こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

導体に電流を流す場合の材質による電流値と発熱温度の考え方について

すごく困っておりますので、少しでもいいのでお返事ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2003-05-28 14:11:24

QNo.559727

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No. 1です。

ジュールの法則
x^2でXの自乗って意味で 
H=EIt (ジュール)  OR  H=I^2Rt(ジュール)
H=発熱量(J)
E=電圧(V)
I=電流(A)
R=抵抗(Ω)
t=時間
発熱量H(cal)=0.24x電圧x電流x時間
=0.24 EIt
=0.24x(電流)^2x抵抗x時間
=0.24I^2Rt
また、時間の単位秒(sec) の代わりに時間(h)を用いて
発熱量(cal)=860x電圧x電流x時間(h)
です。
これに導体の材質と断面積による抵抗値をかけてください

投稿日時 - 2003-05-28 15:17:35

お礼

bcbyyo様、どうもお世話になっております。
こちらの公式で一度検討させていただきます。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2003-05-28 15:21:47

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

質問が何を聞きたいのかもうひとつ良くわかりませんが。

導体の材質によって比抵抗が違います。太さと長さが決まると抵抗値が決まります。
抵抗に電流を流すと抵抗×電流^2(×時間)の電力(量)を消費しこれが熱になります。


発熱量と冷却(伝導、対流、輻射)によってバランスしたところで温度が決まります。
ただ、さらに厄介なのは温度が上がると抵抗値が増えるということです。
計算がもっと複雑になります。

質問とずれているようなら補足ください。

投稿日時 - 2003-05-28 14:47:55

お礼

早速のお返事ありがとうございます。
そうなんですよ。温度が上がることで抵抗値が増えるんですよね。
例えば、具体的な条件をひとつ挙げてみるとしますと、温度は100℃以内で考えております。
また、必要な条件がありましたら、教えてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2003-05-28 15:15:45

ANo.1

hitoshichanさんこんにちは、

>導体に電流を流す場合の材質

導体の材質は決まっていますか? 

投稿日時 - 2003-05-28 14:19:26

お礼

bcbyyo様、早速のご回答ありがとうございます。

ちなみに、材質のほうですが鉄SS、銅、アルミ、SUS304の4種類で考えております。

わかる範囲内で結構ですのでよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2003-05-28 14:28:00

あなたにオススメの質問