こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

司法書士、資格の勉強に専念すべきか、補助者として働きながら勉強するか

司法書士、資格の勉強に専念すべきか、補助者として働きながら勉強するか
悩んでいます。

私は今年3月に4年制の総合大学の法学部を卒業した者です。大学に入学したのが20歳なので、現在24歳です。大学の在学中はロースクール受験に向けて法律の勉強をしていたのですが、4回生の時に病気で入院せざるを得ない状況になり、(今は全快)ロースクールへの進学を断念しました。その後、司法書士の職務に魅力を感じ、司法書士への転向を考え、昨年の12月から司法書士試験に向けて勉強しています。4回生の後半からの進路転換ということもあり、新卒採用での就職は厳しい状況ですが、今後、7月の司法書士筆記試験まで、無職の状態で勉強に専念すべきか、あるいは、非正規、正規雇用を問わず、何らかの形で司法書士事務所で補助者として働きながら勉強をするか悩んでいます。

なお、在学中に行政書士試験に合格しております。実務経験はありません。

以上をふまえた上で以下の点について伺いたいです。

1.24歳という年齢、大学卒業後3ヶ月のブランクあり、職務経験なし、というのは中途採用を狙う上で障害となりますか?
2. 司法書士補助者は求人数に比べ、応募者数が多いと聞きますが、できるだけ早く就職活動をして、補助者の職を探したほうが良いのでしょうか?
3. 行政書士の資格があることは、司法書士補助者の採用において有利に働きますか?

いずれにせよ、7月の筆記試験が終わり次第、自己採点の結果を携え、補助者の職を探そうと思っていますが、現段階で職探しをしておいたほうが良いのかについて特に悩んでいます。

現職の司法書士の先生の意見を伺いたいです。よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2010-04-03 01:22:52

QNo.5798742

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

目標が何かでおのずとすることは決まってると思います。
行政書士、司法書士、税理士にしろ独立開業の資格。就職で有利というよりは自分で開業する資格なんでそこらへんは頭に入れといた方がいいと思う。

目標が、事務所に就職することなら勉強しながら就職先を探す手もあります。
目標が独立なら資格所得を優先するべきです。
おそらく事務所で働きながらですと三年くらい長くて5年かかるなんてざらですから、そこもかんがえないとね。
資格に専念するなら(2)年あれば合格することできると思う。

投稿日時 - 2010-04-08 10:40:36

ANo.1

開業税理士です。
司法書士ではありませんが、両業界とも似通った状況なのでアドバイス。

まず試験までの期間ですが、全力投球で勉強に打ち込みなさい。
求人は試験以後に出てきますし、面接も然り。

ウチも必要があれば、求人は試験終了後か確定申告前です。

逆に今時募集をかけるような事務所では、ただ労働力がほしいだけ。
職員を育てようとか、試験合格やサポートを軽視するような気がしますね。

年齢や卒業後のブランクを気にしているようですが、悪いけどあなた方はまだまだガキです。
このあたりの1年や2年、公務員や一流企業でなければ関係ないない。
だいたいサムライ商売につく、という段階で、年功序列などは無視する訳でしょ。

とにかく今は合格を目指しましょう。

あ、行政書士の資格ね。
どこで役立つと思ってるの?
持ってて使えると思ってるの?
就職に有利だと思ってるの?
司法書士になれば自動的に取れちゃうだろ。
スカポンタン!

投稿日時 - 2010-04-06 17:37:03

お礼

厳しくも暖かいお言葉ありがとうございます。

仰るとおり、合格前に余計な心配をするのは良くないですね。
勉強に専念することにします。

行政書士の資格ですが、在学中1ヶ月勉強してとれたので、それほど価値がある
とは思っていません。(現職の先生には失礼かもしれませんが・・・。)
できるだけ早期の合格を目指し、集中して臨みたいと思います。

ご丁寧にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-06 22:17:38

あなたにオススメの質問