こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国民年金保険料納付書の件です

去年、退職し、厚生年金から国民年金への変更を行いました。
納付書が届いたのですが、届いた時点(というか、発行年月日が)国民年金加入の最初月の納付期限をすでに過ぎていました。
納付書の使用期限は2年後の日付になっており、納付書自体は使えるみたいです。
この場合、納付期限に間に合わなかったということで、何か後々不都合が出てきたりするのでしょうか?
そうであれば、問い合わせ先に連絡しなければならないかとも思っています…。
それとも、納付書の使用期限までに納付すれば、普通に納付したことになるのでしょうか?

投稿日時 - 2010-01-26 01:12:52

QNo.5623636

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 納付書の使用期限までに納付すれば、通常に納付したものとして処理されます。

投稿日時 - 2010-01-26 01:59:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

20歳になってからこのかた、国年厚年、未納月がほとんどなければ問題ありません。

納付月(+免除月)2/3以上ある自信がなければ、即納め、これからも納期限までに納めておいてください。障害年金において初診日のある前々月までに保険料が過去1年分おさまっていればという救済措置があるものですから。

投稿日時 - 2010-01-26 20:26:50

ANo.2

全く問題ありません。
利息も付きません。

>発行年月日が)国民年金加入の最初月の納付期限をすでに過ぎていました。
これは私も経験しています。
当時は今のように社会保険事務所が混雑していなかったので
出向いて担当課長と所長に確認しました。
書類に拘る役所が
何故不可能な日付けを印刷した間違った書類を発行するのかという話をしたら
年途中の退職では
コンピュータソフトの仕様なので仕方が無いと言う返答だったので
改良する気が無いというと
もうしわけございませんと言うだけで
全く悪いとは思っておらず非常に謝るのが慣れている印象でした。
その時から社会保険庁というのはいい加減な役所だと思っていましたが
昨今の状況はやっぱりねと言う感じです。
既にそれから4年も経っているので
その後、全く仕様の変更は手付かずだったと言う事がわかりました。
もっといい加減な所が明らかになったので
それどころでは無かったのかもしれませんが。
社会保険事務所に電話して
貴方の納付時期を明らかにすればそのタイミングで払っても問題ありません。
タイミングがずれると委託業者が電話してくるので
督促の電話をするなと言っておいた方がいいと思います。

投稿日時 - 2010-01-26 11:24:01

あなたにオススメの質問