こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

所得の計算の仕方について教えて下さい。

所得の計算の仕方について教えて下さい。

このたび、特定公共賃貸住宅への申し込みを考えています。
個人事業主で、前年度から青色申告にしました。

申し込み資格の年間所得金額は、青色申告特別控除「前」で計算するのでしょうか?それとも「控除後」でしょうか?

計算の仕方には、

前年分の年間所得金額
(所得税確定申告書控の所得金額の欄に記載されている額)
所得金額=年間総収入金額-必要経費

と書かれていますが、
確定申告書Bの9番および、決算書45番の金額(年間総収入金額-必要経費-青色申告特別控除額)なのか、
決算書43番の金額(年間総収入金額-必要経費)なのかわかりません。

また、この他の場合でも、一般的に青色申告の事業所得者が「所得金額」という場合は、
青色申告特別控除の前後のどちらの事を言うのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-03-30 05:14:19

QNo.5789350

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>(所得税確定申告書控の所得金額の欄に記載されている額)…

とはっきり書いてあるなら、青色申告特別控除後の金額ではありませんか。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h21/02.pdf

>決算書43番の金額(年間総収入金額-必要経費)なのかわかりません…

【所得税確定申告書控の・・・】と書かれているものをわざわざ「決算書・・・」に置き替える真意が分かりません。

こちらの例
http://www.osaka-kousha.or.jp/x-rsppref/income_how.html
でも、「青色申告決算書」や「収支内訳書」などの言葉は出てきません。
青色申告か白色申告かは区別せず、あくまでも所得税の計算根拠になる所得額という意味に解釈するのが自然だと思いますよ。

>また、この他の場合でも、一般的に青色申告の事業所得者が「所得金額」という場合は…

市県民税 (住民税) の算定はもちろん控除後です。
国保税は自治体によって違うところもあるようですが、某市ではやはり控除後です。
(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan
http://www.city.fukui.lg.jp/d240/nenkin/kokuho/kokuhofuka.html
というか、国税、地方税を問わず税関系でいう「合計所得金額」、「総所得金額」、「総所得金額等」は、いずれも青色申告特別控除後の数字です。

投稿日時 - 2010-03-30 07:40:48

ANo.1

>申し込み資格の年間所得金額は、青色申告特別控除「前」で計算するのでしょうか?それとも「控除後」でしょうか?
控除前です。

>一般的に青色申告の事業所得者が「所得金額」という場合は、青色申告特別控除の前後のどちらの事を言うのでしょうか。
控除前です。
「所得」とは、「収入」から「経費」を引いた額をいいます。

投稿日時 - 2010-03-30 06:58:53

あなたにオススメの質問