こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヨーロッパでも駐留米軍は強姦してるのか?

以下のような報告を読みました。沖縄ではしばしば米軍人が強姦事件を起しているのを知ってましたが、日本各地でもやってるんですね。
しかし、もしドイツで米軍がこんなことをすれば、ドイツ人は絶対に、絶対に許さないだろうと思うのですが、欧州での事情はどうなんですか?比べてみたいと思います。
以下は転載記事です。

2002年11月には沖縄で海兵隊の米軍少佐がフィリピン女性に暴行。2003年の5月には沖縄の海兵隊員が19歳の女性を暴行、続いて8月には岩国基地所属の海兵隊員が路上で53歳の女性を襲い、負傷させました。2004年には米海軍佐世保基地の米兵が路上で19歳の女性を呼びとめ自分の車に押し込み暴行を加え、2005年には沖縄のキャンプ・ハンセン所属の海兵隊員4人がフィリピンのスービックで集団レイプ事件を起こしました。

2006年1月には殺人事件も引き起こされました。横須賀港を母港とする空母キティーホークの乗員が横須賀市で出勤途中の女性を襲撃したのです。

昨秋10月14日の事件以後は、米兵性暴力事件が文字通り連続しています。今年2月に沖縄で女子中学生と沖縄に働きに来たばかりのフィリピン人女性が相次いで被害に遭い、5月には三沢基地所属の米兵が八戸市の路上で女性を背後から襲い、6月には佐世保市の市街地で揚陸艦の乗組員が女性を暴行しています。

米軍当局が「綱紀粛正」・「再発防止」の言葉を繰り返す一方で、米軍人が日本で女性に暴行しても日本の警察に逮捕もされず日本の裁判にもかけられない。米軍の軍法会議では米本国の普通の裁判で死刑や無期になるような重罪さえ微罪扱いになり、集団レイプの主犯さえ一年ほどで釈放になる。このような米軍犯罪と不起訴・不処罰の連鎖がいつまで続くのでしょうか。

投稿日時 - 2010-03-22 11:48:59

QNo.5770469

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ヨーロッパは米国水準同様、俗にいうロリータには厳しい規制をしいています。
当然、欧州を守る米兵が強姦を犯せば日本とは比較にならない社会問題になります。

そこで米軍も差別化を行っているのです。
欧州に派遣されるのはなるべく素行を調査された白人が主体、
一方、日本やその他の地域は米国市民権を求める中南米主体です。

米国の市民権を入手するには軍隊に入るのが手っ取り早いのです。
そういう志願兵もどきは欧州には多く配属されません。
ここに日本で強姦の割合が欧州より高くなる要因があります。
尤も日本に来るのはそういう隊員の中でも比較的優秀な方なのですが・・・

>米軍犯罪と不起訴・不処罰の連鎖がいつまで続くのでしょうか
日本が盲目的に米国に追従していく段階では無理です。
そういう意味で自民党政権は経済を含めて日本をダメにしたといっても過言でない。

日本は属国ではなく、独立国として振る舞わないといけないということです。
民主党の鳩山総理のような振る舞いが本来の外交姿勢からいえば望ましいということです。
意外に思われたかもしれませんが、どこの国もこれくらいはやっています。
普天間の問題なども、フランスがやればもっと露骨に揺さぶりをかけてきます。

ただ、その鳩山政権も左翼社会主義思想が強く、一般の日本人がついていけないというか、
日本を猛烈な勢いで構造改革(破壊)しているのが気がかりですが・・・
ともかく民主党政権になって、あなたの悩みは1つ前進することは間違いありません。

投稿日時 - 2010-03-22 14:02:24

お礼

>尤も日本に来るのはそういう隊員の中でも比較的優秀な方なのですが・・・
一応はアメリカも日本に気を使ってはいるんですね。(^_^;)
しかし、それでもこの位の犯罪のオンパレードですから、日本や韓国、フィリピンをなめ切っていますね。

貴方の回答で、やっぱり私が予想していた通りであることが分かりました。

>ともかく民主党政権になって、あなたの悩みは1つ前進することは間違いありません。
この点では民主党を応援したいですね。

投稿日時 - 2010-03-22 19:51:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

航空特例法(略称)という法律がある(http://www.ron.gr.jp/law/law/anpo6air.htm)。(在日米軍機に対しては)「航空法第六章の規定は、政令で定めるものを除き、適用しない」となっている。そこで航空法第六章(http://www.houko.com/00/01/S27/231.HTM#s6)を見ると、第81条が「最低安全高度」である。したがって、米軍機には日本の航空法の最低安全高度が適用されない。つまり、米軍は航空特例法という日本の法律に従っているのである。「特別法は一般法に優先する」という基本的な法理がある(ここでは航空特例法が特別法、航空法が一般法)。ところが、ご質問者は「現実ははっきり地位協定が破られているのです」とおっしゃる。何言ってんの?
より詳しくは、1999年の濱田健一・衆院議員の質問主意書(http://www.ne.jp/asahi/nozaki/peace/data/data_syuisyo_etc.html)などをご覧ください。一の6と、その答である。「在日米軍は、……日本の航空法令に自発的に従っている」。こんな言い草が幅をきかせているのは、日米地位協定第16条が「尊重」であって「遵守」ではないからだ。すなわち、次の条文である。第16条「日本国において、日本国の法令を尊重し、及びこの協定の精神に反する活動、特に政治的活動を慎むことは、合衆国軍隊の構成員及び軍属並びにそれらの家族の義務である」。
「尊重」することが「義務である」とは、畢竟、「遵守する義務はない」ということである。また、「米軍は日本の航空法(の一部)を遵守する義務がない」という意味のことを、わざわざ日本の法律(航空特例法)が保障している。したがって、米軍機が超低空飛行しても、地位協定第16条に対する明白な違反にはならない。
共産党市議は「米軍機はこの適用を除外され、空域についても高度についても何の制限もなく」と書いていて、これは航空特例法のこと(を誇張した)である。一方、ご質問者は「現実ははっきり地位協定が破られているのです」と書いているが、市議はそんなことを書いていない。書かれてもいないことを読み取ってしまう、ご質問者の「空読み」であろう。空読みなんて言葉はないが、「空耳」をもじってみた。

ほかにも疑問点を挙げていらっしゃるが、「つまり駐日米軍もそうなんだと、暗に言っておられますが」もまた勝手な空読みである。PKOは公務外でも受け入れ国に裁判権がないが、在日米軍は、公務外では日本に原則的に裁判権がある。これは日米地位協定第17条3がそうなっているからだ。「駐日米軍もそうなんだ」は成り立たない。
非番(公務外)の在日米軍人の強姦犯は、(原則として)日本の裁判所で裁かれている。そして、その場合については、「米軍人が日本で女性に暴行しても」「日本の裁判にもかけられない。」とご質問する意味がないではないか? このご質問が成り立つのは、日本の裁判にかけられないケースについてだ。したがって、私はそういうケースがあると想定した上で回答した。すなわち、次のようなストレートな問いである。「日本国内で起きた犯罪なのに、なぜ日本の法律・裁判所で裁けないケースがあるのか? 『公務外の犯罪なら裁けます』というのは答にならない。なぜ、全部裁けないかと聞きたいのだ」。このストレートな問いと問答するなら、次のようになるだろう。
「日米地位協定がそうなっているからだよ」
「そんな協定は日米協定だけじゃないの?」
「いいえ、そもそも一般国際法があって、PKO地位協定も日米地位協定も在欧米軍の地位協定も、それに基づいている。一般法と特別法の関係だ」
「在独米軍は(少なくとも裁判権については)在日米軍とだいたい同様である」

ご質問者は「レイプなんかは公務執行中の行動ではないのだから」と断言するが、その根拠は?
また、「ドイツ側は基地内で警察権を行使できます」は、「ドイツの公共秩序や安全が危険にさらされている場合には」と条件が付いてるじゃねえかよっ(ボン補足協定28条0項)。そして、「公共、秩序、安全」と来れば、警察活動のうち、「行政警察」や「保安警察」である。レイプ事件の捜査は「司法警察」である。場合が違うので、基地内で警察権を行使できないだろう。

投稿日時 - 2010-03-25 03:48:42

お礼

回答ありがとうございます。貴方の上げて下さったリンク先など、これからじっくり読んで見たいと思います。
全体を読んで、やっぱり日本はアメリカの属国だという思いです。
特別法というのを裏に隠していて、表向きは地位協定で立派なことばかり書いている外務省。「詳しくは航空特別法を参照して下さい」くらいのことを書いてくれないから、私のように誤解してしまう人間が出て来て、要らぬ議論が発生する。外務省の狡さから判断すると、これはしかし、ワザとそうしているのでしょう。
先の自民党女性議員の高市早苗氏の弁も、強姦される同じ女性の弁とは思えませんね。自衛隊員を守るためなら、女性は犠牲になるのも仕方ないと、巧妙に主張しています。

ま、ヨーロッパで米軍がアジアと同様に強姦しているのかどうかという私の疑問ははっきり解決しないまま、この質問を閉じさせていただきます。

投稿日時 - 2010-03-26 13:01:04

ANo.6

>人間には誰しも、悪の心も善の心もありますが、自民党はその人間の悪の部分を吸い上げ具現化したもので、悪の結晶であり、単なる政治的な相対観からは見ていません

 政治を語る上で最もタブーなのは政治を善悪で語ることです。
例えば日本と韓国の歴史価値観を統一させようと過去何度もお互い協議が組まれ増ました。
 彼らに言わせると日本(日帝)そのものが悪であり、日本の言い分は悪であるので認められないという言い分です。
 つまり物事を善悪で捕らえると、議論すら出来ません。

物事を善悪二元論で政治を当てはめると国連憲章の敵国条項があります。
 簡単に言うと日本は悪の国家なんで、攻め込む場合は他国より容易に会戦が可能です。
 つまち質問者の言い分は、国連条項や韓国の正義に当てはめると日本は悪い国なんで不公平な規定を組まされても仕方ないという論法が成り立ちます。

投稿日時 - 2010-03-24 23:37:33

お礼

>政治を語る上で最もタブーなのは政治を善悪で語ることです
おっ、ベンダサンと同じ論法が出て来ましたな!「けんか両成敗」であり、どちらが悪く、どちらが善いという裁き方は間違っているのだと。
ベンダサンは一応根拠を示しましたが、貴方はそう言う根拠を示せますか?
悪の心→悪の行為に走るのであり、政治家の悪の行為を裁くのが司法なんだから、貴方は現代の司法裁判制度を否定するわけですか?

日本と韓国の歴史価値観云々ですが、議論が進まなかったのは日本が悪でないという論拠を示して反駁出来なかったからではないのですか?
どちらが正しくてどちらが不正かを突き詰めるのが、どんな議論の場においても常道常識でしょう。韓国側が物事を善悪で捕らえたことが原因であるわけがありません。貴方は確かどこかで「北朝鮮は悪である」と決め付けておられたように記憶していますが・・。

確かに鎖国していた江戸時代には「喧嘩両成敗」の思想が生きて実践されていたのかも知れませんが、今の世界では、日本は勿論、全世界で善悪二元論で物事を判断し解決して行っているのです。そんなことくらい博学な貴方なら私以上にご存知でしょう?裁判だって、交通事故だってそうでしょう。過失割合に応じて双方が責任を分担する。時に一方が100%負担することもある。しかし、だから二元論は間違っているということとは何の関係もありません。
「国連条項や韓国の正義」が正義でないと言うなら、全人類に通用する尺度でもって反駁すればいいのです。韓国が韓国人だけに通用する尺度で持って主張していると思えば、そこを突けばいいのです。反駁出来ないのであれば、潔くこちらの方を改めるより仕方ありません。

投稿日時 - 2010-03-26 12:41:48

ANo.5

ちと、質問者さんの返信内容の一部について、述べたい点がありますので。

> そういう傀儡状況を作って固定化して来たのは自民党政権なんだから、また自民党政権に戻るなんて、死んだ方がマシです。

これ、多少異なります。
そういう状況の発生原因は、大日本帝国がアメリカ合衆国に軍事的に敗北し、日本が無条件降伏したことを起因として発生した問題です。
自民党は傀儡政権というよりは敗戦処理政権です。

敗戦処理の作業の中で次第に米国追従を脱却していくべきものであるところを、更に加重に米国に依存してしまった点で問題があるのであり、あなたが「また自民党政権に戻るなんて、死んだ方がマシです」と言われるのであれば、どうぞ死んでください。

我々は今、自民党を必要としています。一方で民主党、その他の政党も必要としています。(野党になった自民党を・・・必要としています)
政党支持とは、その政党を全て丸ごと支持し、その政党の配下に入り、その政党に支配されるを了承するというものではありません。
政党は公民権を行使する国民によって支配される原理であり、政治の実行者は国民であり政治家・政党はその代理人でしかありません。

敗戦処理政権としての経歴がある自民党よりは、米国との因縁の薄い民主党のほうが、国民にとって利用価値がある場合もあるので、民主党に期待が持てる… というだけのものでしかありませんよ。
政治的な処理能力の上では自民党のほうがまだましです。

投稿日時 - 2010-03-23 09:11:41

お礼

回答ありがとうございますと言いたいところですが、そろそろ疲れて来てこの質問を閉じたいところなんですが・・・
>米国追従を脱却していくべきものであるところを、更に加重に米国に依存してしまった自民党、つまり岸信介の系譜を引く自民党では絶対だめですね。だから、安部もダメだし、小泉もダメ。ま、鳩山、田中系ならマシですけどね。

投稿日時 - 2010-03-24 17:00:36

ANo.4

まず基礎知識として、たとえば下記の外務省のサイトなどをご覧ください。

日米地位協定Q&A(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/qa.html
(引用開始)
問4: 米軍には日本の法律が適用されないのですか。
(答)  一般国際法上、駐留を認められた外国軍隊には特別の取決めがない限り接受国の法令は適用されず、このことは、日本に駐留する米軍についても同様です。(中略)
問5: 在日米軍の基地はアメリカの領土で治外法権なのですか。
(答)  米軍の施設・区域は、日本の領域であり、日本政府が米国に対しその使用を許しているものですので、アメリカの領域ではありません。したがって、米軍の施設・区域内でも日本の法令は適用されています。
(引用終り)

このような基礎知識を欠く者が、「ドイツやイタリアでは……、日本では……」とガセネタをまき散らしている。しかし、駐留軍に駐留国の法令が適用されないことは、国際常識である。法令が適用されるのは基地に対してだ。
もっとも、たとえば共産党系などは、「ドイツの米軍はボン補足協定で……、それに引き換え在日米軍は……」という論じ方をすることがある(例えば、http://itagaki.cocolog-nifty.com/kyousanntou/2010/01/post-93a9.htmlをご覧ください)。しかし、よく読むと、米軍人の容疑者をドイツの法律で裁けるようになったとは書いてないよね。注意深く避けているようだぞ。一番肝心な、知りたいことなのに。米軍人がドイツでレイプしたら、ドイツ側の裁判で裁かれるか? はっきりさせるために、本間浩・法政大教授(国際法)の2004年の論文をご覧ください。

http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/221/022101.pdf
(引用開始)
しかし、その反面、事項によってはドイツ連邦政府の主権主張は認められず、精々、NATO軍地位協定上の定めに関する手続上の明確化、または合理化をいくらか達成しえたことに留まらざるを得なかった。その典型的な事項が、とりわけ米国が自国の権限の下におくことに強くこだわった刑事裁判権・刑事手続である。
(中略)
改定交渉においてドイツの要請は米国政府の強いガードに撥ね返された
(引用終り)

つまり、原則としてドイツの法律・裁判で裁くことはできないのだ。在日米軍も在独米軍もだいたい同様であることが分かる。忌々しいが、日本の外務省の説明がまあまあ正しい。まあ、でも常識なんだけどね。自衛隊が海外でレイプしても、その国の警察に逮捕されず、その国の裁判にかけられない。http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5626368.htmlをご覧ください。要するに、キョーサントーにさえ劣るのが、ネトウヨの粗製乱造回答ってことですよ。さて、ご質問に答えなければなりませんね。

> ヨーロッパでも駐留米軍は強姦してるのか?

残念ながら、しているはずです。

> もしドイツで米軍がこんなことをすれば、ドイツ人は絶対に、絶対に許さないだろうと思うのですが

ご質問者の勘違いだろうと思います。下記のコラムをご覧ください。朝日新聞社のサイトに連載されたものです。筆者のフリージャーナリスト・美濃口坦(みのぐちたん)は「味のあるリベラル」と言いましょうか、日本の左翼がドキリとするような盲点をつく論客です。それでいて、保守や右翼ではないのです。

ドイツ人・女性フェミニストとの電話 - 美濃口坦「欧州どまんなか」、2001年7月11日
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1595/feministin.htm
また、自民党政治家の見解としては、たとえば高市早苗などをどうぞ。
http://sanae.gr.jp/column_details35.html

最後に、私なりの結論を述べます。粗製乱造の人らは、米軍が(ヨーロッパに比べて)日本を差別しているようなことを言うが、外国の軍隊の駐留を認める以上、我が国の法令が適用されないのは国際法の原則である。だからこそ、(特に)沖縄に過大な負担を押し付け続けないために、米軍基地移転などを米国と粘り強く交渉していくべきだ。それが現政権の方針でもある。
左翼などは、(a)「米軍人の強姦犯を日本が裁くこと」も、(b)「沖縄米軍の一部は県外か国外へ移ること」も、両方求めているようだ。一方、共産党にも劣るネトウヨは、(b)を非現実的と冷笑するくせに、(a)は願望しているようだ。彼らは「(b)は相当難しいが、(a)は(b)よりもっと難しい」ことを知らない。

投稿日時 - 2010-03-22 23:19:45

補足

色々リンクを貼って下さったので読んでいますが、色々矛盾点も見えました。
日本政府・外務省というのを私は基本的に信用しておりません。保身本能が強過ぎてずる賢くなっているからです。嘘も平気でつく人間の集まりですから「一般国際法では」などと言われても、その国際法を見せてくれと言いたくなります。無知な国民を騙す気だろ?それほど私は外務省を信用していません。でも外務省のHPでそう書くんですから、そこまでは嘘は書かないのでしょう。まあ、そういう一般国際法というのは存在するのでしょう。
しかし、次の点は嘘ではないのですか?問4の答に「一方で、同じく一般国際法上、米軍や米軍人などが我が国で活動するに当たって、日本の法令を尊重しなければならない義務を負っており、日米地位協定にも、これを踏まえた規定がおかれています(第16条)。」とありますが、現実には日本の航空法で定められている 航空機の最低飛行高度は、居住地では300メートル、非居住区では150メートルとしていますが、米軍機はこの適用を除外され、空域についても高度についても何の制限もなく云々と貴方が紹介下さった共産党市議が書いております。これには私も体験があります。沖縄の金武町へ現場仕事に行った時、頭上をヘリコプターから梯子を下ろし、そこを兵員が昇り降りする訓練をしていました。バリバリ々々とけたたましい音を終日立てており、梯子にぶら下っている兵隊の顔まではっきり見えるほどの低空訓練でした。日本の航空法では300メートル以上ないといけないそうですが、とてもそんな高くはなかった。我々も屋上で仕事をしていたのだけれで、手を伸ばせば梯子に届くのではないかと思われるほどでした。外務省がいくら国民を欺こうとこんな立派なことを書いていても現実ははっきり地位協定が破られているのです。だから信用出来ないというのです。米軍に利益・日本に不利益な一般国際法は一生懸命守り、米軍に不利益・日本に利益のある一般国際法は平気で破るんですから、外務省の立つ位置が分かります。

疑問点の2つ目ですが、問5の答に「米軍の施設・区域内でも日本の法令は適用されています」とあります。ところで同じく共産党市議の文に「ドイツでは米軍基地内でドイツの警察権が行使出来るのに日本は出来ない」とありました。これってドイツの警察は犯罪捜査も出来るということでしょ?やはり雲泥の差がありますね。

「自衛隊が海外でレイプしても、その国の警察に逮捕されず、その国の裁判にかけられない」つまり駐日米軍もそうなんだと、暗に言っておられますが、しかし問4の答に「しかし、公務執行中でない米軍人や軍属、また、米軍人や軍属の家族は、特定の分野の国内法の適用を除外するとの日米地位協定上の規定がある場合を除き、日本の法令が適用されます 」
つまり、レイプなんかは公務執行中の行動ではないのだから日本の法令が適用されるのではないのですか?日米地位協定を守っていないだけなんじゃありませんか?駐日米軍人の犯罪を日本は裁くことが出来ないという貴方の主張には矛盾があるのですが。

それから、ヨーロッパでも駐留米軍は強姦していると主張されるから、興味をもって 美濃口坦のドイツ人・女性フェミニストとの電話を読んだのですが、彼の期待を証明する記事はありませんでしたよ。どうして、これがその証明になるのですか?彼はず~っと欧州ばかり取材している人ですか?アジア人・被差別人の視点がない人のように感じられました。彼の文は初めて読みましたが、余りもっと読みたいとは思いませんね。ま、あと2つか3つ読めば、彼を判断出来るだろうと思います。

>もしドイツで米軍がこんなことをすれば、ドイツ人は絶対に、絶対に許さないだろうと思うのですが--というのは、私の感じです。私も一応外国とは縁のある人間ですので、白人の自尊心の強さというのは知っておりますから、こんなことをされたら黙っちゃいないということを感覚で分かるのです。貴方が論拠とされた「美濃口坦のドイツ人・女性フェミニストとの電話」ではとても論拠にはなりません。

まあ、しかし「沖縄に過大な負担を押し付け続けないために、米軍基地移転などを米国と粘り強く交渉していくべきだ」という最後の結論は私も同じですから、共に頑張りましょう。

投稿日時 - 2010-03-24 14:59:33

ANo.3

>そういう傀儡状況を作って固定化して来たのは自民党政権なんだから...
 しかし民主になってもっと悪くなればと言うより、現実問題悪くなってますよねw
 自民時代に一部グアム移転に合意した普天間基地、結局国内だし・・。
 自民より民主のほうがこの問題に関しては結果悪くなってる現実がありますからね。
 残るは共産? 幸福実現党?

 自民が死んでもいやなら、民主はそれ以上に嫌なことでしょう

投稿日時 - 2010-03-22 20:19:10

補足

>自民時代に一部グアム移転に合意した普天間基地
これはいつ、どういう状況で起こったのか、貴方は私より勉強家で何でも知っておられるようだから教えていただけませんか?

人間には誰しも、悪の心も善の心もありますが、自民党はその人間の悪の部分を吸い上げ具現化したもので、悪の結晶であり、単なる政治的な相対観からは見ていません。己のみの利益の為に弱者(日本国内でのマイノリティーである在日を含みます)を踏みにじり、嘘とぺてんで国民を積極的に騙し、戦時中の軍国政府を引き継ぐ無法ぶりです。

こういう認識は私の数十年の体験から来るものですから、貴方がここでいくら小手先で弁を弄しても変わるものではありません。

自民党だって悪の権化のような方ばかりではありません。しかし、悪人が多過ぎます。悪人集団に政権を任せるなんて危ないことは出来ません。私も実は、民主党を見切りたがっていますが、他に変わる勢力がないのでもう少し応援を続けます。自民はダメです。自民党の春は終りました。

投稿日時 - 2010-03-24 10:33:40

ANo.2

 ヨーロッパでは上記の問題はまず起きていません。
それはNO1の回答にあるような状況が背景にあります。
 
 又、もう一つの問題としては米軍との地位協定の中身が、受け入れ国によって異なるものである事です。
  ドイツやイタリアでは米軍にも国内法が適用 されるが、日本や韓国では米軍は事実上の「治外法権」を有する。
又、例えば ドイツと米国との地位協定(ボン補足協定)には、国際情勢にあわせて5年ごとに見直されることが定められている。
 現行のボン補足協では、米軍基地内でもドイツの環境法が適用され、
 自治体・警察の立ち入り検査もできる。
 さらに米軍は基地返還に際して基地内の汚染物質などを除去し、
 基地を借りたときのきれいな状態で返すこと(原状回復)が義務づけられている。

 一方、日米地位協定第4条には、
 「施設・区域の返還に際しての原状回復、補償問題」では、
 「合衆国は、この協定の終了の際又はその前に日本国に施設及び区域を返還するに 当たって、当該施設及び区域をそれらが合衆国軍隊に提供された時の状態に回復し、又はその回復の代りに日本国に補償する義務を負わない」と明記されている。
 つまり米軍は、日本国土をどれほど破壊しようが、汚染しようが やりたい放題というわけです。

 このような不平等な規定が定められた背景には憲法9条の問題がありいます。自国の防衛を自国の軍だけでは不可能な状況がこのような悲惨な規定を生んでいる背景にあります。
 つまり、米国に強く出るためには『自国の防衛を自国だけで可能』な状況を作り出す必要があります。
 しかし現在の鳩山民主政権は護憲の立場にあります。これでは解決するわけがありません。
 又、普天間の問題も自民時代に一部グアム移転決定ていたのを民主が強引に白紙にして、国内移転にしました。
 つまり、民主党鳩山総理ではこの問題は悪化するしかないのです。この問題を解決するには
 自民なら安倍
 民主なら前原
 のようのような改憲、自国防衛の意志を持つ方の政権が望ましいですね。少なくとも現状の鳩山政権よりも自民党の政権のほうが遥かに良いです。
 

投稿日時 - 2010-03-22 15:38:19

補足

なるほど、ドイツと日本では雲泥の差があることが分かりました。
しかし、だからどうするという意見は、貴方と私では考えが違いますから、別に貴方の意見をわざわざ述べていただかかなくてもよかったのですが・・・
ましてや、そういう傀儡状況を作って固定化して来たのは自民党政権なんだから、また自民党政権に戻るなんて、死んだ方がマシです。

投稿日時 - 2010-03-22 19:52:15

あなたにオススメの質問