こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アルトリコーダーの移調

フルートの楽譜をアルトリコーダーで吹く時、
CからFに移調するのがいいのですか?
高音がでるならそのままでもいいのですか?

また、簡単なドからはじまるようなハ長調の童謡(1オクターブぐらい)の場合は、どうでしょうか?

ドはソプラノの運指のソで吹いています。

ご指導おねがいします。

投稿日時 - 2010-01-15 17:10:56

QNo.5595291

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>フルートの楽譜をアルトリコーダーで吹く時、CからFに移調するのがいいのですか?

その曲が、アルトリコーダーの音域的にカバーできるのであれば、移調しないほうが良いです。と言ってもオクターブの選択は工夫が要ります。

アルトリコーダーは最低音がFという理由からか、俗に「F管」と言われていますが、定義的には「C管」です。現在は移調譜は使いません。(大昔は、ソプラノリコーダーの運指で吹けるように、移調譜が使われていました。文字通り「F管」だったのです。もちろん日本だけです。日本では、先に小学校でソプラノを教えるためにそうなっていました。)

>高音がでるならそのままでもいいのですか?
そのとおりです。

>また、簡単なドからはじまるようなハ長調の童謡(1オクターブぐらい)の場合
は、どうでしょうか?

1オクターブ以内の音域であれば、例外なくフルートの譜面をそのまま使います。

>ドはソプラノの運指のソで吹いています。
下第一線の「ド」(フルートの最低音)ですね。実際はフルートよりもオクターブ上の音が鳴りますが、それでも可です。
アルトリコーダーは音域の関係で、フルートの譜面をそのまま実音で吹くか、オクターブ上げて吹くかは、その曲によって判断します。音域的にカバーできないとき以外は、キーを変える(移調)することはないということです。譜面上の「ド」の音(C音)は、右手が全開で正解です。

投稿日時 - 2010-01-15 20:08:38

お礼

回答ありがとうございます。
納得しました。
普通に吹けばいいのですね。
安心しました

投稿日時 - 2010-01-16 14:35:27

ANo.1

こんにちは
 アルトリコーダーは吹いたこともない一般人ですが質問者さんのメッセージで判ることがあります。
>ドはソプラノの運指のソで吹いています。
 すでに運指自体がハ長調(C dur)に移調されています。
 ですのでグランド・フルート(in C)の楽譜をそのまま読めばOkです。

 楽譜がもしもアルトフルート(in G)用だとト長調に移調する必要がありますが..

投稿日時 - 2010-01-15 19:03:43

お礼

回答ありがとうございます。
納得しました。
普通に吹けばいいのですね。

投稿日時 - 2010-01-16 14:32:43

あなたにオススメの質問