こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

民主党の子供手当ての金額について

どうして子供手当ては26,000円なのですか?
普通に考えると1万円、1万5千円、2万円、2万5千円とかが
区切になるしいいんじゃないかと思います。
わざわざ2万6千円としたのはどういう考えがあるのでしょうか?
また、子供1人に2万6千円って正直多いなって思いました。
これだけ貰おうとしたらパートで働いてフルタイムでも4日間くらい必要です。
子供手当ては賛成ですが金額が多すぎると思っているのは
私だけでしょうか?
また、高校生からものすごーーーっくお金がかかるのに
中学生までってどう思いますか?
できれば子供が生まれたら中学まで1万円
中学生からは1万5千円、高校生から2万円
そして大学は国が半分学費を負担するとかして欲しいです。
勝手な意見ですが、私だったら子供が大きくなって立派になると
ともに金額も上がるととても張り合いがあっていいと思います。
主婦の戯言ですが、みなさんはどう思いますか?

投稿日時 - 2010-01-21 14:52:26

QNo.5610890

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 これまでも繰り返しこの質問がありました。子ども手当の金額で検索してみてはいかが。
代表的な回答を添付します。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5546785.html?from=rss_ranking

 なお、子ども手当ての本来の趣旨は、次代を担う子どもの養育にかかる費用を社会全体で負担することにあります。

 義務教育については、すでに社会全体で負担しています。小学校、中学校では、生徒一人当たり平均して年間100万円程度の税金が使われています。高校でもほぼ同じ経費がかかりますが、その一部は授業料として親が負担しています。しかし、先進国で高校が無料でない国はまれです。

 日本では、教育にお金をかけるのは親の甲斐性と考えられています。このため、授業料が安く、レベルの高い大学に進学する学生は、親が裕福な階層に偏っています。また、公教育に金をかけるより、進学塾や特定勇名私学に通わせるほうが得だという傾向が生じています。

 子どもや教育にもっと税金を使えというと、すぐに北欧のように税金が高くなってもいいかという反論がでてきます。本当に、北欧の市民生活をご存じなのでしょうか。

 たしかに、税金や社会保険は高い。しかし、市民は老齢、病気、失業など将来予測されるリスクのために貯めているのだと割り切っています。日本人は、政府を信用していないから無理だという意見もあります。しかし、本当は言い訳ではないか、人のためにお金を使われるのがいやだという貧乏根性かもしれません。これは、わが身をふりかえっての意見です。

投稿日時 - 2010-01-21 23:59:42

お礼

『衣食・学費など子育てにかかる基礎的費用の平均は月2万6千円程度。また、フランスやドイツの子ども手当てが、平均2万円強であることも参考にした。以上。』
添付された回答を読みました。
2万6千円もかかっているんですかって思いました。
細かい内訳まで知りたい気分です。
私にも中学生の子供が1人います。
衣食ではあまりお金をかけて育ててこなかったのかもしれませんが
健康でちゃんと立派に育っています。
義務教育で年間100万円程度の税金が使われているなんて
考えてみた事ありませんでした。
大人になるまでに本当にお金かかるんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-22 10:12:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

154人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

子供は国の宝
その意識が無さ過ぎます。

子供はSEXの結果で来ちゃったでは困ります。
生んで育てて教育して初めて人間になります。
その為には1月26000円程度じゃ少なすぎです。

問題は金額ではなく、その分を公立の幼小中高大それぞれの教育費に直接充てて教育に掛かる費用を全面的に無料にするとか成人までの医療費を完全無料にする方が効果あると思います。
その方が教育や医療に掛かる費用を心配することなくお金を使えますので経済効果も高いと思います。

直接手当てとして配ると言うのは国民を馬鹿にした稚拙な選挙対策です。

投稿日時 - 2010-01-26 07:06:43

お礼

私ももっと教育にお金を使って欲しいと思います。
26,000円もらえるから1人でも多く産むという感覚ではなくて
お金を沢山稼がなくてもとてもいい教育が安心して
受けられるから子供をもっと産もうかなという方が
親の意識も高くなるしいいと思います。
医療費も成人まで完全に無料だったら、国民みんなで子供を支えている
感じが強くていいですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-28 09:27:54

ANo.6

>どうして子供手当ては26,000円なのですか?

>『衣食・学費など子育てにかかる基礎的費用の平均は月2万6千円程度。また、
>フランスやドイツの子ども手当てが、平均2万円強であることも参考にした。以上。』

この記述があるのは、民主党の「子ども手当て」政策について(中間報告)。



>子供手当ては賛成ですが金額が多すぎると思っているのは
>私だけでしょうか?

何を基準と考えるかしだい。
従来のように高齢者を敬う社会を優先するなら子ども手当てを減らして高齢者の年金を増やしたり、医療費負担を増やさなければ良い。
少子化対策を優先に考えるなら子どもを持つ世帯の優遇が大きくなるのは仕方ない。


>また、高校生からものすごーーーっくお金がかかるのに
>中学生までってどう思いますか?

高校は授業料無償化政策がある。
大学については先行きが怪しいが、奨学金制度改革がある。
これ以外にも子ども手当ても支給せよと言う主張でよい?


>勝手な意見ですが、私だったら子供が大きくなって立派になると
>ともに金額も上がるととても張り合いがあっていいと思います。

それでは少子化対策の効果が上がらない。人間はすぐにもらえるお金の価値を過大に評価する傾向がある。将来に大きなお金がもらえますといっても、そのお金を貰うために頑張る(子どもを持つ)人はあまり多くならない。
それよりも目先(0歳から中学生まで)にある程度大きなにんじんをぶら下げた方が効果が大きい。


>本当に子供の為にと思うのなら、必要に応じて出してくれればと
>思いました。

そういう無駄なことをすると余計なコストがかかる。児童手当の給付のための所得制限を図るだけでも年に数十億円と言うコストがかかっている。いちいち必要に応じてとすればそれを精査するコストは年に数百億円、へたすると1千億円を超えるかもしれない。

投稿日時 - 2010-01-22 22:41:23

お礼

やっぱり1人でも多くの子供を産んで欲しいのでしょうか?
働きたい女性が増えているというのに、ほんとに効果があるのか
疑問を感じます。
私の周りの主婦達は「どうせずっとは貰えないに決まっている。」
という意見が多いです。

数年前の住宅ローンのゆとりローン?とかいうのを思い出します。
庶民に最初だけ安いローン金額で買わせて数年後から急に高くなって
支払う能力が追いつかなくなって破産。

>そういう無駄なことをすると余計なコストがかかる。

たまにテレビで事務手数料がかかるとか聞きますが、なんだか騙されている気が
するというか、問題のすり替えに使われている感じがします。
だったら、1人につき1回どれくらいの手数料なのか教えて欲しいです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-25 13:03:56

ANo.5

私が勝手に納得&理解していた公式は
(365-53)÷12=26
つまり、365日から年間日曜日数を引いたものを12ヶ月で割ると26、それに1000(円)を掛けると26000(円)になります。

投稿日時 - 2010-01-22 15:29:30

お礼

ほんと~ぴったりですね。
でも、月曜から土曜日まで千円ずつって何か意味あるのでしょうか?
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-25 12:46:11

ANo.4

なんかもう半端ですねッ ココ読むまで気がつきませんでした☆

子供手当て→教育費を配る目的ならまず~教育関連費の削減
を先に考えてからにすべきかとッ 過多数の教師に似た授業を
繰り返させるなら→授業動画をネット配信しときゃタダなのにッ

難しいトコは生徒にココとかで質問させ議論させればイイんだヨ
サボり頻出カモだけど~不向きな子供は別のコト学ぶべきです

投稿日時 - 2010-01-22 06:32:00

お礼

ほんとに半端です。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-25 12:42:27

ANo.2

質問者様のおっしゃる、

進学する度に手当額が増額されるという案についてですが、高校までの額はそれでよしと一歩譲るとしても、

大学は国が半分学費を負担するというのは、いただけませんね。

大学というのはそもそも、義務教育の範囲を逸脱しています。(高等学校もそうですが)

中学までというのは義務教育が終了するまでという意味合いだと思います。

その後は進学するか否かは本人の希望といいますか意思によるものですから、手当などを支給する必要は国はないわけですよ。

それと教育に対する政策を厚くするということはつまりは福祉国家へ向いているわけなのですが、スウェーデンのようにべらぼうに高い税金を支払うことに、あなたがはたして賛同される方なのかどうかをあらかじめ確認したいところです。

破綻するんじゃないかって一部で言われている国家財政のなかで、こんなことがなぜできるのでしょうか?

後に増税が待ち構えていると考えるのが、一般的な考え方でしょうね。

投稿日時 - 2010-01-21 21:00:09

お礼

>大学は国が半分学費を負担するというのは、いただけませんね。

そうですか。
赤ちゃんの頃から2万6千円も支給されてもきっと教育費が
どれくらいかかるのかピンとこなくて貯金もしないで使う人が
多いと思います。
本当に子供の為にと思うのなら、必要に応じて出してくれればと
思いました。

2万6千円は子供をただ沢山産んで欲しいだけのように感じています。
私は、ただ子供を増やすだけよりも、もっと1人1人ちゃんとした
教育を受け賢く立派な大人を増やして欲しいです。

増税が待ち構えているのは覚悟していますが、年金がちゃんと
いただけるのなら仕方が無いかと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-22 09:58:24

ANo.1

確かに、変な金額・中途半端な支給期間ですよね。
小中学校は授業料・教科書無料。原則として交通費もかかりません。
それ以降は、授業料、教科書、交通費だけでも結構かかります。
大学となれば、桁違いにかかります。

もっと、有効なお金のばらまき方を考えて欲しいものです。

投稿日時 - 2010-01-21 15:00:47

お礼

>もっと、有効なお金のばらまき方を考えて欲しいものです。

私もそう思います。
子供をみんなで育てるのには賛成ですがどこかピントがずれている
ように感じています。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-22 09:38:46

あなたにオススメの質問