・
身体を柔軟にすると言う事ですね。

そうそう、忘れがちですが、深呼吸も良いと思います。
出来れば腹式呼吸がなお良いですが、上手く出来なければ自分でこれと思う深呼吸で良いでしょう・・朝・昼・夜と一日3回。10セット位でも。

風呂上がりに、手足に水をかけるのも・・夏場なら全身でも良いですが今は一月・・それでは心臓麻痺が出かねない。
で、手足だけでも冷水を・・・
これで、自律神経が強化されます。
最初は5秒くらいからでも・・自分の体調と相談しながら。

何事も、ここに書かれている事を鵜呑みにしないで、自分の体調と相談しながら行って下さいね。
唯、一回行ったからと言って即効果はないと思います。
また、自分に合ったものを探して下さいね。

一度お医者さんに相談する事も忘れずに。

投稿日時 - 2010-01-02 10:23:09

お礼

ありがとうございます。
たくさん教えていただいて、とても参考になりました!!
少しずつ試していきたいと思います。

投稿日時 - 2010-01-10 15:03:12

補足お願いします。

体温はどれくらいありますか?

投稿日時 - 2010-01-01 22:36:49

補足

だいたい35.6℃~35.9℃です。
今(のぼせていない状態で)測ったところ、35.9℃でした。

投稿日時 - 2010-01-02 09:15:53

あなたにオススメの質問