こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雨が降るとは?

そろそろ梅雨ですね。天気予報で降水確率ってありますよね。たとえば50%なら、その意味は、天気図で同じような日が10日あるとすれば5日間は雨が降ると言う意味だと思うのですが、ここで質問です。たとえば降水確率10%でも、土砂降りの大雨が降る可能性があるわけですか?反対に降水確率90%でも小雨、霧雨で終わってしまっても、天気予報的には予報が当たったことになるのでしょうか。
基本的に私は降水確率が低いときに降る雨は、大量の雨は降らないと言う意味だと思ってます。
どなたか、降水確率と降水量の関係についてご存知の方、おしえてください。

投稿日時 - 2003-06-11 21:00:19

QNo.572401

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

現在では、降水確率を6時間ごとに示しています。
ここでいう降水とは、その時間内に1mm以上の雨・雪・あられ・雹などが降ることです。

さて、降水確率と降水量は全く関係がありません。
90%でかろうじて1mm降って的中ということもありますし、20%なのに雷雨で何十mmも降って、
「なんじゃあ、これりゃあ!でも、的中だよな。」
ということもあります。

ですから、降水確率が低いと予報に出ていても、実際は大雨になったということもあります。

3時間後までの降水量の予想なら、下記のURLで調べられますよ。

参考URL:http://www.imoc.co.jp/rdam.htm

投稿日時 - 2003-06-11 22:36:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

何を隠そう私も子供の頃はboss715さんのように、高い降水確率の日は大雨が降ると思っていました。だから、20%くらいの日にスコールみたいな雨をくらった日には、かなり天気予報に文句を言ってました。
でも良く考えれば降水「確立」なんですよね。確立であって「量」ではない。気象予報士の人が、「大雨になることが・・・」と言ってくれますので、その辺を気にするといいかもしれません。
降水量が100の日なんか外出する気にもなりません。

投稿日時 - 2003-06-11 22:15:42

お礼

そうですよね、10%でも90%でも大雨が降るんだったら、意味ないじゃんと言う感じがしてなりません。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-06-11 23:03:26

ANo.3

こんにちは。
降水確率というのは、過去の観測結果と照らし合わせて、これと同じ天気図の場合に雨が降ったのか降らなかったかの日数を計算して出します。
降水量は「数値予報」と言われ、現在はコンピューター・シミュレーションで出しているそうです。
こちらは気圧や温度など上空の雲の状態をコンピューターの中にモデルとして作り、物理計算して求めるものです。
ですから、降水確率と降水量は別物です。
もちろん、天気概況などはその他のあらゆるデータを組み合わせて発表されるんでしょうけど。

私は降水確率が50%のときは、傘を半分に折って出掛けますが(下らなくてすいません)。

投稿日時 - 2003-06-11 22:05:08

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2003-06-11 23:01:49

ANo.2

降水確率って、「1ミリ以上の雨の降る確率」って天気予報では言いますよね。1ミリの雨がどのくらいか詳しくは私は分かりませんが、大したことはないだろうと想像できます。確率が100%でも、その程度の雨が一日降り続くこともあるでしょうし、10%の日に、夕立でどしゃっと降ることもあるでしょうし。
ま、#1さんのおっしゃるとおり、降水確率の高低と降水量の多寡は関係ないでしょう。

投稿日時 - 2003-06-11 21:13:58

ANo.1

気象庁の公式な回答は、下記のURLにありました。
降水確率と降水量は関係ないとの事。

参考URL:http://www.kishou.go.jp/know/faq/faq10.html

投稿日時 - 2003-06-11 21:04:40

お礼

すばやい回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-06-11 23:00:14

あなたにオススメの質問