こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トヨタのリコールについて

 アメリカや中国でのトヨタ車のアクセルにリコールがされましたが何故か日本ではそんな事故は報告されていません。
 これは日本製の部品を使っていれば何も問題がなかったのにアメリカ製や中国製の部品を使ったから起こった事件ですよね。
 では何故、安全で無ければならないはずの部品にこんな不具合がアメリカや中国だけで起こったのか?
 これはトヨタに対して意図的に不的確な部品を納入して意図的に事故を起こしたのでは無いでしょうか?
 誰が、何のために、事故で人命を犠牲に使用としたのか?
 アメリカの自動車産業が日本ブランドの信用を無くすために大切なはずの自国の人命まで危険にさらして起こった事件ではないでしょうか?
 今後、安全に関する自動車の部品は全て日本製にするべきだと思います。
 私の推理は間違っていますか?

投稿日時 - 2010-01-31 21:57:16

QNo.5639112

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

半分アメリカの陰謀で、半分本当の話です。
トヨタが倒産すれば、日本の経済がどん底に落ちるのを計算された策略
そして、支那の属国として統合すると言われているらしい。

”大企業病 トヨタ”で検索してください。

>>アメリカや中国でのトヨタ車のアクセルにリコールがされましたが何故か日本ではそんな事故は報告されていません。
こんな事、本気で考えているんですか?
今回の欠陥事故は、エンジンを制御している制御プログラムが焦点になっています。このプログラムのバグを直せる技術者は、トヨタにいないのではないのか、とまで言われています。
コストダウン=欠陥 と言い切れる行為を彼らは行い、自爆しました。

彼らの悪行を承諾したユーザーも悪いとの見解もあります。
(カービュー掲示板管理者などの意見です)


まだ、汚染されていないロゴもありますので、1994年代の品質(出来れば1986年代の品質なら一番良い)でアメリカへ売り出せば利益だけは確保出来ます。また、生産拠点を縮小することも忘れてはいけないターニングポイントではないだろうか

馬鹿が多いよね
http://lexusenthusiast.com/2007/10/14/video-lexus-ls-460-on-fire/
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35926420090118
http://yahooauctionwatch.livedoor.biz/archives/50902429.html

投稿日時 - 2010-02-04 22:57:18

お礼

 お礼が遅くなって大変申し訳ありません。
「”大企業病 トヨタ”」読ませて頂きました。
私自身もトヨタには全幅の信頼を置いていたので全く残念です。
 質問したときはアメリカの陰謀とばかり思っていましたが。
 その後の対応を見ているとそうも言い切れないようですね。
 ここはトヨタは生産を縮小してでも安全を再構築するべきだと思います。そして絶対に信用がおけない会社とはどんなにコストが安くても取引をしないを徹底することだと思います。下請けの会社にしてもトヨタに納品した事を自信を持って語れるぐらいに厳しい品質管理をするべきだと思います。トヨタは今や高級車の部類に入る車だと思います。10万円ほど高くなっても安全を徹底するような経営姿勢になるべきだと思います。
 頑張れトヨタとエールを送りたいと思います。 
 

投稿日時 - 2010-02-13 16:04:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

ひとつにはアメリカは訴訟の多い国だから大幅なリコールに踏み切ったと思われます。

何故この様な事が起きたかと言うと、前社長時代に世界進出を急いで進め過ぎた結果の歪みがここにきて出ているのではないかと思います。台数が増え部品調達が間に合わなくなった結果、現地調達に切替、部品の品質管理に手が回らなくなったんじゃないでしょうか。

最後に国内でも数十円の部品に不良品が混入すれば罰金十万円位だったと思います。わざとやって会社を潰すメリットはありません。

投稿日時 - 2010-02-09 03:03:04

お礼

「最後に国内でも数十円の部品に不良品が混入すれば罰金十万円位だったと思います。わざとやって会社を潰すメリットはありません。」
 これは日本的な考え方だと思います。
アメリカでは仕様書通りであれば何の責任も無いと思います。
 あるグループがトヨタの信用を落とすために安全性が確保できない部品をワザと納入させたと考えるのはうがった見方でしょうか。
 トヨタにとっては信頼も厚い国内の下請け業者がたくさんいますのでその部品を使いたかったと思いますがそうさせなかったはアメリカの企業家です。彼ら大切な国民の命を犠牲にしてまでトヨタイジメをしているのでは無いでしょうか。
 しかし何の証拠もありません。ここは安全に関する部品だけはトヨタが信頼する国内の下請けにしか作らせないことを徹底するべきだと思います。
 そのためにコストが10万ぐらい上がっても良いじゃないですか?「安全のためにコストが上がりました」と社長が頭を下げればすむことです。今後コストダウンしないトヨタを印象づけていくことはブランドイメージを高める上で重要だと思います。
 お礼が遅くなりましてまことに申し訳ありません。

投稿日時 - 2010-02-13 16:14:56

ANo.9

あまりトヨタ神話を信じるのはいかがなものかと

同じ人間がやっている仕事なので絶対はないのでしょう。

トヨタのリコール情報それなりにありますよ。
http://toyota.jp/recall/index.html

私もずっとトヨタでした。リコール2回で1回は高速走行でオイルが噴出す可能性があるとでした。これからもトヨタだと思います。

今回アメリカの報道のヒートアップは異常かもしれませんがあまり陰謀説に傾かないのが良いと思います。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100202/179846/
によると

<<
この不具合は、アクセルペダル内部のフリクションレバー部が磨耗した状態で、低温時にヒータをかけるなどによりこの部分が結露すると、最悪の場合、アクセルペダルの戻るのが遅くなったり、戻らなくなってしまう可能性があるというもの。
>>

単純に何処製かという問題ではなく技術的難しい部類だと思います。(予測や新規部品購入時の実験評価が)

投稿日時 - 2010-02-04 12:52:26

お礼

 トヨタを信じるのみいかがなモノかと思いますが、私国産の多くのメーカーの車に乗ってきましたがトヨタが一番デーラーの対応が良かったので全面的に信頼しておりました。
 今回のリコールは安全に関してもコストカットを勧めたトヨタの失敗だと思います。しかし、アクセルの部品を納入したメーカーには自分の製品へのプライドは無かったのでしょうか?
 アメリカの陰謀であるとも言えますが、アメリカ人を信用したトヨタの失敗であると思います。
 お礼が遅くなって申し訳ありません。
 回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-11 19:00:06

設計まで任せていたので、日本とは設計が違います。同じ設計で、製造のみの委託であれば、設計ミスはありえませんが。設計については部品メーカーといえど、企業秘密もありますし、簡単にホイと渡せない場合もあると思います。設計まで任せたのはトヨタの判断です。

投稿日時 - 2010-02-02 06:52:48

お礼

 お礼が遅れて申し訳ありません。
商売の基本は人が人を信用して行うべきだと思います。
今回の事件がアメリカの会社を信用した結果でありトヨタの責任は仕方ないと思います。信用を回復するためにも全てを日本製の部品にしてアメリカで発売するべきだと思います。そのためにコストが1000ドルぐらい上がっても仕方ないと思います。

投稿日時 - 2010-02-10 21:55:40

急激な円高といい、日本たたきではないかと感じても不思議は無いと思います。設計からテストまで委託し、トヨタが承認していたようなので、もし、設計やテスト結果と実際の部品との間に食い違いがあれば、あなたの推論に可能性も出てくると思います。設計ミスであるのなら、トヨタの承認が甘かったのでしょう。部品メーカーに対して訴訟を起こしてもいませんし、磨耗、そして使用環境が原因であることを考えると、要件不足、設計ミスが濃厚なのではないかとも思えますが…。

投稿日時 - 2010-02-01 23:49:23

お礼

 失礼ですが設計ミスは考えられません、なぜなら日本では問題になっていないからです。米国使用に変更するときにアメリカのぼろい部品にあわせるためで意図的に設計変更されたことはあるでしょうね。
 とにかく今はすぐに日本の部品の性能とアメリカの部品の差をマスコミに公表するべきだと思います。
 アメリカトヨタの安全性ができない限りはアメリカ工場を一時休業にすることあり得ることだと思います。
 それが帰って日本車の信用力を高めていくのはないでしょうか?

投稿日時 - 2010-02-02 03:46:29

ANo.6

 トヨタのリコールが多いのは、今に始まった事ではありません。
 一時期は日本でもリコール率を100%超えた事がありましたね。それがそのまま海外で出てしまったという事でしょう。
 またNo.4さんのご指摘通り、非常に裁判沙汰になるケースの多い国です。

 確かに、製造国日本の技術は世界からも認められ、高い評価を得ています。ただ、必ず100%ではないという事。かつ、安全性を重視した事から高騰する価格の問題から来る、コストパフォーマンスの問題。そういった事から考えても、車の部品をすべて日本で生産する事は難しいでしょう。

投稿日時 - 2010-02-01 15:58:08

お礼

トヨタに何年も乗っていますので、過去にリコールがあった経験はありますが、安全に関するリコールは絶対になかったと思います。
 日本のトヨタであれば安全に関しては絶対にコストダウンはしなかったと思いますが、「アメリカのトヨタは安全にコストカットすることが当たり前なの?」との疑問が起こってきます。
 今回の事件で学んだことは「アメリカの製品は信用するな」です。
 皆さんの車がもしもアメリカ製であればすぐに買い換えるべきだと思います。アメリカを信用しては絶対にいけません。

投稿日時 - 2010-02-01 20:52:47

ANo.5

優れたもの造りの日本車神話は、国内の優秀な下請け企業によって成り立っていました。
しかし貿易摩擦を避けるために、ある時期から米国内生産への移行を余儀なくされたため、今回の事態になったとは言えるでしょう。
仰る様な意図があったとは思いませんが、横並び化の政策に乗った結果ではあります。

投稿日時 - 2010-02-01 14:38:22

お礼

 意図があろうと無かろうと日本の製造業であれば大きな社会てきな責任が問われると思います。
 アメリカの部品であってもその危険性を見抜けなかったのはトヨタの責任ですがアクセルのような安全状大切な部品でコストカットをした結果があの事故であったことはアメリカの企業体質だと思います。
 アメリカトヨタ1月ほど製造をストップして十分に安全体制を確立して惜しいと思います。そしてトヨタ品質にそぐわない部品は日本から中発つするべきだと思います。それが出来なければアメリカ撤退ぐらいブラフを切っても良いと思います。
 今回の事件の背景は意図的に安全上に問題がある部品を納入させたアメリカの自動車産業だと思います。

投稿日時 - 2010-02-02 03:38:40

ANo.4

推理というか、意図的なとしたことはないでしょうけどね。
なにせ、コーヒーカップに「コーヒーは熱い」との注意記載がなかったために自動車運転中に熱いコーヒーを被ったとして訴訟される国です。
ディーラーによるオプション部品や商品に問題があったと思いますが、
フロアマットにひっかかる位置までアクセルを踏み込んでいる(ベタ踏み)んでしょ?乗り方にもいささか疑問も生じます。
でも、事故は日本でも起こらないとはけっして言えないでしょう。
カー用品店でも多種にわたって商品は陳列してあり、車両ごとに適・不適などの識別や適切な使用方法の周知徹底までは難しいと思います。

報道は、その時の「旬」に食いつきますよね。
三菱車の時にしろ同時に起きた火災事故でホンダが燃えても三菱車両の方にしか取材が行かなかったと聞きます。
今回も落ち込んだ自国産業との比較などにちょうどいい。
今朝のニュースでも「世界一位になったトヨタ」に対して、GMがトヨタ車からの乗り換えに値引きを出したりして、話題にはことかかなくなりそうです。

投稿日時 - 2010-02-01 11:45:14

お礼

 アクセルベタ踏みってどんな状況なの?って思います。我々庶民には絶対と言っていいほどあり得ない状況だと思います。
 問題は日本製の部品では問題ないのにアメリカ部品でそんな重大な事故が起きるのかだと思います
 「GMがトヨタ車からの乗り換えに値引きを出したりして、・・」
は独占禁止法に問題ないのかと思います。そんなことを日本でしたら、マツダやスバルはすぐに潰れます。ベンツもBMWもVWも存在しないことになるのでは無いでしょうか?
 商道徳に違反していると思います。

投稿日時 - 2010-02-01 19:30:47

ANo.3

アメリカでの日本関係のリコールでは、ブリヂストンのタイヤのケースを調べてみると面白いですよ。

投稿日時 - 2010-02-01 07:45:30

お礼

 ブリジストンもやられましたね。でもアレは日本で作ってアメリカに売っていたと思います。複雑な部品があったわけではないので同列には論じることは出来ないでしょう。
 回答有り難うございました。

投稿日時 - 2010-02-02 03:28:15

ANo.2

日本車へのいやがらせは今に始まったことではありません。
日本車を売るなら現地で工場を作って現地の人間を使えとかの無理も日本へなら通ります。
それでも日本車が売れるのは性能が良いことを何より外人自信が知ってるからでしょう。
日本人が白人でもなく、戦勝国でもないのにこのクオリティーと値段の安さは異常なことなんです。
優等生が低能から嫉まれるのは世の常です。

今回のこともリコール原因は日本車だが外国の無茶な要求で仕方なく使った外国製部品を使ったためと大々的に宣伝すればいいのに日本人は優しすぎるんでしょうね。

しかし、これからも外国製品を使わないといけない状況は続くでしょう。
外国で商品を売るなら相手の無理な要求も飲まないといけないんです。

頭に来るけどしょうがないんでしょうね。
商品である以上、買ってもらわないと意味ないですからね。

それにしても外人・外国製品の質の悪さには呆れはてます。
まあ外人が低能だからこそ日本製本が売れるのは事実ですがね・・・

投稿日時 - 2010-02-01 02:46:15

お礼

安全性の低い部品を指摘できなかったトヨタの責任でもあると思いますが、問題の部品を納入した工場に対して堂々と損害賠償を求めるべきだと思います。また今回のことでアメリカの部品メーカーに対して信用がおけない会社とは今後取引できない、「部品が納入できないのでアメリカ工場を閉鎖する。」ぐらいの措置を取るべきだと思います。
 回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-01 19:22:08

ANo.1

お礼

 面白い記事を有り難うございます。今回の事件に関してはアメリカ製の部品は信用できない。「今後は安全に関する部品は日本製の部品しか使えない。」とはっきり言って部品を納入したメーカーに多額の賠償請求をしても良いと思います。
 これは自動車を舞台とした日米戦争だと思います。トヨタを応援しましょう。

投稿日時 - 2010-01-31 22:14:26

あなたにオススメの質問