こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宮大工で食べていけるのか

建築士よりも現場で創ることが好きだと中3の子供が将来を宮大工と考えています。現在、建築学科のある高校を受験希望。

先日、積水ハウスのリフォーム担当者30歳半ばに聞くと、大工経験があるが、道具研ぎなどばかりで、実地経験が少なく、維持する建築物も少なくなり、職として食べていけないので、リフォーム会社に入ったとのことです。建築士2級は、専門学校で取ったと。資格手当てはないと。

私は息子には建築士になって、木の家を作って楽しいんで欲しいのですが、大工は厳しいようですね。私は、親として、息子と違う職種で残念ですが、なんとか、せめて不動産関係の資格を取得して、いつかなにか一緒に仕事したいと思っています。

息子の進路にアドバイスを。

投稿日時 - 2010-01-16 00:41:06

QNo.5596318

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まとめですが、中3と言うことですので、

1)伝統工芸系の木造大工職業訓練学校を学校訪問する。
メリット:棟梁レベルの先生が居る。全寮制など、職人育成環境にある。(高卒の資格がもらえるなら、なお良い)

調べれば、全国に、いくつかあります。

2)今日では、職人も、免許や資格が必要な場合が多いので、基本的な勉強は、必要。よって、工業高校建築課へ、通いながら、近隣の宮大工へ弟子入りする。(体力勝負なので、大学出では、経験が間に合わない)

3)宮大工が、近隣に居る環境で暮らす。(宮大工の尺貫法やさしがねの使い方は、学校の建築課では、授業がないです。特に、大学の建築課は、鉄筋コンクリートやSRCなど、木造以外の構造物ばかりです)

4)最低でも、さしもの師や彫刻師の近くに居ながら、高校へ通う。(とにかく、毎日、道具を使わないと、手に職はつかない。理屈ではないので。)

5)宮大工へ弟子入りして、夜間高校へ通う。(国家試験の受験資格が、高卒を条件とするものが多いから)

最後に、なによりも、本人が、強い意志で、大工仕事が、好きなことです。

素人考えですが、自分が、かかわった建物に、中卒の18歳くらいの宮大工さんのお弟子さんが、来ていたので。。そんなイメージを持っています。

棟梁ごとで、流儀があり、全体が論理的にわかりやすいのは、専門校かもしれません。

投稿日時 - 2010-01-17 10:52:04

お礼

ありがとう。
今、京都市と奈良市の中間に住んでいます。工業高校は大阪市内です。

投稿日時 - 2010-01-17 17:05:23

ANo.10

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

京都と奈良の中間にお住まいと言う事なので、薬師寺や法隆寺などへ電話して、それらを設計したり、施工したりした実際の大工さんを調べましょう。
文化庁に登録している技術者を調べましょう。

そういう情報をたどって、親方になってくださる方を探しましょう。
かなり難しいですが、探していくうちに、人生の方向が見えてくるかもしれません。

なかなか、現在、現役で、指導できる方を見つけるのは、困難と思われますが、国宝、重要文化財の木造建築の修繕に携わっている方を、見つけましょう。

また、設計士さんも、昔から社寺を監修しているところを探しましょう。

なお、設計士さんは、学問的には、詳しいですが、施工能力は、ありませんので、詳しい=大工の修行になる、とは、まったく違います。

ちょっと前まで、社寺が出来た建設会社でも、今は、不況で、会社自体が、変わってしまっているところも多いですので、有名な建設会社=優秀な大工が居ることとは、違います。

大阪市内で、住み込みで、作業が出来るところが、見つかると良いですね。

独学ですと、江戸仕口など、自分で作ってみてください。

投稿日時 - 2010-01-17 17:31:41

ANo.11

2代目cyoi-obakaです。

先代のcyoi先生は、以前このサイトの回答で「中学校の卒業の時に、建築家(設計士)になる。」と将来の自分の仕事を決めていたと、申してました。
私も、設計士に成りたい! と思い出したのは中学生だった。
cyoi先生のお父様は、大切に卒業の寄せ書きを保管していたそうです。
その話を読ませて頂いた時、お父様の気持ちが、何となくですが、私にも判ったように感じてます。
きっと、cyoi先生のお父様は、息子の進路選択を黙って見ていたのだと思います。頑張っているか! 挫折はしないか! 等々心配しながらも、暖かく息子を信じて見ていたのだと思います。
これについては、お父様がお亡くなりに成ってしまったので、cyoi先生は確かめる術を持ちませんでしたが、
私は、cyoi先生の話を聞いてから、父に、それとなく聞いてみました。
すると、父は、「お前が決めた事に、親としてトヤカク言う必要は無い。黙って出来る限りの応援(お金)をしただけだ。別に大した事では無い。ただ、設計士は大変な職業だから、続くかどうかは心配だった。」と言ってました。
やはり、同じなんだナ~! と思いましたよ。

cyoi先生が、設計士として大成したのかどうか?は、私には知り得ません。
私は大成していませんが、いつも前を向いて努力しているつもりです。

息子さんの進路は、息子さんに任せる!
相談を受けた時に、一緒に悩んであげる!
そのための情報を得ておく!
ただし、相談を受けるまでは、絶対に口を挟まない!
息子さんが、本気で宮大工になろうと思っていれば、このサイトでの回答程度の事は、もう入手しているでしょう!
親が考える以上に、息子さんは自分を見つめていると思います。
暖かく見守ってあげて下さい!

以上です。

投稿日時 - 2010-01-17 12:33:14

お礼

回答欄に ! マークが多く、読んでいて恐ろしく感じました。

威圧的なので !

回答どうも !

投稿日時 - 2010-01-18 21:24:24

ANo.9

お礼

具体的な話なので参考になります。
息子は今 受験勉強で 忙しそうです

投稿日時 - 2010-01-17 17:12:03

ANo.8

余談ですが、、

道具研ぎなどばかりで>>>>宮大工の世界の昔の賃金構造、常雇と言って、1日いくらと言う人工で、支払い、材料は、支給です。現在は、請負と言って、材料と人件費込みで、いくらと言う感じで、ゼネコンが、請負ます。つまり、昔は、1日、かんなの刃とぎをしていても、大工は、日当をもらえたのです。

なお、宮大工には、道具と道具のメンテナンスは、絶対必要です。

一般的に、宮大工が、現場に入ると、1日目は、現場観察、2日目は、かんなの刃とぎとか、、、で、1ヶ月くらいは、目に見えての作業は、しないと言うか、できないのが、普通ですが、遊んでいる訳ではなく、そういう、作業をしながら、実際の現場の段取りなど、構想しているのです。

就職するなら、ちょうななど、専門道具を持っている棟梁に、つきましょう。電動工具にない、魅力が、それらの道具にはあります。それが、木造古典工法の美でもあるのです。

不動産も、分野がたくさんあって、ゴルフ場の開発など、開発系、マンション系、戸建て住宅販売系、アパート系、商業系、賃貸、駐車場など、細分化されてます。営業が、メインになるので、創ることが、お好きと言うと、ついていけない可能性もありますが。。

投稿日時 - 2010-01-16 21:58:44

お礼

どうも

投稿日時 - 2010-01-17 17:14:03

ANo.7

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%BD%E5%B7%A5%E7%AE%A1%E7%90%86%E6%8A%80%E5%A3%AB

建築施工管理士と建築設計士とは、違います。2級建築士の資格を持っていても、現場施工図の描けない人は、いっぱい居ます。そういう人は、食べていけませんね。

なお、確かに、宮大工は、減っていて、社寺側は、今の大工さんが、亡くなったら、お願いする人が居ないと言う事情は、強いです。しかし、現在、建築確認やら、施工の構造図(耐震関係等)もあり、結局、1級建築士>ゼネコン>宮大工と言う風にしか、仕事が流れません。

たまたま、宮大工が、社内に居た、もしくは、協力会社に居た場合は、そのゼネコンは、社寺に強いですが、居なくなれば、普通のゼネコンと変わりません。松井建設も同じです。同様に清水建設も同じですね。

大成建設は、自社で、だれも、宮大工は、居ないのに、伊勢神宮を、受注してますし、魚津工務店も、現在は、宮大工は、育ってませんが、昭和天皇の葬儀の社殿を受注しました。

結局、総合建築の中の木造建築ですので、大きな建物は、宮大工だけで、全部は、作れません。
また、内部も、細分化されており、屋根大工、彫刻大工、造作大工など、宮大工は、一応全部は、習うのですが、それぞれ、得て不得手があります。舟大工の分野もあります。(木造の橋など)

なお、屋内の加工場の作業がかなり多いので、目でみえる、建て方以降は、3分の1くらいです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%BD%E5%B7%A5%E7%AE%A1%E7%90%86%E6%8A%80%E5%A3%AB

投稿日時 - 2010-01-16 19:22:32

お礼

だんだん
様子がわかってきました。

投稿日時 - 2010-01-16 20:57:29

ANo.6

こんにちは

横道にそれるかもしれませんが
宮大工のエキスパートは
http://blog.fideli.com/u-nbd/archive/122/0http://blog.fideli.com/u-nbd/archive/122/0
今生の声を聞けるのはそんなに長くないと思います
あと10年20年程度ですので
技術が欲しいのであれば間違いない方でしょう

http://cobs.jp/interview/pro/yex/9.html


東北ですが
http://www.tonotv.com/members/shajiiwt/4takumi/takumi1.html

投稿日時 - 2010-01-16 16:19:48

お礼

ありがとう。

一つ目のリンクはエラーになりました。

投稿日時 - 2010-01-16 20:56:46

ANo.5

#4の2代目cyoi-obakaです。

息子さんアトピー性皮膚炎ですか!
恥ずかしながら、小生も26歳から約10年間アトピー性皮膚炎で悩みました(症状は若干違いますが)。
周囲の方から、「大の大人がアトピー?」といって笑われましたが、お医者さんは、「神経性のものなので、大人でも患者数は多いです。」と慰められましたネ!
その医師曰く、「この手の疾患は、生活環境が変るとすぐに完治する。しかし、大人の場合、仕事を変える等が難しいので長期化する。でも、ほとんどの原因が、精神的重圧である事が多いので、有る程度の経験に依って本人に自信が持てる様になれば、自然と治る。」でした。
結果、その通りでした(私にとって、設計士は重圧だった。)!

『宮大工』と『建築士』は別物です!
宮大工は一人前になれば食べて行けますが、設計士は一人前?でも食べて行けませんヨ!
あくまで宮大工がメインで、建築士(2級)はサブ(副産物)程度で考えたのが良いと思います。
でも、楽しみですネ!

投稿日時 - 2010-01-16 15:41:22

ANo.4

2代目cyoi-obakaです。

ステキですね。中3で将来の希望が見えているなんて………!
『宮大工』とは、良い着眼です。
ただ、宮大工の場合、それで食べて行けるまでの修行は大変でしょうが、一人前に成れば、必ず食べて行けますネ!
宮大工の仕事には、地域性が有ります。
修行は、関西方面(京都、奈良)、
独立は、関東以北が良いかもしれませんネ!
どちらにしても、職人不足で困窮している職種ですから、しっかりした技量さえ習得出来れば、一般の大工職より格段の報酬を得る事は可能でしょう。
ゼネコンとしてのお薦め建設会社は、断然、『松井建設』です。
ただ、ここは、学問として寺社建築を学ぶには最適ですが、宮大工の直接的育成はチョット疑問が有ります!
やはり、その道で有名な棟梁に付くのが最もベストでしょう。
つまり、ゼネコン等ではなく、寺社建設専門の工務店(大小は問わない)に就職する事です。

親心の複雑な部分が感じられる質問で、何とも暖かいものに触れた気持ちです。
私の息子は、二十歳を過ぎている(大学生)のに、自分の将来が全く掴めていません(頭の中に絵はあるのでしょうが?)。
少しでも質問者さんの様な悩みを持ってみたいものです!!

投稿日時 - 2010-01-16 14:26:09

お礼

皆さん、
わかりました
回答ありがとう

結構、学閥があるらしく、その積水リフォームの営業マン(元大工さん)いわく、大手のゼネコンではとくにそうだと。

施工の管理 という仕事があるので、そちらを目指すなら 頭よくなくてもできると(笑)。ちょっと 意味わかりませんでした。

棟梁が高齢化で跡継ぎが少なく、職人は不足しているという話と、需要(宮大工の維持対象となる神社仏閣)が減っている話と、よくわからなかったです。

息子は、アトピー性皮膚炎(皮膚から油が抜けて細胞の水分が蒸発するので、かさつき、掻くと雑菌が入る、そして悪化、そして痒くなる)で、屋外では皮膚が汗などで荒れはじめるので、ほとんど屋内で遊びました。腕や足首などの皮膚が切れて痛いのです。幼稚園のとき、腕や足に包帯をまいていました。それでインドア派になり、インドアでもできる芸術に関心がでて、絵画や図工では大人の作品のようなものを創るので、先生がビックリしてたくさん出品し、賞もいただきました。いまでも材木屋さんが好きで、ホームセンターに行くと、何かしら買ってきて、庭でノコギリでぎこぎこしています。たぶん創るのが好きのようです。しかも無から有をつくるほどの、ひらめきタイプなのです。どこまで宮大工としてやっていけるのか、建築士ってもうかるようなので、親としてはニヤニヤしていますが、息子の人生なので。私が建築士になりたいけれど、2級の建築士の参考書がすごく分厚くて、引いてしまいました。

投稿日時 - 2010-01-16 14:57:44

ANo.3

日本建築専門学校」静岡県富士宮市上井出2730-5

など、宮大工育成専門学校が、静岡や九州にありますので、そういうところも、調べてください。

いずれにせよ、神社、仏閣をよく施工する工務店に就職することです。

多くの、社寺専門工務店は、出入りの大きな神社、仏閣があり、修繕、手入れの仕事が、定期的にありますが、一般工務店では、その手の仕事はありません。また、スーパーゼネコンの大成建設、清水建設等は、そういう社寺専門工務店を下請けにして、丸投げします。

投稿日時 - 2010-01-16 09:16:50

お礼

わかりました
回答ありがとう

投稿日時 - 2010-01-16 14:47:40

ANo.2

宮大工をされるなら、宮大工としての仕事が集まる建築会社に就職すべきと思われます。セキスイは、基本は、プレハブ系なので、宮大工の仕事は少ないはずです。

社寺建築だと、金剛組、池田建設、奥谷組、大浦社寺建築など、いろいろありますが、棟梁が育っていて、年齢もちょうど良い会社へ入るのが、良いのでは?

確かに、専門家して、分業しているので、大手ゼネコンの下で、入る中堅社寺専門会社が、目的に合うのでしょうね。

投稿日時 - 2010-01-16 02:17:41

お礼

わかりました
回答ありがとう

投稿日時 - 2010-01-16 14:47:17

ANo.1

北国の設計屋さんです。
今の木造住宅の工法を見ると、2×4の枠組壁工法住宅と在来工法(プレカット仕様)の建物が多く、現在の大工さんの多くは、墨付けも出来ないような「かまし大工」以下が多い。
友人の工務店社長も同じような事を言っていましたよ。
質問文のある通り、大工さん腕一本で生活していくのは大変な世の中だと思います。
貴方は、不動産関係の仕事をしているのですか?
息子さんが将来建築関係に進みたいと考えているのでしたら最低二級建築士の資格は必要と思います。
進路としては、工業高校の建築科を希望しているみたいですね。
工業高校建築学科卒業は、二級建築士の受験資格の実務経験が3年を要します。
早く二級建築士を取得させてあげたいと考えているのなら、工業高校建築学科卒業後に各種専門学校の建築学科2年通学の学校へ行かせる方法ありです。
各種専門学校の建築学科後に実務経験無しで受験できる学校もありますので高校在学中に調べてください。
東京でしたら、建築系専門学校は多くありますが、実務経験無しで卒業後直ぐに二級建築士受験できる専門学校は数が少ない筈ですので、前もって調べましょう。

大工さんの技術取得は、二級建築士取得後におこなっても遅くありません。
むしろ二級建築士取得の方が遥かにハードルが高いので、先に二級建築士取得をお勧めします。
不動産関係の資格は、先に二級建築士資格を取得した方が勉強が楽です。
良く考えて、息子さんの相談に乗ってあげて下さい。
息子さんは、学校に行っている間に考えも変わるもしれませんよ。
ご参考まで

投稿日時 - 2010-01-16 02:11:18

お礼

わかりました
回答ありがとう

投稿日時 - 2010-01-16 14:46:47

あなたにオススメの質問