こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

当方の保険会社が相手側を有利に話を進めます。

当方:自動車で相手方:バイクの交通事故(人身事故)がありました。
相手方は任意保険未加入で当方はNK損保加入です。
事故内容については省かせて頂きますが、当方は一切の刑事罰・行政処分は事故から2年半近くたちますが、受けておりません。
相手方はそれを不服とし、検察審査会に不服申し立てしましたが、約9ヶ月前ぐらいに検察審査会にて嫌疑不十分で不起訴相当との判断が既に出ています。
なお、相手方は骨折で1ヶ月入院して、今でも後遺障害があるとの主張をしています。
現状は相手方が紛争処理センターに申し立てを行っている状況です。
当方は事故状況及び処分等が無い事、そして検察審査会でも不起訴相当の判断があった事を踏まえ、過失割合を当方1~2:相手方8~9を主張し続けています。NK損保及び紛争処理センターにもそのことは伝えています。
NK損保は当方の意向を無視し、紛争処理センターに当方9:相手方1で回答し、保険による賠償金を支払い解決を図ろうとしています。
しかしながら、状況はあくまでも相手方に非があることが明確であるにもかかわらず、NK損保が多額の賠償金を相手方に払うことが当方には納得できません。
当方の過失を1として賠償額を算出すると自賠責保険で対応できる金額になり、任意保険の適応は必要ないものであると考えています。
なお、NK損保は当初に当方の了解を得ず、且つ刑事罰等が無い事を知った上で、相手方に過失割合を当方9:相手方1程度と伝えてしまっています。
そこで質問です。当方の保険会社が相手方が有利になるように、話を進めることについて当方は止めてほしいのですが、どうしたら止める事が可能になるか教えて頂ければ幸いです。既に書面にてNK損保の対応は納得いかないことをNK損保に伝えています。

ちなみに既に一度当方が相手方とNK損保に直接調停を申し立ています。
しかしながら、相手方に書面による主張と根拠資料を求めたにもかかわらず、言い値を支払えとの一点張りでなんの書面・資料を提出しない。且つ、NK損保は当方と相手方の調停による直接示談を認めたにもかかわらず、調停で決まった賠償額は全額支払えるかわからないの一点張りで話が進まず、結局不調のまま解決に至りませんでした。

投稿日時 - 2010-02-14 22:27:54

QNo.5677105

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

保険会社の対応が気に入らないのなら、自分で訴訟を提起するか、弁護士に委任するしかないですね。

NK損保があなたの意向に反してでも、示談解決を図ろうとするのは、おそらくあなたの車の修理費用等として車両保険金を支払っていたり、相手の治療費等を支払っているからではないでしょうか。
あなたはNK損保に保険金請求を行った際、車両保険金のうち相手過失分に対する求償権をNK損保に移転することに同意する書面を提出しているはずです。そうであれば、受領した車両保険金をNK損保に返還しないと損害賠償訴訟は提起できませんよ。

また、あなたの刑事処分が不起訴、行政処分が5点以下の加点で済んだのはそれなりの理由があるはずです。

弁護士であれば、不起訴であっても検察庁で調書が閲覧できるので、弁護士に依頼して調書を確認のうえ、訴訟するかどうか弁護士と相談されるのがよいでしょう。

投稿日時 - 2010-02-15 17:58:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

過失割合に関して回答を求めながら、「事故内容は省かせていただきます」とは理解に苦しみますね。

他の回答にもあるように、刑事と民事は別です。
保険会社は通常は契約者である貴方の過失を少な目に主張
します。
にもかかわらず、9割の過失を認めるのはそれなりの理由が
あったのでしょうね。

なお、貴方は保険会社に示談代行をしてもらっていますが、
それを取り下げて、貴方自身が相手と交渉すればよいのです。
そして、貴方が自らご自身の過失は1~2割であると主張すれば
良いのです。

残りの相手側の過失8~9割は相手から払ってもらえばよいのです。
任意保険にも加入していない相手からとれるかどうか分からないです
が・・・

投稿日時 - 2010-02-15 08:55:43

ANo.3

 刑事事件は、疑わしきは罰せずとの考え方から、嫌疑が十分立証できなければ、嫌疑不十分で不起訴相当との判断が出ます。

 しかし、民事事件は、双方の申し立てや事故の状況などから、過失の割合を算出し、さらにケガの程度や治療状況やそれのかかる経費など、金額を決めていきます。

 刑事事件の結果と民事事件の結果が違うとゆう話しも、たまに聞きます。

 事故の状況がわからないと何ともいえませんが、質問者さんが契約していた保険会社が言っている過失割合に、不満があるのでしたらば、前に回答している人たちが、申しているように、自分で弁護士を雇って
裁判を起こして、争っていった方がいいと思います。

投稿日時 - 2010-02-14 23:28:15

ANo.2

私も事故状況が無いと判断しかねます1:9だと大体通行中に後ろから当られたとか、右折中に後ろから当られたなど限られています、
ただ少なくてもあなたが9となるには、その逆などで色々考えられるために、事故状況が無いと判断できません
たとえば保険会社に、どの様な根拠で1:9になったのか内容証明で説明してもらってください
後出来るとしたら、家庭裁判所への調停の申し立てですかね
この状態では事故状況が分からないのであなたが悪いとも保険会社がおかしいとも判断できません

投稿日時 - 2010-02-14 22:59:34

ANo.1

まず事故状況が判らないので何とも言えません。

「貴方の主張のとおり」「相手が悪いですね」「保険会社は信用出来ません」などと回答してもらえれば満足ですか?
またそういう回答をプリントアウトして相手や保険会社に突き付けるのですか?
「ほらっ、みんなもこう思ってる」とね。

不服に思うのであれば司法の場で決着を図られては如何でしょうか?
保険の裁定に不満なら弁護士に相談して提訴が早道でしょう。
最終的に最高裁まで行けば結論がでますから。

投稿日時 - 2010-02-14 22:41:11

あなたにオススメの質問