こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

相手側の親族に借金や自己破産経歴がある方がいる場合でも、結婚されて現在幸せな家庭を築かれている方、いらっしゃいますか?

相手(妻)には何も問題はなく、それでも相手(妻)の親族(義理親や兄弟)に借金や自己破産経歴がある方がいらっしゃる場合でも、結婚されて現在幸せな家庭を築かれている方、いらっしゃいますか?


例えば、相手の親族からの金銭トラブルがあったとしても、上手く自分の家庭を守っている例があれば色々教えて下さい。このようなトラブルでの悩み、相談は多々見ますが、逆に親族は親族と割り切り、「私たちは幸せです!」という内容が少なく感じます。


当方、まだ結婚してませんが、相手(というよりは相手の親、兄弟)に対して同じような悩みを少々かかえており、相手は「この人しかいない」と思うくらい大好きなのですが、いざ、結婚となったら、起こるかもしれないトラブルが、結婚してないから当然ですが見えてきません。もちろん、本人の意思次第だとは思っております。


幸せな事例をたくさん聞きたいです。

投稿日時 - 2010-02-11 18:14:10

QNo.5668198

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

夫の父親に自己破産歴があります。

しかし、私と夫との結婚生活において、そのことが何か障害になったり、トラブルになることは一切ありません。

また、これから先、何かトラブルが発生したとしても、おそらく、夫がきちっと対応してくれるでしょうし、私や子どもたちの家庭を最優先に考え、守ってくれると絶対的な信頼があります。

また、夫や家庭を守るために必要なら、どんなトラブルにも私は飛び込んで、自分が何かしらの負担を背負ってもいい覚悟です。

それくらいの覚悟で夫とは結婚しましたし、夫には絶大な信頼がありますから、二人で必ず何とか家庭を守っていける自信はあります。

結婚前に出ていたいろんな問題や障害については、結婚前の恋愛中のうちに、ウジウジ悩んで苦しみましたから、結婚後は、何が起ころうが、全て自分たちの責任だと受け止め、家庭を守り抜くことのみに努力します。

結婚において、借金というのは、確かに問題ではあります。
ただ、何のための借金だったのか・・・借金をした本人は現在どういう考えで、どういう生き方をしているのか・・・ということも、重要だと私は考えています。

また、最終的には、そのような身内を持った結婚相手自身が、自分の家族の借金のことなどをどのような考えで、どのような覚悟を持ち、これからの自分との結婚生活や家庭のことをどのように考えているかということが一番だと思います。

それを踏まえて、自分自身が腹をくくって結婚すれば、万一、結婚後に何かトラブルに巻き込まれても、それは「私自身の責任だ」と捉え、妻として、家庭を持つ者の責任として、プライドも何もかも捨ててでも、どんな苦しみや屈辱に耐え抜いても、自分と夫の家庭生活を守り抜きます。

結婚は、先の見えない道なき道を、煩わしいしがらみの中、互いの人生や生命を背負い、厳しい現実生活を送り、死を迎えるその日まで、プライドも何もかも捨ててでも、大切なものを守り抜いていくものです。

だからこそ、ありのままの相手・・・相手の過去、現在、未来、価値観、人間性、身内、家庭環境などの全て・・・もちろん、醜い部分や最低な部分、情けない部分も含めて、受け止めた上で、自分自身の全てをかけて背負って生きていこうというだけの覚悟と責任が必要不可欠なのだと思います。

それに、長い結婚生活、借金だけでなくいろんな問題が起きます。
予期せぬことも起きるのが普通です。
でも、夫婦になった以上は、お互いに何が起きようが、それを背負いあって生きていくのが結婚です。

状況がドンドン変化する中で、自分も相手も良くも悪くもドンドン変化します。
それに臨機応変に対応しながら生きていかなくてはいけない以上、結婚後に「こんなはずじゃなかった」「こんな人だったなんて」「結婚前と話が違う」なんていう理屈は通用しません。
そんなことをいっていたら、家庭が崩壊するからです。

借金の問題については、基本的に、相手家庭の話なので、相手次第と言う部分が大きいです。
とことん相手の方と話し合う必要性はあるでしょうが、その借金問題だけでなく、未知将来に責任を背負いあう覚悟というのは、自分自身で決めるしかありません。

どんな立場にいても、どんな状況にいても、最後は、自分次第ですね。

投稿日時 - 2010-02-12 13:32:14

お礼

ご返信ありがとうございます。絶大な信頼と覚悟が回答者様から感じられます。多分私は今回答者様が書かれている中でありますように「結婚前の恋愛中のウジウジ悩んでいる」状態なのかな、と思います。

しかしながら、回答者様の回答を拝見していると「強さ」みたいなのが凄く感じられ、尚且つ、幸せも強く感じられます。何か問題があったとしてもお互いに協力しあって解決できそうな感じがします。非常に羨ましいです。

回答者様の文面を読ませて頂き、私にも強さみたいな覚悟が・・・少しずつですが芽生えてきます。非常に参考になりました。ありがとうございます。自分の家庭を守り抜く覚悟、そういう強さをこれから考えていきたいと思います。

言葉足らずではありますが、何か勇気づけられた感じがします。詳しく色々教えて頂き誠にありがとうございます。

投稿日時 - 2010-02-13 19:21:50

夫の姉の夫がたしか一度自己破産してたと思います

というように、よそはよそと割り切って暮らしてる人(私)は、
まずそのような事にあまり関心がありません
また当事者(夫の姉の夫や、夫の姉)が、周り(夫や私)が「関心を持たなくて済む」よう、
すでに配慮してるってパターンが多いんじゃないですかね

奨学金を「借金」というなら、夫も高校から大学院まで借りてるので、
無利子ですがかなりの額のはずですね
妻に返済義務があるのかどうか知りませんし、
あってもなくても別にいざとなったら返してあげてもいいんですが、
ウチは財布が別々なので、これもあまり気にしてません

こう書くとドライに感じるかもしれませんが、
無関心というか放任?も相手を信じるからこそできることです
一方、そうやって相手を信じても、トラブルは起こるときは起こると思ってるので、
結果を引き受ける覚悟は持ってます
(相手を信じたのは自分なので)
それに、そういうトラブルって「結婚さえしなければ防げる」ってモンでもないのでは?
たとえば夫の姉の夫の借金が夫におよんだとして、
その時、夫が「夫」でなく「彼氏」だったとしても、私は助けると思います
つまり結婚するしないは関係ありません

私は幸せですが、借金「なのに」幸せとか、
借金「だけど」幸せ、という風には考えてませんよ(実感として)

参考になれば幸いです

投稿日時 - 2010-02-12 12:59:51

お礼

ご返信ありがとうございます。「ドライ」とは全然感じません。むしろそのように考えることができる事が素晴らしいと思います。

「相手を信じる」からできるのですね。話を聞いてて何処か力強さを感じました。非常に参考になります。

それに、奨学金と言えば私もそうでした(苦笑)今は自動で引き落としされてます(笑)

ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-02-12 15:20:10

あなたにオススメの質問