こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国債の売却益が非課税なのは何故?

国債の売却益が非課税なのは何故?

株式で売却益があると税金がかかりますが、国債の売却益は非課税となっています。利子や償還差益については課税されるのに、なぜでしょうか?

投稿日時 - 2010-01-07 18:18:54

QNo.5575214

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

これは注意してください。
債券で売却益が非課税になるのは利付債の場合です。
ゼロクーポン債だと売買益は年間50万円まで非課税です。
株式、利付債、ゼロクーポン債などの売却益は譲渡所得に分類されます。
譲渡所得にはいくつかのタイプが有って、株式のように分離課税が適用されるタイプ、ゼロクーポン債のように売買益は年間50万円までしか非課税枠が無いですが、その代わり売却損が出たら確定申告をして損益通算する事で税金を取り戻せるタイプ、「利付債はクーポン部分が20%課税される代わりに売買益が非課税のタイプ」と譲渡所得の中身はすべて異なります。
ちなみに、償還差益は雑所得として住民税申告の義務が発生(確定申告をする場合は免除されますが税率は上がります)するので、大抵は住民税10%(確定申告の場合は所得税がプラスされる)がかかります。
利子が課税されるのは利子所得として20%課税されます。

このように、所得の種類の違いや譲渡所得の種類によって課税にされかたが異なる為、税法上の取り扱いが異なります。

投稿日時 - 2010-01-07 19:12:47

お礼

はじめて知りました。複雑になっているのですね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-09 09:13:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問