こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

数年間使用していない、かつ今後も使用予定がない所謂事業の用に供していな

数年間使用していない、かつ今後も使用予定がない所謂事業の用に供していない機械設備(償却中)を有姿除却する時のことについてご教授ください。

(1) 使用可能な状態であり、かつ売却価値がなく、また財務的に廃棄費用の支出が困難な時は、破壊等により物理的に使用不可能な状態に必ずしなければなりませんか?

(2) 仮に税務否認(損金不算入)とした場合は、会計上税効果会計が適用できますか?また、その際の仕訳はどのようなものになりますか?

(3) 仮に、除却済み(税務上は否認した)であるにも拘らず、売却や廃棄等をせず、軽微な修理にて使用可能な状態ではあったが、数年間遊休であった機械設備がある場合、当該設備を再利用することは出来ますか?また、その際、除却時の損失額(除却損)を固定資産取得額にした場合、貸方は固定資産版の「償却債権取立益」のようなものになりますか?

以上、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-03-18 15:01:42

QNo.5761508

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

(1)については、使用できない状態であることが必要ですから、そうなりますね。
(2)は税効果会計を適用して
   繰延税金資産  ○○ / 法人税等調整額  ○○
(3)経理上は評価益の計上はせずに、修理代などを資産または経費科目で計上する程度かと思います。

投稿日時 - 2010-03-18 17:31:06

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2010-04-22 16:41:49

あなたにオススメの質問