こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

デジタル一眼レフ:どれを買おうか迷っています。ご意見お願いします。

このたび、念願だった一眼レフの購入をしようと思っています。
何しろ初めてで、知識もあまりないのでお恥ずかしいのですが、本当に迷っていて、ご意見いただけると幸いです。

全くのド素人ですが、みなさまの情報や店員さんにうかがった話などから、いくつか候補を絞ってみました。

候補は以下です。
◆キャノン EOS D50 (ニコンD90も一応検討しました)
◆ペンタックス K7
◆キャノン EOS Kiss


初めての購入ではありますが、長く本気で使っていきたい気持ちが強く、当初はエントリー機よりもミドルクラスのものを買いたいと思っていました。(憧れや自己満足の部分が大きいですが。)

そこで第一候補は、キャノンのD50。…ですが、本当に悩んでいます。

まず、そのボディの重さ。
重いのは当たり前ですが、最初はとにかく慣れるために頻繁に持ち歩いて撮るほうがいいかなぁと考えた時に、私には少し重すぎて、その自信がありません。旅行へ持っていくにも躊躇しそうな…。それを思うと、Kissの軽さが魅力的に思えてしまいました。けれど、見た目もあまり好きではないし、私のあこがれた姿ではありません…。とはいえ使いこめなかったら意味がないし…ということで悩んでいます。女性のかたや、奥さまが使ってるかたなど、このあたりどうでしょう?
特に、病気をしていて体力や腕力などがないので、悩みます。
もちろん、Kissならば性能的に今の私の実力では大差がなく、むしろ使い勝手がいいのもわかったうえで、迷っています。

次に、レンズのこと。
最初に買うレンズは、キットではなく、AF18-200mm?(すみません詳しくわからず)など、カバー範囲の広いもの1つ、にしたいなと思っています。ですが、キャノンの場合、手ぶれ防止機能の分、さらに重いしゴツイなぁと。
それに比べると、ペンタックスのK7は、レンズ・ボディも含めてちょっとは軽くて、店員さんいわく性能も素晴らしいとのこと。(実際のところどうなのでしょうか?)見た目も気に入って、とてもよさそうに感じました。
ただ、ネックはレンズの種類や販売の遅れだそうで。また、ファインダーをのぞいた時の手ぶれ。これらはやはり気になるものでしょうか?

自分の中で優先順位をつければよいことなのですが、それがうまくつけられずに迷っている状況です。
長文で、しかもわかりにくい文章で大変恐縮なのですが、何か購入にあたっての決め手となるような、みなさまの経験談や、アドバイス、などみなさまそれぞれの主観で構いませんので、いただけると幸いです。

今週末までには買いたいです!どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-03-17 02:19:14

QNo.5758094

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

資料写真などで時折業務用途でデジカメを使用しますが、仕事に使うのなら先生方の言うとおりキャノンが最高です。
キャノンの品質はそのくらい安定しています。
ミラーレスを選択肢に入れるのならそれも違うでしょうが一眼レフに限ればキャノンは間違いありません。
後はレンズとボディの予算のバランスでしょう。

投稿日時 - 2011-10-10 22:37:38

ANo.9

No.6です。
> 初心者が使うにはあまりにも難しいでしょうか?
・ご質問と補足を拝見して、私が感じたのは、jonny22様は凝り性の方に感じました。

Kissシリーズと50D/K-7の違いは、
撮影後に吐き出された絵に納得が行かない場合に、自分の好みの絵の方向性に深追い出来るか、出来ない

かの違い。
特にK-7は50Dよりも更に、微調整項目が多いカメラに仕上がっています。
例えば、AF中望遠レンズで1m定規の真ん中500mmの目盛りを撮影した場合。
どんなカメラにも、AFには誤差が1~1.5mm程度はあります。
このくらいの誤差は通常の撮影には全く問題ありません。
50Dの場合、このAFの調整はキヤノンのサービスセンターにカメラを持ち込む必要があります。
K-7の場合、このAF調整を自分で行うことが出来るように設計されています。

バッチリ正確なAFは、綺麗なオネーサンのバストアップの横顔写真などを撮影する場合に必要になりま

す。
レンズ絞りを開放ぎみで、前景と背景を大きくボカして、右目や左目の「黒目一点」だけにピントを合わ

せたい場合などに必要な機能なのです。
(もちろん、撮影者も、カメラに慣れていてファインダー越しにピントを見極める力、眼力を養っておく必要があります。)
Kissシリーズだと目尻や目頭にピントが来る可能性が高くなり、バッチリ黒目にピントがくる可能性は、グンと低下します。

以上のような機能が、K-7は満載。
キヤノンで同機能を求めると1D系、5D2、7Dが対象機種になりますが、皆ヘビー級のカメラです。
小型軽量機では、K-7だけになります。

私は、jonny22様は凝り性の方に感じたので、K-7が楽しめると思います。
恐らく、Kissシリーズでは近い将来不満を覚え、買い換えることになると思います。

> 手ぶれ補正について
・手ぶれ補正はレンズ側でもボディ側でも性能、つまり、実写撮影データ(画像データ自体)に違いはありません。
どちらも、ビシッと手ぶれが良く補正されていると思います。
ですが、、、手ぶれ補正に関しては、私見ですが、絶対にレンズ側補正の方が良い。
超望遠撮影時や携帯ストラップなどの小物の近接撮影時、ボディ側手ぶれ補正はフレーミングすら難しくなる。
実は、私はキヤノンとニコンを今まで主に使ってきました。
K-7に500mmレンズを付けたら、もう、ファインダーで被写体を追っかけることすら辛くなります。

K-7の手ぶれ補正に関しては、フレーミング以上に魅力的な機能が実は、あります。
そして、レンズ側の手ぶれ補正機能では絶対に実現できない魅力的な機能です。
全ての人間は、体が左右のどちらかに歪んでいます。
カメラをビシッと垂直や水平に構えたつもりでも、体の歪みや癖により、左右のどちらかに少しだけ傾いている事が良くあります。
K-7は手ぶれ補正機能を一歩進化させ、カメラが傾いた場合、撮像素子を回転させて自動的に水平垂直を保つ機能があります。
この機能は本当に便利だと感じています。
シグマなどの手ぶれ補正付き超望遠レンズにK-7の水平垂直出し機能を組み合わせれば、鬼に金棒だと思います。

添付の写真は、先日、札幌近郊の標高500m程、気温はマイナス11℃、山中で撮影した「フクロウ」です。(私は東京在住です。)
あえて、撮ったままで紹介します。
K7は、ごらんの通り、盛大に青カブリしています。
この写真を後から、色調を補正して、適当にトリミングして写真絵ハガキにします。
撮影依頼者との契約があるため、邪魔な横木で使えないカットを添付しています。
フクロウは、風雪を躱せる三方を囲まれた切株で、小動物が現れるのを待っています。
この撮影で、はじめてK-7を使用したのですが、環境対抗性能(防塵防滴と極低温)の優秀さに、正直なところ驚きました。
もしも、キヤノンならば50Dよりも7Dを本当は、お勧めしたいと思います。
ただ、7Dは大きくて重いカメラなのが玉に瑕ですね。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2010-03-18 21:24:56

ANo.8

レンズ交換が可能なカメラで末永く使おうと思っているのならレンズ一本ですまそうというのはどうかと思います。

レンズ交換式カメラの最大の魅力は「交換レンズ」。
それを無視して18-200mmという高倍率ズームしか考えないというのではデジタル一眼である必要はありません。
キヤノンには「EF50mmF1.8II」という重量130グラムで1万円弱で買えるレンズもあります。
ペンタックスには「DA 40mm F2.8 Limited」重量90グラムと更に軽量ですが値段は3万円強。

どういうレンズがあるかレンズカタログで見比べることもしては如何ですか?
オリンピックなどのスポーツ競技を撮影するカメラマンのほとんどはキヤノンかニコンを使っています。そのメーカーでしか使えないレンズが揃っていますからね。
バンクーバーオリンピックや野球、ゴルフ中継で白いレンズを使っているカメラマンを見たことありませんか?そのカメラマンは間違いなくキヤノンを使用しています。

一眼レフ風の見た目と軽さという点では「Pentax Optio I-10」なんていうのもありますよ?
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/pview/20100203_346562.html

投稿日時 - 2010-03-17 20:09:04

お礼

ご回答ありがとうございます。

私の記述不足で申し訳ありません。
もちろん、レンズは後々たくさん揃えていきたいと考えています。そのうえで、最初の一台、最初のメーカーを迷っている…という状態です。

>バンクーバーオリンピックや野球、ゴルフ中継で白いレンズを使っているカメラマンを見たことありませんか?そのカメラマンは間違いなくキヤノンを使用しています。

そうなんですね。すごいです。キャノンはスポーツ撮影などに強いと聞いております。仕事上撮影に行くことが多く、知り合いのカメラマンさんもキャノンを使用しているかたが多いので、私自身もキャノンに魅力を感じております。

ただKissから入っていずれ乗り換えるにしろ、D50から始めるにしろ、そのボディの重さがあまりにも気になり、K7と迷っている…という状況です。

いまいちど、カタログを熟読しつつ勉強させていただきますね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-03-18 00:05:28

ANo.7

こんにちわ。

予算が合えば、迷われている中ではK-7がいいのではないかと思います。
比較的コンパクトですし、ボディ内手ぶれ補正なので、高価な手ぶれ補正
レンズを買わなくても済みます。本体の性能は十分と思います。
Kissもいいカメラとは思いますが、ファインダーが井戸の底を覗くようで・・・

k-mやk-xの選択肢もありますが、個人的には上部液晶とスーパーインポーズ
がない事にすごく違和感を感じます
PENTAX用レンズの種類は、特に他メーカーに劣るとは思いません。確かに純正
最新レンズは少ないですが、昔のMFレンズまで使えちゃうので、選択肢は
けっこうありますよ

レンズは、まず一本なら18-200でいいと思います 標準ズームより大きいです
けど、2本持って付け替えするよりずっとマシです。構図の自由度が高いので
(ズームまかせという意味ではありませんよ)散歩しながら、道ばたの花やら
景色やら人やらイロイロ撮るには最適です。
ただし、性能やら収差うんぬん気にするヒトならやめた方が吉です。人に
自慢できるレンズでもありません。「写真」を楽しむには十分な性能ですけどね

ただ個人的には、写真を楽しむだけなら2世代前のK100Dと安レンズでも十分かと。
これでも相当イロイロ撮ることができますよ。基本性能はしっかりしてますし
結局のところカメラの役割は絞りとシャッタースピード(デジタルは感度もか)を
変えることだけですし。
私事ですが、そういう意味では30年も前のMFフィルム機ですら使いこなすのは
大変だなぁ、シャシンってむずかしいなぁ、と感じています。

なので、最新高性能ボディにお金かけるくらいなら、No.3さんのおっしゃるように
撮影そのものにお金かけた方がいいんじゃないかなぁ、と思います。
だんだん自分の撮影スタイルもできあがってきますし、それに合わせて
必要なボディやレンズに買い代えていってもいいのではないでしょうか。
どうしても「最新機能」を楽しみたいなら別ですけど・・・

ちなみに私は、フィルムが主で、デジタルはEOS40Dや*istDSを使っています。
その中で一番使わないのが40Dで、でかくて重くて持ち出す気にならず、子どもの
行事専用機に成り下がってます(笑)
運動会や飛行機撮りなんかには最高なんですけどねー 不便なのはそのうち慣れますが
重いのはいつまでたっても慣れないです^^;

投稿日時 - 2010-03-17 19:59:22

お礼

ご回答ありがとうございます。
フィルムカメラをお使いになられているかたには憧れます。素敵ですね。

Kissのファインダーをのぞいた感じ・・。忘れてしまいましたが、それももう一度比較してみようと思います。

最新高性能へ特にこだわりがあるわけではないです。店頭に、最新機種しか置いていなかったので、選択肢に入っていませんでした(笑)
んー。お金はあまり気にならないですが、きっとカメラやレンズ以外にお金をかけていくことが、楽しさにつながるのですね!

40Dやはり重いですか。 持ち出す気になれないのはやっぱり問題ですね。色々考えるうちに、50Dの購入意欲はほとんどなくなってきました…。

投稿日時 - 2010-03-19 03:00:15

ANo.6

「K-7」
写真に関しての造詣や、カメラに関しての知識が無い人には、全く歯の立たないカメラ。
全機能の90%は使われることもなく無駄に終わるカメラです。
逆に、カメラ好き、ハイテク好き、有識者には、写真を撮らなくても弄るだけで一週間は楽しめるカメラでもあります。

誰でも始めはド素人です。
ただ、思い通りの絵を吐き出せるようになるまでにK-7は、本当に苦労するカメラです。
ニコンやキヤノンが、良く調教された馬ならば、K-7はジャジャ馬です。
一言いえることは、ご質問者様が「凝り性」ならば、K-7は良い相棒になるカメラです。

「Kiss」シリーズ
オート機能が充実していて、誰が撮影しても破綻のない中庸な絵が得られる使いやすいカメラ。
光学ファインダー部分にコストの掛かるガラスプリズムを省略するなど手を抜ける部分は徹底的に抜いたカメラ。
K-7とは180度、逆の方向性を行くカメラ。

「50D」
K-7が「TVR Tuscan」ならば、50Dは「日産GTR」。
高性能だけど、誰でもソコソコ納得の絵が得られるカメラに仕上がっています。
K-7は、解像感を優先した絵作りですから、感度を上げればノイズが出ます。
ノイズは、後で撮影者が責任もって補正してね~みたいな所がありますが、50Dは、そこまで無責任では無いカメラ。

「レンズ」
キヤノン/ニコンのレンズラインナップに、ペンタックスは太刀打ちできません。
もっとも、トキナーはHOYAのグループ企業。
タムロンの筆頭株主はHOYA。
トキナーレンズもタムロンレンズもペンタックスにOEM供給され、関係の深い会社です。
ただ、レンズ収差補正機能は、ペンタックス純正レンズだけにしか使えません。
ペンタックスには、現在、高倍率ズームは、ありません。
以前は、ペンタックスDA18-250mmレンズがタムロンからOEM供給されていました。
高倍率ズームレンズは、利便性とは裏腹に、像歪みやレンズ収差が大きな欠点があります。
K-7の場合、全てのペンタックスDAレンズの歪みや収差を自動で補正する機能があります。
この機能を使うと、歪みの大きなDA18-250mmレンズが高性能レンズに化けました。
ペンタックスDA18-250mmレンズがラインナップから消えたのは、実に残念です。

> ファインダーをのぞいた時の手ぶれ。これらはやはり気になるものでしょうか?
・実際に覗いて判断いただいた方が良いと思いますが、望遠200mm位ならば、もっとも像が揺れやすい最短撮影距離でも、ボディ側手ぶれ補正で問題なし。
シグマの18-250mmOSレンズをK-7に合わせれば、手ぶれ補正はレンズ側とボディ側の両方をお好みで切り替えることが可能です。

投稿日時 - 2010-03-17 11:05:26

補足

ご回答ありがとうございます。
非常に勉強になりました。
何点か補足で質問させていただいてもよろしいでしょうか?

「K-7」について
こちらは確かに、初心者向けのシーンモードなども特になく、最初のハードルが高いように感じました。そこさえ越えられれば後は、機能はあるだけ突きつめたいので問題ありません。 初心者が使うにはあまりにも難しいでしょうか?

手ぶれ補正について
これは、ファインダーをのぞいた時の見え方の違いは自分でもわかるのですが、実際に撮影してみて出来上がったモノ自体に影響はどれくらい出て、どれほど気になるのかな?というのがわかりません。いかがでしょうか。


レンズの情報とても勉強になりました。
ペンタックスのDA18-250mmレンズ素敵ですね。

投稿日時 - 2010-03-18 02:33:46

ANo.5

先ずは、お店に行って対象カメラを触ってみて下さい。
私自身、最初に購入するデジタル一眼レフカメラがミドル(中級機)クラスであっても、むしろ購入できるだけの金銭的余裕があるのであれば、質問内容の中の機種で言えば50Dがおススメです。
7Dが発売されてから、50Dの価格もそれなりに安くはなってきていますしね。

ただ、質問者様が仰っている様に重量は重たくなります。
一眼が故の重たさ、そしてその重量だからこそ安定感がある。
カメラの操作自体も、何枚も撮っているうちに身に付くものです。
どうしても重たいものは回避したいと言うのならKissシリーズです。

尚、レンズに関して言えば、私としましては、一眼の扱いに慣れていない使い始めの頃を考慮すれば、やはり質問者様が仰っている広範囲をカバーするレンズ一本が良いと思います。
レンズの交換の際、カメラ本体の中にゴミが入ってしまったり、時と場合によってはレンズを落としてしまったりと、中々扱いには注意が必要になってきますので、レンズ交換を極力控えることを考えるとどうしても広範囲をカバーするレンズがおススメです。

以上が私個人の考えですが、質問者様の内容を総合して、

・カメラ本体→Canon Eos kiss x3 若しくはx4(低価格だとx3)
・レンズ→Canon EF-S18-200mm F3.5-5.6IS

の組み合わせでどうでしょうか。
価格に関しては、一概に幾らとは言えないので、自らネットで事前に調査されることをお願いします。

投稿日時 - 2010-03-17 09:56:55

補足

すみません、アドバイス無視したみたいになってますね。

お店ではたくさん触らせてもらいました。
その中で、D50 の重さに驚いた、というかんじです。

投稿日時 - 2010-03-18 02:24:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

レンズ交換についての知識があまりなかったのですが、交換の際にはやはりゴミなどがはいりやすいのですね。勉強になりました。
それもふまえて、やはり広範囲をカバーできるレンズを一つ。ボディとレンズそれだけ持って出かけるところから始めたいなと思いました!

50Dは、性能や使いやすさなぢうぃ考えると間違いなくこれなのです。ただ、本当に重さが気になる…という感じです。そこ一点で踏み切れずにいます。

値段はあまり気にならないですが、ネットチェクしてみます。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2010-03-18 02:23:30

ANo.4

本気で使うとはいえ、最初からミドルクラスを買うのは早計です。ある程度エントリーモデルを使ったあとでミドルクラスに乗り換えた方が良いかも。だって、デジタル一眼レフは日進月歩の世界ですから・・・。

仮にペンタックスの機種を買うならエントリー機のK-xかK-mをお勧めします。バッテリーは単三電池ですから、専用バッテリーしか使えないミドルクラス機と違って不意に電池切れしてもコンビニに駆け込めば手に入ります。画素数も機能もミドルクラス機並ですから、撮り味は中々いいですよ。今週末までに買うとなればK-xが妥当かも。
レンズに関しては最初のうちはキットレンズだけで十分です。後から買い足したってさして問題ありません。

投稿日時 - 2010-03-17 07:52:34

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに、後々ペンタックスのミドルクラスに乗り換えることを考えて、K-mを購入する…という選択肢を考えていませんでした。
ちょっと店頭で見てみようと思います。

キットレンズのズームが、私としては物足りなく感じて、かと言って望遠も買って何度も付け替えて…というのが不便に感じ、それで一本にしたいと思っています。(まだ色々な対象物を撮りたいので)
ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-03-18 02:32:52

ANo.3

デザイン、実際に持って、ファインダーを覗き、操作してみて、シックリ来るカメラが良いと思います。
AF18-200mmは重く大きいでしょう、標準ズームと望遠ズームがセットになったWズームが良いと思います。
一般的な撮影にはこの2本で充分です。

jonny22さんが凝り性で写真を趣味にして毎月、毎週のように撮影をするようになったら、
欲しいレンズやカメラが見えてくるでしょう。
趣味にしてしている人の多くははカメラ、レンズ、三脚も複数持っています。
あきたカメラ、レンズを売ることも出来ます。
カメラのレベルに合った三脚も必要でしょう、プリント代も必要です。
当初はエントリー機で良いと思います。
予算が余ったら、撮影に行きましょう。
一眼レフは大きなプリント(お金が掛かります。)をするためのカメラです。
良い写真が撮れたら大きなプリントにされることをお勧めします。

あまり凝り性でないなら高い機種を買う必要なく、やはりエントリー機で充分です。

私は今、使ってるフィルム一眼が壊れたらペンタックスのK-mかニコンのD3000を多分買います。
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-m/feature_4.html
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d3000/
ユーザーの作品を見ると私には充分なカメラです。
http://photohito.com/camera/brands/pentax/model/pentax-k-m/order/popular/
http://photohito.com/camera/brands/nikon/model/nikon-d3000/order/popular/

腕を磨いてください。
全くのド素人と言うことなので参考に
http://www.nikon-image.com/jpn/enjoy/phototech/finder/index.htm
http://www.iwatephoto.com/lecture/lecture7.htm
http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/consumer/TakingGreatPictures/TakingPic/light.shtml
http://www24.big.or.jp/~antares/photo_gallery/camera/camera3.html
http://cp.c-ij.com/ja/photoshooting/techniques/camerafunction/camerafunction07.html
http://www5c.biglobe.ne.jp/~ky0408/white.html
http://photozou.jp/photo/list/138850/367874
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tec/camera/20040302/107337/
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tec/camera2/20051128/114452/?P=2

投稿日時 - 2010-03-17 07:30:14

ANo.2

フィルムにも発色の癖があるように、デジタルカメラも画像処理プロセッサー(エンジン)の違いで、各社各様に絵作りが異なります。
勿論、RAWで後から画像処理する事もできますが、初心者の場合、JPEG撮って出しで使う事が多いので、一番好みの絵作りに近いメーカーを選ばないと後悔する事になります。

次に、デジタル一眼レフは、交換レンズ、ストロボ、現像ソフトなどのアプリケーション全体がシステムになっていますので、一旦メーカーを決めてしまうと、互換性の問題から簡単に他社への乗り換えと言う訳には参りません。

それだけに、メーカー選びは大切ですから、出来るだけ多くの意見を聞く事も大切かと思います。

さて、本題ですが、手ブレ補正には、レンズ補正方式とイメージセンサー補正方式があり、どちらも一長一短がある訳ですが、個人的には、ファインダーで効果の確認ができるレンズ補正方式に一日の長があると思います。

50DとKissですが、キヤノンの場合、パラメータがピクチャースタイルで統一されており、エントリーモデルでもフラッグシップ機と同じ絵が得られます。要するにエントリーモデルでも絵作りに関しては、手抜きされていないと言えます。
結局、グレードの違いは、ファインダーの見え方、AF性能、連写性能、防塵防点性能、耐久性など性能の違いです。逆に、初心者向けのお任せモードなどの機能面では、エントリーモデルの方が充実しています。

ズームレンジ幅の広い高倍率ズームは、利便性と画質がトレードになります。

以上、総合的に勘案し、「Kiss Digital X3orX4のWズームレンズキット」をお勧めします。

投稿日時 - 2010-03-17 05:34:18

ANo.1

私が買ったときはそんなに迷わなかったですよ、
つまり手に持って「ひらめいた」時が買い時って決めてました。
他に判断したのは記録するカード(SD、xD、メモリースティック、コンパクトフラッシュ)
ISO感度(暗い場所をよく撮るのなら重要)、光学ズームですが・・

でも結局持ったときに手になじむかどうかって所です、
たくさん写真撮るのにこれ以上の理由は要らないでしょ。

投稿日時 - 2010-03-17 02:33:39

お礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。ひらめきや直感ってとても大切ですよね。
悩みすぎてちょっと忘れていました。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2010-03-17 23:40:14

あなたにオススメの質問