こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三国志の小説を教えてください!!

三国志の小説を読みたいのですが
私には中国史の知識が全くないので
できるだけ史実に近いものを読みたいのです。

マンガで横山光輝さんが書いている三国志は劉備が善人として
曹操が悪人として書いていると聞きました。
ほかのマンガでは曹操が超人で劉備が運だけの強い男として書かれてると聞いています。
もちろん物語として脚色されたり主人公が素晴らしい人物として描かれるのは仕方がないのですが、できるだけどれかに寄っていない小説を教えてください。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-02-07 11:52:34

QNo.5656028

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

個人的には、中国の歴史には、基本的にどこかの勢力に寄っていないという書き方は無いと考えています。
三国志の時代の正史と言える「三国志」は、後の「晋」という統一王朝の正当性を高めるために、晋の皇帝が帝位を禅譲(ゆずられた)された魏(曹操の国ですね)の正当性を主張する本ですし、いわゆる「三国志演義」の方は、魏に帝位を奪われた漢の正当性を主張した結果、漢の一族である劉備(漢の皇帝家の名字が「劉」です)の方に寄った描きかたをしています。
というわけで、小説にしても、演技か正史をもとにしているので、まったくニュートラルなものというのはありません。で、私のお薦めは、講談社文庫の「小説十八史略」(作・陳瞬臣)の三巻と四巻です。
後漢~晋という三国志をはさんだ前後の時代ごと読めてしまうお得な一冊(いや二冊)一巻から六巻まで読めば古代からモンゴルに侵略されてしまうあたりまでの中国史がひととおり(小説で!)読めてしまいます(中国史が三国志だけでなく、日本の戦国時代史なんかとくらべても、どえらく面白いスペクタクルだと分かります)。
個人的には同じ作者の「秘本三国志」が三国志ものではいちばん好きなのですが、これは三国志の基本(吉川版や横山三国志)を読んだ後に読んだほうがいいのかなぁ・・・・
あと、ゲームのKOEIさんから出てる「三国志武将ファイル」があると、実はとても便利です。

投稿日時 - 2010-02-10 20:27:33

お礼

回答ありがとうございます!!

小説十八史略面白そうですね。
ぜひ読んでみます。

とりあえず、今北方謙三の小説を読み始めましたので
それが終わってからにします。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-03-08 11:37:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

すんません、No4で回答させて頂いた者ですが、宮城さんと回答していますが宮城谷さんでした。失礼しました。

投稿日時 - 2010-02-08 14:58:38

ANo.4

補足の質問にお答えします。

宮城さんの三国志は、偏っている訳ではなく遡っているのです。
つまり、開始年代が三国志が始まったと言われる、黄巾の乱以前の、宦官の専横の時代からに成ります。
確かに詳しい内容ですし、そう言った歴史的背景が三国志の群雄割拠のきっかけに成ったのかぁと、感心しながら読めるとは思います。
しかし、それはあくまでも有る程度、三国志と言う時代を理解した上で読まないと、何の事?と成りかねないのです。
以上の事から、宮城さんの三国志は入門には向かないとお答えした次第です。

投稿日時 - 2010-02-08 11:04:15

お礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます!!

投稿日時 - 2010-02-08 21:57:49

ANo.3

三国志は歴史書としての正史と、正史を元にした小説的な演技が
あります。
入門用は吉川栄治が1番だと思いますが演技ベースです。横山三国志は
吉川番の漫画板ですが、50冊近いです。

蒼天航路は正史ベースではありますが正直トンでもな部分も多いです、
個人的には蒼天航路は大好きですが入門用には向いていません
北方三国志はある、ハードボイルド三国志って感じです。正史とか演技
よりというより北方三国志です。この二つはある程度三国志を理解した
上で読んだ方がいいと思います。

最後に宮城谷昌光ですが、この人は現在の中国歴史小説の第一人者です。
かなり史実に忠実に書く人です。現在三国志を書いており、当然正史ベース
です。この人の作品が一番希望に添うと思いますが、他の人も言われる
ように、入門者向けではないと思います。

投稿日時 - 2010-02-08 08:55:06

お礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます!!

投稿日時 - 2010-02-08 21:58:07

ANo.2

こんばんは。

三国志物で、どれかに寄って居ないのはほぼないでしょう。
何故なら、人物が織りなす物語なので、登場人物に思い入れが有れば、結局少なからずひいき目に成ってしまうのは仕方ないと思います。
No1の方が仰っておられるように、吉川栄治か北方謙三でしょうね。
宮城谷昌光の三国志も有りますが、かなり遡った作品ですので、好みが分かれると思います。
三国志演義もお勧めですが、劉備に寄って居るので、参考にはならないかも知れません。しかし、三国志が好きであるなら、原典に親しむ事はしておいて良かもしれません。
また、小説では有りませんが、やはり原典三国志も読まれてみては如何でしょう?

投稿日時 - 2010-02-07 23:14:10

補足

回答ありがとうございます。

吉川栄治か北方謙三を読もうと思います。
今日本屋で少し気になったのがちょうど
宮城谷昌光の本だったのですが
偏っているのは曹操に偏っているのですか?
内容的にはどうでしょう?

3冊とも読めばいいことなのですが
初の三国志なので、かなり偏ったイメージを
最初につけたくないと思って。
頭が固いので最初についたイメージがなかなかぬぐえないので。

投稿日時 - 2010-02-08 00:18:19

ANo.1

吉川英治か北方謙三が良いと思います。
どちらかと言えば、北方本の方が読みやすいでしょう。

蒼天航路はダメでしょう・・・。

投稿日時 - 2010-02-07 12:27:57

補足

回答ありがとうございます。

蒼天航路についてですが
正史(魏志?)三国志に基づいて書かれていると
聞きました。
もちろん曹操に偏っているでしょうが
全然ダメですか?

投稿日時 - 2010-02-08 00:16:05

お礼

ありがとうございます。
参考にします!

投稿日時 - 2010-02-08 21:59:05

あなたにオススメの質問