こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

任意保険未加入。示談?交通事故で相手は首をムチウチ!

先日に事故を起こしました。
こちらは車で相手はバイクです。
赤信号停止時によそ見運転でバイクの後ろに
軽くぶつかってしまった感じです。

相手は大げさに首が痛いと言い出し、
救急車に運ばれました。

診断書を出し、お金を取ろうという魂胆でしょう。

しかし、私は任意保険に加入しておりません。

この場合、何とかしてこの事故に対する
相手への賠償金額を軽減する方法はありませんでしょうか?
例えば、支払い能力の関係で、仕事を退職したという事にし、
支払いを逃れる方法などありましたらお願いします。

投稿日時 - 2010-03-22 11:03:02

QNo.5770390

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

あなたは100%加害者な訳ですから、深く反省して下さい。
相手には誠意を示すべきです。
何度でも謝罪しましょう。相手の家へ伺っての再度の謝罪も必要だと思います。
そして任意保険には加入していない旨を伝えて、「健康保険を使ってください」とお願いする事です。これによる相手方のデメリットは一切ありません。病院の治療費が低くなるだけです。
誰かに交渉を代わってもらえるなら、それも良いでしょう。
最初の段階で現金を用意して「これで示談に応じて下さい」とお願いするのも一つかもしれません。
逃げる方法より、謝罪してお願いするしか方法はありません。

投稿日時 - 2010-03-23 11:27:51

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

任意保険に加入していないこと自体非常識なのに、支払いを逃れる方法を教えてくれなど、ずいぶん虫のいい話ですね。

任意保険未加入なら、自賠責保険に加害者請求するしかないです。
120万円までは支払われますから、多分大丈夫でしょうけどね。
ただ、相手との交渉など一切してくれませんから、ご自身で書類を取り揃えて請求してください。
他人に迷惑をかけたわけですから、それくらいはしないとね。

投稿日時 - 2010-03-22 17:27:12

ANo.5

乗用車であれば、軽く1tを超える物で相手にぶつけているわけです。
いくら軽くといわれても、それだけの重量物でぶつかれば衝撃は大きい物ですよ。

時速5Km程度でも鞭打ちになることは過去の判例でもありますので、それを否定するには、学術的見地に立った医師免許などを持った人の論文を集めたり証言を集める事が必要になります。

そういう論理的根拠無しで、対抗は出来ません。


自動車の任意保険なんて、支払いの為に入るというより、リスク管理のために入るというものです。
リスク管理が甘かったと言う事でしかありません。
残念ですが上記の証拠などが用意できなければ、大変でしょうね。

交通事故の賠償は、自己破産が認められても免責にはなりませんからね。
一生付いて回る物になります。
支払い能力には関係ありません。

投稿日時 - 2010-03-22 14:27:08

ANo.4

>この場合、何とかしてこの事故に対する
>相手への賠償金額を軽減する方法はありませんでしょうか?

ここでいう賠償金額は、保険の加入・未加入では決まりません。損害の程度、負傷の程度やその他の状況を勘案して決められます。
保険に入っていれば、その補償額を代わりに払ってくれるのです。
つまり、あなたが保険に入っていようとも支払能力がなかろうともその金額は変わりません。

投稿日時 - 2010-03-22 13:42:03

ANo.3

 こんにちは。
 
 まず、交通事故で相手に怪我をさせてしまったら、保険の有無に関わらず、加害者が治療費・慰謝料などを負担しなければなりません。
 赤信号で停止中の車両に脇見で追突したのであれば、質問者さんの過失は10割で過失相殺は質問者さんに全面的に非があります。

 任意保険に加入していなくても、自賠責保険には当然加入していると思いますので、自賠責保険の怪我の治療費用は120万円まで支払われます。相手が死亡した場合は3000万円まで支払われます。

 追突して、相手がムチ打ち症状の場合、怪我の程度や治療内容にもよりますが、1~2週間程度の通院で完治する場合でしたら、自賠責保険から治療費は支払われる範囲と考えられます。

 参考までに私が3度追突された病状について説明します。
 最初の追突は停車中にやはり相手が脇見で追突され、即入院するように言われ、首と腰の神経をひどく痛め半年の入院後、約2年の通院治療を行いなんとか完治しました。
 交通事故の場合は自由診療なので、通常の治療よりも高額に治療費用
を請求することは認められています。
 私の場合は、入院治療費用だけでも1000万円は超えていると保険会社からも聞いており、相手は当時は5000万円の任意保険加入の会社のトラックでしたので、治療費・休業補償・慰謝料など全額負担してもらいました。

 二度目は相手は軽トラックでやはり停車しているところにつ追突され、入院はしませんでしたが、約4ヶ月の通院リハビリで完治し、治療費は自賠責保険から全額支払われました。追突で壊れた車は相手の全額支払にて修理されました。

 三度目は首都高速道路で渋滞で停車しているところをタクシーに追突され、このときも入院はしませんでしたが、約3ヶ月の通院治療で、このときにはタクシー会社が加入している任意保険から、通院治療費や慰謝料も支払われました。
 
 相手が金を取ろうという魂胆があるのかは分かりませんが、そんなことを考えるより、まずは加害者としての責任を取る必要があります。

 相手が仮に悪意があるかどうかですが、被害者が仮病を使い痛いと訴えても、専門医は正確に病状を判断できますので、本当に怪我で痛いのか、そうでないのかはすぐに分かります。
 そして、治療に対する保険の扱いは、医師の診断書の内容がすべて治療の判断となり、保険会社もこの診断書の記載内容によって治療費費用の支払いや慰謝料が決まります。

 これは相手がむしりとろうとしても、慰謝料は怪我の病状に対する相場がありますので、裁判となった場合でもアメリカのように、日本円に換算しても数億から数十億円法外な金額とはなりませんが、相場に対する慰謝料支払いの命令され、これは強制力を持ちます。

 まずは、相手に対して誠意を持った対応をすることです。誠意がないと、もめて裁判となった場合、加害者が支払う慰謝料も高くなる傾向です。

 前の方もいっている通り、任意保険に加入していないと、とんでもないことになっていまう恐れがありますので、今回のことを反省して任意保険に加入してください。そして、被害者に対しては、お見舞いをすることや誠意ある対応をしてください。

 それができなければ、運転する資格はないと思います。

 長くなりましたが、さていかがでしようか。

投稿日時 - 2010-03-22 13:19:08

ANo.2

>相手への賠償金額を軽減する方法はありませんでしょうか?

 怪我をしたのは相手です。
その原因はアナタのよそ見!
それなのに「大げさに首が痛い」と
決め付けるのはどうでしょう?
 こともあろうか「お金を取ろうという魂胆」という決め付け

 そして支払能力もないのにクルマに乗る>任意保険未加入
最悪です・・・

 相手の事もあるので 早速 強制保険(自賠責保険)での手続きをして下さい。

 普通の方は、強制保険(自賠責保険)には加入していると思うので
保険会社に連絡を入れて下さい。

 そして今後は 任意保険に加入も出来ないなら
クルマに乗らないで欲しいです

投稿日時 - 2010-03-22 11:26:35

ANo.1

まず、自賠責保険からお金が出ますよ

保険会社に電話してください

>支払いを逃れる方法などありましたらお願いします
そんなものありません。せいぜい、国外逃亡ぐらいですか

投稿日時 - 2010-03-22 11:20:03

あなたにオススメの質問