こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子供の歯の矯正は

いつもお世話になっております。
長女(5歳)が下の前歯がでっぱっていて受け口状態なのですが、矯正はいつ頃からが良いでしょうか?
本とかを読んでいると、乳歯のうちに早めにやった方がいいと言う意見もありますし、診てもらった矯正歯科の医師は永久歯の生え変わりの時期(6割は永久歯になるときにちゃんと生えると言っています。)が良いと言っています。
これが原因で顎とかが変形してはかわいそうなので、適切な時期を知りたく思います。
皆様、ご教授のほど、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2010-02-16 12:22:23

QNo.5681097

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

反対咬合は通常の矯正よりスタートが早く6才から始めるのが一般的です。
顎の大きな成長が始まる前に、、って感じですね。
上記が歯に器具をつけるマルチブラケットでの治療のスタンダードで
反対咬合治療の標準治療です。
ただ、その前に何かやりたいという事であれば、『ムーシールド』という装置が3才から使えます。
それのみで治る子もいますし、治らないにしても
6才以降に本格的に矯正した際に期間が短くなると言われています。
ただ、まだ開発されて数年の治療ですので、賛否あります。
(否の場合もそれほど効果はないのではないか?という否で
危険性を指摘するものではありません。)
費用は矯正治療は自費診療ですので一概には言えませんが
10万円程度です。それなりに矯正歯科医の間に普及しています。
ただ、すべてではないので、ムーシールドでの治療を希望される場合は
予め矯正歯科医院に問い合わせて受診されてください。
東京の多摩地区、確か三鷹に開発者の先生がやっている病院があり
そこはムーシールド治療希望の患者が全国から殺到しているようです。

投稿日時 - 2010-02-16 14:09:44

お礼

最近は技術が進歩しているんですねえ。勉強になりました。ただ、さすがに多摩や三鷹は遠すぎて通えないので、通常のやり方で様子を見ようと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-26 10:36:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

矯正は、個人個人の成長スパートを見極めて治療を進めていきます。

が、乳歯がそろってる状態だったらまだまだ反対でも大丈夫な年齢ですから、前歯が抜けてからでも全然遅くないですよ。たまに2番目の永久前歯が、生える隙間がなくて出てきにくくなることがありますから、前歯が全部生え代わるのを待つのではなく、1~2本生えかわってきたころでもう一度相談に行った方がいいかもしれません。

乳歯から始める治療もあることはありますが、後の成長力を考えたらあまり意味がないし、幼い子供に無意味に長期間、装置をつけるのもかわいそうですしね。私はなるべく装置を付ける期間は短期間で、効率のよい治療を心がけています。

投稿日時 - 2010-02-16 23:18:36

お礼

具体的な回答、ありがとうございます。
おっしゃるとおり長期間の矯正も可愛そうですので、成長に合わせてはじめようかと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-26 10:38:12

ANo.1

奥歯のかみ合わせの状態、上下の顎の大きさ(前後的および左右的)、頭の大きさと顎の大きさの比、顔の形など多くの要素により、いつ矯正を始めたらよいかが決まります。

矯正歯科に診てもらって、永久歯の萌代わりの時期が良い、という診断であったをのならば、その時期が良いと思います。

投稿日時 - 2010-02-16 14:02:25

お礼

そうですね。医者の指示通りがいいですよね。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-26 10:34:30

あなたにオススメの質問