こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

界面活性剤について。

界面活性剤について。
洗濯洗剤などに使われる、界面活性剤という成分について、詳しく教えて下さい。
洗濯用の液体洗剤を各社比較してみると、かなり成分が違う事に気が付きました。特に気になったのが、界面活性剤のパーセンテージの差です。
体に直接つけるボディソープなどは、界面活性剤が入っていない方が体に優しい、という風に聞いた事がありますが、洗濯洗剤の場合はどうなのでしょうか?また、界面活性剤が多いのと少ないのでのメリット、デメリットも教えて下さい。
知識が無くて申し訳ないのですが、そもそも界面活性剤の特徴って何でしょうか?
子供の肌が弱く、極力肌に良いものを、と考えています。
詳しい方がいましたら、是非教えて下さい。

投稿日時 - 2010-03-24 23:14:36

QNo.5777156

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

そこまで調べて、なぜ「界面活性剤」についてだけはお調べにならないのでしょう。

wikipedia-界面活性剤
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%8C%E9%9D%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%89%A4
要するに、水と油をなじませる働きをする成分です。
これが無ければ「油汚れを水で洗い落とす」ことは基本的にできないのはご理解頂けますでしょうか。
※食器などの油が浸透しにくい物を洗う場合には、油を吸着させられる材料へ油を「移す」ことで油汚れを落とす手段や(お茶っ葉でこすったり)、温度を上げて油の流動性を高めて(早い話が熱いお湯で)落とす手段もあったりしますけど。

天然の食品でも、界面活性効果を利用して作られるものはそこらじゅうに存在します。
例えばマヨネーズにしても、卵に含まれる脂質が界面活性剤としての働きをしてくれなければ、卵とサラダ油はいつまで経っても混ざってくれないわけです。

で、肌に対して使う界面活性剤=石鹸や洗顔料なわけですが、界面活性成分が多いとどうなるかといえば(すすぎが足りないのは問題外として)単純な話で、
必要以上に肌の油分が飛んでしまう → 乾燥しやすくなる → 肌が荒れる です。
もしくは、かえって余計に皮脂が分泌される → 毛穴が詰まる とか。
いずれにせよ、肌が弱いのなら洗った後に保湿クリームなりを塗ってケアすれば済む話であろうかと。

投稿日時 - 2010-03-25 00:41:34

ANo.2

追記です。
界面活性剤が入っているから、自然由来成分を使っているから、保存料不使用だから、必ず肌に優しいというわけでもありません。

界面活性剤が入っていなければ皮脂は落ちませんし、自然由来成分でも肌に合わないものは結構ありますし、保存料不使用だと化粧品がすぐ酸化して、逆に肌に悪いです。
 化粧品を選ぶときは、各成分の配合バランスがよさそうなものを、直感で選ぶしかないです。
ちなみにドラッグストアに置いてある洗顔料の中では、ロート製薬のが一番お勧めです。

投稿日時 - 2010-03-24 23:59:08

ANo.1

界面活性剤というのは、水と油(人体なら皮脂)とを混ぜるための成分の総称だと思います。界面活性剤には、主に石油由来と植物由来がありますが、普通イメージする「界面活性剤」というのは石油由来のものなのだと思います(植物由来も石油由来も、精製して科学物質にするので、どちらも性質に変わりはないと思います)。

端的に言えば、界面活性剤が配合されていないと、皮脂はあまり落ちません。逆に入り過ぎると、皮脂が取れ過ぎて皮膚が乾燥します(結果ニキビが増えたり、過剰に皮脂が分泌されるようになったりするかもしれません)。
顔の皮脂などであれば油症でない限りお湯で流すだけでもある程度はとれるで、界面活性剤が入っていなくてもいいかもしれません。

・・・専門家ではないので、間違っているかもしれません。

あと自分はサロン専売品ですが、アジュバンのパウダータイプの洗顔料が相当お勧めです。肌プルプルになります。近くに取扱店あったら、頼めば取り寄せてくれるので試してみてください。

投稿日時 - 2010-03-24 23:53:22

あなたにオススメの質問