こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株のしくみを教えてください。

株価やその時価総額で企業が一喜一憂しているのを見て疑問に思っている事を質問させてください。

株とは、企業がお金を集める為の手段である事は分かります。
ただ、最初に企業が株を発行して、投資家に買ってもらってお金を集めた後は、株価が上がろうが下がろうが
後は投資家が損した得したの問題で、企業の懐には基本的に影響しないと思うのですが、間違っていますか。

もちろん企業がある程度自社株を保有していた場合は、さらにそれを売って資金調達する際、株価が低ければそれだけ
集める事が出来る金額が少なくなりますので、大量に自社株を持っている会社は株価が気になるのは理解できます。

また、株価が低ければ、それだけ買収される危険が大きくなるのも理解できています。
株価が下がったら困る、というのはそれだけの理由なんでしょうか。

投稿日時 - 2010-03-16 23:57:08

QNo.5757857

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

株価は企業に対する社会の評価であるともいえます。

株価が下がれば、信用がなくなり銀行からの借り入れが困難になることもあります。

次にあるのは、資金調達。
会社は株追加発行して、資金を調達することがあります。
このとき、株価が安いと大量に発行する発行しなければなりません。
株数が多くなると、株の価値がさらに下がり致命傷になりかねません。

自社所有の株を担保に借り入れをすることも考えられます。
そうすると、株価に応じて借り入れ金額が決まってきます。
やはりこの場合も、株価が高いに越したことはありません。

投稿日時 - 2010-03-17 00:29:40

お礼

ご回答ありがとうございます。
資金調達や担保の為だけに株価を気にするのも素人には理解しにくいところではありますが、もう少し自分で勉強します。

投稿日時 - 2010-03-20 00:08:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

No.2 です。
企業が資金調達で株を発行するときは、投資家に会わなくても良いです。しかし、株を発行してしまった後は、たいていは年に2回は、企業の経営陣は株主総会という場で株主に会わなければなりません。その時に株価が低いと、株主様がお怒りになられるのです。
お怒りの株主様が、企業側が出した議案を否決するかもしれません。たとえば経営陣が自分の親族企業に利益をもたらす有利な議案を出しても、株主様が否決するかもしれません。
共同体としての企業としては株価は低くても良いのですが、経営陣の人が困ると言ったほうが良いのかもしれません。

投稿日時 - 2010-03-20 01:06:47

ANo.3

企業のオーナーは株主。

オーナーは自分の資産価値が下がって喜ぶはずはない。資産価値が下がれば、資産運用をしている企業経営陣は叱責される。
スポーツチームでもチームの成績が悪いとオーナーが激怒して監督をクビにすることはよくある話。

企業経営者は株価が下がると困る。

投稿日時 - 2010-03-17 22:13:39

ANo.2

非常に素人っぽい見方を書きますが、大雑把に言って、企業にとって株は(資産ではなく)負債の一種になります。株主は債権者であり(ホントは違いますよ)、要は借金取りなのです。株価が下がると借金の回収ができなくなるので借金取りが怒るのです。だから株価は高いほうが良いのです。

投稿日時 - 2010-03-17 01:08:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
株価が下がると投資家は誰でも怒ると思いますが、企業の初期の資金調達という目的とは関係ないような気がします。
なんとなくは分かるんですが、どうもスッキリしません(汗

投稿日時 - 2010-03-20 00:11:29

あなたにオススメの質問