こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日教組は南北朝鮮の出先機関か ・特亜の工作員なのか?

日教組は南北朝鮮の出先機関か ・特亜の工作員なのか?

教員免許更新制度の廃止や学力テストの廃止要求、教員の選挙でのボランティア名目の運動、興石氏他の組織内議員の露骨な日教組への利益誘導・要求代弁が目立つ・・・
こんな教師に誰がしたんだろう、こんな教師に教わる子供は心配である。

「質問」
以下の記事について、背景・影響・行方を、どう思われますか?
大切な子供・孫を、このような教員に、あなたは安心して任せられますか?



<質問の引用記事・問題点>
北海道教職員組合「韓国の主張が正しい」
 北海道の教職員団体「北海道教職員組合」が昨年11月、独島(日本名:竹島)の領有権問題に関し、「韓国側の主張が事実に基づいている」という資料を作成し、組合員らに配布していたことが、27日明らかになった。朝鮮日報(Web)12月28日付記事より参照のため抜粋引用)


南北朝鮮の虚構宣伝を代弁

 もしも、間違いであればお許しいただきたいが、表題の出来事は、あるいは、国内メディアの報道には無かった出来事ではないか、と思う。国内では一切報じられずに、しかし、南北朝鮮各紙の宣伝報道で、出来事を知り得るケースは少なくない。特に、民主党や公明党、社民党、共産党案出の闇法案に関する動静やその関連団体、および特殊な“政治家”の動きがこの“ルート”に際立っている。たとえば、小沢一郎氏や川上義博氏、岡崎トミ子氏(民主党)、辻本清美氏(社民党)などの毀日的な言動を、表題の南朝鮮紙や、朝鮮総連の機関紙(朝鮮新報)の“報道”で初めて知り得るケースが目立つ。

 表題は、民主党の支持団体・日教組(北海道の北海道教職員組合)の動きを伝える記事だが、事もあろうに、竹島を不法占拠し、領有権を唱える「「韓国側の主張が事実に基づいている」という資料を作成し、組合員らに配布していたことが、27日明らかになった」(表題)と伝える記事である。具体的にどのように配布したのか、記事には、「資料が配布されたのは、日本政府が中学校社会科の新学習指導要領の解説書で、独島に関する記述を盛り込んでから4カ月後のことだ。解説書に従って教科書の内容が変わっても、教育現場では「韓国の主張が正しい」と生徒たちに教えるよう指示するものだった」(同)とある。事実とすれば、この団体に国籍を問わねばなるまい。

 そもそも、教師はいかなる信条にあれども、既定によって教職に就く限りは、国の次世代を担う子供たちに対して、いずこの主権国家でも教えている国旗、国歌をはじめとして、国の綱格と領土領海について正しく教える。これがごくごく当然の教師の役割であり、この日本もまったく例外ではないはずだが。しかし、事実をねじ曲げ、南北朝鮮の虚構宣伝に沿ったかのように、その主張を代弁するとあれば、もはや、本来の、教職の基本使命を放棄したに等しい。

投稿日時 - 2010-01-02 05:48:21

QNo.5561844

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

<例1:国際司法裁判所のペドラ・ブランカ島の判例>
ペドラ・ブランカ島はシンガポールが灯台の管理を行う等の実効支配をしていました。しかし、マレーシアが1979年に当該島を自国領とした地図を発行しま す。この地図に対してシンガポールが外交的に抗議をしました。(当然ですが、マレーシアによる自衛権の行使はありません)
http://www.icj-cij.org/docket/files/130/14492.pdf
In the view of the Court, it was on 14 February 1980, the time of Singapore’s protest in response to Malaysia’s publication of the 1979 map, that the dispute as to sovereignty over Pedra Branca/Pulau Batu Puteh crystallized.

裁判所は、この外交的抗議をもって紛争が「結晶化」したものとし、1980年以降のシンガポールの実効支配は裁判において考慮してません。この判例で面白 いのは実効支配している側のシンガポールの抗議でも「紛争の結晶化」としている点です。韓国が一々、大使の召還とか、大使に抗議とか、遺憾の意を表明とか 外交的に日本に抗議をしていますが、これらの韓国の行動は紛争の存在を証明し、現在の韓国の実効支配を自ら無効化していることになります。

<例2:国際司法裁判所のシパダン・リジタン島の判例>
シパダン・リジタン島の判例。インドネシア及びオランダがマレーシアの実効支配に対して抗議や不同意の表明がなかったことにより、裁判所はマレーシアの実効支配による権原を認めました。また、1969年のインドネシアの外交的抗議(自衛権の行使はない)によりそれ以降のマレーシアの実効支配は考慮されていません。
http://www.icj-cij.org/docket/files/102/7714.pdf
The Court moreover cannot disregard the fact that at the time when these activities were carried out, neither Indonesia nor its predecessor, the Netherlands, ever expressed its disagreement or protest.

投稿日時 - 2010-01-02 21:28:36

お礼

懇切丁寧なご回答を賜りまして、まことにありがとうございます。

事例の紹介と解説、出所根拠のURL非常に参考になり、良く分かりました。


悩ましいのは、我が国の中に、解決への覚悟と志、根気と勇気、具体的な奪還行動への国民の合意形成、世論の盛り上がりが不十分な事です。
その要因に歴代政府の弱腰・先送りの外交&文科省姿勢と正しい歴史を教えない自虐史観に凝り固まった日教組の責任は大きいと思います。
また、私たちの、自己中・拝金主義【自己の利害や損得による価値観や言動】もマスコミの報道姿勢にも主権と国益への関心の低さが、事態の成り行き任せ、問題解決を難しくする要因で有ったと思います。

国の暮らしの根幹にある主権・領土への国家的な侵食・侵害は
北朝鮮の拉致事件と並ぶ重大な,我が国・国民への恐喝・不法乗っ取り、立て篭もりであると思います。

参考:関連の投稿
http://okwave.jp/qa/q5546394.html



明確なご回答に、心よりお礼と感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-03 13:44:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

何か論点がずらされてますね

質問は
>日教組は南北朝鮮の出先機関か ・特亜の工作員なのか?
ですよね

答えはYESです(より正確には韓国ではなく北朝鮮の機関です)
「チェチェ思想研究会」で調べればいろいろ面白いものが出てきますよ

あと話がずれますが、「実効支配が重要」というのは一つの考えとしては正しいです
しかし一方で日本国政府は「竹島は日本領」と主張しています。(外務省のHPには明確に書かれています)

もしnacamさんの主張どおり、公務員は国の命令に従わなくて良いということであるなら解決策は簡単です
自衛隊が実力をもって竹島を実効支配すればいい
竹島は日本領なので、竹島を実効支配することは専守防衛にあたります
また、公務員は自らの正義に基づき政府を無視して行動していいなら、総理大臣の命令を待つ必要がないですね

投稿日時 - 2010-01-04 16:13:23

補足

望むべくも無いが、小沢・鳩山氏には、選挙での支援を以って国益・国威・国運を売るな!
日教組に対し、票と引き換えに領土・教育・矜持を歪曲・貶める事を許すな!



彼らには、日本人としての魂・アイデンティティを持て、思い起こせ、覚醒せよ→「六根清浄」と「洗心」の言葉を贈り、日本人としての心・誇りを取り戻せと言いたい。

--------------------------------------------------------------------------------
六根清浄:
日本人は昔からきれい好きな、清潔を愛する国民で、その清潔感は道義感覚と表裏一体になっていた。
 品位の高い人を「人格高潔」「きれいな人」「清潔な人」といい、その反対の人を「不潔」「きたない」「よごれている奴」などといった。かつての政治家は井戸と塀しか残さないほど清廉だったが、今日は全く逆で不浄の金に汚れた人が少なくない。
 昔のひとは山登りの時など「六根清浄」(ろっこんしょうじょう)を口々に唱えた。
 六根とは、眼・耳・鼻・舌・身・意の働きのことで、眼は不浄を見ない、耳は不浄を聞かない、鼻は不浄を嗅がない、舌は不浄を味あわない、身は不浄に触れない、意(心)は不浄を思わない、つまり身も心も無垢清浄になろうという祈りの言葉が「六根清浄」であり、それが「六根浄」となり、「どっこいしょ」となった。
 祈りの言葉がかけ声にまでなった。それほどまでに身心の清浄を念願として生活してきたのである。


 さて、私たちは毎朝起きるとすぐに顔を洗う。この洗面は、汚れの有る無しにかかわらずおこなわれるもので、浄穢(じょうえ)を超えた実践なのである。いったい誰が、この意義深い洗面を教えたのか。それは道元禅師であり、『正法眼蔵』「洗面」の巻にその事が書かれている。
 道元禅師は、「修証不二」を説く。修は修行、証は悟りのことで、それが不二一体だというのである。
 常識的には修行が先、悟りは後で、修行の結果、得られるものが悟りなのだが、そうなると修行するものが、修行しながら悟りを待ち望むようになりかねない。禅では、修行と悟りを対立させてその間にいろいろの思慮分別をさしはさむことを「染汚」(ぜんな)といって、極度に嫌う。今日「汚染」という言葉が使われているが同義語である。修行は汚れのない行、不染汚の行でなくてはならぬ。修行の時は、求める心を投げ捨て、身も心も修行に打ち込む、それがそのまま悟りだというのである。
 ところで私たちはよく「××のために○○する」というが、この「××のために」というのがどうも曲者で、ここに染汚のタネが宿るのである。「国民のため」「会社のため」などとよくいわれるが、もしそういう美名に隠れて自分の個人的な願いや欲望を満たそうとする人があるとしたら、またそういう人は私どもの周囲によく見かけることなので、仰々しく「××のために」などという人のおこないには、染汚のタネが宿ってないか警戒を要する。
 不染汚の行とは、目的のために手段を弄するのではなく、手段即目的、つまり、ためにするもののない行ないをいうのである。したがって汚れのあるなしにかかわらず、毎朝洗面するということは実に不染汚の行であり、報酬や代償を求めない宗教的実践にほかならないのである。


いまだ染汚せざれども澡浴し、すでに大清浄なるにも澡浴する法は、ひとり仏祖道のみ保任せり。(「洗面の巻」)
 患者の体に手を触れる医師は実によく手を洗う。肉体の病いと対処するのにあれだけの清浄消毒が必要なら、心の病いと対決するには、やはり同じように清浄消毒が必要である。
 毎朝の洗面はもとより、六根を洗い洗って清浄ならしめなくてはなるまい。




洗心:寺や神社の御手洗の水盤によく「洗心」の2文字が彫り込まれている。これは「ここで口を漱ぎ手を洗うのは、単に身を清めるだけでなく心の穢れを洗い清めることこそ大切なのだ」という意である。

投稿日時 - 2010-01-04 17:27:13

お礼

簡潔に且つ分かり易い回答を賜りましてありがとうございます。

なるほど、日教組の民主党へシフトする前の→従前の支持政党は「日本社会党」でしたね・・・
それから見ても、北朝鮮労働党は友党であり、金日成やチェチェ思想は称賛・偶拝していた主体であり、多くの被害者や過酷な運命を強いた地上の楽園・帰還事業へ行き着く訳ですか。

私の場合、北朝鮮は民主的な経緯で発足した独立国家とは見ておりませんし、現在も軍事独裁のテロ集団だと認識、朝鮮総連の存在や活動、特権待遇には大いに疑問を持つものです。
その、活動・工作・教宣プロパガンダのラインに「北朝鮮-朝鮮総連-民主党-日教組」が連携・共同戦線を組んでいると考察すると、民主党や日教組の様々な売国・亡国・傾国政策&言動を意図や目的のバックボーンが顕現して来たように思えます。


また、竹島問題における実効支配の考え方、公務員の国の命令との解説には全く同感です。
歴史にifは無いだろうし、偶発のリスクもあるが、我が国の主権・領土=国益を侵害され、不当占拠されている事態に対しては、解決へのステップは→先ず被害者である、我が国・島根県・地権者・漁業関係者がアッピールしなければ、竹島問題が、不法不当占拠の実態がクローズアップされ、紛争解決への具体的なアクションも起こらないと思います。

その為には、自衛隊と海上保安庁・島根県警が韓国側と竹島周辺海上で対峙し、マイクで立ち退きを求める等のアクションを仕掛ける事が第一歩ではないでしょうか・・・。
その後、在日在韓アメリカ軍や国連平和的解決に向けての仲裁により→国際司法裁判所への日韓共同提訴へ持ち込むよう、国民の合意形成・世論の喚起が何よりも重要であり、政府・マスコミ・言論・教育等の小異を捨てて大同【国益・国威・国運】を求め、覚悟と実行を望む。

その大切な、長く厳しい交渉の道のりを託すべき、正しい歴史教育を出来ない、やらない、売国組織が我が国の教育界に組織率が減少したとしても、未だ存在し、支持政党である民主党・社民党と結託、利用して→誤り偏向した思想信条を私たちの子や孫に、教育と言う名で売国亡国思想を伝播しようとしている。
同胞として、主権者であり社会人として、公務員として、許し難く嘆かわしい集団であり、言動である。
教科書・学習指導要領【解説書】の改悪にて、固有領土や竹島の表記・記述を削除し、教員が実態として特亜工作員とすれば、我が国の教育の行方、子供たちへの悪影響を考えると、憂国の情に苛まれ、暗澹たる心持となる。

杞憂であれ、思い過ごしで有ってほしいと念じつつお礼の投稿を作成しておりますが、怒りと情けなさに何時しか激してしまい、演説調になり、難解冗長な拙文ともなりましたが、国思う心に免じて、何卒ご容赦を賜りたくお願い申し上げます。



0909taka様に於かれましては、示唆に富んだ情報・アドバイスを頂戴いたしまして、心よりお礼と感謝を申し上げます。
誠にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-04 17:16:45

ANo.1

>北海道の教職員団体「北海道教職員組合」が昨年11月、独島(日本名:竹島)の領有権問題に関し、「韓国側の主張が事実に基づいている」という資料を作成

日本の主張には根拠が無いのは、当然です。
世界的には、領土は、実効支配の原則にのっとって決められます。
日本で、ベリーズをグアテマラ領、南トラキアをブルガリア領として認めている人はいません。

>竹島を不法占拠し、領有権を唱える「「韓国側の主張が事実に基づいている」
>事実とすれば、この団体に国籍を問わねばなるまい。
虚構ではなく事実であり、日本側の主張が虚構でしかありません。
日本側の主張に根拠が無い以上、それを正す事は、正等な事であり、国籍もなにも関係ありません。

>主権国家でも教えている国旗、国歌をはじめとして、国の綱格と領土領海について正しく教える
捏造ではなく、正義に基髄手教える必要があります。
竹島は、韓国領、北方領土はロシア領、尖閣諸島は日本領であることをしっかり教えるべきです。
竹島が日本領だというデタラメを教えるべきではありません。

投稿日時 - 2010-01-02 15:30:04

お礼

ご回答を賜りましてありがとうございます。


ご意見は、まったくの誤報・誤審だと思いますが・・・


◇竹島の領有
有史以来、発見も領有の宣言も、漁業や生活の実績も含め、一日たりとも韓国領・韓国民が居住した事はありません。
その後、海底資源に注目が集まり、漁業場としての有望さに、当時、敗戦により外交・防衛力の瓦解した状態の我が国の惨状に付け入り便乗し、1952年の李承晩の暴挙にて突然、領有権を主張し始めた。

これは、第2次世界大戦以降の戦争や軍事侵攻による占領地は平和の回復を以って帰結・返還するという、国際社会のな史実・経緯、世界の自然法的な秩序・良識に沿って見ても、我が国の領有・開拓・利用の推移は動かせない実績・歴史である。
それを、捏造し、歌を作り、切手を発行し、軍事基地化したり観光ツアーを繰り出すのは、空き巣の居直り、ハイジャック化と嘘偽りをエスカレートさせてるだけ、全く根拠の無い暴論・暴挙である。
その為に、国際司法裁判所への提訴も逃げ続け、時間稼ぎ【不法占拠を既成事実化、日本内の世論分断を画策】と嘘を嘘で固めるお得意の捏造に懸命である。

また、国内的に見ても、日教組は、偏った思想信条に基づき、その目的実現に、民主党を支持、選挙における組織挙げての人・物・金支援を行い、既得権である教員免許の更新制度を廃止、全国学力テストの見直しと廃止を引き換えに本来の使命や職責を放擲し、政治活動にシフトし過ぎている。
その一環に、竹島問題への教科書での固有領土記載を外し、学習指導要領【解説書】から竹島の表記を消去するのは、正しい日本の歴史と伝統を国際社会の規範を教える事を忘れ、亡国・売国・傾国行為だと襟を正せ、教員としての信念・誇りに覚醒せよと糺したい。


質問は、領有権は疑う余地の無い、日本の固有領土だが、それを戦争以外のいかなる方法で、奪回出来のか?
その奪回策に妨げとなる、日教組とは→何故、誰のために、そんな活動をしているのかの疑問です。
全くのデタラメと開き直りと言い掛かりのような、韓国との共犯者のような意見・抗弁を求めているのではありません。


http://www.geocities.jp/Tanaka_kunitaka/takeshima/

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-date-20091226.html

投稿日時 - 2010-01-03 13:24:11

あなたにオススメの質問