こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本と朝鮮半島

NHKで日本と朝鮮半島という番組をやってましたが、どうして朝鮮が、進んだ文化を日本に伝えたみたいな論調になってるんでしょうか?

隋書や広開土王碑には百済、新羅、高句麗は倭国の属国であったと記述されているし、百済の王子や新羅の王子などを倭国に人質として送っています。

どう考えても逆だと思うんですが、この番組を見た人は皆信じてしまいますよね?

投稿日時 - 2010-01-04 11:43:16

QNo.5566394

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

今回の放送を私は見ていませんが
去年台湾の日本統治時代をNHK教育がドキュメンタリーとして
流して、いかに日本の統治時代が酷い時代であつたか
と言うトーンで語られていました。
世界に例を見ない程上手く行った植民地経営だと、日本人は
思っていても相手方から見るとそれ程むごい事であったのかと
NHKなんて偏向マスコミの一番手と常日頃思っていても
コロッと騙されました。放送後、まも無く台湾の取材された
方達がNHKに内容があまりにも歪められていると、1,2人ではなく
抗議、でも、カエルの面に、、、です。

NHKってそういう局なんです。
まあ、今回貴方の言うように朝鮮、韓国の提燈持ちをやって
いい加減、向こう様のご機嫌を取り結んだ事ですので
近々、世界で始めてNHKが韓国の○○時代の遺跡を
独占放送とかが出てくるんじゃないかな。
それとね、そんな番組に出て相手の言う事をご無理
御尤も聞いていた学者と名乗る日本側の自称学者の
顔を覚えておいて、違う番組に出てきたら、今度は
どんな踊りを踊るかよ~く確認したら面白いよ。

私、TVあんまり見ないんです、見てもNHK位なんです
と、さも、自分が高尚?見たいに言う方々に
思いっきり”NHKって最低なんだよ”って教えてあげたい
と、常日頃思う私がそれを見ていたらTVに向かって
いい加減にせいと叫んでいたと思います。

投稿日時 - 2010-01-07 17:45:08

お礼

ありがとうございます。 JAPANデビューですね。 台湾人は日本だった頃を懐かしく日本人になりたいと今でも思っている人が多いみたいですね。

やっぱり捏造ですかね・・・。

投稿日時 - 2010-01-09 01:02:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

No.2です。
広開土王碑には広開土王が新羅、百済を臣民にしたと書いてあるのです。主語は広開土王であるというのはそういう意味です。歴史書をひもとけば、書いてあると思うのですが...。
古墳はただの大きな土盛ですよ。岡山県の造山古墳、作山古墳を尋ねることをおすすめします。秦・始皇帝陵とは比べるのも恥ずかしいほどです。
倭と百済が滅亡して、東方の野蛮国=日本に先進文化が亡命者たちとともにどっと流れ込んだのです。

投稿日時 - 2010-01-12 08:03:27

補足

国の史料『東夷伝』の記述
「新羅も百済も日本を大国として敬い、仰ぎ、通商していた」

中国の史料『三国志』の記述
「朝鮮半島南部は倭人の支配地域」

高句麗の史料『広開土王碑』の記述
「日本が新羅と百済を属国にした」
※韓国人が石碑の改竄を主張するが、昔の拓本が中国で見つかり、中国人学者に否定される

日本の史料『日本書紀』の記述
「新羅と百済は日本の属国」

全て、「百済、新羅は日本に臣従していた」という内容の事が書かれています。その反対の記述は何処にもありません。

また韓国の国書『三国史記』にも、「○○年に倭が襲来した」という記述が頻繁に記述されています。 しかし、その逆の記述は全くありません。

投稿日時 - 2010-01-21 15:47:57

お礼

広開土王が新羅、百済を臣民にしたが、倭が攻めて百済、新羅を臣民にしたと書いてるでしょ?

倭国は大国であって新羅、百済は属国であったのです。これは真実です。

始皇帝と比べるのは恥ずかしいと言ってますが、何が恥ずかしいのですか? それは日本人が言う言葉ですよ?世界最大のお墓が恥ずかしいのですか?(笑) 

高句麗は満州族の国家、百済も満州族の国家、加羅は倭族の国家、倭国も倭族の国家です。 因みに、隋、唐も満州族の国家です。

漢民族と朝鮮民族は関係が無い事を一応伝えときます。

投稿日時 - 2010-01-14 00:27:21

ANo.7

広開土王碑
「俺のオヤジは大王だ」というスタンスで息子の長寿王が作らせた。
隋書
「中国は常に中華です」というスタンスで後継の王朝唐が作らせた。

NHKの番組の捏造を疑うのであれば、上記の資料も難う必要があると思います。

No4で中国史を指摘したのは、
強者が弱者に人質を出している例があるのだから、人質を出す・受け入れるという事実によって、政治的強者・弱者を決定することはできないということです。
中国史で言えば、燕の太子丹は趙の人質となっていますが、趙と燕の政治的強弱はちょっと分からない。
BC284に一時的に楽毅主導で斉を打ち破っていた。
丹は始皇帝と同時期に趙の人質だったので、BC230年ころの話です。

宋書では、5世紀において百済が「鎮東大将軍」として冊封されていたのに対して、倭は「安東将軍」として冊封されていた。宋書の世界では、百済>倭と認識されていた。

投稿日時 - 2010-01-10 16:08:35

お礼

倭国が書いたのではなく、高句麗や隋が書いた物に、百済、新羅は倭国の属国と記述されてる訳ですから客観性があるってことでしょ?

倭国には世界最大のお墓がありますよね? それは権力の象徴という事。始皇帝稜の20倍近くあります。

これが真実です。

投稿日時 - 2010-01-11 10:06:21

ANo.6

 単に、朝鮮半島は、古代において文化レベルの高かった中国に近かったので、日本より先に中国文化が流れ込み、中国から日本への文化移転の通り道になったということです。

 日本が弥生時代~古墳時代であった漢・魏の時代に、朝鮮半島の一部は中国政権の支配するところとなって、楽浪郡・帯方郡として扱われました。これによって中国文化の移転が進みました。

 例えば現代においても、お金があって人口が多いために創造力があるものの、総合的な文化レベルでは底の浅いアメリカが、軍事力では世界を席巻しています。

 古代ヨーロッパでも、文化レベルの高かったローマが、文化においてはローマに劣るゲルマン人の侵入によって、崩壊しました。

 文化力と軍事力は、歴史的にみると一致していません。

<付け足しですが>
 No2のお礼をみるかぎり、質問者さんもお気づきかと思いますが、質問の『百済、新羅、高句麗は倭国の属国であったと記述されている』部分は『百済、新羅は倭国の属国であったと記述されている』が正しいですね。

投稿日時 - 2010-01-08 08:41:05

補足

ドイツの教科書
「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀の事だった。その後300年、日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」

補足

唐は満州族やトルコ系の国家で今の支那人の漢民族とは全く関係がありません。

投稿日時 - 2010-01-10 12:52:12

お礼

ありがとうございます。

日本は海を渡って直接、唐や隋に派遣して文化を手に入れた事はありますが、朝鮮半島から陸路を渡って伝わった訳じゃないですよ?

百済では384年の仏教伝来後、本格的な寺院文化の展開を見せるのは6世紀半ばからであり、150年間に建立された寺院は約50寺、対して日本は6世紀半ばに仏教を取り入れてから数十年後に本格寺院や大型金銅仏を建立し、その後100年間で530ほどの寺院を建立した。

文化は教わった訳ではなく自ら進んで手に入れただけです。

例えばヨーロッパ諸国は日本に文化を教えたんですか?そうではないと思います。西洋諸国が非西洋諸国に文化を教えたことは一度もないです。日本は多大の代価を払って西洋諸国の文化を視察し研究し手に入れました。そしてわずか40~50年で西洋諸国と肩を並べるまでになりました。これも日本はヨーロッパより劣っていたわけではないという事例ですよね?単に「世界」を知らなかっただけであり、受け入れる土壌があったから発展したんだと思いますよ?

隋書には高句麗は一時的に倭国の属国になったと記述されてるかと思いますが・・・。

投稿日時 - 2010-01-09 00:59:10

ANo.4

百済の王子や新羅の王子などを倭国に人質として送っています。
↓中国史の例
BC 288年に東の斉が東帝、西の秦が西帝と名乗ることになる
※ この段階で、斉と秦の優位は決定的になっていた
BC 281年 後の荘襄王、子楚生まれる
この後で、子楚は超に人質に出される。
弱者が強者に人質を出しているのではなく、強者が弱者に監視役として出していると考える方が妥当じゃないですかね、秦の場合。
BC 288年の秦王である昭襄王自体が、燕に人質として出ています。
後の昭襄王が燕に人質に行ったであろう時代は、父の恵文王の時代であり、恵文王はそれまでの公号から王号に変え、楚以外の五カ国連合軍を破った人です。
この例も、弱者が強者に人質を出しているとは思えない。

投稿日時 - 2010-01-05 02:59:59

お礼

百済が強者で倭国が弱者? 倭国は大国で珍しい物が沢山あると記述されてませんでしたっけ? 百済、新羅、高句麗の支配者層は満州族の先祖や倭族だったかと・・・。

属国と何度も記述されてる訳ですから倭国が強国で新羅、百済は倭国の支配下にあったと考えるのが常識かと。

投稿日時 - 2010-01-06 02:08:48

ANo.3

>どうして朝鮮が、進んだ文化を日本に伝えたみたいな論調になってるんでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA
まあ、こう言う事ですね。(Y染色体の項。)

D2が縄文人。
朝鮮人にはD2がありません。

大陸から日本に帰化した率は極めて高いようですが
日本から大陸へ渡った率は少ないと言う事です。

朝鮮人は、Y染色体と言う学術的理論展開を促してくれますが、
日本人は、日本書紀に記載があるとそれを真実だと
「強調して止みません。」

良い観察材料になります。

投稿日時 - 2010-01-05 01:08:50

お礼

ありがとうございます。 民族の移動と高い文明を伝える事に関係あるのですか? 逆に流動性が高いと文明が発達せず継承され難いかと思います。

投稿日時 - 2010-01-06 02:04:12

ANo.2

古代史学会では文化伝播が朝鮮半島->日本列島ということになっているようです。しかし、自然科学の分野では、例えば水田耕作は中国長江下流域->九州->朝鮮半島が常識となっているようですし、考古学の分野でも科学的年代測定法により、次第に九州->朝鮮半島が明らかになっていくものと思われます。しかし、『日本はもと小国、倭の地を併せたり』とあるように、日本国が朝鮮半島の国を属国としたり、王子を人質にとったりしていたわけではありません。『韓は東西海をもって限りとなし、南、倭と接す』とあるように、倭は九州と朝鮮半島にまたがって存在した勢力で、日本だとか、朝鮮だとかという分類には当てはまらない存在だと思います。
なお、広開土王碑で言う「臣民とした」という主語は広開土王ですよ。

投稿日時 - 2010-01-04 19:50:55

お礼

ありがとうございます。公開土王碑では最初は高句麗の属国だったが倭が攻めて新羅、百済を臣民にしたと書かれていたと思いますが・・。

また倭国は九州、四国、中国、朝鮮半島南部に渡り大国であったと記述されてると思いますが・・。元は小国の倭が勢力を拡大して大倭国になり最大勢力の時そのような形になったと。

日本人は、越族、満州族、倭族の混血で、今の朝鮮人の先祖はワイ族といって中国大陸の北部から朝鮮半島に渡ってきて今の朝鮮半島に住み着いているんじゃないですかね?

投稿日時 - 2010-01-04 21:07:47

ANo.1

お礼

ありがとうございます。 なるほどそういう流れならあれだけ曲がった報道になるんでしょうね。 滅茶苦茶ですね。

投稿日時 - 2010-01-04 21:09:51

あなたにオススメの質問