こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

乗用車のリアガラスに車庫証明取得ステッカー(Pマーク)の添付義務が施行されたのはいつからですか??

乗用車のリアガラスに車庫証明取得ステッカー(Pマーク)の添付義務が施行されたのはいつからですか?

私が調べた限りでは1990年9月からだったと思いますが正しいでしょうか?
なお、この法律、都会と地方、普通乗用車と軽自動車とで施行時期が多少異なるようなので、東京23区内、普通乗用車での施行開始時期についてご回答お願いします。

投稿日時 - 2010-01-27 18:01:36

QNo.5627768

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Pマークという呼び方は知りませんが、「保管場所標章」のことですよね?
平成3年(1991年)7月と思われます。

「自動車の保管場所の確保等に関する法律」(車庫法)の、保管場所標章に関する改正は、平成2年(1990年)7月3日の公布で、施行日は公布から1年以内の政令で定める日となっています。
(平成2年法律第74号「自動車の保管場所の確保等に関する法律の一部を改正する法律」)
http://www.shugiin.go.jp/itdb_housei.nsf/html/houritsu/11819900703074.htm

この改正法の施行日については、同法の施行令が平成3年1月31日政令第12号で改正されたときの附則に
「この政令は、自動車の保管場所の確保等に関する法律の一部を改正する法律の施行の日(平成三年七月一日)から施行する。」
とあることから、平成3年7月1日であったことがわかります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37SE329.html

東京23区内については真っ先に適用されたと記憶しています。
いずれにしても、改正法施行日の平成3年7月1日より前ではないのは確かでしょう。

投稿日時 - 2010-01-27 21:12:54

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2010-01-28 00:09:44

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問