こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告(給与所得とその他)

確定申告(給与所得とその他)

確定申告(給与所得とその他)

昨年、フリーランスで仕事をしました。
他の会社からは給与所得で源泉徴収票をもらっているのですが、1社だけ何ももらっていません(支払調書も)。
年間所得が38万円超えると、確定申告(青色?)しなくてはいけないと聞いたのですが、源泉徴収されている分の収入も含めて38万円超えたら確定申告しなくてはいけないんでしょうか?

この1社だけだと、38万は超えなさそうなのですが、全部合わせると超えてしまいます。
(この他、株式の配当ももらっているのですが、これも含めて所得にしないといけないですか?)

アドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2010-03-18 12:07:22

QNo.5761123

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>年間所得が38万円超えると、確定申告(青色?)しなくてはいけないと聞いたのですが
いいえ。
その収入からかかった経費を引き(それを所得といいます)から、社会保険料控除(貴方が払った年金や国保の保険料)、生命保険料控除、基礎控除(38万円)を引き、残った額があれば申告が必要ですが、それがなければ申告の必要ありません。

また、1社の分が「給与所得」なら収入から給与所得控除を引きます。
それが所得です。
最低でも給与所得控除は65万円あります。
65万円以下なら、所得は0円です。

>この他、株式の配当ももらっているのですが、これも含めて所得にしないといけないですか?
配当は申告してもしなくてもかまいません。
ただ、貴方の場合は申告すれば、配当控除というものもあるため配当から源泉徴収された所得税が還付されます。
なので、しなくてはいけない、ということではなく確定申告したほうが得です。
配当を確定申告する場合は、前に書いたように所得税かからなくても、フリーランスの仕事の分も申告してください。

投稿日時 - 2010-03-18 23:23:02

お礼

どうもありがとうございます。大変助かりました。

投稿日時 - 2010-03-19 13:14:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

確定申告はもらってるお給料を全部合わせて申告するものですから、
必要ですね。

年間所得が38万円を超えると というのは
個人所得控除のことで、これは支払先ごとではなく、
あなたの儲け全部ひっくるめたうえで控除される額です。

株に関しては分離課税ですので、
特定口座で運用しており、且つ儲かっていれば申告しなくてもかまいません。
税金が引かれたうえで口座にお金が入ってるはずです。
ただし損失があれば、損失を来期に繰り越すことが可能ですから、
確定申告をしておいた方がお得です。

投稿日時 - 2010-03-18 12:40:55

お礼

どうもありがとうございました。大変助かりました。

投稿日時 - 2010-03-19 13:13:58

あなたにオススメの質問