こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中学英語の現在完了

中学レベルの現在完了の使い方でよく解らない箇所があるのでご指導お願いします

He has stayed in America for two years.
「彼は2年間アメリカに滞在している」と説明されています
現在もアメリカにいて継続中という意味になりますよね?

He has stayed in America.
これは「アメリカに滞在した経験がある」
現在は滞在していないという意味になるのでしょうか?
それとも滞在しているかしていないかは追求していなく経験だけを話しているのでしょうか?

He stayed in America.
この英文との違いもよく解りません

上の2文を踏まえると
アメリカに2年間滞在した経験があるという英文はどのようなるのでしょうか?
私の知識ではどうしても以下の文になってしまうのです・・・
He has stayed in America for two years.

宜しくお願いします

投稿日時 - 2010-01-07 18:37:18

QNo.5575257

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 現在完了形は簡単なように見えてなかなか奥が深いものです。

(1) He has stayed in America.

 この英文だけであれば、完了、継続、経験のどの用法と解釈しても構いません。どの用法かをはっきりさせるためには「副詞句」をつけることになります。

(2) he has stayed in America for two years.

 お尋ねの英文のように「for two years」という副詞句を伴った場合には継続と解釈することが一般的ですが、これを完了や経験と解釈することもできなくはありません。

 ジーニャス英和辞典では、「He has lived in London for two years.」という英文について「彼がロンドンを去るときや日本に戻ってきたときに用いれば完了の意味になるし、また場合によっては『2年間住んだことがある。』という経験の意味にとれることもある。」と書かれています。

 学校での試験などで用法を尋ねられた場合には用いられている副詞句から機械的に判断してほぼ問題はないでしょうが、実際の会話などでは、同じ現在完了形を用いた英文であっても状況によって意味が異なる場合があります。特定の副詞句を伴っているからといって、用法を機械的に考えないほうが良いでしょう。

 なお、現在完了進行形の「He has been staying in America for two years.」とすると継続の意味がより明確に出ます。

 また、「He stayed in America for two years.」とすると、単に過去の事実として「(ある特定の時期に)彼がアメリカに住んでいた」ということを表します。疑問文で「Did you ever ...?」として経験を尋ねることがあります。

 ご参考になれば・・・。

投稿日時 - 2010-01-08 13:43:37

お礼

回答有り難うございました

投稿日時 - 2010-03-01 21:38:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

He has stayed in America for two years.
「彼は2年間アメリカに滞在している」

He has stayed in America.
この文は
He has ever stayed in America.
ではないですか??

He stayed inAmerica.
は単純に「彼はアメリカに滞在していた」とゆう過去形です。

He had stayed in America for two years.
アメリカに2年間滞在した経験がある
これでいいと思います!!

分かりにくくなってすいません、、、

投稿日時 - 2010-01-08 08:33:23

お礼

回答有り難うございました

投稿日時 - 2010-03-01 21:38:35

ANo.4

私は英語嫌いでまあ文法なんてごちゃごちゃ書いているけ、
まどろっこしくて、、、、現在完了なんか理屈ごちゃごちゃ
言っているけどなんなのみたいな人間でしたが、プラクティカル
に英語を使うようになってからこう考えたらいいなという
感触を持つようになっています。

現在完了は過去のことを言っているが、それが現在の状態に
関係ある時。過去のことを言っているがそのことに関して
発言者が現在のことに意識がある時。

こんな感じです。
たとえば簡単な例から
He has gone. (彼、行っちゃった)
これは行ったのは過去なんですが、こう発言した
本人は彼が言ってしまった結果今いないみたいな
今の状態を意識しています。

He has stayed in America.
これはこれだけではなかなか何をいっているか
判断できないのですが、

米に滞在した過去の事がなにか、現在において
いみがあるという言い方だと思います。
彼英語できる見たいねみたいな話で
He has stayed in America.
と言えばアメリカに滞在した経験があるから
(今英語できるのもなっとくね)。という
感じで昔のことを言ってますが今のことと
つながりがあります。

えっとダラダラ書いていたらきりがないんですが、
He stayed in America.
これはどちらかというと過去のことを言っているだけで
現在のこととあまりつながりがないととれますが、
しばし現在完了で表現してもいいけど、単なる
過去で表現することもあります。ですから、
過去のことを過去型で言おうが、経験していることは
事実ですし現在完了の経験で示さなくてもわかる
し内容はほとんど変わらないこともあります。

ネイティブにきくと場合によっては過去でも
現在完了でもどっちでもいいとか一緒だとかいう
ひともいます(あくまでも場合によってです)。

投稿日時 - 2010-01-08 04:05:54

お礼

回答有り難うございました

投稿日時 - 2010-03-01 21:38:25

ANo.3

忘れてはならないのですが、現在完了には「結果」という使われ方があります。“I have lost my watch.”「時計を無くした(ままの状態である)」のように、「~したままの状態である」つまりOsieteEngさんもおっしゃっている「現在もその状態が継続中」というニュアンスです。「経験」の意、あるいは過去完了でもない限り、現在完了には少なからずこのニュアンスは存在すると思います。(勿論すべてにおいて必ずという訳ではありません。)


以下のサイトをお借りしますが、「継続」「結果」の項目をご注目ください。現在完了の「継続」には同時に「今~している状態である」というような「完了」あるいは「結果」に近いニュアンスが強くあります。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~chick/perfect.html

Kate has lived in Tokyo for five years.
これだけ言われた場合、多くの人は「5年間住んでいる(つまり今も住んでいる)」と受け取ります。逆に「今住んでいない」としてこれを使うとしたら、それは「過去に5年間住んだことがある」という意味に必然的になるのでしょうから、ever等を入れて「経験」だとわかるように表す必要があります。こうすることで聞き手は「過去の経験談で、今住んでいるという話ではない」と予測します。
もし、この文が「今住んでいるかいないか不明」なのだとしたら、「5年間住んでいます」にあたる表現が無くなってしまいます。そういう意味を言いたいなら、過去完了"had lived in Tokyo for five years"「(その時点で)5年住んでいる状態だった」や、過去形"lived in Tokyo"がありますので。
ちなみに、"Kate lives in Tokyo for five years."という表現は文法的には不可能なのは言うまでもありません。"Kate lives"は「(今)住んでいる」という今瞬間の状態を表しているのに対し、"for five years"はあるまとまった長期間を表すので、時制が合わないからです。そのつじつまをあわせる為の表現が現在完了だと考えるといいです。


そもそも「継続中」の意があるのに、じゃあ現在完了進行形はなんなんだ、とお感じにもなるでしょう。それは上の参考サイトの「継続」でも触れられています。
進行形は当然“study”“play”等の動作を表す動詞に限られます。現在完了形でもいいが、状態を表す“be動詞”や“live”なんかよりは「継続中」感が弱くなるので、より「継続中」感を出す為に進行形を使う、ということなのだと思います。

投稿日時 - 2010-01-08 00:51:24

お礼

回答有り難うございました

投稿日時 - 2010-03-01 21:38:13

ANo.2

>現在もアメリカにいて継続中という意味になりますよね?

前後関係次第です。現在完了形自体はそのような意味は持っていません。

現在完了形は、(過去のある時点から)現在までの間の完了、経験、継続を表します。
このうちの完了、経験の場合は、明らかに過ぎ去った過去のことを表しています。つまり、「現在も継続中」という意味ではありません。
継続の場合は、「現在もその動作が行われている」という意味だと思われがちですが、これは間違いで、「現時点の直前まで継続して、現時点までに完了した」という意味です。つまり、「継続」の意味の場合も、「現在も継続中」という意味ではありません。

ただ、現在完了形は上記のように「継続」の意味で用いられることもあるため何の前後関係もなく現在完了形を聞いた聞き手は継続の感じも少し感じるので、「ひょっとしたら現時点でもその動作をしているのではないか。」と思い、想像します。例えば、He has stayed in America.を聞いた聞き手は「「今までずっと住んでいた」という意味かもしれない。もしそうなら、今現在のこの瞬間にも住んでいるだろう。今の今まで住んでいたのに今現在のこの瞬間には住んでいないというのは考えにくい。」と思います。

しかし、現在完了形には「完了」や「経験」の意味もあるので、He has stayed in America.を聞いた聞き手は、第一印象としては「今は住んでいないのだな。」と思います。第一印象は、あくまで「今は住んでない。」です。しかし、よくよく考えると、上記のように「ひょっとしたら現時点でも住んでいるのではないか。」と思います。「ひょっとしたら現時点でも住んでいるのではないか。」は弱くかつ付け足しです。

つまり、現在完了形は「現在もその動作が継続している」という感じを持っていますが、現在完了形がその文法的性格上必然的にあるいは必須的に表す意味ではありません。聞き手が想像するだけです。

これは、日本語の「彼は2年間住んできた。」などと似ています。この日本語を聞いた人は「たぶん今も住んでいるんだろう。」と思います。しかし、実際に住んでいるかどうかは話し手以外には誰にも分かりません。

>現在は滞在していないという意味になるのでしょうか?

現在滞在しているかどうかは分かりません。
理由は上記のとおりです。

for two yearsという言葉にはHe has stayed in Americaが「完了」、「経験」、「継続」のいずれであるかを決めるほどの力はないので、He has stayed in America for two years.もHe has stayed in America.も「完了」、「経験」、「継続」のいずれをも表し得ます。いずれであるかは前後関係によります。

>それとも滞在しているかしていないかは追求していなく経験だけを話しているのでしょうか?

「追求していない」というのはそのとおりですね。
「「経験」だけを話している」というのは、すこし違うと思います。「完了」、「経験」、「継続」のいずれかを話しています。いずれであるかは前後関係によります。

>この英文との違いもよく解りません

過去時制は、単に過ぎ去った過去のこととして言う言い方です。例えば、単に「住んだ」という言い方です。
現在完了形は、その過ぎ去った過去の動作が現時点の状態に何らかの影響を与えていることを強く感じさせる言い方です。例えば、「住んだ、つまり住むことは終わった(完了)」、「住んだ、つまり住んだという経験がある(経験)」、「住んだ、つまり今までずっと住んできた(継続)」などの感じを持つ言い方です。

簡単に言うと、現在完了形は、過去時制と同じように「過去」を表しますが、それに加えて過去時制が持っていないプラスアルファのニュアンスを併せ持っています。このプラスアルファのニュアンスは、「してしまった」、「したことがある」、「してきた」などなど実に多様なニュアンスであり、そのいずれであるかは前後関係で決まります。

>アメリカに2年間滞在した経験があるという英文はどのようなるのでしょうか?

He has stayed in America for two years.です。仰せのとおりです。

**********************
以下、蛇足です。

蛇足1
現在もその動作を継続しているかどうかについては何ら表さないという点では、過去時制も現在完了形も全く同じです。過去時制で言っても現在完了形で言っても、現時点で引き続きその動作をしているかもしれないし、していないかもしれません。例えば、He stayed in America.もHe has stayed in America for two years.も、現在も住んでいる場合も現在は住んでいない場合も、全く同じように全く問題なく用いることができます。

蛇足2
「現在もその動作が継続している」という感じは現在完了進行形の場合はさらに強くなります。しかし、現在完了進行形でさえ、「現在もその動作が継続している」という意味を必然的にあるいは必須的に表すわけではありません。聞き手が勝手に「そんな感じがする。」と思い、想像するだけです。したがって、現在完了進行形も、現在その動作が引き続き行われている場合も、現在は既にその動作が行われていない場合も、どちらの場合にも用いることができます。

投稿日時 - 2010-01-07 22:11:41

お礼

回答有り難うございました

投稿日時 - 2010-03-01 21:38:05

ANo.1

現在完了形が「継続」「経験」「完了」「結果」という全く異なった意味になる事はご存知かと思います。
そのどの意味になるかは、はっきり言って使われている単語や前後の内容によります。


He has stayed in America.
"stay in America"の意味から、考えられるのは「継続」「経験」の意味になるかと思います。「滞在したばかりだ」(完了)とも考えられなくもないですが、この場合"have come""have arrived"「来たところだ」等と言った方が解り易いですので。
で、どちらの意味になるかは添えられている副詞に大きく左右されます。
"for two years"という期間を表す副詞があれば、普通は「(ずっと今まで)滞在している」(継続)と解釈します。
ここにever「かつて」やonce「かつて一度」, three times「3度」というような副詞があれば、「滞在した経験がある」(経験)と解釈出来ます。
He has stayed in America once.

>滞在しているかしていないかは追求していなく経験だけを話しているのでしょうか?
これは自分自身明確な答えは持ち合わせていませんが、「今滞在中」と伝えれば「滞在経験の有無」を言う必要はありませんし、逆に滞在中でなければ「滞在経験がある」と伝えればいいので、その疑問はあまり意味ないのではないでしょうか・・。


He stayed in America.「彼は(その時)アメリカに滞在した。」
これは「過去のある瞬間」の状態を表すだけで、今の状態まではわかりません。今もいるのかもしれませんし、もういないかもしれません。長期間の状態を表すものでもありません。「今も住んでいる」と言える"He has stayed in America."とはその点が大きな違いです。


以上を踏まえると「アメリカに2年間滞在した経験がある」は、例えば、
He has ever stayed in America for two years.
と表現されます。これは「2年の滞在経験がある」という意味以外にはほぼなり得ません。

投稿日時 - 2010-01-07 21:05:02

お礼

回答有り難うございました

投稿日時 - 2010-03-01 21:37:11