こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

銃刀法違反の逮捕について

銃刀法違反の逮捕について
友人に質問されてちょっと答えられなかったので質問します。
よろしくお願いします。

Aという人がいたとします。

その者を警察官Bが職質して
銃刀法違反のナイフを隠し持っていたとします。

普通なら、よく新聞などでも見かける現行犯逮捕ですよね。

でも職質する前は、犯罪と犯人の明白性は逮捕権者Bにはないですよね?

ナイフ所持は、職質して分かったことですし。

では緊急逮捕?
これも重罪の要件を満たしていないですよね。

ナイフ所持の状態を経過せず継続しているから現行犯人。
って適当に答えたのですが問題ありますか?

投稿日時 - 2010-02-10 18:21:10

QNo.5665306

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ナイフの携帯が判明した時点で、現に携帯しているのですから、どう考えても現行犯人でしょう。

逮捕の時点で現行犯人と認められるかが問題になるだけで,職質開始の時点で現行犯人と認識している必要はありません。職質の要件は,一般的にいう不審事由で足ります。

投稿日時 - 2010-02-11 09:45:20

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

そもそも、職務質問されることが通常ではないのですが。
ただ、過去記事を見る限り、職務質問されナイフが見つかると、現行犯逮捕の様です。(護身であっても、逮捕されたケースはあります。)

投稿日時 - 2010-02-10 20:40:50

補足

護身は確か正当な理由にならないから違法ですよね。

投稿日時 - 2010-02-11 02:01:20

あなたにオススメの質問