こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日経225先物のコールとプットの違い、意味を教えてください。

日経225先物のミニまでしているものですが、
実際にする気は無いのですが、
建玉や手口を情報として理解したいので、
コールとプットの意味を教えてください。
(ネットの情報でイマイチよく判らない)

できれば、このような取引をしたら、
こう利益が出る、逆に損失がある、
という例を交えて頂ければ幸いです。

投稿日時 - 2010-04-08 17:49:26

QNo.5811883

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

コールとプットはオプションの用語で、今回では日経225オプションのコール、プットと言うことになります。

日経225オプション取引は、”ある期日までにある価格で日経225を買う権利(コール)、あるいは売る権利(プット)を売買する”取引となります。
例えば、現在の日経225が11000円のとき、将来の上昇を見込んで権利行使価格12000円のコールを50円で買ったとします。日経225オプションの倍率は日経225先物と同様1,000倍ですので、この例で言うと50,000円支払ったことになります。

さて、思惑どおり日経225が上昇し、期日には12500円となっていました。従来であれば日経225を買うには12500円なのですが、12000円で買えるコールを持っているので、この時点で日経225を12000円で買い、12500円で転売することになります。差し引き500円×1,000倍の50万円の差益となります。最初に支払った代金5万円を考慮すると、45万円の利益となります。
反対に日経225が下落し、10000円で期日を迎えた場合、この時点では日経225は10000円で買えるわけですから、わざわざ12000円で買えるコールを使って日経225を買う必要はありません。なので、最初に支払った代金5万円が損失となります。

上記は”コールの買い”の一例となります。プットにおいてはこの逆となりますが、オプションの「買い」においては利益無限大で損失は支払った代金に限定されます。反対にオプションの「売り」においては利益は売ったときに得られる代金に限定され、損失は無限大となります。

長々となってしまい申し訳ありませんが、オプションは先物と違って複雑なので、大阪証券取引所や証券会社のHPで内容を確認してみるのも良いと思います。個人的にはひまわり証券さんのHPがオススメです。

大阪証券取引所 先物・オプションスクール
http://www.sakimono-op.jp/index.php?mnl=0&mnf=1&mns=2&mnt=0&key_word=

ひまわり証券 オプション取引
http://sec.himawari-group.co.jp/option/knowledge/

投稿日時 - 2010-04-08 20:33:39

補足

ありがとうございます。

コールは損失が限定されるのであれば、
初心者でも問題なさそうですね。
(その代わり稼ぐのが難しそうですが)

逆にプットであれば、損失が無限大ですので、
初心者は止めておいた方が良いという理解でよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2010-04-16 11:26:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問