こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

創価学会の親に困っています。

創価学会の親に困っています。
 私は創価学会の2世で何年か前までは活動家でしたが、布教活動や選挙活動などに疑問を感じ、今は未活動です。親と同居していますが、私が活動をしないことに対して、「お前は幸せをわかっていない」とか「勤行しないとだめだ」など、信仰を押しつけてくることにとても困っています。創価の活動をしない私は不幸になると信じて疑いません。近々再就職のため、実家は出る予定ですが、一生この平行線なのかと思うといやになります。親は創価学会が間違っているのなら証拠を出せといいます。創価学会では、創価批判本を出す退会者を反逆者とみなし、徹底的に批判しているので、批判本の内容は信じないだろうと思います。どうすれば創価学会が間違っていることを証明できるでしょうか?もしご存じの方がいたら、よろしくおねがいします。ちなみに私が創価学会の中で幸せは感じられないといっても、わからない私がだめだといって、何を言っても私の意見は聞き入れてもらえません。

投稿日時 - 2010-03-22 18:49:40

QNo.5771346

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私も同じ創価学会の活動をしている親がいます。
同じように未活動です。あなたの気持ちはよくわかります。

今は別で住んでいますので、何か無い限り連絡は来ないようになりました。どのようにしたかというと、離れてから電話で「もう学会の活動はしたくない。学会の連絡表(個人情報で住所などがかかれているもの)を実家に置いてもらうこと。今、住んでいる家に学会の人にはきて欲しくない。」とはっきり言いました。なぜ、一緒に住んでいるときに言わなかったというと親は学会が全てであり、私の言っていることは聞き入れることはないからです。平行線の話し合いになることは見えています。間違っている証拠があったとしても、あなたの親は受け入れることは決してないと思われます。少しでも関わらないと思っているのであれば、はっきり言いましょう。私のケースでは親も感情的になり、学会批判した電話を途中であちらから切りましたよ。それでもいいんです。自分の思いをどんなことがあっても、伝えるのが意味があるのです。

あとはもう一度活動をするならいいのですが、この行動は親御さんと周りの活動の人が必ずあなたを説得すると思います。そこをきっぱり断ることです。

今後あなたが学会の活動をしないと思うのであればこの行動をお勧めします。いつか活動を再開する予定があればお勧めしません。

しばらくは電話、家に押しかけてくることがあります。
選挙のことも。あなたが毅然ともうやらないという姿勢を貫けば大丈夫です。私は手紙、電話で伝えてからは誰もこの家に学会の人は来ていません。来たら退会すると伝えましたから。あちらも退会されると困るので、絶交はあっても縁が切れることはないので安心してください。向こうは親子の縁と言い出して、脅迫まがいのことを言われても動揺しないようにしてください。そこが相手があなたを元に戻すことを頭に入れているので充分ご注意を。

この問題が少しでも解決して、心穏やかに今後過ごしていけることを願っています。私は今、心穏やかで幸せですよ。



 

投稿日時 - 2010-03-23 08:55:01

お礼

 回答ありがとうございます。
未活動宣言をされて、行動されたということですね。その方法はとてもいいですね。
退会も視野に入れているんですけど、家族が創価だと退会も一悶着ありそうだし、ついついひるんじゃいます。。。

投稿日時 - 2010-03-23 11:10:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

私も、あなたの言う「創価学会の布教活動や選挙活動には疑問を感じます」との意見には同感です。

しかし、あなたの親のような人は、創価学会の中でも、少数だと思います。

あなたの親は、人の意見に、全く耳を傾けない、一方的に押しつけてくる人で、
自分の意見を聞かない人は、「不幸になる」とか、「間違っているのなら証拠を出せ」とか、
無茶苦茶なことを言って、教義を乱用して、自分が最も正しいと思い込んでいる、傲慢で、虚栄心が強く、教養のない、歪んだ性格の持ち主のようですね。

あなたの親は、自分の考えに逆らう人は皆、「反逆者」とみなし、相手を徹底的に批判し、誰が何を言っても信じず、絶対に自分の間違いを認めない「極度の自己中心的人格障害」といっても過言ではない性格のように思います。

そして、あなたの回答者さんへの無礼で教養のない返事を見れば、あなたは、そんな親に「そっくり」ではありませんか!
親の歪んだ人格を、創価学会に入っているせいだと責任転嫁されたのでは、創価の人も迷惑ではありませんか?!

あなたの親は、創価の信仰をしていようが、いまいが、そういう性格の人なのです!
そして、あなたは、自分がそんな親に、そっくりであることを、決して、認めないでしょう!
あなたの親と同じように・・・

投稿日時 - 2010-03-23 21:31:16

お礼

 あなたもは自分の教義に自信を持ち、いろんな方に勧めていらっしゃいますね。
私にアドバイスを与えるためにレスしたというより、教義を教えたかったんだと
認識いたしました。見知らぬあなたに、人格障害といわれても、私は何も感じませんよ。
それこそ、宗教をもちながら、そういう言動をネットであれ、できるあなたに驚きました。
どうもおつかれさまでございました。

投稿日時 - 2010-03-24 15:07:29

ANo.12

補足があったので追加でコメントを入れますね。
退会を視野に入れているとのこと。
私もでした。問題があったので、未活にしたのです。

neo-leefさん自身はご兄弟はいますか?答えるのは。。。というのであれば、二つ回答しますね。
ご兄弟がいる場合は、相談してください。
私は兄弟に相談して、親がやっている限り無理だろうということになりました。また、兄弟が活動していると兄弟にも迷惑がかかります。

ご兄弟がいない場合、退会することもできます。
ただし、しばらくは金銭的にも精神的にも親御さんに頼るということは難しいことを考えて下さい。

厳しいことを書きましたが、私には兄弟がいるので断念しました。
学会の大本の考えは、家族なのです。それは私より活動しているのでわかっていると思います。家族が退会したいとご両親が学会の方に相談したら、「それは魔に取り付かれている。その子を救うために私たちも祈るから二人(親)も退会はさせないように。」など都合よく考えて、退会などさせないようにするはずです。

退会方法は簡単です。本部に送付するだけですよ。あとは退会したか確認はできないけど(規定もないようなので)大丈夫です。本気でしたら方法を書き込みますので、もう一度回答してくれませんか?

ちなみに私も2世です。2世の方々は大抵、親のこともあり、未活にされているケースが多いようです。
私は生まれてから、自分の意思とは関係なく、宗教に入り、何年も無駄に過ごしてきました。同じようにならないためにもと思い、長文になりました。

投稿日時 - 2010-03-23 15:19:49

お礼

ご意見どうもありがとうございました。
考えてみて、いまのところ未活動でいれば、心の平静を得られるので、
退会については、落ち着いてから考えたいと思います。

投稿日時 - 2010-03-24 14:57:37

ANo.11

私は残念ながら宗教に限らず親の考えや性格は変えられないと思います。
ましてや子供に強く干渉する親は子供の事をどこか下にみているところもあると思うで理路整然に説明しても火に油をそそぐだけかと…。(ましてや親御さんにとっては一番大切なモノですし)

質問者様がやめる自由があるならば親御さんは信じる自由もあるわけでそこは親子でも干渉できない部分ではあるのではないでしょうか?

私は質問者様が親の押し付けた意見だけではなく自分の考えを持った事は自立した大人としてとてもいい事だと思います。ただ親御さんはまだ子供が大人になったと受け入れられないんでしょうね…。自分の親もそうなの人間だったので干渉され何をいってもわかってくれないストレスはよくわかります。

でもこれから家を出て自立すれば親に干渉されず生活できます。聞きたくなきゃ用事があるからとか適当にかわしちゃえばいいんです。

一度、物理的に距離を置く。
そして「お互い大人なんだからお互いの人生楽しみましょう」というスタンスで距離を置いてつきあうしかないのかなとあきらめたら私は大分楽になりました。

親を変えようとするとその倍の力で干渉されるからもう同じ土俵には上がらないほうがストレスなく付き合えると思います。

投稿日時 - 2010-03-23 14:57:45

お礼

 そうですね。たしかに親は変わらないだろうなと思います。
ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-03-24 15:00:57

ANo.10

すみませんでした。
宗教論は不要でしたね。
動執生疑を起こすのは多分、
あなたが心の中で解っているということなのですね。
矛盾した回答を見抜かれたはさすがです。

では、お答えします。
○○学会の批判は理論的に不可能。
親の説得も感情的に不可能。
つまりは、無感動、無反応、無抵抗、が解決するでしょうね。

投稿日時 - 2010-03-23 13:28:14

ANo.9

ご回答補足いたします。
宗教などは何でもかまいませんが、
ひとにより方法や活動が違うだけです。
宗教に何の責任も存在しません。
正しい人も考え方も存在するのです。
決して宗教批判などはしないことです。

あなたは親と宗教で口論になり、
親の間違えた意見に
疑問を感じているんですね。
だからどうするのかという問題です。
続けるのは無理、
では反論すべきなのか、
それとも他の方法があるのかなんです。
でも、親でしょ。
親も人間です。
わが子かわいさに押し付け、
間違った意見で反発するんです。
親子喧嘩に他人がどうしますか?
親子の感情論なのです。
理屈ではないのです。
したくない理由は簡単です。
信仰を信じていないからなんです。
信じなければ出来ませんから、
それでよいではないですか。
信じていないものは、
たとえ親でも諦めるのです。
ところが親を信じないのは親不孝ですね。
だから喧嘩になる。
親は信じて、信仰は信じない。
矛盾はあるけれど、
今はそれしかありませんね。
信じていないから出来ませんと訴えたらよいでしょう。
それで、親も困っていろいろ考えますが、
そのことで、喧嘩はいけませんよ。
仲直りをして、信仰をしなければよいですよ。

投稿日時 - 2010-03-23 12:21:13

お礼

あなたは宗教をもっていますか?わかっているようなふりをしてみたあとは、宗教などなんでもいい、と
いってみたり、主張が一貫していませんね。オウムでもエホバでも、なんでもいいと思っているのでしょうか?信じていないから、できませんとは親に言っています。その上で、理解しろと押しつけがましい主張にイライラするのです。あなたみたいに、あきらめずに、ストーカーのように宗教を押しつけてくる人たちにはどうすればいいのでしょうね。

投稿日時 - 2010-03-23 12:36:25

ANo.8

○○学会さんとはいいましても、
ひとが変われば、考え方も違いますし、
幸不幸の尺度も変わります。
まず、信仰とは自発の一念が肝心なのです。
自身のなかに理想があってはじめて感じれるものです。
それを理解せず、押し付けや強要を感じては、
どんな理想的な信仰も無用となるでしょう。
選挙活動とは、唯単に、利害関係の発生した
政治家に支援する利潤の追求の活動と感じ、
純粋な政治理論がわからない限りは、
結局は疑問となるでしょう。
宗教政治の目指す理想が不明な限りは、
選挙活動も意味がありません。
当然、布教活動も、
純粋な理想がわからないかぎり、
何のための布教なのか解らなくなります。
活動をすることで自分の徳を得るという
考えではやがては行き詰まります。
確かに平和や幸福の実現のための信仰なのですが、
個人の幸せの単純な追求ではありません。
本来の幸福とは、
どんな不幸な環境であっても微動だにしない信念なのです。
自分の事よりも他人の事、さらには人類の為というように、
個人の幸福の追求とは全く違う尺度があるのです。
ですから、宗教に入っていようが入っていまいが、
何ら幸不幸とは関係ありません。
宗教に入っても不幸なことはたくさんあります。
活動したから、その分、幸せになったともいえません。
また、勤行とは自行のことです。
自発の一念の発動ですから、手順があります。
まず、悩みがあって、奮起して、決めるという作業が必要です。
なりふり構わず、悩みを解決するための手段なのですね。
ですから、疑問など感じている余裕などないのが本当のところです。
たとえば、あなたが仮に癌で告知されたとします。
それで、はじめて藁をもすがるという気持ちになるのです。
そんなときに手を合わすでしょう。
それが勤行です。
人間、手も足も出ないときが必ずありますが、
そんなときにこうして乗り切るんだよ、
というありがたい教えなのです。
ですが、かならずしも幸福になるのかならないのかは
そのひとの福運によりますから、
叶わないこともあるのです。
で、結局、あなたが困っている内容は、
信仰の本義を理解していないだけだという気が致します。
決して、ご親族や○○学会さんが悪いのでもありません。

投稿日時 - 2010-03-23 10:46:40

お礼

 あなたは学会員の方でしょうか?宗教はやろうがやるまいが、自由なんです。子どもがキリスト教、イスラム教、何の宗教を選ぼうが自由なんです。おわかりでしょうか?
創価学会の表向きの理念はいやになるほど、学ばされてきました。その結果がもうやりたくない
という心境です。表向きの素晴らしい理念とは裏腹に、選挙違反ぎりぎりのことをしていると思います。
問題は、私がやりたくない、説得しないでくれといっても、それを聞き入れず、
延々と説得を繰りかえす親に困っていることです。

投稿日時 - 2010-03-23 11:24:07

ANo.6

最初の回答が、役に立たなくて、すいません。
親は、あなたに、一方的に、「証拠を出せ」と、言っていますが、逆に、あなたが、親に、質問してみてはいかがでしょうか?
そして、親に「納得できる回答をしてくれたら信じます」と、言えばいいと思います。

親に、次の質問に答えてもらってください。

「お父さん(お母さん)、「毒矢(どくや)のたとえ」っていう話、知ってる?創価学会の人なら、誰でも知ってる有名な話らしいけど、わかりやすく教えてください」
こう質問して、親が、どう答えたか、よろしければ、教えていただけますか?

これからは、親が、あなたに、「証明」しなくてはならなくなるように、立場を逆転させることができます。知らない私を信用するのは難しい事だと思いますが、必ず、親より優位にしてさしあげます。

(最初の回答を、1つ誤解されているようなので、その誤解を解かせて下さい)

>>「日蓮宗でないと、不幸になる」っていう考え方自体が私には受け付けられません。
と、お返事いただきましたが、全く同感です。私も日蓮宗など全く信じていません。

投稿日時 - 2010-03-23 08:20:48

お礼

 親は会合で、「いかに創価学会が素晴らしか」を年がら年じゅう語り合っています。
なので、私が反抗すると、いかに学会が素晴らしいのか、温かい人間関係や、正しい人生の生き方、
困難があっても信仰で乗り越えているなど、えんえんと話し続けますよ。学会のいってることが
正しいので、それ以外のことは興味がないと思います。親にとっては、人生そのものが信仰によって、
よりよく送れたと思っています。悪いことがおこれば、信仰のおかげで、軽く済むことができたと。
知識で親より優れていても、親は信じない。そういう世界なんです。

投稿日時 - 2010-03-23 10:21:43

ANo.5

>円満に解決したいんですけどね、、なかなか難しいのでしょうね。。

宗教って 信仰することによって家族も幸せになるものなんでしょうが、大事な娘を ここまで悩ます 創価学会って、やはり 本物じゃないんですね。
創価学会に入ってる家庭って問題が多い処が多いですよね。
信仰しててこんなに問題が多い、、という宗教は 本物じゃないですよ。

昔は、実の親から 娘が人買いに売られた時代がありました。
戦後まもない頃までありました。
実の親であっても、自分の身を守るためには、親から身を隠さなければならないこともあったのです。

娘の情として 親から身を隠す、、、というのは、忍びないとは思いますが、自分の身を守るためには それくらいの覚悟は必要なのだと思いますよ。

投稿日時 - 2010-03-22 22:17:10

お礼

 そうですね。創価学会の活動こそが家族を幸せにするとの教えで、親はいつも会合、さみしい子ども時代を送ったとかはよく聞く話です。子どもの考えより、学会のほうが大事なんだろうなと思います。

投稿日時 - 2010-03-23 10:12:00

ANo.4

度々失礼します。

>数年家に帰らないというのも、ちょっと親がかわいそうかなと思ってしまう私が
>います。
うーん、少しは気持ちはわかりますが
親は絶対に創価学会に引き戻そうとしますし
第一、貴方が自立が出来ない上に
親も子離れが出来ませんよ、、、。
結局は家を出たとしても親からの拘束や束縛され
どうどう巡りです!!

ですのでやるのであれば
思い切って自分の道を進んでみてはいかが?

>円満に解決したいんですけどね、、なかなか難しいのでしょうね。。
円満に解決したいならただ親に従うだけですよ
井の中の蛙(創価学会)の中でゲコゲコ鳴いていても
らちはあきませんけどね。

実は自分自身も創価学会の経験者ですが
個性を保ったままでやるのは難しく
結局はやめましたがね、、、。

貴方には貴方の生き方はあると思いますし
少なくともこれが正しくこれが間違いって事はないし
その真理を追い求めるのが人生だと思われますよ。

投稿日時 - 2010-03-22 21:58:35

お礼

 そうですね。おっしゃられてることはよくわかります。親は創価学会が批判されれば、自分が批判
されたと思って、むきになって反論してきますので。学会は、いわれたことを文句をいわずにやる人たち
以外には難しいですね。。

投稿日時 - 2010-03-23 10:01:48

ANo.3

真面目な話
証拠の提出は出来ないでしょうし
家を出るなら縁を切るつもりで
居場所や電話番号など教えてはいけませんよ

親も貴方(人格は除く)が可愛いから
引き離したくないだけでしょうから
必死にあれこれ理由を付けると思いますが、、、。

とにかく親に納得してからではなく
半分は納得されなくても
強引に家を出て数年間は帰らず
場合によっては他の宗教に入ってから
家の住所の変更などをするといいかもしれませんね。

投稿日時 - 2010-03-22 20:01:28

お礼

回答ありがとうございます。
数年家に帰らないというのも、ちょっと親がかわいそうかなと思ってしまう私がいます。
円満に解決したいんですけどね、、なかなか難しいのでしょうね。。

投稿日時 - 2010-03-22 21:23:12

ANo.2

家族が創価である事を悩んでいる人は山ほどいます。しかし、親が異常な狂信者でない限り、あまり悩み過ぎなくても大丈夫だと思います。実家を出る時は喧嘩しないで、御本尊をいただいて行ってください。また、「信仰」と、「創価学会」は、全然、全く、「別の問題」なので、そこだけは、お間違えのないように気をつけてください。創価活動は辞めて問題ないですが、「信仰」はして下さい。「なぜか」を、私の勉強した範囲内で恐縮ですが、説明させていただきます。「宗教の話は嫌だ!」と言わず、1度でいいので、最後まで読んでください。お願いします。

創価学会は約80年前「創価教育学会」という名で、「法華経文底独一本門」を正しく広めるために、牧口常三郎が立ち上げたのですが、次第に本部幹部により「I.D先生崇拝教」になってしまいました。『魚は頭から腐る』のです。また、800年前の日蓮仏法に、現代の創価幹部の考えを混ぜて「創価学会の信仰」として世界中に広めています。特に外国では仏教の歴史を知らない人が多いので「創価学会が初めて見い出した信仰」と、信じ込んでいる人も多いです。本当に残念なことです。私もあいにく正しく信仰している団体を探している最中ですが、まだ見つかりません。

(私事で恐縮ですが・・・)
私は、「法華経文底独一本門(無神論)」を信仰をしています。これは、10年間かけて勉強と経験を、積み重ねて出した結論です。全ては自身の生命の内に備わっていて、「どこかに、神様や仏様がいて、助けてくれる」という、他力本願の考えを否定した、「無神論」の教えです。自身の内から仏界を引き出すことが重要で、外にではなく、生命に内在しているのです。
前半は、外道(キリスト教や神道などの有神論)と、仏教「爾前経」(日本人が仏教だと思っている教え)を学び、後半で法華経を学び、最終的に文底独一本門にたどりつきました。そして、邪宗や占い、(もちろんカルト等も)、信じたり、それらにお金を出すのも誤りだと気づきました。

10年かけて、宗教比較学を勉強してきたので、他の人より少しは詳しいです(まだまだ勉強不足ですが)少しでもお役に立てれば嬉しいです。詳しく説明したいのですが、理解するのに早い人でも2~3年かかるので、簡単に説明させていただきます。

仏教の始まり(約3千年前)、釈迦が仮の教えで「地獄」や「閻魔」などを説きましたが、それは実在する場所や人物ではなく、「方便(比喩)」です。

釈迦は8万の法を50年間で説きます。まず42年間かけて「爾前教(法華経以外の仏教)」を説き、後の8年間で、爾前経を仮の教えとして釈迦自身が否定し、「法華経28品(後半14品が重要で「法華経本門」といいます)」を説きます。しかし、その「法華経本門」も、釈迦の死後2千年(正法・像法)で効力を失い、現在の「末法」という時代では、釈迦仏法を信仰しても効力はないと、釈迦自身が仏典の最後に記しています。そして、釈迦が「文底秘沈(明かさなかった)」、「法華経文底独一本門」が末法で信仰すべき仏法だと教えています。

仏法では、魂(命)は「有る」わけでもなく、「無い」わけでもない、「空(くう)」と表現されます。死後、命は、「霊魂」として、ふわふわ存在するのではなく、死時は「冥伏」といい、生時は「顕現」といいます。肉体と魂は別々ではないのですが、「肉体」イコール「魂」でもないです。簡単に言うと「起きている状態が生」で、「寝ている状態が死」です。つまり「無始無終」といい「生命は永遠」ということです。
過去世の生命境涯や行いにより、現世の生命境涯(十界論をご参考にしてください)がありますが、「定業」と「不定業」があり、自身の内の境涯変換(仏界涌現により)、定業(決定している宿業)でも「宿業(宿命)転換」が可能です。

また「成仏(仏)」とは「仏界をひらく」ということで、死んだ人のことではありません。
(もし、死んで仏になれるのなら、早く死んだ方がいいということになってしまいます)
また、「地獄」という場所は、どこにも存在しませんが、例えば、戦地に生まれるなどの境涯を「地獄」に例えているのです。それと同様、「閻魔」という人物は存在しませんが、自分自身の中の悪い生命境涯や、自分の境涯を狂わす働きのことを「閻魔」に例えているのです。

投稿日時 - 2010-03-22 19:53:42

お礼

 回答ありがとうございます。
創価学会と信仰は違うとおっしゃいますが、問題としているのは創価学会の信仰であるので、
それ以外の件については、回答する気にはなれません。私もまったく宗教心のない人間では
ないので。日蓮宗でないと、不幸になるっていう考え方自体が私には受け付けられません。

投稿日時 - 2010-03-22 21:28:24

ANo.1

もう、どうにもならないでしょうね。

>創価学会では、創価批判本を出す退会者を反逆者とみなし、徹底的に批判しているので、批判本の内容は信じないだろうと思います

こういうふうになるから、一般の人から創価学会は嫌われるのですけどね。創価学会は 機関紙・聖教新聞には、「生命の世紀」「生命の尊厳」といった美辞麗句が並ぶ。電車内の広告でもよく見かける虚飾の言資があります。そうした宣伝用の「奇麗言(きれいごと)」とは裏腹に、教団に都合の悪い存在を「魔(ま)」「仏敵」と罵(ののし)り、「死ね」「くたばれ」「仏罰(ぶつばち)」と口にします。
 それらが“正義感”の発露であるかに倒錯している。まさに、それが“正義”と勘違いして地下鉄に猛毒を撒いたオウム信者の「病理」と大差はないと思います。

もう、すっかり御両親は完全に汚染されてますから、残念ながらどうしようもないと思います。
貴女が結婚されてお子さんが出来たときなど気をつけられた方がよろしいでしょう。

結婚話があったとき 貴女の相手にも入信させようと一悶着あるでしょう。
なかなか、しんどいことですが、頑張ってください。

投稿日時 - 2010-03-22 19:53:32

お礼

 回答ありがとうございます。
そうですね。創価学会しかない!っいう考え方が人間関係においても、相手の意見を聞かないような
姿勢になっていると思います。人間関係も学会の人たちがほとんどですから、他の意見は聞かないでしょうね。。。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-03-22 21:38:19

あなたにオススメの質問