こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

源泉徴収票の見方についておたずねします。

源泉徴収票の見方についておたずねします。
源泉徴収票欄の「支払金額」は年収、「給与所得後の金額」はサラリーマンで認められる必要経費を引いた金額、「所得控除後の合計額」は医療費控除など、控除に該当する合計額とここまではわかっていますが、たとえばこの収入ならば確定申告する必要があるというのは支払いと所得のどちらでみるのでしょうか?

たとえば私の平成20年度分の実例であげます。
私は同年10月に入社、翌年2月に退社しました。

●「支払金額」199.435円
●「給与所得控除後の金額」0円
●「所得控除後の合計額」416.786円
●「社会保険料等の金額」36.786円

2月に退社しましたので年度末調整をしていないため平成21年度分については確定申告済みです。

(1)源泉徴収税、つまり所得税ですがこの例では0円、つまり税金がかかっていないということですか?
(2)仮に源泉徴収税がかかっていれば20年度については会社で年度末調整をされて税金が戻ってきているのでしょうか?
(3)もしこの例が年度末調整していないのであれば確定申告をする必要がありますが、その要件というのは年収もしくは所得のいずれでみればよいのでしょうか?
いわゆる130万円以上になると税金がかかり扶養から外れるといわれていますが、それは票上の「支払」「給与所得控除後の金額」いずれのことでしょうか?
(4)「所得控除の額の合計額」には「社会保険料等の金額」も含まれていますか?つまりもし含まれてないのであれば確定申告をする必要がある場合、「社会保険控除」に記入するのかどうか?ということです。

投稿日時 - 2010-03-27 02:17:48

QNo.5782285

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>「所得控除後の合計額」は医療費控除など…

医療費控除は含まれません。
源泉徴収票に記載されるのは、本来は年末まで勤めていれば年末調整の対象になるものだけです。

>たとえば私の平成20年度分の実例であげます…

「20年度分」なんて書いてありますか。
個人の税金は 1/1~12/31 がひとくくりで、「年度 (4/1~3/31)」ではありません。

>私は同年10月に入社、翌年2月に退社しました…
>2月に退社しましたので年度末調整をしていないため平成21年度分については確定申告…

「20年分」は年末調整がされているでしょう。
何らかの事情で年末調整を受けなかったのですか。

>●「所得控除後の合計額」416.786円…

この種の御質問は、用語は正確に転記しないと回答に齟齬を生む原因となります。
【所得控除の合計額】でしょう。

>(1)源泉徴収税、つまり所得税ですがこの例では0円、つまり…

前払いをしていないということです。

>(2)仮に源泉徴収税がかかっていれば…

0と書いてあるものをなぜわざわざ「仮に」などと仮定の話に持ち込むのですか。

>(3)もしこの例が年度末調整していないのであれば…

「年度末調整」→【年末調整】
「していないのであれば」などと疑心暗鬼になる必要はありません。
それだけの数字が埋まっていいるなら、年末調整が行われた源泉徴収票です。

>いわゆる130万円以上になると税金がかかり扶養から外れるといわれていますが…

勤労学生でない限り、税金に 130万という数字は何の意味もありません。
控除対象配偶者や控除対象扶養者になれるかどうかの見極めは、
●「給与所得控除後の金額」
が 38万円以下です。
「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

>(4)「所得控除の額の合計額」には「社会保険料等の金額」も含まれていますか…

はい。

>確定申告をする必要がある場合…

ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2010-03-27 07:43:44

お礼

>この種の御質問は、用語は正確に転記しないと回答に齟齬を生む原因となります

確かに間違ってました。細かいご指摘があるのはありがたく、またmukaiyamaさんには毎回お世話になっていますが、ただもう少しキツイ言い方でされているということをご了解ください。また数々の補足を放りっぱなしというのもどかと思います。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-03-29 18:39:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>(1)源泉徴収税、つまり所得税ですがこの例では0円、つまり税金がかかっていないということですか?
お書きの情報からだけでは正確には言えませんが、おそらくかかっていないでしょう。
「源泉徴収税額」の欄に数字が入っていますか。それとも0ですか。
それが、貴方が払った所得税額です。
0なら払っていません。

>(2)仮に源泉徴収税がかかっていれば20年度については会社で年度末調整をされて税金が戻ってきているのでしょうか?
おそらく年末調整をされていると思われます。
本来、その収入なら所得税はかかりません。
源泉徴収税額が0円なら、最初から所得税が給料天引きされていないか、年末調整の結果還付されています。

>(3)もしこの例が年度末調整していないのであれば確定申告をする必要がありますが、その要件というのは年収もしくは所得のいずれでみればよいのでしょうか?
年末調整されているでしょう。

>いわゆる130万円以上になると税金がかかり扶養から外れるといわれていますが、それは票上の「支払」「給与所得控除後の金額」いずれのことでしょうか?
130万円は健康保険の扶養です。
税金上の扶養は、103万円(支払金額)を超えた場合です。

>(4)「所得控除の額の合計額」には「社会保険料等の金額」も含まれていますか?
含まれています。

投稿日時 - 2010-03-27 08:53:30

お礼

この件は申告の必要がないということでよくわかりました。 

いつもご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-03-29 18:28:16

ANo.1

支払金額に間違いはございませんか?

投稿日時 - 2010-03-27 02:26:15

補足

間違いありません。199.435円となっていますが。

投稿日時 - 2010-03-27 03:58:56

あなたにオススメの質問