こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

定年して再雇用後に退職した場合、再雇用期間中に高年齢雇用継続給付金をも

定年して再雇用後に退職した場合、再雇用期間中に高年齢雇用継続給付金をもらっていても、失業手当は再雇用しないで定年後すぐに退職した場合と同様に同じ金額及び期間いただけるのでしょうか?また、再雇用の契約期間が終わらない内に退職しても同じでしょうか?

投稿日時 - 2010-03-22 09:27:43

QNo.5770221

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

再雇用されて雇用保険から「高年齢雇用継続基本給付金」をもらうには、条件が3つあります。
1.雇用保険の被保険者の期間が5年以上あり60歳以後も継続雇用されて被保険者であること。
2.60歳定年前の月給に対して再雇用後の月給が75%未満に低下したこと。
3.定年後1回も失業保険を受給していないこと。
したがって、失業給付と雇用継続給付とは連動しています。
また、雇用給付の最高は再雇用後の月給の15%支給されるのは、定年時の月給の61%未満になったときですから、満額足しても元の月給の70%未満です。
そして60代前半の厚生年金をもらえば28万円のラインで調整がありますのでお気をつけてください。

投稿日時 - 2010-04-07 15:56:35

ANo.1

わかりずらい文章なので勘違いがあるかもしれませんが。
高年齢雇用継続給付金は再雇用しているときにもらうものです。
なお、65才以後はまた扱い方が違います。年齢も書いてほしかった。
年金は受給されていないってことでしょうか。65才になったらもらえばいいと考えているの?同じなのに。

投稿日時 - 2010-03-22 09:42:19

補足

解りづらくて済みません。現在60歳で近近再雇用予定です。再雇用時雇用保険の一つである高年齢雇用継続給付を例えば1年以上受給したら、再雇用後退職した場合の失業給付が受給できなくなるのではとの質問です。高年齢雇用継続給付と失業給付は全く別物で互いに影響しないとは思いますが。

投稿日時 - 2010-03-25 06:20:05

あなたにオススメの質問