こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

結婚とは

私は26歳の独身女性です。
年齢的なこともあり、今は結婚ラッシュで最近では月1ペースで結婚式に出席しています。出産ラッシュでもあり、友人の出産祝いもしょちゅうです。

私も婚約をし、年内に結婚予定ですが、結婚の話を進めていくうちに結婚って面倒だなぁとつくづく感じるようになりました。

彼とは遠距離で月に数回ペースで会っていますが、私は生まれも育ちもずっと実家住まいなので、信頼できる友人も近くに沢山いることや、彼のことを信用している為、全く寂しくありません。
仕事ももうすぐ5年目で、人間関係に恵まれていることもあり辞めたいと思ったことは1度もありません。

彼と結婚すると、住み慣れた土地を離れ県外に引越しします。
彼と私の実家は遠方ですが、彼が長男ということで、私の実家近くに住むことは無さそうです。彼の実家も彼の職場から遠いのでとりあえず同居は無いですが。

また、適当な我が家に比べて、彼の実家はシキタリ事にこまかく、実家に行くと気を使いすぎて疲れはてます。

結婚して幸せそうな友人もいます。ですが、数年経つと、義理母や、旦那の愚痴から始まり、独身時代は綺麗だったのに、久しぶりに会うと一気にふけてたり、自分の時間を制限されたりで、結婚がこわくなってきます。

確かに一生独りで生きていく強さはありませんし、祖母にも【もぅいい歳なんだから】と言われています。
なんだか、結婚を願望ではなく義務に感じてきています。

先輩には結婚が決まったと報告すると
【健等を祈る!】と言われたり、
【墓場の仲間入りだね】と言われたり。

結婚が恐くなってきました。
マリッヂブルーなんでしょうか。
既婚者の方に結婚とはどういうものか、どう感じられているか教えていただきたいです。

投稿日時 - 2010-01-14 15:09:43

QNo.5592611

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

新米主婦なので、アドバイスにはなりませんが、回答させてください。
婚約おめでとうございます。
私も結婚する時に周りの親世代からは結婚を夢みちゃだめよ!と何度も言われました(笑)現実は甘くない!そうです。
実際、新婚だからなのかもしれませんが、今はとても幸せです。働いているので、それプラスやった事もない家事に追われもちろん、くじけそうにもなるくらい忙しいですし、面倒だな~って思います。でも、最終的には自分がやらなきゃ誰もやらない!っていうのと、自分が決めた道だし。って思います。
私もこれからの事はわかりませんが、できるだけ夫の愚痴は言わないような妻になりたいと思ってます。もちろん笑い話程度ならokですが、愚痴ばかりの人ってやっぱり輝いてないですもんね。まだまだ未熟者なので、偉そうな事は言えませんが、意思を持って結婚生活を送って、その意思疎通が旦那様とも分かりあっていれば大丈夫なんじゃないかと思います。
もちろん、生活は今よりは大変になると思います。時間だって自由な時間は減ります。でも、それが普通ですよ。周りの既婚の友人もそうじゃないですか?そうやってみんな家族を作っていくんだ~って思うとなんてことないですよ。
不安もわかります。でも、相手を信じてコミュニケーションをとっていたら大丈夫です。家事は完ぺきじゃなくて大丈夫ですよ。最初は面倒だったらやれる事からやっていったらいいんじゃないですか?ぜひ、ぜひ幸せになってくださいね☆

投稿日時 - 2010-01-14 17:13:49

お礼

ありがとうございます。何だか少し肩の力を抜いてみようかなと感じました。いい奥さんになる為にという事が強くて少し気がはっていたとこもありました。私も夫の愚痴は言わないような妻を目指したいです☆
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-15 13:29:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(22)

ANo.22

再度お邪魔します。カエルンコです。

ちょっと前に非常にためになるマンガを読みました。
マンがごとき・・・と思われましたらスルーしてください。

「ARIA」というマンガです。割と最近のです。
すべてが自動の地球を離れてすべて手作業の火星に来た少女の話なのですが、
彼女は「水先案内人」(水上ゴンドラの漕手)の見習い。
どんどん仲間が一人前になって一緒に練習できなくなってきた。
自分も一人前になることができたけど…
最後の方の話ですが主人公の上司に当たる人が
「昔は楽しかった、じゃなくて昔も楽しかった」
っていうのです。
たまたま人生の道の途中で大きな道につながっただけなのです。
そこで仲間・土地と出会うのです。
大きな道がまた別れれば一緒にはいられなくなる。

これって結婚だけじゃないんだよねって思うんです。
違う環境で違う親で、出会った彼と質問者様。
彼と一緒に行くっていうのは今の道から外れること。
これは(独身で)仕事で転勤になっても同じことですよね。
知らない土地・友達もいない…。不安…。

その漫画の冒頭(最初の話)では
「地球ではすべてオートメーション化してますが、
火星では自分で何でもできるんですよね、それもひかれた理由なんです」
みたいな内容を主人公が言います。
面倒くさいって思うんですが、そうじゃないんです。
人任せにしないことの大切さもあります。
自分でものを見て、それを二人の生活に使うってなると楽しいでしょ?
前向きに物事をとらえれれば何とかなりますよw

出版社のまわし者じゃないですが、マンガがお好きでしたら、
読んでみてください。
仕事、家事でくじけそうな時に癒してくれますから。
できることから頑張りましょうよw

投稿日時 - 2010-01-16 09:46:01

ANo.21

あまり感想がないってのが感想かな
私は結婚する前とあとで変わったのは苗字くらいです

結婚(婚姻)自体は新しい戸籍の作成手続きでしかないですよ
その手続きだって、ペンとハンコさえあれば誰でもできる簡単な手続きで、
面倒というほどではありません

先輩にしても、あなたにしてもそうですが、
結婚が面倒なのではなく、人生にふりかかる面倒な事を勝手に結婚のせいにしてるだけですよね?
遠距離で結婚(現職も実家暮らしも継続)してもいいわけだし、
逆に結婚せずに一緒に住む事もできます

結婚に幻想を抱くのもどうかと思うけど、独身に幻想を抱くのもおかしいのでは?

投稿日時 - 2010-01-15 16:45:13

ANo.20

「結婚を願望ではなく義務に感じてきています。」は、おそらく、正解でしょう。人間は、生後、生き続けるのが義務であるように。
結婚が恐くなってきた思いを彼に打ち明け、一生支えてくれるかどうか確認してみてはいかがでしょうか。思うような答えが返ってこなければ、結婚を考え直したらよいのです。

投稿日時 - 2010-01-15 12:22:14

ANo.19

なんだか残念な環境にいらっしゃるんですね(^^;
確かに慣れた土地や環境から離れなければならないと言うのはストレス
だと思いますが、結婚についてネガティブなことを言う方ばかりが
周りにいるなんてお気の毒に…。

実際大変なこともあるのでしょうが、誇張して面白おかしくするために
言ってる人も多いんじゃないかな。それが結婚して無い人にどんな影響を
与えるかなんて考えもしない浅はかな人は平気で言っちゃえますから。
そして、結婚は面倒なものだ、大変なことだという概念が植えつけられて、
ちょっとしたことがあるたびに、やっぱりそうか、っていう思い込みを深め、
またその毒を回りに撒き散らす。悲しいマイナススパイラルです。

結局自分次第じゃないでしょうか?
私自身は結婚後5年経ってますけど毎日が楽しくて仕方ありませんし、
主人もどうせ同じ時間を過ごすんだったら楽しい方がいいんだからと、
お互い楽しく過ごせるようにというのをベースに過ごしています。
また、周囲の知人友人も、結婚生活に関しては明るく楽しくやってる
ようで、みんなで集まるたびに、結婚してよかったね~♪って言ってます。
それを見た周囲の若い子達も結婚を望み、実際幸せな結婚を続けています。
もちろん、かわいいな、と思える程度の夫婦喧嘩とか、意見の相違程度は
ありますが、そんなのは夫婦じゃなくてもあることですし、それをどう
楽しく乗り越えていくかは、自分が決められることですしね。

ネガティブな人を寄せ付けるのも、その人たちの考えにどういう影響を
受けるかも、自分次第でコントロールできるものですよ。
あなたが心のそこから結婚なんて、と思うのであれば、それはあなたの
価値観ですから問題ないと思いますが、もう婚約もされているとのこと。
結婚に対するネガティブだったり大変だ、というイメージがどういう人間から
受けたものなのか、それは自分の本心なのか、ということを考え直して
みてはいかがでしょう?あなたに悪影響を与えた人がいたとしても、
その人はあなたの一生には一切責任を取りませんからね。
自分がありたい姿の将来は自分で描き、それに対して不要な不安を与える
人は、自分で寄せ付けないようにするのが自分に対する責任というもの
だと思います。

投稿日時 - 2010-01-15 12:08:46

ANo.18

結婚と幸せとは別物だと思いますよ。
確かに、一人でいる方が楽ですし、
苦労をしょわなくても良いかもしれません。
友人や仕事のことを考えれば、
それを失うリスクは当然あります。

また、結婚とは相手への義務ではありません。
義務と感じるのは、内心が拒否している現れでしょうか?
結婚はあくまでも、協調であらねばなりません。
結婚に伴い、失うものが多いのであれば、
確かに結婚を躊躇する気持ちは理解できます。

では、結婚はしない方が良いという結論になるでしょうか?
結婚とは宿縁を感じて、使命を自覚することではないしょうか。
つまり、今まで生きてきた意味の自覚こそ肝要といえます。
彼との新しい環境と生活、そして1からのスタートに、
あなたの人生の意味があるということなんです。

投稿日時 - 2010-01-15 11:48:08

ANo.17

30代既婚者♂です。
多くの方が、結婚は墓場だとか、年貢の納め時とか、まるで人生が
終わったかのように言いますが、これも人それぞれですし、あえて
誇張して話す人も多いと思います。
確かに結婚生活というのは、夢見るような毎日ではありません。
価値観や性格、思考回路の全く違う二人が一緒に暮らすのですから、
衝突しますし、嫌な部分に幻滅するし、本当にこの人でよかったのか?
なんて誰でも思うような世界です。
でも、それ以上に共に生きて行くことの幸せは大きいですよ。
次から次へと出てくる問題に、二人で立ち向かい乗り越えることの
素晴らしさは大きいと思いますよ。
先述したような結婚に対して話す方というのは、結婚とはどういうものかを
理解しないままただ勢いや、打算、諦めで結婚した方です。
心から愛する人と出会い結ばれた人は、そういう事は言いません。
私は心から愛する人と結ばれて今はとても幸せです。
結婚してよかったと心から言えます。そしてまた違う人生を生きられる
のならば、また妻と出会い結婚したいと思えます。
私はたとえ明日、この命が尽きようとも悔いのない素晴らしい人生だった
と言えます。最愛の人と出会い家族になれたことの喜びはたとえようも
ないくらいの喜びと感動なのです。
今までの辛く苦しいこと全てに感謝でき、周りの人全てに感謝でき、
生かされていることの感謝でいっぱいになるのです。
あなたが何人の方からそういう事を言われたのかは知りませんが、
結婚とは素晴らしい経験となりますよ。でもそう思えるかどうかは今後の
あなたの生き方次第だと思います。
彼とお幸せにね(^.^)

投稿日時 - 2010-01-15 11:36:03

ANo.16

質問者さんの育った家と、彼の育った家が違うように
それぞれに違うのが結婚であり、家庭でしょう^^。
それ以上は難しいな・・・。
だから、既婚者の会話の読み取り例を挙げます。

結婚後に知り合う友達は
家族の仲いいとか悪いとか、似てる傾向あります。

「うちの旦那って、1日中だんまりで
姑の肩ばっか持つの。お宅は?」
 「何がでしょう」
「男って勝手だし、マザコンだったり、ね!?」
 「いえ、お姑さんいい人で、旦那優しくて」
「あソ、良かったね・・・・・・・・」

やっぱり、お互い違うと居心地悪く
よって類友な傾向があります。

しかし経験上、いくら仲が良くても
「まあでも、うちも色々あって」程度が無難。

独身同士でもあるでしょ
順調な話が多いと
何それ自慢?とか。(自慢だけど)
私のほうが頑張ってるのに、あの人ズルいとか。
そういうの面倒だから、とりあえず悪く言っとくのはある。

ただ、既婚者の多くは
わざとと、そうでないのが見抜ける。
それが未婚の方には見えないので
実際以上に恐ろしげに見えてしまうとこはあると思います。

http://oda999.tea-nifty.com/blog/2008/03/post_0db3.html
私も独身の女の子達に
いいことばかりじゃない、私の旦那も怒ると怖い と言ったら
しばらくシーン
「・・・dorce0000さんとこは違うと思ってたのに」
「やっぱ、男は餌をやらなくなるってヤツですか・・・」
お通夜のような反応にビックリ。
私は上記ページでいう「ドジ話」をやったつもりでしたが。
でも独身の人は実体験がないだけに
話半分には聞けないもんね・・・
それからは相手によって、表現変えるよう気をつけてます。

内心は「ウフフ、あのケンカ7年前かな(←脳内会話)
あれで雨降って地固まったのよね
ダーリン今何してるカナ?」
このくらいバカなことを考えてたりするのですが。

それと同じで「カミサンは悪魔」「怖い怖い」と言ってる人ほど
おおっぴらに自慢はしにくいが
悪口をよそおえば女房話ができるぜシメシメという
愛妻家が多いのです。(私の見方)

「愚妻」という言葉使う人も愛妻率高い気がします。
沢山奥さんの話をしてもキモいヤツにならないよう、
最初から計算に入れてる、頭脳派。
(特に「吾が愚妻」という人)
たしかに「愚」が
奥さんに失礼という考え方もありますが
うちの旦那も「愚妻派は愛妻率が高い」に同意。
本人は今の時流に合わないから遣いたくないそうですが。

あれは外に対し、身内は落とさなければならない、という
少し前までの日本の美意識を反映したマナーの言葉ですよね。
決して妻をないがしろにという意味でもない。
むしろ「外と内」を分けて
【「外」と「おれたち」】という意識が常にあるわけだから
すんごい身内意識、身内への信頼感が強いってことだと思います。

投稿日時 - 2010-01-15 10:27:34

ANo.15

結婚前は年に2回しかあえなかったので毎日
一緒にいられるというだけでそれだけで幸せです。

私も結婚前はさんざんおどされましたが、
結婚して嫌だった事はそんなにありません。
独身時代も楽しかったし、幸せでしたが、
結婚してからのほうが断然幸せ度が高いですよ。
逆に何故「結婚は人生の墓場」というのかが
分りません。

幸せ度が高いのはことあるごとに主人に自分の気持ちを話して
相談してきたからだと思います。
相手を大切にしていると自分も大切にしてもらえます。
どんな場面でも助けてもらえますよ。
冠婚葬祭等々は面倒ですが、主人も居るし
一年の内の数日ですし、なんとかなります。

私も遠距離恋愛で実家遠くに引っ越してきました。
この引越しや仕事の引継ぎの方が面倒でしたね。
それに新しい場所に行くのが恐かったんです。
彼が近くに居て仕事をそのまま続けられたら
いいのになぁ、友達も親もいるし。と思っていました。
でも慣れたら楽しくなってきました。
どこにでもいい人はいるし、
仕事だってありますからね。

既婚者の愚痴を聞いていると正直どっちもどっちだなぁと
思うことが多いです。100%自分が正しくて相手が悪い
という話ばかりです。でも実際は感謝の一言を忘れていたり
ただの勘違いだったり、電話を一本いれなかっただけだったりと
些細なきっかけのように思います。

「私はこんなに頑張っているのに彼はわかってくれない」と
思い始めると地獄へとまっしぐらです。
自分よりも彼を大切にするくらいのお気持ちだと
あちらも同じように大切にしてくれますので
うまく行くと思いますよ。


結婚式前の今の時期は最高に楽しい時期です。
今の不安な気持ちを彼に話して楽になりましょう。

投稿日時 - 2010-01-15 09:42:06

ANo.14

40代既婚男性です。
結婚とは相手の全てを受け入れ(長所、短所、相手の家族等)
いろいろな問題も乗り越えていける覚悟ができた時にするものです。
全てを受け入れる覚悟が無く、結婚しては先輩が言われる様な
墓場となり兼ねません。
一人分の問題が二人分、家族分と増えるわけですから決して楽な
ものではありません。が、逆に考えると一人では解決できない事も
二人、家族で解決できる訳です。
二人、家族でどう生きて行くかで墓場にも、天国にもなると
思います。自分の人間性を向上させる場所でもあります。
尊敬・感謝・愛情を忘れなければ、天国になりますよ。
家族っていいものだと、私は思います。
後悔しないご結婚をされて下さい。

投稿日時 - 2010-01-15 09:03:48

お礼

ありがとうございます。おっしゃる通り、1番の味方を得られた時の心強さは何よりも勝ると思います。尊敬・感謝・愛情の気持ちを忘れずに前に進もうと思います。

投稿日時 - 2010-01-15 13:55:28

ANo.13

婚約おめでとうございます♪

マリッジブルーみたいですね
結婚って一言でいうと幸せです
幸せを維持できるかどうかは本人次第です
それに旦那さんが少しだ加わりますが
あなたが幸せなら相手も幸せです

全ては心次第です
いい歳とか関係ないです、墓場って・・・そんなこと無いです
見えない将来に不安になってるだけ
結婚は良いものです
他人がここまで一緒になれる、この経験悪くないですよ!

好きになった人の全てが好きなら結婚でGOでいいと思います

投稿日時 - 2010-01-15 02:47:05

お礼

ありがとうございます。彼の全てが好きとはいえませんが、彼の短所も受け入れることができて、何より信頼しています。すこし考えすぎてしまいました。もっと前向きに幸せにむかって準備頑張ろうと思います!

投稿日時 - 2010-01-15 13:52:56

ANo.12

 周りが言う事は当を得ていますね。
 旦那の親族関連のお付き合いもはっきり言えば、しんどい所です。
 特に嫌な事は冠婚葬祭です、それも平常心でお付き合いそをして当然です、少しでも乱れるなら誹謗中傷は覚悟で赴くしかないです。
 結婚に対して妥協で行くなら、煮詰まるだけです。
 歳だから、世間体で結婚、だったら自分のこの先ライフサイクルは喪失体験を背負う人生にするんですか?
 何もかも失い結婚なら、負け戦です。
 離婚フラグも直ぐ立つと思いますけど・・・・
 結婚とは人生の墓場とは格言です。

投稿日時 - 2010-01-14 18:47:06

お礼

ありがとうございます。結婚を夢や理想ばかりで受け入れてはいけないという事を実感しました。そう考えた上で、今の彼と頑張っていこうと思います。

投稿日時 - 2010-01-15 13:51:09

ANo.11

既婚、子持ちの主婦です。

結婚とは、先の見えない道なき道を、煩わしいしがらみの中、互いの人生と生命を背負いあって、厳しい現実生活を送り、死を迎えるその日まで、プライドも何もかも捨ててでも大切なものを守り抜いていくことだと私は考えています。

結婚すれば、自分だけの生活、自分だけの人生ではなくなる以上、苦労も増えますし、辛いことも、めんどくさいことも、問題も増えます。

でも、その全てを受け止めて乗り越えていけるのは、「この家族を何が何でも守りたい!」「この人のために頑張りたい!」と私に思わせてくれる大切な夫や子供、親、兄弟がいるからです。
だから、どんなことでも必死になって努力できるのです。

もちろん、しんどくてめんどくさくて、夫とも喧嘩すれば、傷つけあうことも多々あります。
でも、だからって、夫のいない人生なんて考えられませんし、私と夫の下に生まれてきてくれた子供のいない人生なんて考えられません。

自分にとって、何が何でも守りたいものがあるからこそ、愚痴りながらでも夫の身内とも上手く付き合う努力をしますし、自分の実家にも気を使い、いろんなことを配慮します。

いろんなときがあるので、これから先のことは分かりませんが、少なくとも、どんなに傷つけ合って、罵り合って、憎しみ会う瞬間があっても、何が何でも自分の家族だけは守り抜き、最終的には、自分が死ぬときには「幸せだった。ありがとう。」と夫や子供に感謝の言葉が言えるように生きていきたいと思っています。

確かに、独身のときとは違い、いろんな責任を背負っている分、老けます^^;
子供を産んで、子育てに必死になっていたら・・・自分の外見なんて最後の最後ですからね。
でも、愚痴りながらも、結婚の1つの幸せだったりするのです。

私も「私の年齢でも独身の人は・・・・それなのに、私は育児に追われて・・・こんなんだったら、結婚なんかしないほうがずっといいよね!」と育児や家事の疲れやストレスから夫や友人に愚痴りますが、やっぱり、結婚、育児の幸せは大きいです。
きっと、独身だったら独身だったで、別の不満を抱えていたことでしょう。

自分の全てをかけて生きていこうと思える相手と、本当に大切な者を見失わずに生きていけば、どんな苦労も乗り越えていけると思います。
そして、本当の良い夫婦になれるでしょうし、「この人と結婚してよかった・・・」と心底思える日を何度となく経験するはずです。

結婚前にいろんなことを不安に思うのは当然です。
でも、彼のことを信頼していて、なおかつ、自分自身が本気で腹をくくって結婚を決めたなら、大丈夫です!
あとは、何があってもがむしゃらに彼と共に頑張るだけ!

投稿日時 - 2010-01-14 17:44:36

お礼

ありがとうございます。守るべきものができた時の強さというのをまだ私は持てていなかったと思います。その分、大人になりきれていませんでした。まだ婚約中とはいえ、彼と生きていくのだから、優先順位もきっと変わってくるんですよね。前向きになれました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-15 13:41:47

ANo.10

私は若くして結婚・母になりましたので、
周りの友人が楽しい独身生活を満喫して、恋もして…
羨ましいなぁと思ったりもしました。
自分は育児と家事と旦那で一日が終わる…。
そんな毎日に疲れたりもしますが、
やっぱり私は自分の選んだ道は間違ってなかったなって思います。
隣に主人がいて、子供がいる、
そんな何気ない当たり前のことが幸せだなって思えます。
多分もう一人では生きていけないと思います。
結婚すれば、大変なこともたくさんありますよ。
でも素晴らしいこともたくさんです。
ただ、質問者様はまだまだお若いですから、
結婚というものに疑問を抱きながら結婚するよりも、
結婚したい!と心から思えた時に結婚した方が
より素晴らしい結婚生活が送れるとは思いますよ。

投稿日時 - 2010-01-14 17:44:06

お礼

結婚するためには失うものもあり、結婚すれば逆に得るものがあるんですね。そういう考え方ができていませんでした。何も失わずに得たいなんて、子供の発想でした。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-15 13:36:55

ANo.9

まずはご婚約おめでとうございます。
あなたのおっしゃる通り、結婚は美しい夢でも何でもなく、忍耐・努力・妥協が必要な生活そのものですから、決して楽なものではありません。
現代ではお洒落なドレスや披露宴ばかりがクローズアップされていますから、お姫様気分で結婚し、その後のギャップに驚き離婚する人が後を立ちませんね。
一昔まえでは、親は娘が小さい頃から結婚というものを教育していたのです。
家事労働の辛さ(今は電動ですから、安心してください)・出産の辛さ・それを上回る育児の大変さ・姑との厳しい関係…これらを全て自覚した上で嫁いでいたのですね。
親の様子を見て育ったし、親も結婚は浮かれた気持ちだけでするものじゃないと教えていたのです。
今はご家族と同居で、近くにお友達も多いとのことですから、結婚して引っ越したら確実に今より楽な生活になるということはないでしょう。
独身時代は自分に思う存分手をかけていますが、結婚して子供もできればお友達が一気に老けて見えたのも当然のことなのです。
そのような現実をあなたは知っているから、不安になっているのですね。
でも全くそのようなことを考えずに、バラ色の気分で結婚する人よりよほどいい結果になると思いますよ。
結婚するには大人の覚悟をした方がいいでしょうね。
新婚の時期は思う存分二人で楽しみ、落ち着いた頃には考えの食い違いなどが出てくるでしょう。
それでも二人で乗り越え、思いやりを忘れずに世界に一つしかない自分たちの家庭を築いていけばいいのです。
子供は本当に可愛いですよ。
私も結婚して、「思っていたのと違う…なんか大変だー」なんて思ったときはあります。
でも、結婚しなければ良かったと思ったことはありません。
今の状況に感謝していますし、これで良かったと思えます。
大人として自立するには、やはり独身のままでは不完全なのですから。
結婚してみてそれがしみじみわかります。
ご主人となる方を信頼して、一生添い遂げようという覚悟で幸せになっていただきたいですね。
結婚生活において必要なのは感謝の気持ちです。
どんな時でも感謝を忘れずに、素晴らしい未来を築いてください。

投稿日時 - 2010-01-14 17:34:14

お礼

ありがとうございます。心にジーンときました。忍耐・努力・妥協という言葉は祖母が私に教えてくれました。私の親は嫁姑の仲が悪くそういうのを見てきた事もあり、先入観もありました。けど、覚悟を決めて前に進まなくちゃ分からないですよね。chibi77さんのように、数年後今の状況に感謝できている自分でありたいです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-15 13:34:11

31歳新婚ホヤホヤの男です。
まずは結婚おめでとうございます。
結婚、確かに準備やなんだかんだと先の事を考えるとめんどくさいと思いますが、そういったことをこなしていくのが結婚生活なんだろうなと最近ぼんやり考えてます。
彼とたくさん話をして下さい。そしてこれからの生活を是非楽しんで下さい。きっと幸せになれますよ。

投稿日時 - 2010-01-14 17:07:31

お礼

ありがとうございました。昨日彼と電話ですが話しをしていて、こんなあたしの話しをちゃんと聞いてくれる彼氏にホッとした自分がいました。大切なのはそういうことかもしれませんね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-15 13:25:43

ANo.6

結婚22年目、48歳の主婦です。
(15歳、18歳の子もち)

あなたが今、結婚されて、22年経った頃
どちらにしても、今の状態ではない自分に憧れるものでは
ないでしょうか。

私は27歳で結婚したので、
ちょうど今のあなたと同じくらいですね・・・

<今の私の願望>
恋人と呼べる関係の人と、一緒には暮らさず
色々な所に旅行しながら、のんびり生きてみたい。
その為には、経済的には自立していないといけないので
仕事は、何が何でもやめず、頑張って続ける。
自分の趣味も、時間が区切られる事なく、思う存分やりたい。
料理は自分が作りたいと思った時だけ作りたい。
土、日くらい、お昼くらいまで寝ていたい。

どなたからか、お叱りの投稿があるかもしれませんね(笑)

でも、結婚する時なんて、どんな辛い事があるかなんて
想像できないし(病気や事故くらいでしょうか・・・)
ましてや、子どもさんがほしいなら、ある程度の教育費はためておかないと、大変なことになりますよ。
脅かすつもりは全然ありませんが、
夢ばかり見ないでくださいね。

これは、娘にも言うつもりです。

でも、今の私は、一番大変な時なので
こんなことを言っているのかもしれません。
あと、10年後は、やっぱり結婚してよかったと、
言っているかもしれません。
それは、私にもわかりません。

結婚て、そんなものです。

お答えになっていなくて、すみません。

投稿日時 - 2010-01-14 17:03:12

お礼

ありがとうございます。saito9933さんの言う通りだと思います。この先何が待ち受けているか分からないですが、それを乗り越える覚悟を甘く考えていたかもしれません。自分の楽な方に楽な方に考えていました。それじゃあ、子供ですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-15 13:23:45

ANo.5

結婚22年目の主婦です。

結婚って 誰としたとしても多かれ少なかれ 必ず辛抱しなきゃ
ならないことが出てきます。
他人同士が一緒に暮らすわけだし 同棲と違ってお互いの家族、
親族との関わりも出てくるのは当然のことですよね。
考え出したらキリがありません。
結婚に対してさほど執着もなく 独りでも生きていくわって
人ならいいけど そうでないなら 自分の売れ時を間違えないように。

あれこれ“知恵”がついて結婚迷ってアラ30、アラ40になってから
慌てて婚活してる子たちが周りにたくさんいますが
“現実”は厳しいみたいです。

31の独身娘を持つ姉が
『女は知恵が付いちゃったらもう駄目(ーー゛)何も考えない、
勢いのあるうちに結婚しないと』って言葉、反論する気に
なりませんでした(苦笑)

女の価値は若さだけじゃないけど 残念ながら結婚となると
若さって重要だと思います。

ちなみに 私は24歳、夢だけで結婚して 現実にぶつかったり
しましたが やはりあの時結婚しておいてよかったなって思います。
私自身、20代後半になってたらどうしてたか・・・
あれこれ悩んでも仕方ありません。
ぶつかった壁は二人で解決していけばいいんですから。
結婚して家庭、家族を持って絆を作っていく作業は
簡単なことではないですが、だからこそ家族って
無二の存在になれるんじゃないでしょうかね。

あ、あなたが彼を愛しているという前提で書きましたが、
その辺が曖昧なら 考え直す方がいいかも。
そんなに好きでもない相手と一生やっていけるほど
結婚は甘くないですからね。

いずれにしても お幸せになってください。

投稿日時 - 2010-01-14 16:20:52

お礼

ありがとうございまず。女は知恵が付いちゃったらもう駄目。何も考えない、勢いのあるうちに結婚しないと。という言葉、私の周りでも口にしている人が多いです。私は、自分の事を主張しすぎていたのかもしれません。彼のことは、3年間ちゃんと見てきて愛しています。大丈夫です。nanana555さんの言葉、納得です。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-14 16:48:01

ANo.4

 #1様の仰る通り、一緒に不幸になっても良い。というのは一番
シックリくる表現だと思います。
 結婚って、自分の為に。というよりも、相手の為に。が主にくる
ような気がしています。相手が喜ぶ事をしてあげたい。相手の
負担を軽くしたい。それをやった結果、自分も満足できるんです。
 特に、子育て(私は未経験ですが)なんかは良い例だと思います。
自分よりも子供。これが基本で行動しているような気がします。

 質問者様の場合、文章を読む限りでは何があっても彼と居れば
大丈夫。といった気持ちが見受けられません。地元を離れた事が
ないとのことですので、今までの環境が良すぎた事も原因かとは
思いますが、若干質問者様の結婚に対する「覚悟」が甘いように
思います。
 結婚すると、2人の問題ではなく両家の問題になってくるんです。
彼の両親や兄弟。質問者様の両親や兄弟。これらに対して、責任を
持つことになります。もちろん、両家の親戚に対してもそれなりの
付き合いが出てくるでしょうし。それらを拒否することは、殆ど
できませんし、その為には自分を押し殺す必要があります。

 結婚は楽しいですし、幸せです。そこは間違いありません。
ですが、相手の為に自分をどこまで殺せるか。という気持ちが
無いと続きません。そう思える相手じゃないのであれば、一旦
立ち止まる勇気が必要だと感じます。

 結婚前に、彼と同棲でもすればある程度解決が出来たのかも
しれません。今からでも、彼の元に行って1ヶ月生活をしても
良いのではないでしょうか。想像と全く違った生活がそこには
あると思います。

 何はともあれ、質問者様が納得の出来る道を選んでください。

投稿日時 - 2010-01-14 16:07:12

お礼

ありがとうございます。皆さんの言う通り、私の結婚に対する考え方が甘いのだと実感しています。一緒に不幸になっても良い。という覚悟ができているか考えると、直ぐに答えられません。今の環境が良すぎたのもその通りだと思います。私は自分を1番に考えているから、こんなに悩んでいるのかもしれません。何だか、自分が情けないです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-14 16:44:26

ANo.3

結婚の準備をしているときは誰でも面倒に感じると思います。
ましてや遠距離。とても大変だと思いますがなんとかなるもんですよ(笑)

しかし、あなたはまだ26歳。
まだまだ若すぎます。周りが結婚ラッシュであせっていませんか?

仕事もとても順調ですし、恵まれた職場に出会えることはそうあることじゃないですよね。
一番心配なのは、彼の実家との関係です。
まして、長男ですから。
>彼の実家はシキタリ事にこまかく、実家に行くと気を使いすぎて疲れはてます。

最初のうちはいいですが、だんだんと嫌になり疎遠になると思います。
そうなってしまえば彼が悲しむとおもいます。
彼の実家のことをどのように考えているか、あまりよく分かりませんが
あなたは長男の嫁タイプではない気がします。
結婚をあせらず今のままでバリバリ仕事されてはどうですか?
30近くになればまた考えもかわってくるはずです。
何回も言いますが、あなたはまだ若いです。

前置きが長くなりましたが
付き合っているうちは彼のことだけ考えていればいいですが
結婚となると彼の家の人間になるわけですから彼の家のことを
考えなくてはいけないと思います。
古い考えと思うかもしれませんね。

投稿日時 - 2010-01-14 16:03:10

お礼

ありがとうございます。今時長男も次男も関係ないと思ってきましたが、結婚が決まってから考えさせられるようになりました。
彼のご両親はいい方達です。ただ長男の嫁として迎えられていることを実感し、シッカリしなくてはと頑張りすぎてしまい、帰ってからドッと疲れています。確かに、今の私は長男の嫁タイプではない気がします。ここでどう変われるかですね。覚悟が甘かったです。自分の甘さを実感しています。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-14 16:39:05

ANo.2

悪い方向に考えると悪い方向にしか進みませんよ^^;

将来の光は見えてないんですね・・・。
結婚は「墓場」だのなんだの言われますけどね、大きいです。
大きいって言うのは制限でもありますし、得るものでもあります。
それでも、この人と一緒にいたい・生計を一にしたいというのが結婚なんじゃないでしょうか?

質問者様と同い年26歳の既婚兼業主婦です。(結婚2年目w)
ただ、結婚するにあたって言えることは、今をぶっ壊すことですよ。
全く変わります。名字も生活も疲れも…。
でも、もっと得るものが大きいのです。
相手を思いやることと、一緒に新しいものを作る喜び。
恋人同士ではなかなかできない密な思い遣り
新しい家庭で生活基盤を作ったり、子供ができたり
妻としては主人にこうしてあげたい気持ちが大きいですね^^
主人が実家にいるときよりも頑張って働けるようにお弁当頑張ったり楽しいですよ。

実家では味わえない生活が待ってます。
もし、これを読まれて「自分の時間がなくなりそうで苦痛」と思われましたら、
まだ結婚適齢期ではない気がします。
私は結婚願望が強かったので、24で結婚できたのは非常に喜ばしいことでした。
が、人によります。もちろん、家族に催促されるように結婚される方もいますが、
うまくいかなかったり、親のせいにしたり…よく見かけます。
何事にも適齢期がありますので、自分のペースで責任を持った判断をされてください。

投稿日時 - 2010-01-14 16:02:31

お礼

ありがとうございます。kaerunkoさんの今の生活をぶっ壊すという言葉が胸に響きました。そういう気持ちありませんでした。どうすれば、今の生活に近い生活ができるかを考えていた気がします。
新しいモノを手に入れる為に何かを手放すということですね。何だか少し自分の甘さを感じました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-14 16:30:47

ANo.1

三十代既婚男性です。

文面を拝見する限り、マリッジブルーというか、
結婚に対して一度でもときめいたことがあるのかな、という印象を受けました。

義務感に感じてきているというか、義務感じゃなく結婚を考えたことが
一度でもあるのかなぁ、と。

「結婚」という言葉の響きにときめいたことはあっても、
おそらく、「彼との結婚」にときめいたことはないんじゃないですか?

彼の実家に行って疲れるというのも、
大好きで大切な彼氏を生み育ててくれた立派なご両親であり家庭である、
という見方ができなくなっているわけですよね。
ただの「面倒くさい他人」でしかないわけですから、そりゃ疲れます。
彼の両親や実家をそういう目でしか見られないことは、不幸なことです。

一生1人で生きていく強さはないということは、
その強さがあれば1人で生きていきたいのでしょうか。

結局のところ、あなたにとっての結婚って、
養老保険みたいなものという感じがしました。
そんな結婚、幸せからはほど遠い行為でしょう。

高校を卒業したんだから大学に行かないとね、みたいな感じで、
歳も歳だし彼もいるし、流れからいって結婚だよね、
という以上の理由が、見つかりません。

マリッジブルーというか、もともと彼との結婚に乗り気だったわけではないように読めますので、
無意識のうちに、彼と結婚しない理由を探しているだけなのではないでしょうか。

個人的な本音を申し上げれば、
ただタイミングと段取りだけで結婚を決めたように思えますので、
結婚を見直していいような状態だと感じます。

誰かが言っていた言葉を贈ります。
「結婚って、この人と幸せになりたい、じゃなくて、
 この人とだったら不幸になってもいい、と思える相手と結婚すべきだ」と。

どうかお幸せに。

投稿日時 - 2010-01-14 15:29:22

お礼

そうかもしれません。正直今の、自分の確信的な気持ちが分からなくなってきています。昔は、結婚に憧れを抱いていた時期もありましたし、今の彼との結婚心から望んだ時期もありました。
 実際結婚が決まると、長男という言葉を何度も聞かされたり、相手側が日取りにこだわりすぎて、色んな事がナカナカ決まらなかったり、私の仕事をどうするかで揉めたり、何だか心から疲れてしまいました。
そういう時に彼が側にいないので、独りでマイナスに考えてしまうんですよね。

投稿日時 - 2010-01-14 15:47:23

あなたにオススメの質問