こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コンパレータについて

http://www.geocities.jp/akija1qiy/camp/P3_3_3.jpg
を参考にして、バッテリーが減ったら切れる回路を作ろうとしてるんですけど
ダイオード1S1588があるんですが、そこのところを可変抵抗をつけて
オペアンプに入る電圧を調整しようと思うんですが、
ダイオード1S1588を使う利点を教えてください。
よろしくお願いします

後、コンパレータした後にトランジスタ2個つけて1万倍ぐらいしてGNDに流してるんですが、これって何のためにしてるんですか?

投稿日時 - 2010-04-18 14:27:32

QNo.5834524

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ダイオードの前に10kΩをつけないと、ダイオードに過大電流が流れて壊れてしまいます。ここ(http://www.madlabo.com/mad/edat/spice/model/diode.png)に1S1588の電圧-電流特性が出ていますが、1S1588に1V以上の電圧をかけると大電流が流れてしまいます。ダイオードの前に10kΩをつけることで、ダイオードに一定の電流を流しています。3個直列のとき、ダイオードに流れる電流は
    ( 5V - 3*0.6V )/10kΩ = 320μA
くらいになります。

1S1588の順方向電圧は0.6Vくらいなので、これを3個直列にして、ダイオードの前に10kΩをつけたときのダイオードの電圧は、0.6V×3 = 1.8V くらいになります。この電圧は電源電圧(5V)が安定していれば、10℃の温度変化に対して20mV程度変化するだけなので、お手軽な定電圧源になります。このような基準電圧を作るときは、1.8Vの定電圧ダイオード(ツェナーダイオード)を使ってもいいのですが、1.8Vのツェナダイオードは、3本の1S1588より高価ですし、売っているところも限られるので、安価で入手しやすい1S1588を使っているのだと思います。1S1588は廃品種ですがまだ多く出回っています。同種の 1N4148 や 1S2076A でも使えます。

>学校にあるダイオードを適当に3個付けてもいいですか?
壊れていなければどんなダイオードでも大丈夫です。ダイオードは3個直列でなく、1個でもいいです。バッテリーの電圧がどこまで下がったときに回路を動作させるかは、5kΩの可変抵抗で調整できるので、ダイオードで作った基準電圧がその電圧以下なら可変抵抗で調整できます。

投稿日時 - 2010-04-18 19:34:45

補足

有難うございました
とても参考になりました

投稿日時 - 2010-04-18 19:45:19

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

バッテリーの電圧は温度でも変わります。
そこで、基準電圧にバッテリーと似た温度特性のダイオードを使って、温度による影響を低減しているように思います。

コンパレータの出力にトランジスタを使っているのは、コンパレータの出力ではリレーを駆動するだけの電流を流せないからでしょう。

投稿日時 - 2010-04-18 15:35:02

補足

有難うございました。だいだい理解できました
ダイオードの前に10kΩつけてるんですがこれをつけると
電圧降下でオペアンプに行く電圧が減ったりしないんですか?
よろしくお願いします。

後、学校にあるダイオードを適当に3個付けてもいいですか?

投稿日時 - 2010-04-18 15:44:14

あなたにオススメの質問