こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自分の人生のこと

 22歳の私立大学の英文科に通う大学生。ごくごく平凡で、少し変わっているのは、「鬱病」とは診断されていないが、欝になりやすいため抗欝剤を飲んでいて、時々授業に出れないことがある。
 です。
 
 前に比べれば欝になりやすい症状は軽減されたが、まだ気分の浮き沈みが激しいです。気分が晴れて症状のことを忘れられるのは、10年以上やっている「マジック(手品)」という趣味です。
 テレビで凄いマジックを見てから、本格的に独学で勉強を始め、大学に入り街の近くに住んでから小さなプロやアマチュアのマジシャンの集まる団体に入り、マジックを見せるバーで一時期手品をしたり、ボランティアや商店街の商工会からお金をもらいショーをしています。
 週末は商店街でストリートミュージシャンのように個人で手品を見てもらい、チップをもらったりショーの依頼を受けることもあります。「依頼を自分で受けて、ボランティアだろうが出演料を頂こうが、色んなところでマジシャンとして活躍したい」という高校の頃の野望(大げさですが)はいつの間にか叶いつつある状態になりました。
 例えばカラオケに行くと「確か街でマジックしてる人ですよね?よく見ます!」と声をかけてもらったり、見てくれる方からは「絶対有名になってよ!応援してるから」と激励を頂いたりします。
 今年はもう留年できないので頑張ってなんとか卒業し、まずは就職して、その傍らで時間を見つけ、マジシャンとして活動して、できればテレビに出たりマジシャンメインでやっていけたらなと思っています。
 ただ、テレビなどで同世代の人たちが脚光を浴びているのを見て、非常に羨ましくなるのです。これは高校くらいの頃からですが、「自分の作った小説をもとにして、自分で出演したい」なんて、馬鹿なこと考えてました。小学校の頃に書いたかなり短い小説を両親に褒められてから、そもそも文章を書くのは好きだったので、途中で止まりますが時々小説を書くんです。引っ込み思案で恥ずかしがりやのくせに、「マジシャンもいいけど、俳優もいいなあ」なんて近頃は思います。
 「子供の頃に児童劇団に入ってたらなあ」とか「ジュノンとかに出られる環境で、運がよかったら今頃俳優だったかも」と、理想と現実のギャップに対し、環境のせいにして回りの環境を恨んでしまうのです。「今頃俳優の学校になんて行けないし、そもそも前からマジシャンになりたかったんだ」と言い聞かせますが、時々、自分が何をしたいのか混乱するのです。気がつけば若いといえどもうすぐ23歳・・・。「歳を取るのは早いなあ」なんて・・・。
 よく自分で自分を分析するんですが、「今の人生に対して高すぎる理想を求めてるから悩むんじゃないのか?だから認知がおかしくなって欝になりやすくて」と思ってるんです。「神経質になって悩みやすいのは頭のいい証拠だ」と言ってくれる人がいますが、「こんなことなら(いい意味で)バカになりたい」と感じます。
 「隣の芝生が青い」のは、おかしなことなんでしょうか?もっともっと真剣に自分の今後の人生について、今のうちに考えないといけないんですよね? 「もっと早くに俳優になるチャンスが欲しかった」「都会に生まれてればマジシャンとしてもっと有利だったのに」とか、考えるのは甘えてるからでしょうか?それとも若者にはこういった僻みや羨ましさはつき物なのでしょうか?なんだか、色々ありすぎて気が狂いそうなことがあります。

 ちなみに、心療内科には通っています(^^;)信頼できるいい先生もいます。

投稿日時 - 2010-04-13 00:54:23

QNo.5822248

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>「もっと早くに俳優になるチャンスが欲しかった」「都会に生まれてればマジシャンとしてもっと有利だったのに」
誰でも可能性は考えますよ。後悔もすると思うし、羨ましく思ったりもするでしょう。
ただ、その後、それをずっと引きずってしまうとつらくなるんだと思います。
無理な注文を自分に押しつけても、無理なものは無理ですからね。
出来ないことをやれって言われたら、つらいでしょう。

確実な目標なんて、実はそんなにないです。
確実ならそもそも目標じゃなくて、予定ですからね。
だから到達できない目標というのは、必ず出てくるわけです。
その時に後悔して直せるものだけ後悔する、後悔しても意味のないことは後悔しないことが、精神的にも効率的にも良いわけですね。
直せるなら答えがあるわけですから、悩まないです。
直せないのに直そうとするから答えが出なくて悩んでしまうのです。

マジシャンになるのに、都会で生まれていればそれは有利だったのかもしれません。
人類唯一の魔法使いに生まれていればもっと有利でしたね。
一見、ありえることとあり得ないことですが、本質は同じ。
今はもう「絶対に無理」なんですよ。
無理なことを妄想として楽しむだけならいいですが、それを答えとしてはいけないと思います。
それを答えとしてしてしまうのは、現実逃避なのですね。
自分を楽にさせるための現実逃避ですが、結局は自分を苦しめてしまいます。

失敗した時、行き詰った時には、その強烈な欲求を、決して変えることの出来ない過去でなく、実現できる可能性を少しでも増やせる未来にぶつけるべきだと思います。
小さい頃、劇団に所属するのは今はもう無理なのです。今から俳優の学校に入るのは行きたくはないけど、無理な話ではありません。
どちらが現実的か、考えるまでもなく後者です。
理想ではないけど、それが現実なのですから、それを受け止めて、これからどうするかに考えを集中することこそ必要かと思います。
もし答えが見つからなかったら、別の条件で答えを探すことです。
「俳優もマジシャンも無理なら、もっと楽しいことはないだろうか」
「これは楽しそうなんじゃないか?この方が楽しそうだ」
「いや、待て。それなら俳優の学校一度だけ見学してみようかな。意外とおっさん達がいるかもしれない」
つらい時こそ、自分に優しくし、前向きな楽しさを与えることも必要だと思います。
希望があれば夢に向かって頑張り、希望がなければ面白いことを探しだし、自分で自分を盛り上げ楽しい毎日にして行きましょう。

投稿日時 - 2010-04-13 16:52:30

お礼

大変参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-04-13 18:57:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

何をやるにも早い遅いは関係ありません。あなたがあなたの人生でやるべきことなら、やれるようになってます。坂東えいじさんはプロ野球で一世を風靡した後、タレントとしてやっているではありませんか。

必要と思うなら大学を出たあとタレント学校に通うのも手です。いろいろやりながら全部こなして行くやり方と一点集中型とありますが、自分のタイプを見極めて選択してください。

どちらにしても後悔しない事です。日本では比較的一点集中型を勧める人が多いですが、マルチタイプもいますね。マルチタイプの人はあまり人に相談しないのが特徴です。

何故なら、答えは一つに絞れという人が殆どだからです。マルチタイプは一般人=凡人、該当者には失礼、に理解されませんから。

よってカウンセリングでも先生によっては理解されないでしょう。理解されているのならOK!

投稿日時 - 2010-04-13 12:02:55

お礼

なるほど。そうですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-13 18:57:44

ANo.1

悩むことはいいことですよ。
23歳、いいですね~たいてい大学卒業し社会人スタートくらいの年齢ですね。
夢は色々、広く大きく持っていていいのではないですか!?
小説家・脚本家・プロのマジシャン・芸能人・・・。
ただ、現実的にまず大学をきっちり卒業して、就職し生活の基盤を作りながら
セミプロ級のマジックの技を極めていくということもできると思いますよ。
でも、逆に退路を断って最初から俳優やプロマジシャンを目指すってこともできますが・・・。
当然、最初は食べていけないでしょうからアルバイトが必要になってきますけどね。
道は広く大きくあなたの前に広がっています、すべてあなた次第です!
がんばってください!★★

投稿日時 - 2010-04-13 02:16:20

あなたにオススメの質問