こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカ政府がモン族から奪ったものとはなんでしょうか?

アメリカ政府がモン族から奪ったものとはなんでしょうか?
ぼくは現在、アメリカの大学で授業を受けています。
今日の授業で、教授がこの説明をしていたのですが、いまいちよくわかりませんでした。
アメリカ政府が何をモン族の人々から奪ったのか、教えていただけたら幸いです。
その背景なども記載していただけるとすごくわかりやすく、助かります。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-02-25 15:48:31

QNo.5705309

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

最初から結論を言うと、国家保障の名の下の代理戦争に利用して、
結果的に一族の安全と先祖伝来の安住の地を奪ったという事です。

1950年代から、アメリカは所謂「ドミノ理論」に基づき、
南ベトナムやラオスに軍事顧問の派遣や物資の援助など、
軍事介入を積極的に進めていました。

60年代前半、ケネディの裁可を得た上で、CIAはラオスの山岳民族で
あるモン族(モンタニャール)が狩猟と山岳に強い事に着目し、
ベトナム駐留軍(MACV)を介して軍事訓練を施した上で、ベトナムや
ラオスの不正規戦闘に投入しました。

資本主義国である南ベトナムやラオス王国が存在し、アメリカの
援助がある内は良かったのですが、その後アメリカの撤退・ベトナム
統一と形勢が不利となりました。

決定的だったのが、1975年にラオスで親北ベトナム(後の統一
ベトナム)のパテト・ラオ政権が樹立してからで、ラオスと
ベトナム軍双方による軍事掃討作戦の対象となり、少なくとも
数万人の軍民が犠牲となったり、タイに政治難民として亡命する
羽目になりました。

現在も、タイ経由でアメリカに亡命し、アリゾナ州に帰化したモン族
はイラク戦争に米兵として従軍する者も多くおり、2004年には戦後
初の戦死者を出しています。

投稿日時 - 2010-02-25 17:14:43

お礼

hanyuu1983様
非常に詳しい回答、どうもありがとうございました。
本当に分かりやすく、モン族とアメリカの間にそんな歴史があったのか、とすごく勉強になりました。

本当にありがとうございました。
なにかありましたら、またよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-02-25 17:28:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問